和田 アキ子 志村 けん。 和田アキ子、志村けんさんを追悼「あれだけ多くの人を笑わせていたのに、ひとりで旅立ったと思うと、むなしくてくやしい」

和田アキ子の‟『志村』呼び”に嫌悪の声「芸歴持ち出しウザイ」

和田 アキ子 志村 けん

(C)まいじつ 4月5日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)にて、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった国民的コメディアン・志村けんさんの訃報が取り上げられた。 その中で和田アキ子が志村さんとの思い出を語る一幕があったのだが、彼女の礼儀に反する言動が視聴者から批判を呼ぶ事態に発展している。 この日は10代~50代の視聴者300人にアンケートを実施し、関心度の高いトピックを厳選して作成された「今週のニュースランキング」に沿って番組が進行。 そして志村さんの訃報が取り上げられると、和田はゆっくりと自身の胸の内を明かしていった。 「やっぱり、あの、志村くんのは……ちょっとツラいですね」と前置きをして、以前に正月の特番で共演した際のエピソードを語り始める。 しかし「私より志村は後輩なんで……芸能界的にね」と発言すると、それ以降〝くん〟や〝さん〟といった敬称を付けず、呼び捨てで志村さんの名前を呼ぶことに。 しかし芸歴を鼻に掛けた和田の言動を〝配慮に欠けた態度〟と捉えた視聴者も少なくなかったようだ。 ネット上には、 《後輩だからと前置きして呼び捨て、不快感しかないです》 《亡くなった人を「志村」と呼び捨てにするのは不愉快》 《志村さんを呼び捨てしていいのは、ドリフだけだ》 《呼び捨てで想いを寄せるとか、違和感あるよね》 《和田アキ子ってすぐ芸歴持ち出してくるのがウザイ》 などと批判の声が続出。 しかし和田は、志村がドリフの付き人時代からの知り合いでもある。 そのため、 《ドリフのボーヤ時代からの付き合いだから「あえてそのまま呼ばせてください」とちゃんと言っているじゃないか》 《2人の空気感とかなら呼び捨てでもいいよね》 《和田アキ子だからこそ、呼び捨てにできるんじゃないの?》 など、擁護する意見も見受けられた。 「和田は以前から歯に衣着せぬ物言いで、定期的にネットを炎上させています。 前は明石家さんまをはじめとした大御所芸能人を呼び捨てにしたことで話題になっていましたね。 今回の場合は昔気質のコメントが肌に合わない若い世代から反感を買っているのではないでしょうか」(芸能ライター) 意図せず火種を生んでしまった和田だが、芸歴至上主義を嫌悪する層を見捨てて、これからもブイブイとがんばってほしいものだ。

次の

けんちゃんのオーマイゴッド

和田 アキ子 志村 けん

歌手和田アキ子(69)が5日、TBS系の情報番組「アッコにおまかせ!」で、新型コロナウイルス肺炎のため29日になくなった志村けんさんについて、「あれだけ多くの人を笑わせていたのに、ひとりで旅立ったと思うと、むなしくてくやしい」と語った。 「つらいですね。 昨年暮れに正月の特番で会った。 『8時だョ! 全員集合』(に出演するようになる)の前に(志村は)坊やをやっていて、50円かで売っていたコーヒーを買うとすごい喜んでいた」と話した。 「互いに若くないから体に気を付けてがんばろう、と言ったところ。 よく飲んだけれどすごく寡黙で。 ご冥福をお祈りしています」と語った。 後輩にあたる志村さんにこの特番収録で「おまえ、がんばってるよな」とも話したという。 「飲み屋でも会った。 勉強熱心で、三味線やR&Bの音楽を語り合った。 どんどんすてきになって尊敬していました。 これだけ人を笑わせられるのは難しい。 人を楽しませることにかけていた。 一生懸命に自然にやられていた」としみじみと語った。

次の

和田アキ子、入院中の志村けんにエール「とにかく早く元気になってほしい」(ABEMA TIMES)

和田 アキ子 志村 けん

新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人のさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。 70歳。 訃報を受け、歌手の和田アキ子(69)、(66)、ダウンタウンの松本人志(56)らが追悼した。 和田は所属事務所を通じて「とにかく残念です。 本当に回復を願ってました。 回復すると信じていたので、、、。 」と、つらい胸中を吐露。 志村さんとの出会いや思い出を回顧し「音楽も詳しくて、お笑いの才能はズバ抜けていて、凄いなぁと尊敬してました」。 「最後に会ったのは、正月の『格付けチェック』の番組です」と明かし「『お互い歳だから、仕事に感謝して頑張って行こうな』って話していたんですよね、、また1人、才能あふれる人が亡くなってしまいました、、本当に残念でならないです」とつづり「心からご冥福を始祈り申し上げます」とした。 その後、改めて「今は何も考えられません けんちゃんと、もう会えなくなっちゃう 悲し過ぎてあり過ぎる想いが整理できません。 一緒に仕事が出来て幸せでしたありがとう…」と伝えた。 「尊敬する芸人」として志村さんの名前をたびたび挙げてきた松本。 きのう29日放送のフジテレビ『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)では「回復したときには、たばこをやめさせましょう。 いまだに2箱吸ってるっていうんで」と心配しつつ「あんなハゲててね、ガールズバー、しょっちゅう行ってる。 あんなハゲててね」と笑いを交えながら、志村の回復を願いエールを送った。 この日に更新したツイッターでは「素晴らしいおじさん。 ありがとうございました」と感謝の思いをつづった。 志村さんの出身地である東京都東村山市の渡部尚(たかし)市長は自身のツイッターを通じて「東村山15万市民の皆さんと共に回復を祈っていましたが、願いが叶わず残念でなりません。 心より哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りします」と追悼。 「聖火リレーのランナーをお願いしていただけに残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします」とした。 そのほか、志村さんのインスタグラムやブログにはファンから「昼、志村けんさんが亡くなり残念でなりません。 子供の頃から志村けんのだいじょうぶだぁ、バカ殿様が大好きでした。 国民のお笑いの神様のような人でした。 色んなキャラクターもありました。 天国で芸能界見守って下さい。 心からご冥福祈ります」。 「きっと『だいじょぶだぁ』といってくれるとねがっていました。 大好きでした。 涙が止まりません。 僕の日々に笑いを与えてくれてありがとうございます。 ご冥福をお祈りいたします」などのコメントが続々と届いている。 本当に回復を願ってました。 回復すると信じていたので、、、。 志村(昔からそう呼んでいたので、あえてそのまま呼ばせてください)とは、志村がまだ全員集合の時にボーヤをやっていた頃からの付き合いです。 当時、志村はコーヒーを楽屋で売っていて、毎回それを買ってあげると物凄く喜んでくれました。 それからの活躍はそれはそれはすごくて。 音楽も詳しくて、お笑いの才能はズバ抜けていて、凄いなぁと尊敬してました。 飲み屋で一緒になる事が多くて、何度かばったり会って飲みました。 とにかく静かーに寡黙に飲むんですよ。 「楽しいの?私といるからつまらないの?」って聞いたら、「楽しいですよ。 いつもこんな感じです」っで、これまた小さい声で笑って答えてました。 最後に会ったのは、正月の「格付けチェック」の番組です。 「お互い歳だから、仕事に感謝して頑張って行こうな」って話していたんですよね、、 また1人、才能あふれる人が亡くなってしまいました、、 本当に残念でならないです。 心からご冥福を始祈り申し上げます。 和田アキ子.

次の