肝臓 病 による かゆみ チェック シート。 肝臓病でかゆくなる?

肝臓疾患って何?知らずに進行するこわ~い病気の原因と予防法

肝臓 病 による かゆみ チェック シート

疲れやすい、イライラする、ネガティブになる……こんな症状を感じている人はいませんか?それは肝臓疾患が原因かもしれません。 男性の3人に1人は肝機能に何らかの異常があるとされ、肝臓疾患と精神面の乱れの関係性が指摘されています。 アルコールなどの解毒や栄養素の貯蔵など、多くの重要機能を担っています。 では、どうすれば肝臓疾患を予防したり改善することができるのでしょうか? 今回は、健康診断で肝機能の数値が心配な方のために、肝臓疾患の主な症状や原因、予防策についてご紹介します。 肝臓は「沈黙の臓器」。 こんな症状には要注意! 肝臓は重要な役割を担う割に黙々と働くことから「沈黙の臓器」と言われます。 初期段階の肝臓疾患は自分で気づくことが難しいため、まずは注意したい初期症状を覚えておきましょう。 疲労 肝臓疾患の一般的な症状は疲労です。 だるさを感じたり、倦怠感や不眠、食欲不振、動悸、発熱など、さまざまな症状となって日常生活に影響を与えます。 これらの症状は肝臓疾患の初期段階であることが多く、生活習慣の改善によりまだ回復する可能性があるため、日頃から小さな違和感にも注意を払うことが大切です。 身体の異変 肝臓疾患が悪化すると、かゆみやしこり、皮膚の変色といった症状が表れます。 肝臓には毒素を分解したり、栄養を貯蔵する重要な働きがありますが、これらの機能が円滑に行われなくなるため、わかりやすい不調となって体の表面に出るのです。 さらに疾患が進行すると、爪が白くなる、白い筋が出る、手のひらが赤くなる、全身がかゆくなる、男性であるのに乳首が膨らんだりしこりができたりするといった症状も出るようになります。 また、肝臓疾患の特徴的な症状として、眼球や皮膚が黄色くなる「黄疸」がありますが、これは使い終わった赤血球を胆汁に捨てる役割が機能せず、血液中に漏れ出してしまうことが原因です。 黄疸が出ると病気が著しく進行している可能性があるため、そうなる前に予防しましょう。 肝臓疾患の主な原因とは? 肝臓疾患の原因は、主に4つに分類できます。 ウイルス性 肝炎ウイルスの感染が原因となるウイルス性肝炎は、A、B、C、D、E型の5種類が確認されています。 しかし、E型は珍しく、日本人のほとんどはA、B、C型のいずれかに当てはまります。 肝臓疾患と聞くと過度の飲酒が原因であるというイメージがありますが、肝硬変の原因で最も多いのはウイルス性です。 A型肝炎 <感染経路> 経口(食べ物、飲料水、性行為) <症状> 2週間~1カ月程度の潜伏期間があり、発症すると発熱や倦怠感、風邪に似た症状が出ます。 下痢や嘔吐など消化器系の症状へと続き、黄疸を発症します。 <治療方法> 特別な療法はなく、安静にした食事療法を基本とします。 ワクチンでの予防が可能です。 <完治までの期間> 2~3カ月程度• B型肝炎 <感染経路> 血液や体液(注射、母子感染、性行為) <症状> 1~6カ月程度の潜伏期間があり、発症してからは発熱や倦怠感、黄疸などの症状が表れます。 進行するとまれに肝硬変や肝臓がんを発症します。 <治療方法> 急性と慢性の2つのタイプがあります。 一般的に急性は自然治癒で完治しますが、慢性の場合は抗ウイルス薬でウイルスを抑え込みます。 ワクチンでも予防が可能です。 <完治までの期間> 急性の場合は6カ月程度で治癒します。 慢性の場合は完治しませんが、抗ウイルス薬でウイルスを抑止しながら経過を見ることになります。 C型肝炎 <感染経路> 直接的に血液に触れる行為(輸血などの医療行為、麻薬などの注射器共有、タトゥーやピアス、アートメイクなど) <症状> 2週間~3カ月程度の潜伏期間があり、全身のだるさや食欲低下などを伴います。 肝硬変や肝臓がんに進行すると腹水、むくみ、黄疸などを発症します。 <治療方法> 人工抗体を使うインターフェロン療法や内服薬、漢方薬などによる対処療法があります。 現在ワクチンはありません。 <完治までの期間> インターフェロン投与は原則24週、内服薬は12週。 アルコール性 お酒は「百薬の長」と言われますが、なぜ適量は良いのに過度の飲酒は肝臓に悪いのでしょうか? 肝臓には毒素を分解する役割がありますが、アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドという成分は肝細胞を破壊してしまいます。 適量のアルコールであれば破壊の程度は小さく、肝臓は再生するため問題には至りませんが、大量のアルコールを長期にわたって摂取し続けると、肝細胞へのダメージが増幅し、修復が追い付かずにやがては肝硬変や肝臓がんに進行する可能性が高くなります。 アルコール性肝炎 <概要> 肝臓が炎症を起こしている状態で、肝細胞の腫大(大きく腫れあがること)と壊死・肝細胞の線維化を発症します。 線維化とは、肝細胞が固い束状になることを言い、やがて肝硬変に進行してしまいます。 <症状> 全身の倦怠感、発熱、食欲不振、下痢、黄疸を発症し、肝硬変や肝臓がんに進行します。 脂肪肝(非アルコール性肝炎) <概要> 糖分、脂肪、アルコールの摂取過多により、脂肪の分解が追い付かず、肝臓に中性脂肪が蓄積される状態になります。 また、近年、原因不明の脂肪肝(非アルコール性肝炎)も増加しています。 皮下や内臓に中性脂肪が溜まるのは肥満ですが、それが肝臓に溜まったものを「脂肪肝」と言います。 健康な肝臓の脂肪は3~5%あり、5%を超えると脂肪肝に当たります。 40代以降の中高年に多く見られ、男性の割合が多くなっています。 <症状> 高血圧、脂質異常症、糖尿病、血行不良からくる疲労感、肩こりなどの症状が起こり、肝硬変や肝臓がんに進行します。 肝硬変 <概要> 広範囲にわたる肝細胞の破壊があり、肝細胞が再生される過程で肝臓が硬くなる(線維化)状態を言います。 身体の根幹に影響が出る全身性疾患です。 <症状> 症状が進むと、代謝物が解毒できず、手の震え、黄疸、腹水、吐血から昏睡状態に至るなど、重度の症状が表れます。 薬剤性 薬の副作用により肝臓の機能障害を起こすことがあります。 中毒を引き起こす「中毒性」と、特定の薬剤にアレルギーを持つ人に発症する「アレルギー性」があります。 原因となる薬剤には、抗生物質、解熱鎮痛薬、精神神経系の薬、抗がん剤、漢方薬などがあります。 健康食品と呼ばれるものの中にも肝障害を引き起こすものがあり、食品に分類されるサプリメントやダイエット目的の薬、ハーブを含む自然食品などが該当します。 中毒性 <概要> 肝臓の代謝(解毒)能力を上回る量の薬物を服用することで起こります。 <対象> 抗てんかん薬や抗生物質、抗がん剤、自殺目的の薬品(睡眠薬、農薬など)、サプリメント、やせ薬、ハーブを含む自然食品など。 <症状> 倦怠感、吐き気、嘔吐、黄疸などを発症し、肝不全により死亡に至るケースもあります。 アレルギー性 <概要> 肝臓で薬物を代謝する過程において、異物と認識されてアレルギー反応が起こり、肝細胞障害に至ります。 少量の服用で起こり、以前は大丈夫であったものでも、ある時期を境に突然、アレルギー反応を起こすことがあります。 個人差があり、予測や予防が難しいところが難点です。 <対象> 抗生物質、降圧剤など。 <症状> 発熱や皮膚症状(発疹、発赤、かゆみ)、黄疸を発症します。 遺伝性 遺伝性肝疾患は、頻度が少ない特殊なケースであるため、診断が難しいとされます。 家族や家系に同じような肝臓病の人がいる場合は、遺伝性の肝臓障害を疑う必要があります。 肝臓疾患の予防法を知りたい! 自分でも気づかないうちに、日常生活の中で肝臓を酷使していることがあります。 普段の生活で実践できる肝機能の強化や疾患の予防法をご紹介します。 お酒やタバコを控える アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドが肝細胞を破壊することはすでに説明しましたが、飲酒しながらの喫煙はそれだけでなく、血液中に一酸化炭素を増加させ肝臓への酸素共有を阻害するため、肝機能を低下させてしまいます。 自覚症状が出てからでは手遅れになりかねません。 お酒はできるだけ控え、週に最低1~2日の休肝日を設けるようにしましょう。 バランスの良い食事をとる 中性脂肪の蓄積を抑え、脂肪肝になることを予防するには、普段の食事でどのような点に注意すれば良いのでしょうか? まず、ごはん、パン、麺類といった炭水化物そのものを制限することが必要です。 その上で、腹8分目を心掛け、食べ過ぎや糖質の取り過ぎに注意します。 また、脂っこい食事(天ぷら、揚げ物など)は控えめにしましょう。 次に、食事による血糖値の急上昇を避けなければいけません。 血糖値の急上昇は、大量のインスリンの分泌を促し、余った糖を中性脂肪として肝臓に蓄える働きを加速させてしまうのです。 糖質の基である炭水化物を食事の最後のほうに食べることで、中性脂肪の蓄積を緩和させる効果があります。 よく噛んで食べることも血糖値の急上昇を抑えることに役立ちます。 また、添加物を多く含む加工食品はなるべく避け、自然なものを食べるよう心がけましょう。 便秘を解消する 便秘になると腸内に悪玉菌が多くなり、有害物質を発生させ、肝臓の解毒機能に大きな負担を強いることになります。 乳酸菌やビフィズス菌を多く含む飲料やオリゴ糖を摂取することで腸内に善玉菌を増やし、毒素の発生を抑えることができます。 日頃から便秘を予防することが、肝臓をいたわることにつながるのです。 質の良い睡眠をとる 横になって眠ると血流量が増え、肝臓に栄養や酸素を補給し、肝機能を高めます。 また、睡眠中は体内の新陳代謝が弱まるため、働きづめの肝臓に休息を与えることにもなります。 夜型の生活は、自律神経のバランスが崩れて肝蔵に負担をかけます。 肝機能を高めるには、規則正しい生活と質の良い睡眠を維持することが大切です。 有酸素運動をする 運動不足も肝臓に中性脂肪を蓄積する原因のひとつです。 適度の運動には肝機能を向上させる効果があります。 余分な脂肪の代謝を促進することで中性脂肪が減少し、善玉コレステロールが増加するのです。 特に全身の筋肉に軽い負荷をかける有酸素運動が効果的です。 週に最低1回は、汗をかく程度の運動を生活に取り入れましょう。 肥満の解消 肥満・糖尿病と肝臓の働きには密接な関連があります。 肝臓が血糖値を制御しているからです。 肝臓は血糖値の高低を監視し、食間や就寝中の血糖値を一定に維持する役割を果たしています。 肥満は万病のもと。 なるべく早く解消しましょう。 セルフチェック 注意すべき症状をチェックリストにしました。 思い当たることがないか確認しましょう。 ここでは肝細胞の修復を助け、肝機能を向上させる食べ物をご紹介します。 レバー 牛・豚・鶏のレバー(肝臓)には、ミネラル、ビタミン、タンパク質など豊富な栄養素が含まれています。 レバーには抗酸化作用のあるビタミンAが豊富に含まれており、老化を促進する活性酸素の発生を抑え、取り除く働きがあります。 しかし、レバーのビタミンAは脂溶性(油に溶けやすい性質)で体内に蓄積されやすいため、食べ過ぎには注意が必要です。 また、レバーに含まれるビタミンB群は、脂肪や糖質の分解、免疫力の向上や二日酔いの症状の緩和などに効果があります。 大豆 肝臓そのものはタンパク質で構成されていますので、肝機能を正常に保つためには良質なタンパク質を取る必要があります。 大豆は「畑の肉」と言われるほど多くのタンパク質を含んでおり、さらに脂質を低下させる「サポニン」や脂肪肝から中性脂肪を取り除く「コリン」も含まれています。 大豆は、肝機能の維持・向上にぴったりの食材です。 ヨーグルト ヨーグルトは腸内の悪玉菌の増殖を抑制するため、腸内に発生する有毒ガスなどを減らす働きをします。 人間の体は、水分や栄養がなかなか摂取できない環境にも順応できるようになっており、大腸まで運ばれた水分と食物の残りカスを体内に再吸収しようと試みます。 このとき、水分と栄養だけでなく、毒素も再び取り込んでしまうため、肝臓の負担が増えるという仕組みです。 ヨーグルトは肝機能の向上を間接的に支援する働きをしてくれます。 卵 卵黄に含まれている「レシチン」は脂質の代謝を促進するため、脂肪肝の改善や予防に効果的です。 また、「メチオニン」という必須アミノ酸も豊富に含まれています。 必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食べ物やサプリメントからしか摂取することができません。 メチオニンには、アルコールの吸収や分解を助ける働きがあり、肝機能の強化につながります。 牡蠣 牡蠣は「海のミルク」と言われるほど栄養価が高く、「タウリン」を多く含む食べ物です。 タウリンは、コレステロールの消費を促進する働きに加え、二日酔いや悪酔いの防止にも効果があります。 タウリンは体内で生成されにくいため、食事で摂取したほうが良い栄養素のひとつです。 高コレステロールや高い血糖値の抑制、壊れた肝臓の修復に役立ちます。 しじみ お酒を飲んだ翌朝に「しじみのみそ汁」が良いことはよく知られています。 しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓内のタンパク質合成の働きを促進します。 オルニチンはサプリメントも発売されています。 ウコン ウコンに多く含まれる「クルクミン」は、アルコール分解の促進、脂質代謝の役割を果たすとされています。 しかし、ウコンには多くの鉄分も含まれており、肝炎を患っている人や肝機能が低下している場合は肝臓に鉄分が蓄積される可能性があるため、摂取量を制限する必要があります。 最近では、料理のスパイスやサプリメントなど、いろいろな商品が手軽に手に入りますが、適量を取るようにしましょう。 サプリメント 人気のサプリメントに含まれる代表的な栄養素は、牡蠣に多く含まれ、コレステロールの消費、二日酔いや脂肪肝の予防となる「タウリン」、しじみに含まれ、解毒作用やタンパク質合成を促進する「オルニチン」などがあります。 ほかには、納豆、ゴマ、くるみに含まれる「アルギニン」、大豆や豆腐に含まれる「サポニン」、ゴマに含まれる「セサミン」は脂肪肝対策に効果が期待できます。 沈黙の臓器が悲鳴を上げる前に、時間をかけて改善を 肝臓は少々のダメージにもなかなかサインを出すことなく、黙々と働き続けます。 健康診断を定期的に受診し、日頃から些細な変化にも注意を払うなど、継続して肝臓を気遣ってあげましょう。 まずは、日常生活の中で肝臓に負担をかけている習慣はないかを見直してみてください。 いきなりすべてを変えるのではなく、すぐに実践できることから始めましょう。 焦らず時間をかけてコツコツ取り組むことが大切です。 投稿者 投稿日: カテゴリー タグ , , , , , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の

肝疾患の三大症状と「かゆみ」の最新治療

肝臓 病 による かゆみ チェック シート

脂肪肝や肝炎、肝硬変などの肝臓の病気が気になるあなたも、脂肪肝の段階で改善できれば、健康で長生きができ、ワクワク楽しい生活ができますので、肝機能の低下がわかるチェックリストと肝臓病の初期症状の12のサインでチェックして、当てはまる方もそうでない方も健康的な生活習慣に変えていきましょう! 【目次】• 体が重くてだるい• 熱っぽい• 脂っこいものを食べたくない• 食欲がない• おなかが張る• すぐ息切れをする• 体がかゆい• お酒が急に弱くなった• 皮膚が荒れ、シミが増えた• 風邪が治りにくい• 足がむくむ 肝臓独特の症状がないため、ここに挙げたリストは、肝臓が正常でも、ふだんからよく出る症状ばかりですが、時々、こういう症状が出て、3項目以上が引っかかる人は、やはり血液検査を受けて、肝臓をチェックしていただいた方がいいでしょう。 症状が一時的に出る場合には心配する必要はありませんが、上記に挙げたような症状がひんぱんに出る場合には注意が必要です。 これから挙げる症状に当てはまる方は、アルコ-ル性肝障害、肝硬変の可能性があるので、病院で診てもらうことをおすすめしています。 によれば、肝臓の位置は、腹部の右上で、横隔膜の下にあります。 3 からだが黄色くなる(黄疸症状)。 黄疸の原因は、主に肝臓や胆管に原因がある場合が多いと考えられますが、その他に、赤血球が破壊されることによって起こる貧血である溶血性貧血(溶血により血液中のビリルビン値が上昇して黄疸になる)など別の病気が原因となっている可能性もあります。 尿の色が茶色っぽく濃くなる理由は、血液中のビリルビン値が高くなっていることが原因です。 血液中のビリルビン濃度が高くなると、尿の中に排泄されることによって、尿の色が茶色っぽく、濃くなります。 6 手のひらが赤くなる。 (手掌紅斑) 肝臓病の初期症状として、親指の付け根と小指の付け根の膨らんだところが赤くなります。 手のひら全体ではなく、真ん中は白いままで、その両脇が赤くなるのです。 親指と小指の付け根の膨らんだところが斑に赤くなる(赤紫色になる)場合には、脂肪肝より少し進んでいる場合があり、肝硬変や慢性肝炎の恐れがあるので、血液検査を受けたほうが良いそうです。 特徴としては、手の平全体が赤くなるのではなく、真ん中は白いままで、親指の付け根と小指の付け根の膨らんだところが赤くなります。 【 手掌紅斑の原因】 肝臓では血管拡張作用があるエストロゲンの処理を行なっていますが、肝機能低下によって肝臓でエストロゲンの処理ができなくなり、血液中のエストロゲンが上昇することにより、掌が斑状に赤くなると考えられます。 手掌紅斑はクモ状血管拡張という症状が一緒に起こることが多い。 によれば、肝臓病がかなり進んだときには、クモ状血管拡張といって、胸の上部や首、上腕などにクモの巣状の毛細血管が浮き出て、赤い斑点ができます。 肝臓で作られる血液中の「アルブミン」というたんぱく質には、血液中の水分を一定に保つ役割があるのですが、肝機能が低下すると、アルブミンの量が減ることで、浸透圧が下がり、血管から水分が出ていってしまい、腹水やむくみが起こります。 によれば、お酒を飲み過ぎ、が落ちると、女性ホルモンが肝臓で分解できず、体内に蓄積して、乳腺が発達し、男性の胸が女性のように膨らんでしまうことがあるそうです。 11.便が白い・下痢便 肝臓がちゃんと働いて、胆汁色素が作られていると、便は黄色をしているのですが、肝機能低下によって便が白くなり、下痢便になると、肝臓が悪いことの兆候です。 便の色は、胆汁に含まれるビリルビンによるものなのですが、胆汁が腸内に流れてこなくなると、便の色が白っぽい色になります。 しかし、生活習慣を改善することなくそのままの生活を続けてしまうと、さらに肝機能が低下して、脂肪肝から、、、ついにはを引き起こす可能性があるといわれています。 肝機能の低下がわかるチェックリストと肝臓病の初期症状のサインに当てはまるところがあり、最近体調が悪いと感じる方は、一度血液検査で数値をチェックしてみましょう。

次の

肝臓がんの症状でかゆみが生じる原因や程度!対処法についても!

肝臓 病 による かゆみ チェック シート

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、炎症や障害が起こっても自覚症状はほとんどないといわれてきました。 しかし、実際には自覚症状があることが明らかになっています。 近年、C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎の治療が飛躍的に進歩し、インターフェロン製剤による治療を併用しなくても、飲み薬だけでウイルスが排除できるようになってきました。 C型肝炎が治る病気になったことによって、治療前と治療後の自覚症状を比較すると新たな事実が明らかになったのです。 肝疾患の専門家で、治療薬の研究開発に携わってきた虎の門病院の熊田博光分院長は、「C型肝炎はこれまで治らない難病でしたが、2014年にダクラタスビルとアスナプレビルという飲み薬が承認されて、治る人が増えてきました。 すると、だるさが取れたという患者さんが多くなって、肝臓と自覚症状には関わりがあることがわかってきました」と話します。 肝臓の三大症状は「だるい」「脚がつる」「体がかゆい」 肝疾患の患者が感じる三大症状は、「だるい」、「脚がつる」、「体がかゆい」というもので、「だるい」が最も多い症状です。 C型肝炎は飲み薬でウイルスを排除するとだるさがなくなります。 患者のこのような声がきっかけとなって、治りにくいかゆみについても研究が進められ、治療が可能になっています。 一般的なかゆみは、皮膚にある肥満細胞から分泌されるヒスタミンによって引き起こされると考えられています。 このようなかゆみには、抗ヒスタミン薬の塗り薬などを用いて治療します。 しかし、慢性肝疾患では、効果がない場合があるといいます。 「肝臓の病気から生じるかゆみは中枢性のかゆみ、つまり脳が感じています。 それにはオピオイドという物質が関わっています。 現在、飲み薬が開発されています」 熊田分院長。 脳が感じる「かゆみ」の治療薬とは 慢性肝疾患のかゆみに用いられるのは、「ナルフラフィン塩酸塩」という飲み薬で、皮膚や脳の中で活性化した2種類のオピオイド物質のバランスを元に戻して、かゆみを抑えます。 2015年5月に使用が承認されました。 治験 臨床試験 を行ったときの経緯を熊田分院長は、こう話します。 「ナルフラフィン塩酸塩は、その前から人工透析の患者のかゆみ止めに使われていて、肝臓の病気の人にも効くのではないかと。 そこで治験をしたところ、改善することがわかったのです。 ウイルスが消えてもかゆみの症状が治らず、かゆくて眠れないという人がいます。 薬はこのような人に朗報です」。 日本には、C型肝炎の感染者が100万~150万人いると推定されています。 肝臓の病気はウイルスなどの原因によって肝臓の細胞に炎症が起こり、慢性肝炎を発症し、20~30年という時間をかけて肝硬変、肝がんへと進行していきます。 「だるい」「脚がつる」「体がかゆい」という自覚症状は、日常生活でよくあることです。 でも、ひょっとしたら肝臓の病気が隠れている可能性もあります。 肝臓が沈黙の臓器といわれるのは、知覚神経がないことが理由の一つです。 肝臓の病気は気づかないうちに進行することがあるため、三大症状は、よく覚えておきましょう。 健康診断だけではわからない肝臓の健康 C型慢性肝炎は高齢者に多い病気ですが、最近は若い世代に感染者が多くなっています。 C型肝炎ウイルスによる肝炎は、注射器や針などから感染することがあるため、医療機関以外でピアスの穴をあけたことがある人や、皮膚にタトゥー 入れ墨 を入れたことがある人、輸血や手術を受けたことがある人などは、注意が必要です。 肝炎ウイルス検査を受けたことがない場合は、受けることをお勧めします。 また、健康診断で肝臓に問題がないという結果が出たとしても、気をつけてほしいと熊田分院長は指摘します。 「肝臓の検査値が基準値の範囲内であることが、正常とは限りません。 肝臓の専門医が診ると異常というケースは、よくあります。 日本人は医療にあまりお金をかけたがりませんが、肝臓を守って長く健康に生きたいなら、人間ドックを受けるのが最もよいと思います。 肝臓は肝臓の専門医がしっかり診ます」。 難病といわれたC型慢性肝炎が治る病気になり、最近はが増加しています。 NASHの発症は女性が多く、更年期以降に増える傾向があります。 肝臓に負担をかけない食生活や定期的な検査で肝臓の健康状態をよく知っておくことが大切です。 監修 虎の門病院 分院長 熊田 博光先生.

次の