子供 勉強。 小学生・中学生の子供の勉強嫌い、勉強しないのは親のせい!?

「お母さんが勉強を管理していると子供は伸びません」問題について

子供 勉強

「ゲームをやめて勉強しなさい!」 子供時代、よく言われませんでしたか? また、もし、あなたが親の立場なら自分の子供によく言っていると思います。 子供というのは勉強や片付けなどには全くやる気を見せないのに、ゲームのこととなると水を得た魚のように生き生きと楽しんでいます。 その集中力は以上で、3時間や4時間、人によっては1日中ゲームをし続けることもあります。 どうして、そのやる気を勉強に回してくれないのか?もっと勉強意欲というのを持ってほしい。 多くの親御さんがそう思っていると思います。 しかし、大丈夫です!この記事では、子供のゲーム好きを利用して勉強意欲を高める方法を教育心理学の側面から紹介します! 今回引用した論文は、以下の通りです。 仲嵩 則人;日熊 隆則 「教育のゲーム化について:付属小学校パソコンクラブの実践を通して」2016 琉球大学教育学部教育実践総合センター PDF 目次• 何時間も連続で一つのことに集中するということは、ゲームでさえなければたいへん喜ばしいことです。 まずは、このゲームの魔力を他のものに応用するために、ゲームの特徴を見ていきましょう。 ゲームには、満たすべき5つの条件があるといわれています。 何をすべきかが明確になっている(課題の明確化)• 自分が今どういう状況なのかが、すぐにわかる(現状の見える化)• アクションに対して、すぐに反応がある(即時フィードバック)• ゴールしたり達成すると、感動できたり、ご褒美がもらえる(達成報酬の魅力)• 自分が何をやっているのかが分かる(コントロール感) 子供にハマるゲームの特徴は、つまり子供たちがハマるための条件であると考えられますね。 この5つの条件を見ると、勉強がなぜ子供たちに好まれないのかが見えてきます。 下に、勉強(学習)の問題点を列挙します。 自分の現状を知るには、自己評価か、外部からの評価システムが必要(2番)• 自己評価には、かなり高いレベルをすでに習得している必要がある(2番)• 頑張って勉強しても、その結果が分かるのはテストしかない(3番)• ゲームと違って、失敗時のフィードバックが(叱られるなど)面白くないもの(3番)• 自分が何をやっているのか分からない(5番) このように、勉強にはゲームと違った点が多く存在します。 この違いが、勉強が嫌われる理由だと考えられます。 では、子供たちに嫌われる勉強にゲームの特徴を組み込んでみたらどうなるのでしょう? この、 勉強にゲームを組み込むことはゲーム化と呼ばれますが、その実験が行われました。 使った教材は、ドリトルというプログラミング教材。 (注:ドリトルは、小学生でも理解できるように日本語でプログラムできる言語。 高レベルなグラフィックを簡単に表現できる。 ) プログラミングは、コードを実行すれば、その場ですぐにフィードバックできる。 始めは、簡単な図形を作るところからはじめ、最後は自作のゲームを開発する。 「自分の好きなものを自分で作れる」というコントロール感(3番)をアピールして授業を行った。 結果 4年生は、ローマ字入力がおぼつかないが、ゲームを作りたい一心で一生懸命入力していた。 エラーがでても、必死に解読しようとしていた。 感想では、「達成感」や「自分で作ったゲーム」というワードが多く見られた。 作りたいものがある(課題の明確化)• 自分が何をしているのかが分かっている(コントロール感)• 自分がどのくらいできるようになったかは作品の出来具合で明確(現状の見える化)• 実行すると即座に成功か失敗か分かる(即時フィードバック) 完全にゲームの特徴と一致していますね。 また、プログラミングは、実験結果からも分かるように、子供たちを魅了し、学習意欲も高くなっています。 つまり、子供たちにハマる条件は、ゲームだけに当てはまるのではなく、 ゲーム化した勉強にも当てはまるのです。 実験の結果から、ゲームの特徴を勉強に組み込む「ゲーム化」が、子供たちの学習意欲を高めるのに有効ということが判明しました。 最後に、もう一度ゲームの特徴(子供たちがハマる条件)を書いておきます。 何をすべきかが明確になっている(課題の明確化)• 自分が今どういう状況なのかが、すぐにわかる(現状の見える化)• アクションに対して、すぐに反応がある(即時フィードバック)• ゴールしたり達成すると、感動できたり、ご褒美がもらえる(達成報酬の魅力)• 自分が何をやっているのかが分かる(コントロール感) この5つの点を踏まえた勉強が、今後メジャーになってくるのではないでしょうか?.

次の

子供への勉強の教え方。わかりやすく教えるコツとやってはいけない教え方

子供 勉強

子供の健康は部屋と机の向きが大事 健康な子供は日の光、特に朝日が大事! 太陽の光、特に朝日を大切にしてください。 特に体の弱いお子様には、午前中日光の当たる部屋が良いでしょう。 東に窓があるのが理想ですが、窓があっても光が入りにくい場合は赤いポイントの入ったカーテンを設置すると東に赤が実行できてGOODです。 コパさんは長男の部屋が、東に窓があったが日の入り具合がよくなかったので東の窓枠や窓を赤く塗ったそうです。 さらにその脇に照明を設置して朝日代わりにしました。 本気であればここまで実行する必要があります。 インテリアは季節によって変える 子供達が素直になるには、自然環境と心と体を融合させる必要があります。 ですから、季節にあった模様変えが必要です。 衣装が季節にあった衣替えをするように、部屋も大事です。 何に暖房器具があったり、冬に扇風機があったりするのは要注意。 物置や倉庫にしまって、季節にあったインテリアにしましょう。 子供の勉強机の向きは東か南が良い Dr. コパさんによれば英語や国語系の、 文系科目を伸ばしたいのであれば、机は東向きで 机周辺の小物(例えば、ペン立て、ファイルケース、クッション等)は赤系に統一し、東側に壁があればりんごの絵を飾るとさらにパワーアップするそうです。 数学や理科などの 理数系科目を伸ばしたいのであれば机は南向きが良く、今度は机の小物系は緑色に統一し観葉植物を一対おけば風水的には最強の環境と成ります。 南側には森をイメージしたポスターや絵を飾れば風水的にも最強です。 風水的に緑色はインスピレーションが増す 方角的には、南と関係があり。 インスピレーションが増し芸術的なセンスも良くなるでしょうう。 ご存知の通り、緑色は黄色と青色の混ざった色です。 財布の際にもお話しましたが、バランス感覚がよくなる効果があり、世あたり上手に育つ事でしょう。 勉強する机は実は北側も良い 北は日が当たらないと言って、マイナスのイメージがありますが、勉強するには最適の方向です。 ここに勉強机を配置すると落ちついて勉強できます。 西には本棚を置いて、教科書や興味のある本を並べましょう。 北に水を入れたどんぶりや花瓶を置くと落ち着いて勉強に集中できるのでオススメです。 机の向きは、子供だけではなく大人でも北向きが有効です。 ちなみに、これは偶然ですが管理人も学生時代はまでは北向きに机を配置してました。 今書斎は検討中ですが、新しい部屋を作る際は必ず北向きに設置する事にしてます。 ちなみに、机は大人も子供も大きくて広いものが良いです。 掃除する週間にはアメも必要 自分で掃除ができる様になると、決断力や判断力そして集中力が増します。 定期的に掃除をして、部屋を掃除したら良いことを伝えた上で、 ご褒美として頭や手を使うおもちゃ(レゴ、ラキュー等)や、本を買ってあげましょう。 物で子供に動機を与えるのは、道徳的に気になる方もおられるかもしれませんが、アメと鞭は使い様です。 適切な使い方をして、良い週間そして人生につながるのであれば目的が明確であり、その手段として間違いではありません。 よく誤解されるのが、本質や目的を捉えないで、目先の行動や言動に走ることはNGです。 子供のしつけだけではなく、仕事や人生においても本質を理解して自分の行動をしましょう。 子供部屋に避けるものとは テレビ・携帯電話・スマホは持ち込まない 子供部屋は基本的に勉強する部屋です、テレビやスマホは集中力を奪うもっとも危険なアイテムです。 これらは大人の目の届くリビングで解放しましょう。 また、暴力的な描写の動画やゲームは避けるようにしましょう。 小さい時からそのような画像になれてしまうと、その刺激になれてしまい更に強い刺激がないと興奮しない事になりかねなく、エスカレートすると将来的に動物や最悪の場合は人に危害を加える可能性が高まります。 十分注意しましょう。 過剰なぬいぐるみや派手な装飾 これも集中力の妨げになります。 好きな選手や歌手(アイドル)等のポスターはイメージを高めるには良いのですが、張りすぎは注意です。 また、ぬいぐるみは気を吸収すると言われてますのでなるべく置かない様にしてください。 まとめ 健康な子供に育ち、勉強にも取り組み、幸運も手に入れる! そんないい事てんこ盛りなのが風水を取りれた部屋作りと、 掃除の週間です。 そして、それには 子供自身で掃除をする習慣がもっとも大事です。 ポイント ・学習机は、東か北向きに設置 ・ベッドは子供部屋の東側か南側に置く ・部屋は常に綺麗にする 繰り返しに成りますが、一番の特効薬は、掃除する習慣です! 掃除が大事という事で、簡単にできる換気から! 換気には3つの大きな効果があります。 ・ 外からのプラスの気(エネルギー)を取り入れる ・汚れた空気を外に出す ・呼吸して疲れをとる 窓を開けて数分したら閉めるだけですから簡単です。 現在ではメールやLINEもそれに該当します。 もし今付いてないと思ったら、自分より運の良いと思う人に連絡をとってみましょう。 ただし、愚痴や悪口は厳禁です。 何か良かった事嬉しい事をシェアしましょう。 2020年の幸運は下記を参照。

次の

「お母さんが勉強を管理していると子供は伸びません」問題について

子供 勉強

1.絶対に怒らない! 親が子供に勉強を教えるときに、絶対にやってはいけないこと。 なかなか上手く伝わらなかったり、いちど教えたことを何度もまちがえたり…教える側としてはイライラすることも多いですが、それでも 勉強を教える時に子供を怒るのは絶対にNGです。 ただでさえ面倒くさい勉強なのに、「なんでそんなこともできないの!? 」「ちゃんと集中して勉強しなさい!! 」…なんて叱られたら楽しくないですし、勉強するのが嫌になっちゃいますよね? 勉強を教えるときは 子供をなるべく褒めて、自信をもたせるようにしましょう。 自信をもつとヤル気がおきますし、負けず嫌いの努力家に育ちます。 2.侮辱したり馬鹿にしてはダメ! 「そんな簡単なこともできないの?笑」「何回も教えただろ?バカだなぁ。 」…などと 子供を馬鹿にしたり嘲笑ってはいけません。 嘲笑をうけた子供の心は深く傷つき、自信をなくし、やがて勉強のことが大嫌いになってしまいます。 また、侮辱をうけた子供は 間違えること・できないことを「恥ずかしい」と感じるようになってしまいます。 そういう環境で育った子はやがて、 難しい問題や困難を避けいつも逃げ回ってばかりいるようなズルい大人になってしまいます。 どんなことにも勇気をもって挑戦し、他人に聞いたり一生懸命に調べたりするような積極的な子に育ってほしいですよね。 そんなこと一般の親御さんには難しいですし、難しいことは学校や塾に任せておけばいいのです。 親から子供に伝えるべきなのは 楽しく学んで勉強を好きになること。 そして 勉強の習慣をつけることです。 そのためにも、勉強を教える際に子供を叱ったり・侮辱したりしてはいけません。 「ママに褒められた!うれしい!」「ボクって算数が得意なんだ!また頑張ろう!」…と思ってもらえるように、 褒めることで才能を伸ばし、自分に自信をもたせてあげましょう。 4.命令ではなく、隣にすわって一緒にやる! 子供を褒める…勉強の楽しさを伝える…と言っても、親がソファに寝そべってテレビを眺めていては、子供が勉強を楽しいと思うわけがありませんよね。 また、子供が勉強を嫌がる…なかなか机に向かおうとしない…という方は、「あれをやれ!」「これをやれ!」という 命令や強要になってしまってはいないでしょうか? 子供に「勉強しなさい!」と言いっ放しにするのではなく、まずは子供のとなりに座ってスキンシップを取りながら、 「一緒に勉強しようよ!」という姿勢が大切です。 一緒にいる大人が面倒くさがっていては、子供も勉強が嫌いになってしまいますよ。 5.子どもの口から説明させる! もっとも効果的な勉強方法を知っていますか?それは「なんでそうなるのか?」「どうやって問題を解くのか?」を 子供の口から説明させることだそうです。 これは、自分ひとりで黙々と勉強するよりも他人に勉強を教えるほうが力になる…というのと同じ原理ですね。 他人に問題の解き方を説明するのはとても難しいものです。 自分自身がしっかりと理解していなくてはなりませんし、相手に伝わりやすいようになるべくシンプルに論理的に説明しなくてはなりません。 6.長時間のお勉強はNG! 子供に勉強を教える際に気をつけたいのは、あまり 長時間にわたって続けないようにすることです。 子供の集中力は長く続きません。 小学校の低学年くらいであれば、せいぜいもって 15分〜30分です。 (ちなみに大人は90分と言われています。 ) 勉強を続ける場合でも、15分ずつ小まめに休憩をいれたり課題を変えたりするなど、子供が途中で飽きたり疲れたりしないようにしっかりとコントロールしてあげましょう。 7.一度にたくさん詰め込まない! 時間にも注意が必要ですが、 一度にたくさんのことを詰め込みすぎないようにすることも大切です。 子供が一度に覚えられる量なんてたかが知れています。 無理やり詰め込んでも、その分だけ 忘れたり抜けおちたりする可能性が高くなるだけです。 焦らずゆっくり、子供の理解に合わせて教えてあげるようにしてください。 8.毎日決まった時間に机に向かおう! お勉強を習慣化するためには、たった10分間でも 毎日決まった時間に机に向かうことが効果的です。 最初は短い時間でも構わないので、 とにかく椅子にすわる、机に向かって何かをするというクセをつけましょう。 慣れきたらちょっとずつ時間を伸ばしていきましょう。 勉強じゃなくても構いません。 絵本を読んだり、図鑑をながめたり、ノートにお絵描きをしたり…でもOKです。 机にむかうことと集中して何かをすることに慣れた子であれば、 勉強もすぐにできるようになるはずです。 子供に必要なのは、答えそのものではなく答えを導き出すまでの過程です。 じっくりと考え、解き方に気付き、 答えを出すまでのプロセスが大切なのです。 いきなり答えを教えてしまうやり方は、その 大切な過程の部分をすっ飛ばしてしまうとてももったいない行為なのですね。 10.途中で邪魔をしない! 子供に勉強を教えるときは、途中で間違いを見つけたりしても その場で間違いを正したりしてはいけません。 横やりを入れたくなっても、最後までじっと我慢してください。 これは、 子供の集中力を途切れさせないようにするためと、間違いに自分で気付き 自分で軌道修正する能力を鍛えるためです。 間違えに気付かずに終わりそうなときは、「あれ〜?どっか間違ってるところないかな…?」などとヒントを与えるようにしてみてください。 11.遊びやゲームで理解させよう! 机の上で紙と鉛筆を持って考えても、なかなか理解できないことはたくさんあります。 日常の生活のなかで、手に触れるもの、リアルにそこに存在するものから学ぶことができれば、 子供の理解も早まりますし記憶のなかに強くインプットされます。 椅子にすわり机に向かうだけではなく、たまには体を使った学習や、ゲームを楽しみながら学ぶという機会をどんどん取り入れてください。 これは学校や塾ではできない、 ご家庭ならではの学習方法と言えるでしょう。 」…などなど、 よその子供や、兄弟たちと比べることは絶対にやめましょう。 このような行為は、子供の心を深く傷つけるだけではなく、 自信の喪失や自己否定などマイナスの面しかありません。 大切なのは「他人は他人、自分は自分。 」と割り切り、 自分ができる精一杯の力を出し切ることですよね? 子供の個性やその子にしかない良いところを発見し、伸ばしてあげられるようにサポートしてあげましょう。 13.できないのが当たり前! 子供はできないのが当たり前です。 足し算だって引き算だって、あいうえおだってABCDだって…ぜんぶ生まれて初めての体験です。 当然ながらすぐに理解なんてできません。 なんども間違えながら、ゆっくりゆっくり覚えていきます。 なので、子供に勉強を教えてあげるときは「できないのが当たり前なのだ!」という前提で接してあげる必要があります。 逆に、できることの方がとっても貴重な奇跡なのです!子供ができるようになったら めいっぱい褒めて一緒に喜んであげてくださいね。 14.結果じゃなく、努力を評価しよう! 最後に…。 「100点を取って偉いね!」ではなく、「 いっぱい頑張ったもんね!偉かったね!(だから100点が取れたんだね)」と褒めてあげてください。 なぜなら、結果だけを評価されて育った子は努力を嫌い、楽をして良い結果を出そうと考えるようになるからです。 逆に過程を評価されて育った子は、 努力の積み重ねが良い結果をまねくことを理解します。 …どちらが最終的に大きく成長できるかは、言わずもがなですよね? 子供に対してどんな手助けをして、どんな言葉をかけてあげるべきか。 今回のご紹介した内容を参考に、ぜひ子供との接し方を見直してみてくださいね!.

次の