映画 ファースト ラブ。 50回目のファーストキス映画の感想 評価からロケ地・撮影秘話まで!

ファースト・ラブ : DVD・ブルーレイ

映画 ファースト ラブ

デビュー後初のショートヘアで難役に挑む! [c] 2021「ファーストラヴ」製作委員会 第159回直木賞を受賞し、累計発行部数12万部を超える島本理生のベストセラーを映画化した『ファーストラヴ』が、KADOKAWA配給で2021年に公開されることが決定。 主演を北川景子が務め、「TRICK」シリーズや『人魚の眠る家』 18 などの堤幸彦がメガホンをとることがわかった。 「動機はそちらで見つけてください」アナウンサー志望の美人女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の原作小説。 予測不能な結末と『ファーストラヴ』というタイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマが多くの話題を呼び、これまで恩田陸「蜜蜂と遠雷」や、東野圭吾「容疑者Xの献身」など数々の話題作が受賞してきた直木賞を受賞。 事件のノンフィクションの執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀 北川 は、うら若き容疑者の聖山環菜と面談を重ね、二転三転する供述に翻弄されながらも彼女の心理へ迫っていくが、やがて由紀自身の過去の記憶にも結びつく、意外な真相が浮かび上がる…。 主演を務めるのは、テレビドラマ「家売るオンナ」シリーズや『スマホを落としただけなのに』 18 のヒットも記憶に新しい北川景子。 女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る主人公の公認心理師、真壁由紀を演じる。 そしてメガホンをとるのは、「TRICK」や「SPEC」シリーズ、『十二人の死にたい子どもたち』 19 などのエンタメ性溢れる作品から『人魚の眠る家』 18 などの社会派作品まで幅広く手掛ける堤幸彦だ。 さらに脚本は、テレビドラマ「八日目の蝉」や『彼女がその名を知らない鳥たち』 17 の浅野妙子が手掛ける。 美しき女子大生が犯した殺人事件の真の動機はなんだったのか。 本当の「愛」という永遠のテーマを突きつけるサスペンスミステリーに、期待が高まる。

次の

50回目のファーストキス映画の感想 評価からロケ地・撮影秘話まで!

映画 ファースト ラブ

もくじ• 映画「ファーストラヴ」原作 『ファーストラヴ』 久しぶりに本読んだけど、 おもしろかった…。 おもしろいって言葉でいいのかわからないけど、読み出したら止まらなくてこの時間である。 — 志水あずさ azu23shi 映画「ファーストラヴ」の原作は、島本理生さんの小説「ファーストラヴ」で、直木賞を受賞しています。 直木賞を受賞した後も重版を繰り返して、累計発行部数12万部を超えるベストセラーになっています。 坂口健太郎さんが帯を書いてます。 映画にも出演するかな? 島本さんの今までの作品には、ナラタージュ(松本潤・有村架純で映画化)などがあって、登場人物の深い心理描写に惹きつけられます。 事件の真相が明かされる時、予測できない衝撃のラストが待ち受ける… — KADOKAWA映画公式 kadokawaeiga 真壁由紀は北川景子 主人公の真壁由紀役は、北川景子さんで、公認心理師で活躍している女性です。 容疑者の女子大生と対話しながら、進んでいく話なので、知性とか野心、繊細さに溢れた北川景子さんにピッタリな役です! 聖山環菜(キャスト未発表) 主役ともいえる重要な聖山環菜役、美人女子大生ですから、20代の女優さんです。 役名が環菜(かんな)で、映画「ファーストラヴ」の監督が堤幸彦監督なことから、「12人の死にたい子どもたち」に出演した橋本環奈さんをイメージしてしまいます。 「12人の死にたい子どもたち」には、他にも黒島結菜さんや杉咲花さん、吉川愛さんなど、注目される女優さんが出演していたので、誰になるか楽しみです。 映画は、2021年公開なのに、現在撮影中なので、ドラマ「死役所」に出演中の黒島結菜さんは違うのかな? 杉咲花さんは、来年の10月からの朝ドラヒロインなので、可能性がありそうです。 庵野迦葉は中村倫也? 映画の撮影中に、北川景子さんと中村倫也さんの目撃情報がありました! 中村倫也さんが出演するなら、役は由紀の義理の弟の庵野迦葉(かしょう)です! 環菜の弁護士として、由紀と再会します。 過去にトラウマを持つ2人は、共感し合って・・・わけありの過去を持っています。 真壁我聞 由紀の夫で、庵野迦葉(かしょう)の兄! 戦場カメラマンを辞めて、結婚式場のカメラマンをしています。 息子の正親の子育てにも積極的で、家事もほとんどしてくれています。 優しくて、関大すぎる素敵な夫のキャストが楽しみです! 豪華キャストになりそう! 他にも、聖山環菜の家族、殺される父親や母親、真壁由紀の父親と母親、子供時代の子役、美術学校の生徒など、登場人物がいます。 発表され次第、更新します。 スポンサーリンク 映画「ファーストラヴ」あらすじ 事件発生 主人公の真壁由紀(北川景子)は、公認心理師として活躍して、夫の我聞と息子の正親と幸せな家庭を築いている恵まれた女性でした。 ある日、美人女子大生が父親を刺殺する事件が発生して、聖山環菜が逮捕されます。 「動機はそちらで見つけてください」と挑発的な言葉で、マスコミを騒がせます。 聖山環菜は、アナウンサー志望で、面接試験を途中で放棄した後、父親の勤務先の美大を訪れて、父親を刺殺しています。 過去の自分と向き合う 真壁由紀(北川景子)は、この事件のドキュメンタリー本の執筆を依頼されて、容疑者・聖山環菜と面談を重ねていきます。 環菜の二転三転する供述に翻弄されながら、面会や手紙のやりとりを重ねていきます。 環菜の関係する人々を調査したり、心理に迫っていくうちに、環菜にどこか過去の自分と似たものを感じ始める。 なぜ環菜は父親を殺さなければならなかったのか? 事件の真相が明かされていくと、タイトルの「ファーストラヴ」の意味が明らかになる、衝撃のラストがあります。 本当の「愛」とはなにか、永遠のテーマに迫る傑作サスペンスミステリーです。

次の

「ファーストラヴ」島本理生を読んだ感想・あらすじ。超ド級に重い、家族の病をガツンと浮き上がらせる作品【2018年上半期直木賞】

映画 ファースト ラブ

ファーストラヴ映画化!原作を調べてみた! 北川景子主演で映画化。 あらすじ書いときます。 島本理生さんは1983年に東京で生まれていて、小学生の頃から小説を書き始めたんだそうです。 20歳で「リトル・バイ・リトル」が第25回野間文芸新人賞を受賞したのですが、史上最年少での受賞だったんですよ! 今回映画化される「ファーストラヴ」は第159回直木賞を受賞した作品で、堤幸彦さんが監督をつとめます。 ファーストラヴと聞くと、初恋の恋愛小説なのかなとの印象を受けるのですが、どうやらそんなお話ではないようです。 でもなぜファーストラヴなのかということは物語の終盤でわかるようですよ! 私も映画が始まるまでに、予習として読んでみようかなと思っています。 聖山環奈は 「動機はそちらでみつけてください」との発言で、世間を騒がせるのですが、そんな聖山環奈と真壁由紀は面会や手紙のやり取りを重ねてゆきます。 二転三転する聖山環奈の供述に翻弄される真壁由紀。 やり取りを重ねるうちに真壁由紀は聖山環奈に自分自身と似たものを感じはじめ、心の奥底にしまった 「ある記憶」と向き合うことになります。 ファーストラヴというタイトルからは想像できなかったのですが、ミステリーなんですね。 なにより「動機はそちらでみつけてください」ってものすごく衝撃的で、聖山環奈は何を心に秘めているのだろうと気になりました。 なぜ聖山環奈は父親を殺さなければならなかったのか、なぜファーストラブというタイトルなのか、事件の真相が明らかになるにつれわかってくるということなので、とても楽しみです。 スポンサーリンク ファーストラヴ映画化!キャストを調べてみた 島本理生さんの小説「ファーストラヴ」が映画化されるということで気になるキャストを調べてみました! 真壁由紀(北川景子) ファーストラヴ — DIARY KEIKO KITAGAWA — 未来予想図 TC938DsAZFVaQue 主人公の真壁由紀を演じるのは北川景子さんです。 北川景子さんは役作りのために髪をバッサリ切りショートカットにしたのですが、詳細はをぜひ読んでみてくださいね! 北川景子さんは堤幸人監督とはずっとご一緒したかったそうで、「ファーストラヴ」に関われたこと、主演できたことを本当に喜んでいるようですね。 聖山環奈と関わっていくうちに自分自身と向き合わなくてはならなくなる真壁由紀の姿を早く見てみたいですね! 聖山環奈 聖山環奈のキャストはまだ発表されていません。 聖山環奈は父親を殺してしまい、供述も二転三転したりと周りを翻弄するのですが、そんな役を誰が演じるのかとても気になります。 なかなか難しい役どころだと思うのですが、いったい誰が演じるのでしょうね。 女子大生ということですので、実力のある若手の女優さんになるでしょうね。 左ききのエレンに出演している池田エライザさんなんてピッタリかななんて思うのですがどうでしょうね? 他にも真壁由紀の夫や聖山環奈の父親など登場人物はたくさんいるのですが、今のところキャストは主演の北川景子さんしかわかっていません。 少しずつキャストが発表されると思いますが、キャストの発表が待ち遠しいですね。

次の