相模 川 ハザード マップ。 洪水ハザードマップ|相模原市

ハザードマップポータルサイト

相模 川 ハザード マップ

2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。 ご自由にご活用ください。

次の

洪水ハザードマップ

相模 川 ハザード マップ

ページ番号1008690 この浸水(内水)ハザードマップは、過去に記録した1時間に96. 5ミリメートル(平成20年)と同じ降雨が市域全域に同時に降った場合に、浸水が広がる範囲とその深さを想定した区域(浸水想定区域)を記載しています。 (旧津久井町、旧相模湖町、旧藤野町においては、浸水が想定されません。 ) また、今後10年間で市が緊急的に浸水対策を実施する予定の区域(浸水対策実施区域)についても記載しています。 雨は自然現象のため、ゲリラ豪雨の発生や地域状況の変化などによっては、このマップで着色されていない区域においても浸水が起こる可能性があります。 また、土地造成などにより地形が変化した場合や下水道整備などの対策を実施した場合、着色されている区域においても浸水が起こらない可能性があります。 そのため、このマップは詳細な場所の浸水想定を把握することよりも、ひとつの目安として活用していただき、防災情報面を参考に浸水への備えを心がけてください。 なお、色覚異常のある人もご覧いただけるよう、色や形状で区別がつくように調整を行っています。 地図情報面(相模原市全体図) 掲載しているPDFファイルは、文字情報が埋め込まれておりません。 必要な場合は、危機管理課にお問い合わせください。 各地区の浸水区域をご覧いただくには、上の「相模原市全体図」を参照の上、該当する番号のファイルを下からダウンロードしてください。 (1)の対象となる主な地区名 中央区下九沢、南橋本。 緑区相原、大島、大山町、上九沢、川尻の一部、久保沢、下九沢、城山、田名、谷ヶ原、西橋本、二本松、橋本、橋本台、原宿、原宿南、町屋、向原、元橋本町、若葉台。 (2)の対象となる主な地区名 南区大野台の一部、古淵の一部。 中央区相生、小山、小町通、鹿沼台、上矢部、共和、相模原、すすきの町、清新、高根、中央、千代田、氷川町、東淵野辺、富士見、淵野辺、淵野辺本町、星が丘、宮下、宮下本町、弥栄の一部、矢部、矢部新田、矢部新町、横山、横山台、由野台。 緑区東橋本。 (3)の対象となる主な地区名 南区下溝の一部。 中央区上溝、水郷田名、田名、田名塩田の一部、並木、緑が丘、光が丘、弥栄の一部、陽光台。 (4)の対象となる主な地区名 南区旭町、麻溝台、鵜野森、大野台の一部、上鶴間、上鶴間本町、北里、古淵の一部、栄町、相模大野、相模台、相模台団地、桜台、相南、西大沼、東大沼、東林間、双葉、文京、松が枝町、御園、南台、豊町、若松。 中央区青葉、松が丘。 (5)の対象となる主な地区名 南区新磯野、磯部、下溝の一部、新戸、相武台、相武台団地、当麻。 中央区田名塩田の一部。 (6)は緑区太井、三ヶ木、若柳の浸水対策実施区域を表示しています。 想定区域と文字(記号など)が重なっている箇所があるため、文字(記号など)を削除したPDFファイルを追加しましたので、ご活用ください。 (1)の対象となる主な地区名 中央区下九沢、南橋本。 緑区相原、大島、大山町、上九沢、川尻の一部、久保沢、下九沢、城山、田名、谷ヶ原、西橋本、二本松、橋本、橋本台、原宿、原宿南、町屋、向原、元橋本町、若葉台。 (2)の対象となる主な地区名 南区大野台の一部、古淵の一部。 中央区相生、小山、小町通、鹿沼台、上矢部、共和、相模原、すすきの町、清新、高根、中央、千代田、氷川町、東淵野辺、富士見、淵野辺、淵野辺本町、星が丘、宮下、宮下本町、弥栄の一部、矢部、矢部新田、矢部新町、横山、横山台、由野台。 緑区東橋本。 (3)の対象となる主な地区名 南区下溝の一部。 中央区上溝、水郷田名、田名、田名塩田の一部、並木、緑が丘、光が丘、弥栄の一部、陽光台。 (4)の対象となる主な地区名 南区旭町、麻溝台、鵜野森、大野台の一部、上鶴間、上鶴間本町、北里、古淵の一部、栄町、相模大野、相模台、相模台団地、桜台、相南、西大沼、東大沼、東林間、双葉、文京、松が枝町、御園、南台、豊町、若松。 中央区青葉、松が丘。 (5)の対象となる主な地区名 南区新磯野、磯部、下溝の一部、新戸、相武台、相武台団地、当麻。 中央区田名塩田の一部。 浸水(内水)ハザードマップの内容 地図情報面• 浸水想定区域• 浸水対策実施区域• 避難所・公共施設等の施設情報• 浸水想定における降雨条件など• 洪水ハザードマップの紹介 防災情報面• 日ごろからの備え• 避難の方法• 雨量・気象情報の収集方法や情報伝達経路など• 家屋・家財の浸水被害を防ぐためには• 市役所・消防機関等の連絡先.

次の

相模川芝ざくら : 花の名所 : 自然・文化を観る

相模 川 ハザード マップ

気象庁は、 平成25年8月30日から大雨や地震などにより重大な災害のおそれがある場合に「警報」を発表していますが警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害が発生する恐れが著しく高まっている場合、最大級の警戒をしていただくために「特別警報」を発表します。 特別警報の対象となる現象は「東日本大震災」、紀伊半島に甚大な被害をもたらした「平成23年台風第12号の豪雨」や、我が国の観測史上最高の潮位を記録した「伊勢湾台風の高潮」などが該当します。 「特別警報」が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。 屋外の状況や、避難指示・勧告などに留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。 また、大雨などの被害を防ぐには、時間を追って発表される注意報、警報やその他の気象情報を活用して、早め早めの行動をとることがあなたや家族の命を守ります。 警報・注意報の発表基準(愛川町) 警報• 大雨・洪水警報 表面雨量指数基準 18 土壌雨量指数基準 132 流域雨量指数基準 29(中津川)• 暴風警報 平均風速 秒速25メートル以上 注意報• 大雨・洪水注意報 表面雨量指数基準 11 土壌雨量指数基準 92 流域雨量指数基準 23. 2(中津川)• 強風注意報 平均風速 秒速12メートル以上 土砂災害警戒情報とは 大雨による土砂災害発生の危険が高まった時、市町村長が避難勧告等を発令する際の判断や住民の自主避難の参考となるよう、都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報です。 早期避難が重要です! 土砂災害警戒情報が発表されていなくても、斜面の状況には常に注意を払い、普段と異なる状況(一般に「土砂災害の前兆現象」と言います)に気がついた場合には、直ちに周りの人と安全な場所に避難するとともに、町役場・消防本部等に連絡してください。 こんな時は要注意!8つの危険信号に注意して下さい。 わき水が止まった• 井戸水がにごった• 川がにごった• 水位がさがった• わき水が増えた• 山に亀裂が走った• 石が落ちてきた• 地鳴りがする 土砂災害防止法と土砂災害(特別)警戒区域について 土砂災害防止法は、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)から国民の生命・身体を守るために、土砂災害が発生するおそれがある区域を明らかにし、危険の周知、警戒、避難体制の整備、一定の開発制限による住民等の立地抑制などのソフト対策を推進するための法律です。 土砂災害警戒区域は、土砂災害が発生した場合に、住民等の生命・身体に危害が生じるおそれがある区域であり、土砂災害防止法に基づき、県知事が基礎調査を実施した後、指定が行われます。 区域指定されると、町では、危険の周知や警戒避難体制の整備に取り組みます。 町内の土砂災害警戒区域等【土石流】指定状況一覧 【土石流】 半原・田代地区 高峰地区 中津地区 基礎調査時期 平成21年度 平成21年度 平成21年度 指定年月日 平成24年4月20日 平成28年6月17日 平成24年4月20日 平成28年6月17日 平成24年4月20日 警戒区域指定数 土砂災害警戒区域 16区域 土砂災害警戒区域 12区域 土砂災害警戒区域 6区域 特別警戒区域指定数 土砂災害特別警戒区域 7区域 土砂災害特別警戒区域 8区域 土砂災害特別警戒区域 4区域 町内の土砂災害警戒区域【急傾斜地の崩壊】指定状況一覧 【急傾斜地の崩壊】 愛川地区 高峰地区 中津地区 基礎調査時期 平成24・25年度 平成24・25年度 平成25年度 指定年月日 平成28年10月28日 平成28年10月28日 平成28年10月28日 警戒区域指定数 土砂災害警戒区域 42区域 土砂災害警戒区域 38区域 土砂災害警戒区域 16区域 町内の土砂災害警戒区域【地滑り】指定状況一覧 【地滑り】 愛川地区 高峰地区 基礎調査時期 平成25年度 平成25年度 指定年月日 平成28年11月4日 平成28年11月4日 警戒区域指定数 土砂災害警戒区域 1区域 土砂災害警戒区域 1区域 台風の接近や気象警報が発表されたら• テレビ、ラジオ等で最新の気象情報に注意しましょう。 避難経路や非常持出袋等の確認をしましょう。 町役場、消防署、警察署等の広報や避難の呼びかけに注意しましょう。 避難時の心得• 避難する前に火の元を消し、避難経路や避難場所を確認しましょう。 避難する時は、町役場、消防署、警察署、自主防災組織などの指示に従いましょう。 車での避難は緊急車両の妨げとなりますので、徒歩で避難しましょう。 長靴は水が入ると脱げ易く危険です。 動きやすい運動靴で避難しましょう。 側溝や段差に気付きにくいため、足元に注意し避難しましょう。 万が一避難が遅れ、危険が迫った時は、2階以上の丈夫な建物に避難しましょう。 要配慮者への協力• 一人暮らしの高齢者の方には、声をかけ、一緒に避難するように気を配りましょう。 車イスの方は3人以上で、体の不自由な方には、複数人で介助し安全に避難させましょう。 避難が困難な方に声をかけ、ご近所で助け合い、地域全体で避難完了に努めましょう。 災害時の心がけ.

次の