広瀬 香美 ゲッダン。 ゲッダンとは(意味・元ネタ・使い方解説)ネットスラング

ゲッダンとは?元ネタ

広瀬 香美 ゲッダン

ゲッダンとは、「揺れる廻る振れる切ない気持ち」を、時には「二人で一緒に」、時には「Winter Land」の静けさのように、輝く視線は「あなただけ見つめて」、はにかむあなたは「私だけ見つめて」、希望溢れる「明日を誓」い、「ぎゅっと抱かれ燃える恋心」を胸に、「激しく舞い散る雪」のごとく表現する振り付けである。 だからこそ誓う。 「ずっと2ちゃんねらー」!! 以上から解るように、八頭身は 決してただ回っているだけではない。 なお上記ではsm4946055の事象に限って述べているが、他のケースでも大体似たり寄ったりだと思われる。 実際は広瀬香美が1997年にリリースした「promise(プロミス)」と言う曲のワンフレーズである。 曲名だけでは思い出せずとも、曲を聴くか「ゲッダン」という言葉で思い出す人もいる。 むしろ、曲を知ってても曲名が思い出せない。 同曲のサビの出だしが「ゲッダン(Get down)」という独特な発音なため、どうしてもそこの印象だけが残ってしまうことが、この名称の由来である。 概要 1997年に発売されたNINTENDO64ソフト「ゴールデンアイ007」の「カセット半抜き」バグ技プレイ動画が投稿され、これに同時期の名曲である広瀬香美「promise」を選曲した編集MADが、懐かしさをまじえた爆笑の渦となる。 どちらも「1997年」という共通点があり、懐かしさからぐっとくる人が多い。 今となっては「もう10年以上前の曲とゲームなのか」と、ゲッダンする人が後を絶たないと言う。 なお"get down"は、そのまま訳すと「降りる・しゃがむ・下を向く」という意味の英熟語であるが、状況によっては「ダンスする」「盛り上がる」「楽しむ」「気合いを入れる」「セックスする」「薬をやる」「賭ける」などの意味もある。

次の

ゲッダンって何なんですか?

広瀬 香美 ゲッダン

ゲッダンとは、 「揺れる廻る振れる切ない気持ち」を、時には「二人で一緒に」、時には「 Land」の静けさのように、くは「あなただけ」、はにかむあなたは「私だけ」、溢れる「を誓」い、「ぎゅっと抱かれ燃える心」を胸に、「しく舞い散る」のごとく表現する振り付けである。 だからこそ誓う。 「ずっと」!! 以上から解るように、は 決してただ回っているだけではない。 なお上記ではの事に限って述べているが、他のでも大体似たり寄ったりだと思われる。 実際は がにした 「()」と言う曲のである。 曲名だけではせずとも、曲を聴くか「ゲッダン」という言葉です人もいる。 むしろ、 曲を知ってても曲名がせない。 さん本人も上では、ゲッダンと呼んでいる。 同曲のの出だしが 「ゲッダン()」という独特な発音なため、どうしてもそこの印だけが残ってしまうことが、この名称の由来である。 概要 に発売された「」の「」がされ、これに同時期のである「」を選曲した編集が、懐かしさをまじえたの渦となる。 どちらも 「」という共通点があり、懐かしさからぐっとくる人が多い。 今となっては 「もう10年以上前の曲となのか」と、 ゲッダンする人が後を絶たないと言う。 なお""は、そのまま訳すと「降りる・しゃがむ・下を向く」という意味の英熟であるが、状況によっては「する」「盛り上がる」「楽しむ」「気合いを入れる」「をやる」「賭ける」などの意味もある。 ここから「」の曲が付けられていった。 もなお生は増え続けている・・・ だいたいこいつのせい によるのには、に載り広まってきた頃にこんな表記が加えられていた。 これはとなったゆえの謝罪とみていいだろう。 案の定さんに発見告知されたあげく、ついにはさん本人にもさんによりその存在を伝えられることとなる。 余談 上記の「」はご存知のとおり開発の大したのであるが、同社の開発した「」には、おなじみのを入し、を入手した 後 を抜いて 新作の2をにして入手したを引き継ぐというとんでもないで開発されていた 論、が多発したり、故障の原因となることでとなったが、当初はどころか、全に抜き取る計画であったことが恐ろしい。 関連動画 に引火。 まさかの。 ついにになった。 を越えたゲッダン。 何このの高さ。 者 他での半さし 手描きMAD削除 かなりのを誇ったゲッダンの元である、版が初にされた。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ゲッダンとは(意味・元ネタ・使い方解説)ネットスラング

広瀬 香美 ゲッダン

45 時 (木)029分 達成日時 0()0分 日時(理由) 0()18分 () 掲載期間 5日09時間分 からの掲載期間 1日09時間分 最終再生数 2,5,0 いにが追いつかれてしまいました。 氏の作品の中で最大のであり、最大の誤算とも言えるこの作品は、 氏がである76 にを受けて作成した画によるで、 内容は氏の楽曲である「」のの部分に合わせて、が踊っているものである。 このはにされた約一ヵ後に、 生がに取り上げられたことをきっかけに的に流行し、 そのあと、見る見るうちに再生数を伸ばして行った。 そして、第一の誤算として、に、 それまで氏の一番の作であった「 ver. 」 の再生数を抜き、 氏最大の作となる。 その後一ヶで的に再生数を伸ばして行き、 ついに 0分にを達成する。 () これにより、1分を切るとして初めての達成という快挙を成し遂げた。 なお、である「 」は直訳すると、 下がる、降ろす、をする、書き取る、倒す、をやる、など多数の意味を持っているが、 この曲の場合、「をする」が当てはまるのではないかと思われる。 その他にも、は良く曲の合いの手として、ワッショイ、さいこう~!、 といったで用いられるため、 とを上げるために使われたものとも考えられる。 今回のに使われている楽曲部分は、第一ので、 揺れる る 振れる 切ない気持ち 二人で一緒に眠る Land あなただけ 私だけ を誓う ぎゅっと抱かれ 燃える心 しく舞い散る に包まれて より ずっと となっている。 も伸び続ける再生数は、一日均して0再生で、 このまま伸び続けるとするならば、総合再生数位浮上や、 上旬ごろに達成というのも夢ではない。 2である。 実質、色はので、時間もたったのがここまで伸び続けている理由として考えられるのは、 出だしの「」というの強なや、 曲のに合わせたのでしい踊りとによる、 そしてなにより、氏の画の上手さや親しみやすさ、なのに高い度、 の「」というな、 なんとも言えぬ表情にあるのではないかと思います。 なお、に使われている画像枚は、「」が を突破したことを記念してにされた、 で配布しているに含まれており、 生のの一助となっている。 そしてついには、氏本人にの存在が知られることとなり、 氏という結果となってしまう。 これについては、氏が、 「さん、さん、のチョミメンさん、ホント流行らせて」 と記述していることもあり、 本当に氏にとってこのが、氏の最大の誤算であったと言えよう。 そのため、今ではの多くが「~」と書き込まれるようになっている。 閲覧者の皆様方も書き込む際には是非「」として氏を励まして欲しい。 【】 がついにしてしまいました。 ::01 にされた『ow r : 【818】』により、 にが広まったことが認知されると、 に『』というが投下されるようになりました。 このは、「ow r 」で各の紹介の一環としてされたもので、 今回は、「氏の」が取り上げられています。 版及びはこちら: の内容は、 氏や、の説明から始まるというとても丁寧なもので、 を含む、のもいくつか使用されています。 自体の発想も面いのですが、 丁寧にの説明をするその面さと自体のさが相まって、 更に笑いを誘う内容となっています。 しか私は知らない為、は出来ませんが確実に「」、「」という言葉は聞き取れます。 逆にがくとも面いです。 何故、このようなを作ったのかは不明ですが、 氏の功績に『』という名誉が加わったのは言うまでもありません。 にされる【】 氏、 ・・・このあと、再生数がどこまで伸び続けて行くのかは次第ではあるが、 見ているとなんだか少し楽しくなってしてしまうので 中ではありません 、 このまま、200万、万と再生数が伸び続けて行くことを願うばかりです。 いつまでも 関連項目•

次の