川口 コロナ 感染 者。 川口市保健所で新型コロナ感染は誰?業務縮小でPCR検査への影響も

川口市で新型コロナウイルス感染者❗

川口 コロナ 感染 者

・50代男性 ・国籍:トルコ ・無職 ・埼玉県川口市外在住 ・海外渡航歴なし ・濃厚接触者は調査中 これで川口市内居住者で確認された新型コロナウイルスの感染者は 125人 となりました。 川口市のによる、検査陽性者の状況は陽性者累計 125人で、うち入院・入院予定の方は 13人。 すでに退院された方は 102人。 お亡くなりになられた方は 10人とのことです。 サイトでは日々の感染者数の推移もグラフでわかりやすく紹介しています。 詳しくは 緊急事態宣言も解除され、いままでリモートワークされていた方も通常通りに出勤される方が増えてきました。 その分、社内クラスターなどが発生しているようです。 第2波に備え注意しながら、引き続きソーシャルディスタンスや手洗いなど、個人でできることを行いつつ、普段の生活を取り戻していきましょう! 画像はイメージです 日本国内の感染者数 【 予防と の着用について】 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症になるおそれがあります。 そのため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。 また、外出する際は、下記3つの「密」が同時に重なる場を、できるだけ避けていただくようお願いします。 換気の悪い「密閉」空間 2. 多数が「密集」する場所 3. 近距離で会話をする「密接」場面 — 厚生労働省 MHLWitter 急用以外での外出を控え、発熱などの風邪症状があるときは、自宅で療養してください。 また、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに保健所等の相談窓口にご相談下さい。

次の

<新型コロナ>9人集団感染の川口市保健所、会議で感染広がる 全職員の4割が自宅待機、感染源は不明

川口 コロナ 感染 者

もくじ• 新型コロナウイルス|埼玉県での現在の感染者数は? 埼玉県内で、新型コロナウイルスに感染したと公表されている感染者数はどれくらいいるのか?基本的なデータからまとめます。 確認した日付 感染者数【埼玉県】 2020年2月15日 1名+無症状病原体保有者1人 2020年2月22日 2名+無症状病原体保有者1名 2020年4月9日• 埼玉県内での陽性確認者数:253人• 入院者等:213人(うち軽症・中等症:205人、重症者:8人)• 退院(陰性確認済):35人• 退院(死亡)5人 2020年2月22日追記: 埼玉県での最初の感染者の家族で、その子供の感染が確認されています。 2020年4月9日追記: かなりの感染者数が出たため、1人1人の詳細の更新が追い付いていませんが、できる限り更新を続けます。 チャーター機で帰国40代男性の経緯と行動履歴• 1月30日: 第2チャーター便で帰国• 同日:空港から移動し、国立国際医療研究センターにて診察、 結果は陰性• 2月1日:小児と一緒に帰国したため、 希望により自宅へ帰宅• 2月8日: 発熱(39. 5度)• 2月9日:市販薬を服用し 37. 2度まで解熱• 2月10日午前: 県内医療機関を受診し、レントゲンにて両側中下肺野に 肺炎像、 検査にて陽性• 2月11日午前: 38度台の発熱 備考:• ご家族2名が濃厚接触者の疑いで詳細調査中。 本人の報告によると、武漢市の海鮮市場には立ち寄っていない。 中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。 この男性について、同じ埼玉在住の方からは 「いったい埼玉の何市なのか?」「どこら辺に住んでいるのか?」など情報を教えて欲しいという声が相次いでいます。 羽田空港から自宅までは、「自家用車で移動した」という報道もありました。 公共の交通機関でなかったのが救いですね。 また、同じ埼玉県内で 「防護服を着た救急隊員」が乗った救急車が、 関越道を「新座から川越方面」に向かって走っているのを見た、という声も。 この救急車は、 「羽生総合病院」のものだそうです。 ネット上では、 「新型コロナウイルスの感染者を乗せているのでは?」との声もありまし。 しかし、現在横浜にいるクルーズせんの感染者搬送に救急車が足りず、全国から応援に出ているとの話でしたので、応援の救急車だったのかもしれませんね。 チャーター機で帰国30代男性の子供の経緯・行動履歴• 1月30日:第2チャーター便で 父親と一緒に帰国。 RCR検査を実施したが 陰性。 2月1日: 父親と一緒に自宅に帰宅。 厚生労働省のフォローアップセンターが経過観察。 2月8日: 父親が発熱(39. 2月10日: 父親のPCR検査を実施し陽性。 父親が県内医療機関に入院となったため、濃厚接触者として県内保健所が健康観察開始。 (以後外出はしていない。 2月20日: 朝:37. 県内医療機関Aを受診。 2月21日:PCR検査を実施し 陽性。 県内医療機関Bに入院予定。 備考:• 帰国後、幼稚園等には通園していない。 濃厚接触者1名あり、引き続き経過観察。

次の

川口のコロナ感染者が多い理由がなんとなくわかった件

川口 コロナ 感染 者

新型コロナウイルスをめぐり、埼玉県で病院内での感染拡大が深刻な問題として浮上している。 済生会川口総合病院(川口市)は17日、新たに50代の女性看護師の感染が判明し、勤務する医師や看護師らの感染が累計8人になったと発表した。 病院で感染が広がれば、ただでさえ人繰りが逼迫(ひっぱく)している医療現場に深刻な影響を及ぼしかねず、医療関係者らは警戒感を強めている。 川口総合病院の佐藤雅彦院長は17日の会見で、感染した8人のうち3人が「院内感染の可能性がある」と説明した。 残りの5人については、院外で感染した可能性が高いとの認識を示した。 同病院は川口市の中核的な病院の一つだ。 これまでに県の要請で新型コロナウイルス患者13人を受け入れてきたが、11日以降は外来診療や入院を原則停止している。 佐藤院長は「本来は地域に貢献すべき病院だが、現状は安全な医療の提供に差し障りがある。 多くの方にご迷惑をお掛けして申し訳ない」と語った。 医療現場での感染の広がりは川口総合病院に限った話ではない。 埼玉県所沢市の所沢明生病院では医療従事者や入院患者、その家族ら計20人の感染が確認された。 県は、同病院でクラスター(感染者集団)が発生したと判断し、感染経路の特定を進めている。 同じ所沢市の所沢ロイヤル病院でも医療従事者や入院患者ら計9人の感染が確認されている。 所沢明生病院の患者が所沢ロイヤル病院に転院し、感染が拡大したとみられる。 同県蕨市立病院では助産師2人が感染し、その後、同院で出産した30代の女性保育士と新生児の陽性が確認された。 さいたま市立病院(同市緑区)では、集中治療室(ICU)病棟に勤務する20代の女性看護師の感染が判明した。

次の