コンサル ファーム と は。 総合系コンサルティングファームとは?

外資コンサルの中でも有名な外資系コンサルティングファームとは?

コンサル ファーム と は

Contents• アクセンチュアとは アクセンチュアは、言わずと知れた 世界でも最大のコンサルティングファームです。 日本においても、おそらく従業員数は最多であり、クライアントの数も最大規模です。 日本では、コンサルファームは一般の消費者に対してあまり名前は売れていませんが、 アクセンチュアは知名度がけっこうあると思います。 いわゆる四大監査法人のコンサルファームであるデロイト、PwC、KPMG、EYはイギリスやアメリカでは超人気企業ですが、日本でこそあまり知名度はありません。 しかし、アクセンチュアであれば、特にテクノロジに関心のあるビジネスパーソンであれば、ほとんどの人は知っていると思います。 また、 アクセンチュアは、いわゆる総合系の中では、テクノロジにかなり強いコンサルファームというのが、一般のコンサル界隈でのイメージです。 最近では、デロイトやPwCといった総合系コンサルファームのみが競合ということではなく、NTTデータやIBMといったSIerもアクセンチュアのメインの競合となってきています。 アクセンチュアは、コンサルだけでなくSIerも競合となりつつある アクセンチュアは、 10年くらい前からSIビジネス(要はシステム構築や保守)の拡大に注力してきました。 ちょうどその頃に、以前はアクセンチュアの子会社であったアクセンチュア・テクノロジ・ソリューションズを吸収合併し、社内にもSEという職種の人たちが増えています。 SIビジネスに大きく力を入れるという戦略は功を奏したと思います。 なぜなら、その他の多くのコンサルティングファームは、どこかで「俺たちはSIビジネスはやらない、上流こそがコンサルティングなんだ」という高飛車な雰囲気があったからです。 そしてアクセンチュアは、他社に先駆けてSIビジネスを拡大したことで、 急激な業容の拡大に成功しました。 なお、一般的にSIビジネスでは、構想策定や要件定義といった上流を取って、 いかに後続のシステム開発や保守に繋げるかという点がビジネスの重要な要素となってきます。 なぜなら、システム開発や保守は金額規模がとても大きくなるからです。 新卒組を中心として、社内ネットワークが強固 マネージングディレクターの方々は、その他のコンサルティングファームと同様、 SIビジネスでのし上がった人たちがけっこう多いといえます。 どこのコンサルファームもそうですが、昔は今よりもっと激務であり、アップオアアウトが徹底されていたシビアな時代でした。 それゆえ、その時代を生き抜いてきたマネージングディレクターの方々は、ビジネスマンとしてとても優秀な人たちであることは間違いありません。 資料レビューなどでは厳しい人も多いです。 組織としては、 新卒組(新卒からアクセンチュアで働いている人たち)を中心として、社内ネットワークが強固です。 他のコンサルファームと比べて、アクセンチュアは昔から新卒を多く採用してきましたので、そうした文化が出来上がっていったといえます。 とはいえ、コンサルティングファームというのは、昔から人の出入りが激しい業界です。 最近はその傾向も高まっていますので、そうしたカルチャーは薄れつつあるといえるでしょう。 今後のテクノロジ時代、アクセンチュアは第一線を走り続ける の記事にも書いていますが、コンサルティングファームはデジタル時代に突入しており、テクノロジ領域のコンサルティングはより重要性を増す(を参照)と予想しています。 そして、現代は空前のデジタルトランスフォーメーションブームとなっていますが、 テクノロジを軸に戦略から要件定義、システム構築まで担えるアクセンチュアの強みはさらに注目を浴びるものとなって、彼らの立ち位置はより盤石なものとなるでしょう。 デジタルトランスフォーメーションとは何かについては、に書いています。 ちょっと変わった視点でいえば、 Openwork のスコアも良いので、就職先としては、比較的よいということは間違いないでしょう。 Openwork のスコアについては、コメント件数が少ない場合は信ぴょう性が高くない部分もあるかもしれませんが、概ね1000件以上のコメントが付いている場合には妥当性があると思ってよいと思います。 アクセンチュアをはじめとして、総合系コンサルティングファームは概ね1000件以上のコメントが付いていますので、世間一般にはランキング通りの評価と考えてよいでしょう。 アクセンチュア以外にのコンサルティングファームについては、の記事に詳しく書きましたので、是非読んでみてください。 また、これからコンサルタントを目指していたり、さらなるスキルアップを目指している方にはの記事で是非、コンサル業界に10年以上在籍している私のおススメ本をご覧ください。 引き続き、皆さんのためになる記事を書いていきますので、応援よろしくお願いします!•

次の

コンサルティングファームとは?

コンサル ファーム と は

コンサルティングファームとは? コンサルティングファーム(consulting firm)とは、企業の抱える課題に対して意見を求められ、解決まで導く企業のことを指します。 誰もが聞いたことのあるような大手企業から、中小企業、または業界ごとにさまざまな企業の課題を解決へと導く存在といっても過言ではありません。 そしてそこで働く人たち(コンサルタント)には高いスキルと問題発見・解決能力が求められます。 コンサルティングファームの種類。 ひと言でコンサルティングファームといっても、その種類はさまざまです。 まずはそれらを簡単に紹介しましょう。 部分的ではなく、会社総体としてあらゆるサービスを提供するコンサルティングファーム。 コンサルティングファームに入るには? コンサルティングファームで働く人は、優秀で激務、そして高給というイメージを持たれる方が多いかもしれません。 一概には言えませんが、給与水準も高く、同時に入社ハードルが高いという特徴はあるでしょう。 しかし、中途採用で組織強化を行なっているコンサルティングファームも多く、門戸が閉ざされているわけではありません。 ぜひチェックしてみてください。 コンサルティングファーム出身者は、各業界で活躍する傾向が非常に強いのも特徴的です。 もし「どこでも通用する力を身につけたい」とお考えの方は、コンサルティングファームへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

戦略コンサルティングファームとは?代表的な会社と特徴を一挙紹介

コンサル ファーム と は

コンサルタントの「パートナー」の意味や役職を解説 「パートナー」は、コンサルタントとしてのキャリアパスの最終点です。 ファームによっては、「ディレクター」「プリンシパル」「ヴァイスプレジデント」といった呼び方がありますが、意味するところはだいたい同じです。 「パートナー」が、他のクラスと決定的に違う点は、「パートナー」はコンサルタントであると同時に、ファームの共同経営者であるということです。 ファームの経営に共同して参加し、共同して、経営の責任を取ります。 同様にファームが儲かればその利益にあずかることができます。 わかりやすくいって役員クラスと考えていただいて間違いないです。 ところで、なぜファームの役員のことを「パートナー」と呼ぶか知っていますか? 他の業界では「パートナー」という呼称はききませんよね。 「パートナー」というのは、「パートナーシップ」という組織の形態からきています。 特徴は、「パートナー」と呼ばれる責任者が2人以上で共同して事業を行い、その利益を分け合います。 株式会社と違って株主はいません。 「パートナー」自体が株主と思ってもいいかもしれません。 利益は「パートナー」同士でやまわけします。 その反面、損失がでた場合も「パートナー」の責任です。 「パートナー」は損失に対して無限の責任を負います。 「パートナー」という呼称は、このパートナーシップ組織の「パートナー」から来ているのです。 多くのコンサルティングファームがこのパートナーシップ制度を取っていました。 (近年は株式会社に組織替えし、株式を公開するようなファームもでてきましたが) 「パートナー」に昇進するということは、パートナーシップ組織の経営に参加し、利益の配分を受ける権利を得るとともに、損失に対する無限責任を負うわけです。 ですから、「パートナー」とそれ以下の役職では、法律的にもまったく立場が違うということなのです。 コンサルタントの「パートナー」の役割とは? 「パートナー」がファームの利益も損失にも責任があると書きました。 そうなると、「パートナー」の役割は、個々のプロジェクトを運営するということよりは、外の世界とどうおつきあいするか、ということになります。 外の経営者にむけてファームの活動を紹介したり、新しい経営理論やヴィジョンを打ち立ててトレンドをつくったり。 ファームの価値を高める活動を行います。 最終的に、コンサルティングの仕事を受注するのが「パートナー」の最も重要な役割になります。 しかし、このコンサルティングの仕事を受注するのが、とんでもなく大変です。 コンサルティングというのは目に見えない商品です。 車や建築といった目に見える成果がでてくるわけではありません。 提供するのは、コンサルタントたちが持っている経験とノウハウです。 さらにコンサルティング料は高額で、数千万からときには数十億円に達することもあります。 クライアントからしてみれば、蓋を開けてみなければわからないものに、何億円も払うわけです。 かなりの勇気がひつようでしょう。 となると、単にコンサルティングの提案内容がよいだけでは仕事はとれません。 そのコンサルティング会社が信用できるか。 というより、そのコンサルタント個人が信頼できるかどうか。 クライアントが、「このひとにまかせてみよう。 彼なら大丈夫だ」という気になってくれるかどうか。 その一点につきます。 「パートナー」としてやっていくためには、たんなるコンサルティング力以上の「人間的魅力」が求められるわけです。 よって、だれもが「パートナー」になれるわけではありません。 「パートナー」に昇進できるのは本当に一握りの適性があるひとだけでしょう。 「パートナー」に昇進できなかったとしても、あなたがダメだということはありません。 「パートナー」は、個人の能力というよりも、向き不向きや適性というのが多分にあるからです。 優秀なコンサルタントでも「パートナー」としては向いていないということもありうるのです。 一方、それだけの厳しい選考を経て「パートナー」に昇れば、十分な報酬と、自由な活動のための時間が約束されています。 【関連記事】•

次の