新日本プロレス 試合結果。 試合結果 | 新日本プロレスリング

結果

新日本プロレス 試合結果

相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:01]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

新日本プロレスの東京ドーム興行

新日本プロレス 試合結果

当時のプロレス興行で観衆53,800人という新記録を樹立した。 藤波が返上したの決定トーナメントと日米ソの三国対抗戦がメインの大会となった。 トーナメントは本命とされていた藤波や長州が脱落し橋本とベイダーの間で決勝が行われ、レフェリーはが裁いた。 マーシャルアーツのベニー・ユキーデも試合を行った。 ライガーのデビュー戦もこの日だった。 メインイベントの格闘技戦では猪木が無敗神話が崩れ敗れた。 本来は、新日本プロレスvs という大会で目玉カードに当時WCWでトップ入りしたを帰国させのに挑戦させるというものだった。 同年4月に・新日本・全日本で「」の開催も決定していたため、WWFと興行戦争しているWCWは態度を硬化させキャンセルしてしまう。 カード白紙になってしまい当時社長就任したばかりの坂口が、全日本のに頭を下げハンセンを借りることになったが、馬場坂口の師弟関係から鶴田・天龍の貸し出しにも成功。 鶴田・谷津組は木村・木戸組と、天龍・川田組は長州・小林組というカードが決定したが川田はタイガーに小林は高野に変更された。 北尾のプロレスデビュー戦の相手はビガロ、ハンセンはベイダーとのドリームマッチ、藤波はAWA世界王座に挑戦、猪木は坂口と「黄金コンビ」結成と対戦カードも出揃った。 結果は藤波が腰痛で欠場しマサ斎藤が代打出場し、ズビスコを破り鶴田に次ぎ日本人2人目のAWA王者となり、全日本勢の参加、猪木も前年の5月以来の復帰戦、終始話題騒然の大会となった。 1年越の新日本vsWCWの興行が行われました。 としての初来日や、リック・フレアーの新日本初来日などWCW勢の多数参戦で対戦カードも新鮮な大会となった。 またこの日、リードとシモンズが仲間割れし後にWCWで抗争となる。 藤波が馬場に次ぎ日本人2人目のNWA王者となるが、WCW側からNWAルールでオーバー・ザ・トップロープは反則なるため移動は無効とされ保留となるが、数年後には選手権者として認定された。 第2試合終了後に勢がリングに上がり対戦要望を宣言した。 当初、越中のパートナーは馳だったが怪我のため小原に代わった。 ローデス親子がそろって来日し日本で初親子タッグを組んだ。 のLIVEも20分ほど行われ、ムタ組とスタイナーブラザースのテーマを生演奏した。 長州がIWGPと18クラブの二冠王となる。 前年秋j頃から抗争を始めたWARとの対抗戦がメインとなった。 ホームvsシモンズ戦は、当初WCW世界戦だったが直前にシモンズがベイダーに敗れたためノンタイトル戦になった。 橋本は猪木とのタッグ予定であったが怪我によりマサ斎藤に代わった。 ムタが蝶野を破りIWGPとNWA世界の二冠達成。 天龍が試合後、猪木に対戦を要求し握手で答え対戦受諾。 ライガーが久々にシューティングスタープレスを下し勝利、負けたタイガーは自らマスクを脱いだ。 正体は金本浩二だった。 武藤として初のドーム大会となった これまではムタとしての試合が多かった。 長州は半年ぶりの試合復帰だった。 ホーガンは当時WWF王者であり、当時新日本はWCWと提携していたので異例の来日だった。 1年越しの猪木vs天龍戦は天龍が勝利し、猪木馬場を倒した唯一の日本人レスラーとなった。 UWA世界ジュニアはUWA世界ウェルターと同タイトルである。 金本vs永田はUWFの試合バチバチとした戦いだった。 この日、山本広吉が天山広吉と改名し凱旋帰国し中西を破る。 IWGP王座を防衛した橋本の腰に猪木がベルトを巻き無言で新世代へのバトンタッチをした。 結果は5勝3敗と新日本が勝利したが、高山・垣原などが注目を浴びた。 ライガーは久々のライバル佐野との試合で試合は負けたが、佐野にプロレスをさせるという目標は果たした。 蝶野はとの試合予定だったが、対抗戦反対の宮戸がUWFインターナショナルを退団したため流れた。 当時所属していた、も対抗戦拒否でカードには組まれなかった。 当初は、高田が保持していた王座と武藤のIWGPヘビーのダブルタイトル戦だったが、最高顧問のルー・テーズの反対もありIWGPのみとなった。 小島聡が武者修行からの凱旋帰国。 冬木vs安生という他団体選手同士の対決もあった。 参院選に当選した馳がファイナルマッチを敢行し、猪木も引退に向けカウントダウンとしてベイダーと対決。 武藤は高田のリベンジを受け防衛失敗し至宝IWGP王座が他団体に流出。 蝶野率いる狼群団がWCWと対決し1勝1敗に終わった。 みちのくプロレスのサスケがライガーを破りIWGPジュニア王座奪取。 ヘルレイザーズがアニマルを迎えトリプル・ウォリアーズを結成した。 元WCWのムタと元WWFの白使のドリームマッチも実現しムタが制した。 藤波は天龍と対決しダブル龍対決で勝利を逃した。 橋本は外敵・高田を破りIWGP王座を取り戻すことに成功。 昨年リングに乗り込み喧嘩を売ってきたとの対抗戦は2勝2敗とイーブンになった。 謎のマスクマン、スーパー・ライガーは金本浩二に勝利。 あとにだとわかる。 昨年6月のトーナメントにより誕生したジュニア8冠王座にライガーが挑戦しウルティモ・ドラゴンを破り見事王座を奪取した。 藤波と木村も久々にタッグ組み蝶天タッグに挑戦し勝利し世代交代に待ったをかけた。 もう一方の世代闘争、橋本vs長州戦は長州に気力が敗因と思われるような結果となった。 ライガーvsサスケ戦後にが乱入し サムライ戦のあと海援隊と金本・大谷と握手をしていた ジュニア世代闘争目前となった。 を退団した石川が越名に挑むが敗れた。 初代タイガーマスクがタイガーキングと改名し猪木と戦った。 ムタと蝶野が試合後握手をしてに加入した。 橋本と小川の初対決は、師匠猪木が見守る中で猪木イズム背負う対決。 当初、橋本の対戦相手はだったが中止となり代替えで出場したのが小川だった。 結果は追い込んだものの小川のチョークスリーパーに橋本が落ちてしまい敗れた。 大谷が攻め込まれながらも強敵ウルティモ破り王座防衛。 永田がWCWの所属として帰国試合を行い天山に勝利。 西村も凱旋帰国で勝利を収めた。 相手は若手精鋭だったが長州が引退試合を行い4勝1敗で勝ち越し有終の美を飾った。 小川はフライに負け、橋本は相手が負傷、共に後味の悪い格闘技戦となった。 佐々木は武藤に勝利、王座を防衛し師匠長州に花を添えた。 観衆は7万人で過去最高の動員数。 IWGPジュニア、タッグはそれぞれ王者が防衛。 ヘビーは藤波が佐々木を破り久々の王座奪取。 猪木の引退試合の相手を決めるためのトーナメントを4人で行い勝ち上がったドン・フライが猪木と対戦。 猪木が一瞬のスキを突きグランドコブラで勝利した。 引退セレモニーではかつてのライバルや弟子たちに見送られた。 セレモニーの時にマイクを持った猪木が言った言葉「この道を行けばどうなるものか... 」は語り継がれることとなった。 昨年8月に新設されたIWGPジュニアタアグ王座はカシン組が大谷組を破り王座奪取。 大仁田vs佐々木は、大仁田が佐々木の顔面に火を放ち反則、遺恨を残す結果となった。 新日本vsUFOは1勝1敗1分けのタイ。 IWGPタッグは天龍組が敗れ、テンコジとしての王座奪取。 nwo対決のIWGP戦は武藤がノートンを破り王座奪取し、崩れかけていたnwoジャパンを一枚岩にするかと思われたが、蝶野と武藤は舌戦を繰り広げた。

次の

新日本プロレスワールド

新日本プロレス 試合結果

相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:01]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の