メリハリ プラン。 「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」はどちらがお得か? ソフトバンク新プラン徹底比較!

「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」はどちらがお得か? ソフトバンク新プラン徹底比較!

メリハリ プラン

ソフトバンクから2020年3月12日に提供開始される「 ミニフィットプラン」と「 メリハリプラン」は、月間データ量の利用状況に応じて好きな方を選択できる新しい料金プランとして誕生しました。 「ミニフィットプラン」は毎月のデータ量に応じて請求額が確定する3段階の変動型プランです。 一方、「メリハリプラン」は、月間50GBを一定額で利用できる上、対象となる動画やSNSサービスが使い放題となります。 これだけ聞くと、データ量をあまり使わないならミニフィットプラン、データ量をたくさん使うならメリハリプランが良いだろう。 と思いがちですが、両プランの仕組みや割引条件を比較すると、また違った側面も見えてきます。 本記事では、ソフトバンクの新料金プラン「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を徹底的に比較し、どちらの方がお得なのかという点について解説します。 関連記事: 「」 「」 目次• 基本料金で比較 はじめに、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」の基本料金を比較します。 ミニフィットプランとメリハリプランを比較した場合、 基本プラン980円は共通しており、データ定額サービスの料金設定に違いがあります。 ミニフィットプランのデータ定額サービスは1GB未満3,000円、2GB未満5,000円、5GB未満6,500円なのに対し、メリハリプランのデータ定額サービスは一律6,500円ですが、 動画SNS使い放題対象サービスを含めた月間データ量が毎月2GB以下であれば1,500円割引されるという特徴があります。 わかりやすく理解するために、表で表してみます。 さらに金額が変わらない上に、メリハリプランでは毎月50GBまで高速通信が利用でき、さらに対象の動画SNSサービスが使い放題となります。 つまり、 月間データ量が1GBを超える利用が続く場合は、メリハリプランを選択したほうがひと月に利用できるデータ量上限が50GBと非常に多く、なお、ミニフィットプランと比べて料金差がないためおトクです。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 「半年おトク割」は同条件で適用 次に、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」に半年おトク割を適用した場合について確認します。 半年おトク割は、 新規契約または機種変更時(USIM単体契約を含む)に加えて「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」のいずれかに加入した場合に、適用条件を満たした翌請求月を1カ月目として、最大6カ月間毎月1,000円割引されるものです。 半年おトク割において「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を比較した場合、加入条件や適用期間、割引金額においては全く同じですから、どちらがお得というわけでもありません。 半年おトク割を適用しようと考える場合、新しい端末へ新規契約または機種変更を行うことが条件となりますが、もしも、新機種の購入を検討する場合は「 ソフトバンクオンラインショップ」の活用を忘れてはいけません。 以上の点から、「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」における半年おトク割で確実におトクにするためにもソフトバンクオンラインショップの活用を忘れずに意識しておきましょう。 「おうち割 光セット」は同条件で適用 今度は、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」におうち割 光セットを適用した場合について確認します。 おうち割 光セットは、 ソフトバンク指定のインターネットサービス「ソフトバンク光」や「ソフトバンクエアー」を契約するとソフトバンクスマホの基本料金が1回線あたり毎月最大1,000円割引されるサービスです。 ミニフィットプランとメリハリプランにおいては、同一条件で加入できるほか、割引額はどちらも毎月1,000円という点で同様です。 まずは、以下の表をご確認ください。 メリハリプランの方が圧倒的に金額が安いうえに、月間データ量も50GB使える上、さらに対象の動画SNSが使い放題となるという利点もあります。 ここに記載していない「通話オプション」「半年おトク割」「おうち割 光セット」に関しては、先程確認したとおり、ミニフィットプランとメリハリプランにおける割引は同額のため、あえて計算にいれていません。 「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」はどちらもソフトバンク光を活用して月間データ量を節約したい ここまで、ミニフィットプランとメリハリプランについてあらゆる視点で比較してみましたが、 両プランは共通して月間データ量を節約することで安くなる可能性があります。 例えば、ミニフィットプランは段階プランで月間のデータ量の応じて請求額が確定し、メリハリプランでは対象の動画SNS使い放題サービスを含めた月間データ量が2GB以下であれば1,500円の割引が適用されます。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すという流れです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わず「ソフトバンク光」を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、ミニフィットプラン・メリハリプラン 契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 ミニフィットプランとメリハリプラン契約者は、ソフトバンク光を利用することで「おうち割 光セット」による割引で確実に毎月1,000円安くなり、さらにデータ量消費を抑えることで基本料金をぐっと安く抑えられる可能性が広がります。 特に、現在他社インターネット利用中・または固定回線のインターネットを利用していないユーザーは、ソフトバンク光へ乗り換えて、今よりお得に利用していきましょう。

次の

ソフトバンクのメリハリプランを徹底解説

メリハリ プラン

2020年3月12日にで新料金プランがスタートします。 その名も「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」です。 新プランはどのようなプランなのでしょうか? また、旧プラン契約者は新プランに変更すべきなのでしょうか? この記事では、「料金プランの詳しい内容」や「新プランの割引サービス」などを解説し、「旧プランとの料金比較」を通して、新プランの実力を検証したいと思います。 ( 2020年3月11 日更新)• 新料金プランの受付開始日 2020年3月12日 通話プラン 通話の基本プランとなる 「基本プラン(音声)」。 月額980円で、30秒につき20円の通話料金がかかるプランです。 家族間通話(同一家族割引グループ内)は 24時間無料。 定額オプション かけ放題プランを利用したい方は基本プランに加えて、「定額オプション」を利用しましょう。 「準定額オプション+」は月額800円で、1回5分以内の通話が無料です。 5分を超えると、30秒につき20円の通話料が発生します。 「定額オプション+」は月額1800円で、時間も回数もかかわらず、ずっと無料のかけ放題プランです。 どちらのオプションも旧プランの「定額オプション」と内容は変わっていませんが、何故か月額料金が300円値上げされています。 その理由は「電話オプションの有無」にあります。 これが300円値上がりした理由です。 「留守番電話プラス」や「割込通話」などのオプションサービスを利用する方にとってはお得です(利用しない方は逆に損ともいえる)。 プラン名 含まれるサービス (個別に加入した場合の月額料) 「準定額オプション+」 「定額オプション+」 ・留守番電話プラス(300円) ・割込通話(200円) ・グループ通話(200円) ・一定額ストップサービス(100円) 注意 「基本パック」「基本パック」「ケータイ基本パック」のいずれかに加入している方が、「準定額オプション+」または「定額オプション+」を申し込む場合は「基本パック」の継続利用が出来なくなります。 通話プランまとめ おさらいです。 通話プランは全部で3種類用意されています。 内容的には旧プランである「ウルトラギガモンスター+」とほとんど変わりません。 大きな変更点は、 「月間データ量が2GB以下だった場合の料金システム」です。 新プランでは1カ月のデータ量が2GB以下(ギガノーカウント分を含める)だと、自動的に月額料金が1500円割引されます。 つまり、 2GB以下だと月額5000円で済む計算となります。 旧プランは1GB使っても50GB使っても月額6500円だったので、お得度はアップしています。 【注意】「動画放題」一部データ通信量を消費するケースあり 使い放題の「動画放題」ですが、 一部の動作や機能はデータ通信量を消費するケースがありますのでご注意ください。 消費するケースは以下の通りです。 データプラン2 「データプランミニフィット(ミニフィットプラン)」 「データプランミニフィット」は、毎月のデータ量に応じて月額料金が3段階で変化する従量制プランです。 使った分だけ料金を支払うシステムなので、データ量を無駄遣いする事がなく非常にお得です。 基本的に毎月のデータ通信量が 1GB未満の方にオススメのプランです。 毎月1GB以上使う方は、「データプランメリハリ」の方がお得 毎月のデータ通信量が1GBを上回る方は「データプランメリハリ」の方がお得です。 1GBを超えた場合は「データプランメリハリ」と料金が同じになります(「データプランメリハリ」は利用データ量が2GB以下だと、月額料金から1500円割り引かれる)。 しかも「動画放題」で主要な動画サービスやが使い放題なので、お得度が高いです。 デザリングは、それぞれのデータ容量の上限まで制限なく利用可能です。 解約金は契約期間に縛られず、いつでも無料! 旧プランに引き続き、新プランも 「契約期間なし」 で、 「解約金(契約解除料)0円」です! これまで当たり前のように存在していた「2年縛り」と「解約金9500円(更以外)」ではありません。 契約の途中で他社に乗り換えても、解約金を要求される事はありません! 新プランの割引サービス1 「半年おトク割」 新規契約(他社からの乗り換えを含む)または機種変更時(単体契約を含む)に、「基本プラン(音声)」または「基本プラン(データ)」に加入した場合に、6カ月間に渡って 毎月1000円の割引が適用されます。 旧プランの割引サービスは1年間に渡るサービス(1年おトク割)だったので、割引額は半減しています。 注意 旧プランの割引サービス「1年おトク割」を受けていた方は、機種変更の際に新プランに変えても本サービスが適用されません。 新プランの割引サービス2 「みんな家族割+」 旧プランから引き続き用意されている家族割引サービスです。 家族や同居人などの家族割引グループ内で「回線のカウント対象プラン」と契約している回線が2回線以上の場合に、「50GBプラン」と契約している方は、1人当たり毎月最大 2000円の割引が適用されます。 2人以上で「データプランメリハリ」(旧プランの「データプラン50GB+」や「データ定額50GB」「データ定額50GB+」を含む)に加入している場合は、全員に割引が適用されます。 「みんな家族割+」の大きな特徴は割引対象を家族に限っていない所にあります。 家族だけでなく、 「遠くに住む親戚」や「同居中の恋人」や「シェアハウスの同居人」など、適用対象が広く設定されています。 各プランの割引サービスを含めた料金まとめ 「データプラン」と「通話プラン」、割引サービスを含めた料金体系をまとめて表にしてみました。 ぜひプラン選択の参考にしてください。 「データプランメリハリ」と「通話プラン」のまとめ表(メリハリプラン) 個人 4人以上の家族、シェアハウスの同居人で契約の場合(1人当たりの料金) 「データプランミニフィット」と「通話プラン」のまとめ表(ミニフィットプラン) 「基本プラン(音声)」 「基本プラン(音声)」+「準定額オプション+」 「基本プラン(音声)」+「定額オプション+」 「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」のどちらを選べばいいの? 「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」のどちらを選べばいいのか迷ってる方のために、分かりやすい目安を紹介します。 こんな方は「メリハリプラン」がおすすめ ・毎月のデータ量が1GB未満の方 ・1GB未満の月が多く、1GB超えても5GBまでに抑えられている方 プラン選択のポイントは「1GBライン」と「5GBライン」を超えるか 毎月1GB未満の方は従量制プランがお得ですし、1GB超える方はメリハリプランが良いです。 もう1つ目のポイントは 「5GBライン」です。 「ミニフィットプラン」は5GBを超えると、速度制限がかかります。 つまり、月1GB未満しか使わない月があったとしても、月5GB以上使う事が多い方はメリハリプランの方が速度制限もかからないですし、お得と言えます。 新端末割引サービス 「トクするサポート+」 対象機種を48回払いで購入し、25か月目以降にの返却と同時に新しい指定の新機種を購入すると、残り24回分の支払いが免除となり、端末価格が 「実質半額」になるサービスです。 機種変更せずに返却のみでもサービスは適用され、その場合はが指定する額のPayPayボーナスが付与されます。 新プログラムは「プログラム料無料」「返却のみで特典適用」 プログラム料は無料。 他社ユーザーでも利用可能です。 基本的な内容は「トクするサポート」とほぼ変わりませんが、「プログラムが無料になった点」と「返却すれば、機種変更なしでも特典適用される点(旧プログラムは機種変更が必要だった)」が異なります。 サービス開始日 2020年3月27日 旧プランとの料金比較1 50GBプラン(基本通話プラン) 旧プランとの料金比較をして、新旧プランの違いを検証してみたいと思います。 まずは「50GBプラン」の比較てみましょう。 通話プランは「基本プラン」を使います。 比較 旧プランの方が安い 旧プランの方が安い結果となりました。 月額300円ほどの差があります。 理由は割引サービスの違いです。 新プランの「半年おトク割」は 割引額が同じでも旧プランの割引サービス(1年おトク割)より期間が半年短いために、全体の料金が高めになってしまいました。 ただ、現在でを利用している方で、「1年おトク割」を受けていた方には「半年おトク割」が適用されませんので、料金は旧プランと変わりません。 旧プランとの料金比較2 50GBプラン(2GB以下しか使わない月があるケース) 利用データ量が2GB以下の月がある場合はどうなのでしょうか? 2年間のうちに月2GB以下が8カ月間あった場合の料金を比較してみましょう。 比較 2GBを下回る月がある場合は新プランの方が安い わずかに新プランの方が安い結果となりました。 ただ、月2GB以下が3カ月以下の場合は旧プランの方が安い計算となります。 期間限定割引サービス(「1年おトク割」「半年おトク割」)を除いたケースだと、 基本料金は同じですが、プラン割(2GB以下の月は1500円割引)があるので、新プランの方がお得度が高いです。 旧プランとの料金比較3 50GBプラン(かけ放題プラン) 「かけ放題プラン」で「データプランメリハリ」を利用する場合はどうなのでしょうか? 比較 新プランはかけ放題の月額料金が値上がりしている(オプションサービスを含むため) 旧プランの方が2年間で1万3200円も安いです。 理由は「かけ放題プランの月額料金」にあります。 旧プランは2480円でしたが、新プランは2780円と300円も値上がりしています。 なぜ値上がりしたの? 新しい「かけ放題プラン」には、旧プランに無かったオプションサービスが入っています。 「留守番電話プラス」や「グループ通話」など、個別で加入すると月額800円かかるオプションサービスが「かけ放題プラン」に含まれているため、月額300円値上がりしたという訳です。 オプションサービスが必要ないユーザーにとっては、旧プランの方がお得といえます。 旧プランとの料金比較4 従量制プラン 最後に従量制プランを比較してみましょう。 通話プランは「かけ放題プラン」とします。 比較 通話オプションいらない人は旧プランの方がお得 全体の料金は旧プランの方がお得です。 割引サービス(「1年おトク割」「半年おトク割」)の割引額は同じですが、 期間は旧プランの方が長いですし、かけ放題プランの月額料金も旧プランの方が月300円安いです。 今まで「留守番電話プラス」や「割込通話」などが入っている「基本パック(基本パック、基本パック)」に加入していなかった方で、定額オプション(または準定額オプション)を契約している方は、新プランより旧プラン(ミニモンスター)の方がお得といえます。

次の

ソフトバンクのおすすめ新料金プランと最安値プランを解説!月額料金を安くする方法

メリハリ プラン

ソフトバンクから2020年3月12日に提供開始される「 ミニフィットプラン」と「 メリハリプラン」は、月間データ量の利用状況に応じて好きな方を選択できる新しい料金プランとして誕生しました。 「ミニフィットプラン」は毎月のデータ量に応じて請求額が確定する3段階の変動型プランです。 一方、「メリハリプラン」は、月間50GBを一定額で利用できる上、対象となる動画やSNSサービスが使い放題となります。 これだけ聞くと、データ量をあまり使わないならミニフィットプラン、データ量をたくさん使うならメリハリプランが良いだろう。 と思いがちですが、両プランの仕組みや割引条件を比較すると、また違った側面も見えてきます。 本記事では、ソフトバンクの新料金プラン「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を徹底的に比較し、どちらの方がお得なのかという点について解説します。 関連記事: 「」 「」 目次• 基本料金で比較 はじめに、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」の基本料金を比較します。 ミニフィットプランとメリハリプランを比較した場合、 基本プラン980円は共通しており、データ定額サービスの料金設定に違いがあります。 ミニフィットプランのデータ定額サービスは1GB未満3,000円、2GB未満5,000円、5GB未満6,500円なのに対し、メリハリプランのデータ定額サービスは一律6,500円ですが、 動画SNS使い放題対象サービスを含めた月間データ量が毎月2GB以下であれば1,500円割引されるという特徴があります。 わかりやすく理解するために、表で表してみます。 さらに金額が変わらない上に、メリハリプランでは毎月50GBまで高速通信が利用でき、さらに対象の動画SNSサービスが使い放題となります。 つまり、 月間データ量が1GBを超える利用が続く場合は、メリハリプランを選択したほうがひと月に利用できるデータ量上限が50GBと非常に多く、なお、ミニフィットプランと比べて料金差がないためおトクです。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 「半年おトク割」は同条件で適用 次に、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」に半年おトク割を適用した場合について確認します。 半年おトク割は、 新規契約または機種変更時(USIM単体契約を含む)に加えて「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」のいずれかに加入した場合に、適用条件を満たした翌請求月を1カ月目として、最大6カ月間毎月1,000円割引されるものです。 半年おトク割において「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を比較した場合、加入条件や適用期間、割引金額においては全く同じですから、どちらがお得というわけでもありません。 半年おトク割を適用しようと考える場合、新しい端末へ新規契約または機種変更を行うことが条件となりますが、もしも、新機種の購入を検討する場合は「 ソフトバンクオンラインショップ」の活用を忘れてはいけません。 以上の点から、「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」における半年おトク割で確実におトクにするためにもソフトバンクオンラインショップの活用を忘れずに意識しておきましょう。 「おうち割 光セット」は同条件で適用 今度は、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」におうち割 光セットを適用した場合について確認します。 おうち割 光セットは、 ソフトバンク指定のインターネットサービス「ソフトバンク光」や「ソフトバンクエアー」を契約するとソフトバンクスマホの基本料金が1回線あたり毎月最大1,000円割引されるサービスです。 ミニフィットプランとメリハリプランにおいては、同一条件で加入できるほか、割引額はどちらも毎月1,000円という点で同様です。 まずは、以下の表をご確認ください。 メリハリプランの方が圧倒的に金額が安いうえに、月間データ量も50GB使える上、さらに対象の動画SNSが使い放題となるという利点もあります。 ここに記載していない「通話オプション」「半年おトク割」「おうち割 光セット」に関しては、先程確認したとおり、ミニフィットプランとメリハリプランにおける割引は同額のため、あえて計算にいれていません。 「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」はどちらもソフトバンク光を活用して月間データ量を節約したい ここまで、ミニフィットプランとメリハリプランについてあらゆる視点で比較してみましたが、 両プランは共通して月間データ量を節約することで安くなる可能性があります。 例えば、ミニフィットプランは段階プランで月間のデータ量の応じて請求額が確定し、メリハリプランでは対象の動画SNS使い放題サービスを含めた月間データ量が2GB以下であれば1,500円の割引が適用されます。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すという流れです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わず「ソフトバンク光」を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、ミニフィットプラン・メリハリプラン 契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 ミニフィットプランとメリハリプラン契約者は、ソフトバンク光を利用することで「おうち割 光セット」による割引で確実に毎月1,000円安くなり、さらにデータ量消費を抑えることで基本料金をぐっと安く抑えられる可能性が広がります。 特に、現在他社インターネット利用中・または固定回線のインターネットを利用していないユーザーは、ソフトバンク光へ乗り換えて、今よりお得に利用していきましょう。

次の