デス スト ランディング クソゲー。 【賛否両論】デスストランディング評価は?神ゲーそれともクソゲー!?

【評価・レビュー】神ゲー?クソゲー?デス・ストランディングの良い部分、悪い部分まとめ

デス スト ランディング クソゲー

僕もその一人です。 ですが!!! はっきり言いましょう!!! デスストランディングは他人には勧めづらい クソゲーであると!!! 個人的には、「まあ面白いっちゃ面白いかな」程度には思うのですが、今作を「気にはなってる、面白い?」と聞かれたら 3000円になるまで待った方が良いよ。 と言いたくなるような感じです。 ではなぜそう感じたのか、2日プレイしてほぼクリアぐらいまで到達しましたので、ゲームの特徴を追いながら感想を書いていきますかね。 (ゲームストーリーのネタバレはほぼ無いです。 ) クリアしたんでネタバレありで感想書きました。 良ければどうぞ 目次• そもそもゲームジャンルがかなり人を選ぶモノである。 そもそもデスストランディングとはどのようなゲームなのか? 一言で説明すれば、「 配達人ゲーム」。 もうちょっと掘り下げると、「 スカイリムのもの届ける系のおつかいクエストをやりまくるゲーム」です。 雰囲気が伝わりましたでしょうか。 このゲームのメインの部分は かなり地味で画面映えのしないゲームになります。 なので、モンハンやダークソウルのようなアクションゲームで得る「アドレナリンが湧き出るような達成感」などはなく「 マイクラやARKのような作業ゲーで得る地味な達成感」を感じるゲームでしたね。 この時点でかなり好みがわかれるかと思います。 実際にプレイしてクソゲーと言っている方々はそういった 作業ゲー的なジャンルが非常に苦手なプレイヤーの皆さんなのだと思います。 自分としては、このような作業ゲー的なゲームは普通に好きですので 配送ゲーとしては非常に楽しかったというのが素直な感想です。 作業ゲーとはいえマンネリしないようにドンドン増えていくガジェットでやれることが増え、効率を上げていく流れも非常に楽しかったのですし、特にこのゲームは マップを含めたゲームデザインが非常に良く作られてるな~と思います。 基本的に拠点から遠めの拠点へと荷物を無事に搬送するゲームなのですが、川を越えたり崖を進んだり山を登ったりしなきゃなので何も考えないで進むとかなり苦労します。 ですがこのゲームには、様々なガジェットが使えるのでそれら どこでどう使うかというのがキモになってきます。 しかしそれらのガジェットにも重量があり、運ぶ荷物との重量を考えながら進行ルートを計算し、 どのルートでどうやって配送するかを計画する~というのがこのゲームの醍醐味だと思います。 あ、ちなみに戦闘もありますがクソおもんないです。 劣化版メタルギアって感じです。 戦闘も含めたゲームの全体バランスについては後述します。 後半のゲームのバランスが悪い 上の項などは結構、客観的に書いたつもりでしたがこの項はだいぶ個人的な感想かなと思います。 ゲームのバランスが悪いというのは、「 難しすぎる!」というワケではなく、 戦闘場面の頻度がひでえなと感じました。 これが序盤でサクッと入ってきて「こういうのもあるのか、まあまあええわ」ぐらいだったのですが、中盤になると「またかよ・・・ダル」になり、後半になるとムービーと戦闘しかなく「 俺に戦闘じゃなく配送をさせてくれえ・・・」となるぐらいでした。 これが狙いならすごい プレイしててホントに戦闘はいらねえなぐらいの面白さだったので、もうちょっと抑えめの要素だと嬉しかったんですけども、まあここが後半多いのが結構気になってしまったのはあります。 あと戦闘でもう一つ、BTと呼ばれるメインの敵が出てくるのですがこれはマジで バランスが悪いです! バランスとは言っても、その敵が弱すぎる方面なんですけどね。 BTは配送中に遭遇するお邪魔キャラのようなモノなのですが、このゲームのストーリーとしてBTというのは人類の最大の問題であり災害のようなものなのですが、か~~~~な~~り対策が楽なんです。 というか個人的には対策はいらないぐらいには弱いと思う。 どのくらいに弱いかというと、序盤で1発で確殺できるグレネードが作れるようになるぐらいで、ぶっちゃけ最終的には走って逃げれるぐらいには弱いんですよね。 難易度は最大です そのせいでBTとの遭遇は、緊張感のある敵というよりは面倒なお邪魔キャラ感が強いです。 あと、BTのボス戦はマジモンの脳死作業ゲーでつまんないです。 あとあと、BT遭遇時のムービーをいちいち入れるのはテンポ悪いんで嫌いです。 最初からストーリーに専門用語が多すぎる パルスのファルシのルシがパージでコクーン 最初30分くらいはマジでff13を思い出しましたね。 しょっぱな専門用語だらけの会話が始まり、専門用語や世界観に対しての説明は中々無いまま話が進んで行くので大半のプレイヤーは置いてけぼりをくらいながら、ゲームを覚えていくことになります。 そもそも今作は他に類を見ない謎ジャンルとして登場し、割と操作もややこしいです。 そんな中、ストーリーの点でもぶっ飛びながら進められると情報量多すぎて大変だな、と感じました。 話の内容としても、結構ぶっ飛んでるんできちんと理解してかないとサクッと置いていかれます。 まあ一応ff13と比べると、現実世界の話ではあるし、ストーリーをきちんと追いかけていけばよくわからない描写は無く理解できるし、キャラクターはさして多くはないのでまあマシかなと。 これは制作者が意図して、未知を解明していく空気感を作るのに意図的なのかもしれないですけど。 個人的にはまあまあ面白いけども、人に勧めたくなるほどではない 結論は見出しの通りですね。 プレイしてて面白いとは思いますけど、とても良い神ゲーだ!!みんなもやろうよ!というほどでも無いし、知人が買おうとするなら一度止めるぐらいなゲームじゃないかなーと思いました。 余談ですが、今作はゲハの格好の餌食になっており、発売前から「デススト クソゲ」が出るほどに サジェスト汚染されてるようです。 まあすぐクソゲクソゲいうウチとしては嬉しい話です。 が、情強ゲームプレイヤーのみなさんは一片だけの情報に躍らせれず、様々な場所から情報収集して自分で意思決定することが大事です!! では!

次の

【賛否両論】デスストランディング評価は?神ゲーそれともクソゲー!?

デス スト ランディング クソゲー

普段ゲームをやらない人まで遊んでいる「デスストランディング」にいま熱い 最近、周辺が何やら騒がしいんです。 それは、PS4本体は持っているけど、全然ゲームをしなくなった人が みんな「」を遊んでいるのです。 スマホゲームにハマって、おすすめしてくる人はいるけれど PS4のゲームにハマって、オススメされるなんて結構なレアケース でも、ネットを検索すると必ずしもデスストランディングに対して高評価ばかりではなく、むしろネガティブな低評価を目にすることも多いのです。 なぜ、こんなに超ハマる人がいる一方で 低評価のコメントも見られるのか? 賛否両論が大きく分かれる本作「」の魅力について 今回は深掘ってみたいと思います。 PS4版デスストランディングはどんなゲーム? [amazon] デスストランディングはPS4ハードでしか遊べない独占タイトル メタルギアソリッドシリーズの生みの親、小島監督の独立後、最初のタイトルとして以前より注目されてきました。 ゲームジャンルは 海外ゲームではもはや当たり前になったオープンワールドゲームタイプ 広大なマップが用意されていて、プレイヤーはこの世界の中で「さまざまなミッション」をこなしていきます。 一般的にオープンワールドゲームといえば、どこまでも広がる世界が魅力 なんでもできることが魅力なのですが 本作デスストランディングは、オープンワールドゲームとはいえ、ゲームという領域で語るにはハードルが高いリアルすぎるオープンワールドゲームです どこがリアルかというと 本作のテーマである「つながり」を 主人公サム(=プレイヤー)はプレイをもって体現するわけですが このサムは配達人であり、このオープンワールドの世界で世界を繋ぐ配達人を担うことで、世界の繋がりを作っていくというゲームです。 つまり、 とにかく歩かされますし ゲームの序盤はかなりの不自由を強いられます。 ・整備されていない道なき道を歩く ・とにかく歩かされる ・道の途中では荷物の重さにも注意が必要 ・ちょっと油断すると崖から落ちて死んでしまうことも ゲームなのに、そこまで試練とプレイヤーへのストレスを与える必要なんてないし ユーザーはそれを求めていないよ! というのがネガティブな意見の大半を占めています。 しかし、その一方で私の周辺で本作「」にハマりまくっている人からすると、 この不自由感と、それを超えて「お使い」を成し遂げた時の達成感が 半端無いということらしいのです。 一般的なゲームっぽい「オープンワールドゲーム」に慣れきってしまっている人からすると、もう苦痛でしかないのですが ここが評価が分かれる部分だと思います。 デスストランディングのここが神ゲー(高評価) ・配達人としての役割を果たした結果、得られる達成感 とにかくオープンワールドの世界を不自由に歩かされるという、最近のゲームにはないゲーム耐性が問われる内容なのですが、これってファミコン時代には普通にあった話。 でも最近のゲームは、「ゲームの難しさ」「不自由さ」「耐えること」から避けてきた印象があります。 いわゆる 「ゲームのゆとり化」がスマホゲームアプリの登場から急速に加速した印象があるのですが、その逆を行く本作が一部のゲームファンにとって神ゲー評価を得たのは不思議な話ではないと思います・ ・ありがとうの気持ちが伝わるSNS機能が秀逸 オンラインに繋がっているものの、基本的にデスストランディングはひとりプレイです。 対戦とか共闘とかそういうものはデスストランディングにはありません。 でも、オープンワールドの世界にはオンライン上の誰か作った橋などがあって、そんな名前も知らない誰かが建てた橋に対してFacebookのような「いいね」をつけることができます。 この「いいね」をもらったからといってゲーム内で何かアイテム報酬などがもらえるわけではないのですが、この見知らぬ人からの「ありがとうの気持ち」が本当に嬉しいわけです。 これが「つながり」をテーマにしている本作の魅力です。 ・戦いはあくまでもメインじゃない、戦わず「繋いでいく」ことの大切さ デスストランディングの世界にも「戦うべき敵」は存在して時にはバトルモードに突入することがあります。 でも、このあたりは、メタルギアソリッドのスニーキングアクションにも通じる部分はあるのですが、 戦うことはあくまでも選択であり 配達人としての役割を果たすためには無駄な戦闘はせず 自分の役割達成に徹する という遊び方ができるのも「」の魅力ですね。 これら、他のゲームにはなかった 少なくても最近のスマホゲームアプリにはなかった体験こそ、冒頭に説明した熱狂的なファンを生み 最近はあまりなかった 「デスストランディング面白いからおすすめ」的なクチコミに繋がっているわけです。 デスストランディングのここがクソゲー(低評価) 一方で、低評価をあげている人のほとんどが ・ゲームといえば敵が出てきて派手なバトルがあるもの ・荷物を運ぶ配達人としての役割が地味、辛い、ストレスが溜まる ・メタルギアソリッドのようなゲームを期待してプレイしてしまった といった「デスストランディング」のテーマそのものが 理解できず、耐えられなかったという点に集約されています。 その他 ・文字が小さい ・ムービーばかり、かつ長い といったゲームシステムに依存する不満もありますが、こういった部分よりも、「デスストランディング」のテーマである「つながり」という部分に賛同できなかった部分がネガティブな意見になっています。 でも、ここでネガティブ意見になっている部分は その一方で、神ゲー評価を与えている人にとっては大きな魅力ポイントになっているという 表裏一体の関係性が存在しており こんな クソゲーでもあり、神ゲーでもある賛否両論を生み出したタイトルは、ここ10年ではありませんでした。 それだけゲーム市場に向けて一石を投じたタイトルだといえるでしょう。 デスストランディングの総合評価、買いか?見送りか? [amazon] [amazon] なんで、ここまで評価が分かれるのか そう考えてみたら、周囲で超クチコミをしてくる、PS4本体は持っているけど、久しぶりにPS4をデスストランディングのために起動した という人の多くは30代オーバーの人ばかりでした。 彼らは最近の緩いゲームや、スマホゲームではちょっと満足できないファミコン、スーファミ時代からのオールドゲーマーだった印象があります。 ですから オールドゲーマーには相性が良いかもしれないけど 最近の若いゲームファンにはあまり相性が良くないかも というのが周囲を見た上での印象でした。 とはいえ、プレイする人を選ぶゲームでもありますが 他にはない特殊な楽しさを与えてくれるゲームとも言えます。 もし、ちょっとでも気になったら、まずはプレイしてみることをおすすめします。 クソゲーか、神ゲーかは最後は自分自身で判断するべきで、 「」にはその価値があるタイトルだと思うからです。

次の

コジマプロを退社した今泉健一郎氏に見るデスストの実状

デス スト ランディング クソゲー

普段ゲームをやらない人まで遊んでいる「デスストランディング」にいま熱い 最近、周辺が何やら騒がしいんです。 それは、PS4本体は持っているけど、全然ゲームをしなくなった人が みんな「」を遊んでいるのです。 スマホゲームにハマって、おすすめしてくる人はいるけれど PS4のゲームにハマって、オススメされるなんて結構なレアケース でも、ネットを検索すると必ずしもデスストランディングに対して高評価ばかりではなく、むしろネガティブな低評価を目にすることも多いのです。 なぜ、こんなに超ハマる人がいる一方で 低評価のコメントも見られるのか? 賛否両論が大きく分かれる本作「」の魅力について 今回は深掘ってみたいと思います。 PS4版デスストランディングはどんなゲーム? [amazon] デスストランディングはPS4ハードでしか遊べない独占タイトル メタルギアソリッドシリーズの生みの親、小島監督の独立後、最初のタイトルとして以前より注目されてきました。 ゲームジャンルは 海外ゲームではもはや当たり前になったオープンワールドゲームタイプ 広大なマップが用意されていて、プレイヤーはこの世界の中で「さまざまなミッション」をこなしていきます。 一般的にオープンワールドゲームといえば、どこまでも広がる世界が魅力 なんでもできることが魅力なのですが 本作デスストランディングは、オープンワールドゲームとはいえ、ゲームという領域で語るにはハードルが高いリアルすぎるオープンワールドゲームです どこがリアルかというと 本作のテーマである「つながり」を 主人公サム(=プレイヤー)はプレイをもって体現するわけですが このサムは配達人であり、このオープンワールドの世界で世界を繋ぐ配達人を担うことで、世界の繋がりを作っていくというゲームです。 つまり、 とにかく歩かされますし ゲームの序盤はかなりの不自由を強いられます。 ・整備されていない道なき道を歩く ・とにかく歩かされる ・道の途中では荷物の重さにも注意が必要 ・ちょっと油断すると崖から落ちて死んでしまうことも ゲームなのに、そこまで試練とプレイヤーへのストレスを与える必要なんてないし ユーザーはそれを求めていないよ! というのがネガティブな意見の大半を占めています。 しかし、その一方で私の周辺で本作「」にハマりまくっている人からすると、 この不自由感と、それを超えて「お使い」を成し遂げた時の達成感が 半端無いということらしいのです。 一般的なゲームっぽい「オープンワールドゲーム」に慣れきってしまっている人からすると、もう苦痛でしかないのですが ここが評価が分かれる部分だと思います。 デスストランディングのここが神ゲー(高評価) ・配達人としての役割を果たした結果、得られる達成感 とにかくオープンワールドの世界を不自由に歩かされるという、最近のゲームにはないゲーム耐性が問われる内容なのですが、これってファミコン時代には普通にあった話。 でも最近のゲームは、「ゲームの難しさ」「不自由さ」「耐えること」から避けてきた印象があります。 いわゆる 「ゲームのゆとり化」がスマホゲームアプリの登場から急速に加速した印象があるのですが、その逆を行く本作が一部のゲームファンにとって神ゲー評価を得たのは不思議な話ではないと思います・ ・ありがとうの気持ちが伝わるSNS機能が秀逸 オンラインに繋がっているものの、基本的にデスストランディングはひとりプレイです。 対戦とか共闘とかそういうものはデスストランディングにはありません。 でも、オープンワールドの世界にはオンライン上の誰か作った橋などがあって、そんな名前も知らない誰かが建てた橋に対してFacebookのような「いいね」をつけることができます。 この「いいね」をもらったからといってゲーム内で何かアイテム報酬などがもらえるわけではないのですが、この見知らぬ人からの「ありがとうの気持ち」が本当に嬉しいわけです。 これが「つながり」をテーマにしている本作の魅力です。 ・戦いはあくまでもメインじゃない、戦わず「繋いでいく」ことの大切さ デスストランディングの世界にも「戦うべき敵」は存在して時にはバトルモードに突入することがあります。 でも、このあたりは、メタルギアソリッドのスニーキングアクションにも通じる部分はあるのですが、 戦うことはあくまでも選択であり 配達人としての役割を果たすためには無駄な戦闘はせず 自分の役割達成に徹する という遊び方ができるのも「」の魅力ですね。 これら、他のゲームにはなかった 少なくても最近のスマホゲームアプリにはなかった体験こそ、冒頭に説明した熱狂的なファンを生み 最近はあまりなかった 「デスストランディング面白いからおすすめ」的なクチコミに繋がっているわけです。 デスストランディングのここがクソゲー(低評価) 一方で、低評価をあげている人のほとんどが ・ゲームといえば敵が出てきて派手なバトルがあるもの ・荷物を運ぶ配達人としての役割が地味、辛い、ストレスが溜まる ・メタルギアソリッドのようなゲームを期待してプレイしてしまった といった「デスストランディング」のテーマそのものが 理解できず、耐えられなかったという点に集約されています。 その他 ・文字が小さい ・ムービーばかり、かつ長い といったゲームシステムに依存する不満もありますが、こういった部分よりも、「デスストランディング」のテーマである「つながり」という部分に賛同できなかった部分がネガティブな意見になっています。 でも、ここでネガティブ意見になっている部分は その一方で、神ゲー評価を与えている人にとっては大きな魅力ポイントになっているという 表裏一体の関係性が存在しており こんな クソゲーでもあり、神ゲーでもある賛否両論を生み出したタイトルは、ここ10年ではありませんでした。 それだけゲーム市場に向けて一石を投じたタイトルだといえるでしょう。 デスストランディングの総合評価、買いか?見送りか? [amazon] [amazon] なんで、ここまで評価が分かれるのか そう考えてみたら、周囲で超クチコミをしてくる、PS4本体は持っているけど、久しぶりにPS4をデスストランディングのために起動した という人の多くは30代オーバーの人ばかりでした。 彼らは最近の緩いゲームや、スマホゲームではちょっと満足できないファミコン、スーファミ時代からのオールドゲーマーだった印象があります。 ですから オールドゲーマーには相性が良いかもしれないけど 最近の若いゲームファンにはあまり相性が良くないかも というのが周囲を見た上での印象でした。 とはいえ、プレイする人を選ぶゲームでもありますが 他にはない特殊な楽しさを与えてくれるゲームとも言えます。 もし、ちょっとでも気になったら、まずはプレイしてみることをおすすめします。 クソゲーか、神ゲーかは最後は自分自身で判断するべきで、 「」にはその価値があるタイトルだと思うからです。

次の