音楽 再生 アプリ。 Windows Media Playerで音楽を再生する [Windowsの使い方] All About

【2020】音楽アプリのおすすめ比較|オフライン再生ができる人気アプリとは

音楽 再生 アプリ

Windows 10の新アプリ「Grooveミュージック」 「」にインストールされている「Grooveミュージック」は、PC内に保存された音楽の再生や、プレイリストの作成などに対応する新アプリだ。 もともと「Xbox Music」という名称で提供されていたアプリがリニューアルしたもので、楽曲を購入できるMicrosoftストアへのリンクを備えていたり、Microsoftが提供する定額制音楽配信サービスを利用したりすることができる(残念ながら後者は日本国内サービス対象外)。 Windowsではおなじみの「Windows Media Player」は音楽から動画までさまざまなファイルの再生に対応するのに対し、Grooveミュージックは動画再生には対応せず、音楽再生に特化したアプリとなっている。 再生中に音量操作をすると、コントローラーが表示される Grooveミュージックを使うメリットは薄い? ここまでの機能を振り返ってみると、従来のWindows Media Playerとの違いはそれほど大きくなく、あえてこちらで音楽を再生するメリットは少ないと感じるだろう。 実は、Grooveミュージックの目玉機能として備わっている、ある機能が日本国内では未対応となっているのだ。 それはMicrosoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」に保存した楽曲をストリーミング再生できるというもの。 この機能に対応していれば、さまざまなデバイスから自分のOneDrive上に保存した楽曲にMicrosoftアカウントを使ってアクセスすることができ、PCではGrooveミュージックアプリから再生できる……ということなのだが、残念ながら現時点で国内で利用することはできないようだ。 というわけで、現状はシンプルな音楽再生アプリという位置付けになっているものの、今後の対応次第では便利なクラウド音楽再生プレーヤーに化ける可能性を秘めたアプリといったところ。 期待して待ちたいところだ。 関連記事• Windows 10にアップグレード後、いつも使っていたアプリがぼやけて表示された経験はないだろうか。 設定を変更すれば簡単に解消できる。 Windows 10には、「モバイルコンパニオン」という新アプリがインストールされている。 スマートフォンと連携を強化するアプリのようだが、何ができるのか試してみよう。 Windows 10に統合されたMicrosoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」を使えば、スマートデバイスで撮影した写真や動画をWindows 10へ簡単に同期できる。 Windows 10では、PCへのサインインなどにPIN(暗証番号)を使用することを推奨している。 今回は、パスワードよりも単純な暗証番号が安全な理由と、PINの設定方法を解説する。 Windows 10の目玉機能として、1つのディスプレイでマルチディスプレイ環境を再現できる「仮想デスクトップ」が追加された。 具体的な使い方を解説しよう。 Windows 10の新しい標準ブラウザ「Microsoft Edge」には、Webページにメモを書き込める機能がある。 特にペン付きのWindowsタブレットで使い勝手がいい機能だ。 Windows 10のタスクバーに表示される「通知領域」を初期設定のまま使っていないだろうか。 必要なアイコンのみ表示するよう設定し、使い勝手を高めよう。 Windows 10で新たに追加された新機能「Continuum」と「タブレットモード」について解説する。 Windows 10のロック画面には、Windows 8/8. 1に引き続き、特定アプリのステータスを表示できる。 今回は設定方法を解説する。 1台のPCを家族で共用する場合は、保存するデータや個人設定を分けるため、それぞれにユーザーアカウントを設定するのがオススメだ。 Windows 10では、アカウント設定を子供用にすることで、保護者が子供のPC利用状況を把握できる機能が備わっている。 Windows 10にアップグレードする際、特に設定をいじらないと「Microsoft Edge」が規定のブラウザになる。 他に愛用しているブラウザがあれば、設定を変更しよう。 Windows 10の新標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、見た目や機能が洗練されていて動作も軽快だが、以前の「Internet Explorer 11」に比べると、機能や使い勝手は発展途上なところもみられる。 Windows 10のスタートメニューやタスクバー、アクションセンターは、黒を基調とした色に設定されているが、ユーザーの好みに色を変更することができる。 Windows 10のスタートメニューは、Windows 7以前のようにスタートボタンからコンパクトなメニューが展開するように変更された。 一方で、スタートメニューをWindows 8/8. 1のような全画面表示に戻す設定も残されている。 PC中上級者に欠かせない「コマンドプロンプト」が、Windows 10でキーボードショートカットによるコピー&ペースト、テキスト折り返し、透明化などに(やっと)対応した。 Windows 10をインストールした直後の初期設定では、ユーザー体験を向上させるためにさまざまな情報を外部に送信する機能がオンになっている。 情報を提供することによって便利になることも多々あるので、あまり神経質になるのも考え物。 とはいえ、どんな情報が送信されているのかユーザーが把握しておくことは重要だ。 Windows 10では、スタートボタンの横に検索ボックスが表示されるようになった。 目的のファイルやアプリを探すのに便利だが、タスクバー上のスペースを大きく取っており、場合によっては窮屈な印象を受けるかもしれない。 今回は検索ボックスを非表示にする方法を紹介する。 他人に見られたらちょっと恥ずかしいプライベートな画像をPCに保存している人は多いハズ。 Windows 10のスタートメニューには「ライブタイル」というアプリ内のコンテンツを自動で表示する機能が備わっているが、場合によっては厄介なことになりそうだ。 Windows 10で画像ファイルを開いたとき、従来とは違うアプリで開くことに気付いただろうか。 画像ビュワーに多彩な機能が加わった新アプリ「フォト」を解説しよう。 Windows 10の設定に「バッテリー節約機能」という項目が追加されている。 アプリのバックグラウンド動作を制限することで、バッテリー駆動時間を伸ばすことができる機能だが、実際の使い勝手は?• ウィンドウを画面端まで移動すると、自動でリサイズして並べてくれるスナップ機能の使い勝手が向上している。 新機能をチェックしよう。 Windows 10から、「Windows Update」が強制的に行われるようになった。 もしテザリングのようなデータ通信量に限りがあるモバイル環境で更新ファイルがダウンロードされてしまうと……。 Windows 10にアップグレードすると、前環境のバックアップデータが収められた「Windows. old」フォルダが生成される。 親切設計だが、ファイルサイズが大きいのは難点だ。 Windows 10でエクスプローラを開くと、最初に表示される「クイックアクセス」を解説する。 Windows 10は設定画面の見た目が一新。 大きなアイコンを配置し、タッチ操作に最適化され、項目はシンプルになった。 見慣れたコントロールパネルはどこにいった……?• Windows 10で採用された「アクションセンター」は、各種通知を確認したり、よく使う設定項目を簡単に変更したりできるボタンを備えている。 ボタンは自分がよく使うものに並び替えることも可能だ。 Windows 10にはOSの標準機能としてビデオキャプチャ機能「Game DVR」が搭載されている。 起動中のゲームやアプリケーションで簡単に動画/静止画キャプチャが行える。 新しくなったスタートメニューは、大きく見た目が刷新された。 今回は基本的な使い方とともに、ライブタイルをすべて非表示にしてシンプルに使う方法を解説する。 Windows 10の新機能に伴い、新たに追加されたショートカットキーを紹介する。 Windows 10で新たに追加されたタッチパッドのジェスチャー機能で、エクスプローラやウィンドウの操作がより快適になった。 使い方をマスターして作業効率を上げていこう。 関連リンク•

次の

【2020年版】無料の音楽アプリはiPhoneもAndroidもこれで決まり!

音楽 再生 アプリ

Fireタブレットには、デフォルトでAmazonのミュージックアプリがついていますが、このアプリはAmazonで購入した音楽を聴くためのアプリなので、すでに持っている音楽などを聴くことができません。 タブレット内の音楽ファイルを再生する場合、別途アプリをインストールして聞くことができます。 比較的扱いやすいのが、「」というミュージックプレイヤー(音楽プレイヤー)です。 主な機能は、下記の通りです。 Fireタブレット内にある音楽ファイル再生• シャフル再生• スリープ機能• プレイリスト• イコライザ 音楽ファイルは、タブレット内の音楽ファイルを自動で検出して読み込みます。 てっとり早く音楽を聴きたい場合は、オススメです。 操作は、分かりやすく簡単です。 読み込まれた音楽ファイルを選択して再生するだけです。 フォルダにある音楽ファイルを全て再生します。 自分で好きな曲を集めたプレイリストの作成ができます。 また、音楽ファイルの入ったフォルダを読み込ませて再生することもできます。 シャフル再生ができます。 スリープタイマーは5分おきに最大240分まで設定できます。 各音楽ファイルをロングタップすると、メニューが表示され、リピートやプレイリストへの追加ができます。 イコライザも自分で設定できるユーザー設定が4つ、その他デフォルトで複数のタイプが選択できます。 Fireタブレットに音楽ファイルの転送 Dropboxなどのクラウドからの再生はできません。 そのため、Fireタブレット内にすでにある音楽ファイルを転送(保存)する必要があります。 音楽ファイルを移動させる場合は、「」という無料で使えるファイル送受信アプリが便利です。 パソコンからも送受信できます。

次の

【iPhone】音楽プレイヤーアプリ7選!高音質なおすすめは?

音楽 再生 アプリ

Fireタブレットには、デフォルトでAmazonのミュージックアプリがついていますが、このアプリはAmazonで購入した音楽を聴くためのアプリなので、すでに持っている音楽などを聴くことができません。 タブレット内の音楽ファイルを再生する場合、別途アプリをインストールして聞くことができます。 比較的扱いやすいのが、「」というミュージックプレイヤー(音楽プレイヤー)です。 主な機能は、下記の通りです。 Fireタブレット内にある音楽ファイル再生• シャフル再生• スリープ機能• プレイリスト• イコライザ 音楽ファイルは、タブレット内の音楽ファイルを自動で検出して読み込みます。 てっとり早く音楽を聴きたい場合は、オススメです。 操作は、分かりやすく簡単です。 読み込まれた音楽ファイルを選択して再生するだけです。 フォルダにある音楽ファイルを全て再生します。 自分で好きな曲を集めたプレイリストの作成ができます。 また、音楽ファイルの入ったフォルダを読み込ませて再生することもできます。 シャフル再生ができます。 スリープタイマーは5分おきに最大240分まで設定できます。 各音楽ファイルをロングタップすると、メニューが表示され、リピートやプレイリストへの追加ができます。 イコライザも自分で設定できるユーザー設定が4つ、その他デフォルトで複数のタイプが選択できます。 Fireタブレットに音楽ファイルの転送 Dropboxなどのクラウドからの再生はできません。 そのため、Fireタブレット内にすでにある音楽ファイルを転送(保存)する必要があります。 音楽ファイルを移動させる場合は、「」という無料で使えるファイル送受信アプリが便利です。 パソコンからも送受信できます。

次の