エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した。 エラーが発生したため、iPhone&#…

「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました」を超簡単に修復する方法

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

iCloudバックアップの場合: iCloudバックアップが失敗したら、「」をご覧ください。 iPhone上で様々なデータを保管することが非常に便利です。 iPhoneはサイズが小さいですが、ストレージ容量が大きいです。 思い出の写真や、友達と仕事の連絡先や、重要な情報を含めるメモなどのデータがだんだんiPhoneで積もります。 そういったデータをiTunes経由でバックアップしたら、安心できると思いますか? iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップしたからといって、データが安全に保管されているわけではありません。 iTunesではバックアップを作成していると、バックアップが破損していないかと確認できせん。 ですからiTunesのバックアップを復元できない可能性が高いです。 つまりデータを失う恐れがあります。 iPhone内のデータの紛失を避けるため、iTunesの代わりにバックアップをとる中にを使えます。 しかしデバイスの故障、又は喪失のため、新しいバックアップをとれない場合は、どうすればいいのですか? この記事ではiPhoneの復元が失敗するときの対処法を紹介します。 復元が不可能になった原因は様々あります。 先ず確認するべきこと、主なエラーと解決法は以下に説明されています。 iPhoneをバックアップできないときの対策に興味があれば、「」を参照してください。 iPhoneを復元できないときの対処法 iTunesバックアップを復元できない原因はバックアップの破損とは限りません。 下記の簡単な行為を行えば、バックアップを復元できる可能性があります。 1.デバイスとパソコンを再起動 何か問題が起こったとき、先ずはiPhoneとPCを再起動してください。 単純ですが、ある状況では役に立つ行為です。 はAppleサイトにあります。 2.iTunesを最新バージョンまでアップデート エラーが起きたという警告のときや、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhoneを復元できませんでした」というメッセージが表示されるときに役に立つコツがあります。 iTunesを起動します• メニューで「ヘルプ」をクリックします• 「更新プログラムを確認」を選択します。 そしたらiTunesは自動的にアップデートをします。 それとも「このバージョンは最新バージョン」という通知が出てきます。 iTunesがMicrosoft Storeからダウンロードされた場合は、最新バージョンがリリースされたとき、自動的にアップデートされます。 iTunesのアップデートがないかともできます。 3.機内モードをオンにする 特に「iCloud写真」(iCloudフォトライブラリー)が有効になっているとき、iPhoneバックアップを復元できない場合があります。 エラーを防ぐため、機内モードをオンにしてください。 設定アプリを起動し、Apple IDの下にある「機内モード」を有効にします。 もう一つの方法はコントロールセンターで有効にすることです。 そうするには画面の下から上にスワイプします。 iOS 12 以降を搭載した iPhone X 以降の機種または iPad では、画面の右上隅から下にスワイプします。 そしたら飛行機のアイコンをタップします。 MFi認証済みの製品は、パッケージなどに以下のようなMFiロゴがついています。 MFi非認証を使ったら、バックアップ・復元の問題が起こる可能性があります。 トラブルが起こらないよう、MFi認証済みのApple公式認定品をおすすめします。 使っているライトニングケーブルはMFi認証だったら、ケーブルが損傷していないかと確認してください。 可能であれば、別のケーブルを試してください。 5.別のUSBポート、又は別のパソコンを使って復元 USBケーブルの状態を確認したら、USBポートも検査しましょう。 USBポートの故障はよくあることです。 USBポートを確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続してください。 一般にUSB機器には、USB2. 0やUSB3. 0という種類があります。 USB3. 0の転送速度がUSB2. 0より速いので、バックアップを復元するときにiPhoneをUSB3. 0に接続することはおすすめです。 USB 3. 0にはSSという文字が刻印されています。 機会があったら、使用しているPCの問題を除外するため、別のパソコンでiPhoneの復元を試しましょう。 iTunesバックアップを別のパソコンに移行するには「」を参照してください。 6.パスコードが正確かを確認 iPhoneをバックアップまたは復元するとき、ロック解除は必要です。 そのためiPhone上パスコードを入力しなければなりません。 入力したパスコードが正確かを確認してください。 パスコードを忘れた場合や、デバイスを使えなくなった場合の解決法は、を見てください。 パスコードをオフにするのが効果がある場合もあります。 手順を参照してください。 7.セキュリティソフトウェアを確認 iPhoneの復元が終わらない 、iPhoneの復元が進まない 、又は場合は、アンチウィルスを無効にするのを試してください。 そしたらWindowsファイアウォールの設定でiTunesがプライベートとパブリックの両方のネットワークに対して選択され、Bonjourはプライベートネットワークについてのみ選択されていることを確認してください。 もっと詳しい手順は、を参考してください。 8.「iPhoneを探す」をオフにする 「iPhoneを探す」という機能は、デバイスをなくしてしまったら、紛失モードにしてすぐにデバイスをロックし、位置情報を追跡できます。 「iPhoneを探す」が有効になっている際、iPhoneの復元を行えません。 復元する前に「iPhoneを探す」をオフにしてください。 細かい手順は、にあります。 注意:復元した後、「iPhoneを探す」を有効にするのを忘れないようにしてください。 9.バックアップのパスワードが正確かを確認 暗号化されたバックアップを復元するには、バックアップのパスワードを入力しなければなりません。 万が一パスワードを忘れてしまったら、「」という記事を見てください。 新暗号化パスワードを設定する方法は、「」を参考してください。 はApple公式サイトを参考してください。 すべてを試しても上手くいきませんか?それでは次の解決法に進んでください。 CopyTrans Backup Extractorを使用して、データをバックアップから取り出せます。 手順はこちらです。 まずはCopyTrans Backup Extractorをダウンロードし、インストールします。 インストール手順はにあります。 CopyTrans Backup Extractorを起動し、「バックアップを探す」をクリックします。 そしたらプログラムはPCにある全てのiOSバックアップを見つけるまで待ちます。 必要なバックアップを選択します。 バックアップが暗号化されている場合は、バックアップパスワードを入力し、「選択」をクリックします。 そしてバックアップの読み込みの完了まで待ちます。 復活したいデータを選択し、「取り出す」をクリックし、データの保存先を選びます。 iPhoneのデータの抽出が完了まで待ちます。 これだけでバックアップのデータを救えます!iTunesバックアップが壊れている場合は、CopyTrans Backup Extractorは救出するプログラムです。 、、を簡単にiPhoneに入れられます。 LINEトーク歴史、SMS、メモをPCで閲覧できます。 iPhoneのバックアップから復元できない問題を解決するため、iOSを最新バージョンまでアップデートします。 最新バージョンの場合は、「お使いのソフトウェアは最新です。 」というメッセージが表示されます。 初期化画面から復元する場合は、初期化画面に戻って、「iTunesバックアップから復元」の代わりに「新しい iPhone として設定」をタップします。 設定が完了したら、iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートします。 リセットが終わったら、設定が初期化画面から始まります。 今度は「バックアップから復元」を選択します。 それでもアイフォンバックアップを復元できなかったら、を試してください。 その場合はバックアップからフルリストア(全てのデータを復元)するのが不可能です。 でも対策法があります。 詳細は、「」という記事を見てください。 iPhone復元が終わらない もう一つの問題は、iPhone復元が終わらない、iPhone復元が進まない状態です。 又は復元は非常に長い時間がかかります。 対策法に進む前に、バックアップサイズを確認してください。 重いバックアップ(例、256 GB)を復元するには、きっと大分時間がかかるでしょう。 といっても残り時間は10-20時と表示されたら、何か問題があるに違いません。 普通の復元時間はどれぐらいですか? それは場合によって違います。 復元の速さには主にバックアップの容量、PCの仕様書、インターネット接続の速度が影響を与えます。 数分がかかる場合もあって、数時間がかかる場合もあります。 iPhone上Appleのロゴと進行状況バーが表示される 復元した後、Appleのロゴと進行状況バーが表示され、進行状況バーの動きが非常に遅い、又は全然動いていないように見えます。 そういうトラブルが起こったら、Apple公式サイトでを見てください。 iTunesで復元の残り時間は長過ぎる iTunesで復元の残り時間は長過ぎるときは、こちらの対策法を試してください:• Windowsのアップデートがないかと確認します• iPhoneとPCを再起動します• iTunesを最新バージョンにアップデートします• セキュリティソフトウェアを確認します.

次の

iTunesでiPhoneをバックアップする時、毎回最後のほうで「iPhoneとの読み...

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

皆さんもご存知のとうり、iTunesでiPhoneのデータをバックアップすることができます。 ただし、エラーが起きてバックアップが途中で失敗またはバックアップがいつまでも終わらない場合もよくあります。 ここでバックアップできない問題の原因と対処法について解説します。 目次 iTunesがバックアップできないエラーを解決するために確認すべきこと 1. iTunesはすでに最新のバージョンにアップデートしたことを確認しよう。 確認方法はこちら: MACの場合は、iTunesアプリを起動し、画面上部のメニューバーにある 「iTunes」をクリックしてプルダウンメニューから 「アップデートを確認... 」を選択します。 Windowの場合は、 「ヘルプ」> 「更新プログラムを確認」で確認できます。 iTunesが最新バージョンではない場合はすぐにMicrosoft Storeから 最新のiTunesをダウンロードしてインストールしましょう。 Microsoft StoreからダウンロードしたiTunesはAppleの公式サイトより適用性が高いです。 もしエラーが発生したというメッセージが表示されたら、 iPhoneが最新バージョンであることを確かめましょう。 USBケーブルを介してiPhoneをパソコンに接続してからデータをバックアップできるので、 USBケーブルがちゃんと繋がっているかどうかを確かめましょう。 または、USBを抜き出した後、 再び挿入することでパソコンを認識させ直します。 他のUSB端子を試すことも一つの方法です。 バックアップする際、エラーが起きたかもしれないので、iPhoneとパソコンの 電源を切ってから、 もう一度起動してみてください。 iPhoneを再起動する前に、USBケーブルを先に抜いてください。 その後、iPhoneの電源ボタンを長押しし、画面に表示されたスライダーを右にスライドすることでiPhoneの電源を切ります。 再度電源ボタンを長押しして再起動させます。 もし手元に複数のパソコンがある場合は、ほかのWindowsパソコンやMacを使って iPhoneをバックアップしてみましょう。 iPhoneをバックアップする前に、 セキュリティソフトを一旦終了にしてください。 iPhoneのバックアップは 大きな空き容量が必要です。 だから、もし容量不足というメッセージが出てきたら、パソコンで不要なファイルやキャッシュを削除して容量を釈放することで十分な空き容量を保証してください。 iTunesでiPhoneをバックアップすることは、iPhoneのデータをパソコンに保存します。 だから、 iPhone本体の容量に関係ありません。 また、iTunesのバックアップはCドライブに保存されるため、 Cドライブの容量を空く必要があります。 関連記事: 8. iPhoneに保存しパスワードやブラウザの履歴などがバックアップできない場合は、バックアップデータを暗号化したことを確認してください。 もしiPhoneのすべてのデータをバックアップしたい場合は、 「iPhoneのバックアップを暗号化」という項目にチェックを入れてから、復元用のパスワードを設定しましょう。 関連記事: よく遭遇するiTunesバックアップのエラーメッセージの対処法 1. 「セッションが失敗したため、iPhone…のバックアップを作成できません」 Macパソコンではあんまり見えないが、WindowsパソコンでiTunesを通じてiPhoneのバックアップを取る際、 「セッションが失敗したため、…」のようなエラーメッセージが表示される場合はあります。 一般的に、デバイス間にデータ通信が無くなってしまい、セッションが途中でタイムアウトしてしまうことが原因です。 こういう場合は、Microsoft Storeから最新のiTunesをダウンロードしてインストールしましょう。 それでもダメなら、iTunesのバックアップのインジケータ画面を時々クリックしたり、または移動させたりすることでバックアップのタイムアウトを防ぎます。 「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhone…をバックアップできませんでした。 」 LightningケーブルやWiFiでパソコンに接続してから、iTunesでiPhoneをバックアップすることができます。 Lightningケーブルを使用する場合、ケーブルが外れてしまう可能性があるので、 ケーブルが切れたり、断線したりいないかを確認できます。 もし切れていたら、 別のLightningケーブルに差し替えてください。 WiFiで接続する場合、バックアップがずっと終わらないことがあります。 WiFiのルーターの設定にログインし、タイムアウト時間の設定について調べましょう。 もしタイムアウト時間が設定されたら、その設定を 無効化してください。 そのほか、もし倍速モードのような通信速度をあげる設定があると、それを無効にすることでタイムアウトを避けることができるようです。 「このコンピュータで十分な空き領域が使用できないため、iphoneをバックアップできませんでした。 」 このエラーメッセージが表示されるのは、パソコンに必要な空き容量が足りないということです。 先に述べた通り、パソコンに不要なファイルやキャッシュなどを削除して容量を釈放しましょう。 または、USBメモリなどの外付けドライブをパソコンに繋がって、パソコン本体のディスクの代わりに、iPhoneのデータを外付けドライブにバックアップすることも可能です。 「iPhone…はiPhoneの設定が完了していないため、バックアップを作成できませんでした。 」 iPhoneの言語設定がパソコンと違う時、このエラーメッセージが表示されます。 こういう場合は、iPhoneで 「設定」アプリを起動し、 「一般」をタップして 「言語と地域の設定」を選択します。 この設定画面で言語を日本語、地域を日本に設定することでバックアップできない問題を解決できます。 もし上記のすべての方法を使ってもiPhoneのバックアップできない問題を解決できない場合は、iTunesの代わりにほかのバックアップ手段を試してみましょう。 例えば、iCloudを使用してiPhoneのデータをパソコンではなく、ネットワークにバックアップすることが一つの方法です。 iTunes以外の方法でiPhoneをバックアップする 1. iPhoneをiCloudにバックアップする iPhoneをiCloudにバックアップするには、ケーブルやパソコンを使用せずに、WiFi接続でiPhoneのデータをネットワークに保存することができます。 かなり便利ですね。 ネットさえあれば、いつでもどこでもiPhoneをバックアップできます。 ただし、iCloudで無料で使える容量は5GBしかないので、すべてのデータをバックアップすることは無理のようです。 iCloudへのバックアップ時間もiTunesの有線転送より長いです。 だから、自分の状況や好みによって、適切なバックアップ手段を選択してください。 関連記事: 2. サードパーティ製ソフトウェアを利用する iTunes・iCloudのバックアップが上手く行かない時、サードパーティソフトウェアを利用してiPhoneをバックアップすることも可能です。 もちろんバックアップできるデータの内容は違いますが、場合によってはスマートにことを済ませます。 「」というツールをおすすめします。 Windows・Macに対応していて、種類ごとにデータを一括バックアップします。 まずは無料の試用版をダウンロードして試用してください。 操作手順: 1. iPhoneをPCとUSBケーブルで接続し、 「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を立ち上げます。 ソフトのホーム画面に 「iOSデータバックアップ・復元」の機能をクリックします。 引き続き 「iOSデータバックアップ」をクリックしてバックアップ画面に入ります。 データのカテゴリが表示されます。 バックアップしたいデータにチェックを入れてください。 選択後、 「次へ」で進みます。 ご注意:iTunesとiCloudとは仕様が異なるため、バックアップできるデータの種類・形式に違いがあります。 バックアップが自動に開始され、完了後このような表示が出ます。 バックアップされたデータはPCに保存されます。 復元したい時は、ステップ3の画面で 「iOSデータ復元」を選択してください。 復元データはPCに出力されます。 まとめ このように、iTunesのバックアップが上手くいかないことも多々ありますが、まずはiTunes・iPhone側のトラブルシューティングをして解決してみましょう。 どうしても解決できない場合、iCloudやその他のバックアップ手段も視野に入れるのが無難です。

次の

iTunesでバックアップができない時の原因と対処法

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

連休中日、 クリスマスももうすぐおしまい。 笑 家の大掃除と飲み会と、 それだけでも忙しいのに… 21日(金曜日)の晩、 歯医者さんに寄って 歯科検診して、 そのまま戻って翌朝の 朝ランに備えよう… と計画していた。 まだ時間が早いな… と思いながら、 某 携帯ショップをのぞいてみると、 平日金曜の晩とあってガラっ空き! このまま iPhone6Sでランし続けても、 バッテリーが持ちこたえられなくて、 10キロ走れないし、 も1時間も持たないし… あした(土曜日の朝)も微妙だよな… ってことで、 軽く見積もりをしてもらうことに。 笑 見積もり自体はほんの数分。 旧モデルの iPhone6sから最新の iPhoneXsへ、 毎月数百円の支払い額のアップで、 256Gのゴールドモデルも在庫あり! とのことで、 急きょ機種変をすることに。 こんなタイミングでもないと、 いつまでも不自由しそうだったし。 それにしても、 携帯料金の 料金体系ってわかりにくい…💦 なんやかんやで90分ぐらいかけて手続き、 ちょっと待ちくたびれて帰宅。 食事したり片づけしたり、 合間を見て旧モデル iPhone6sの最新データを iTunesで バックアップ。 マシン? iTunes? ケーブル? データ? OSのバージョン? そうか、 iTunesのバージョンか!? なにがなんだかわからず。 マシンのOSは Windows10、 iTunesの バージョンも最新、 バックアップ元の iPhone6sのOSも最新、 転送先の iPhoneXsのOSも最新、 ケーブルも問題なし、 なんだよ!? 初期不良? まさかな… と思いながら、 ググって情報収集。 同じような症状に悩んでるユーザ多数。 バックアップ自体も正常終了しているから、 保存したデータには問題ないはずと判断… ここまで切り分けたはいいけど、 もう、この時点で日付も変わって深夜、 翌朝のランは諦めることに。 すんなりいくと思ったのに… おかげで、毎日 ヘルスメータに乗っかる 計量ルーティンも忘れてしまうほど。 💦 翌朝(土曜日)も、 早く起きて修復というか復元作業。 ほかにやりたいことがたくさんあるのに… と思いながら。 エラーはしょうがない。 ネットをいろいろ見てると、 フリーのアプリケーションがたくさんあるのがわかる。 エラーで復元できない場合の対処法として、 フリーや シェアウエアで復元する方法もあるんだということで、 ふたつみっつ ダウンロードして、 さっそく インストールしてみる。 ところが、これまた、 無料だと思ったデータ移行が、 購入しないと 登録キーや 実行キーを発行してもらえないとか、 なんなんだよ!? って思わせるのばかり。 無料って、「 ダウンロード無料」ってことなの? なんだかなぁ… って気分。 結局、土曜日はそんなこんなで、 夕方出かけなきゃいけなかったので、 復元失敗。 SIMカードを旧モデルの iPhone6sに差し替えて飲み会へ…残念。 遅くに戻ってきて、 なんとか復元させようと思ったけど、 数分でダウン。 この時点で、 日曜日の朝ランも断念することに。 天気もイマイチだから、 諦めもつくかな…不幸中の幸い。 日曜午前中に復元が成功したら、 午後ランかな? なんて考えていたけど、 テレビで 高校駅伝とか見ながら復元作業をしていたら、 すっかり夕方。 外を見たら雨も降ってるし。 こりゃダメだって感じであきらめて、 また今日(日曜日)も夕方から外出… 金曜日に iPhoneXsをゲットして、 連休は毎朝、早朝ランだ! ってウキウキしてたのに、 すんなり データ移行できなくて、 天気と同じようなブルーな気分で、 土曜と日曜が過ぎる。 っててことで 2017年9月、早朝ランニングをスタート。 2018年9月、気づいたら1年が経過… 走りすぎか、はたまた年齢からくる膝痛や腰痛なのか、そんな苦痛にも耐えて15日間連続で休まずランしたり、オフの週末だけ走ったり、ここまでいろいろなパターンでトレーニングを継続。 Sponsored Link 最近の投稿• 2020年6月20日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月11日• 2020年6月9日• 2020年6月6日• 2020年6月2日• 2020年5月31日• 2020年5月30日• 2020年5月29日• 2020年5月24日• 2020年5月23日• 2020年5月18日• 2020年5月17日• 2020年5月16日• 2020年5月13日• 2020年5月12日• 2020年5月10日• 2020年5月9日• 2020年5月6日• 2020年5月4日• 2020年5月3日• 2020年5月2日• 2020年4月30日• 2020年4月29日• 2020年4月28日• 2020年4月26日• 2020年4月24日• 2020年4月22日• 2020年4月21日• 2020年4月20日• 2020年4月18日• 2020年4月16日• 2020年4月12日• 2020年4月11日• 2020年4月10日• 2020年4月7日• 2020年4月5日• 2020年4月4日• 2020年3月28日• 2020年3月26日• 2020年3月22日• 2020年3月21日• 2020年3月20日• 2020年3月17日• 2020年3月15日• 2020年3月11日• 2020年3月8日• 2020年3月7日 アーカイブ• Popular Posts•

次の