モルト キング。 二刀龍覇 グレンモルト「王」【ベリーレア】DMR15

秩父ウイスキーのおすすめ人気ランキング15選【イチローズ・モルト】

モルト キング

『モルト』とは英語で大麦麦芽の意味。 大麦麦芽のみを使用したウイスキーを『モルトウイスキー』と呼ぶ。 そして『シングル』が意味するものは単一の蒸溜所でつくられたウイスキーをボトリングしたものだ。 つまり、一つの蒸溜所でつくられた『モルトウイスキー』だけを瓶詰めしたものが『シングルモルトウイスキー』。 対して、複数の蒸溜所の『モルトウイスキー』と、トウモロコシなどを原料とした『グレーンウイスキー』を混和したものを『ブレンデッドウイスキー』と呼ぶ。 『ブレンデッドウイスキー』が様々な特長を持つウイスキーを絶妙な技術でブレンドし、バランスのとれた味や香りを追及しているのに対し、『シングルモルトウイスキー』はその蒸溜所の個性やこだわりがそのまま反映されているのが特長だ。 PERSONALITY 02 製造方法の違い 大麦から麦芽をつくり、その麦芽を糖化・発酵させ麦汁を作り、蒸溜することでウイスキーのもととなるニューメイクスピリッツを作り出す。 大まかな製造過程は同じでも、各蒸溜所の伝統やこだわりによって異なる味わいのウイスキーが生まれる。 例えば、麦芽つくり。 麦芽を乾燥させる際に、ピート(泥炭)を燃料として使用すれば、そのピートの香りが麦芽につきピーティーな味わいのウイスキーが出来上がる。 すべての蒸溜所がピートを燃料に使っているわけではなく、ピートの炊き具合も各蒸溜所によって様々。 また、蒸溜釜や発酵や仕込の為の設備の違いでも様々な個性が生み出される。 同じ蒸溜の過程でも、使用する釜の形状や製法により出来上がるニューメイクスピリッツの味わいも全く違うものになるのだ。 小さく首の短い蒸溜釜で蒸溜すると、濃く濃厚で力強い味わいになり、反対に大きく首の長い釜で蒸溜するとライトでスムーズな味わいとなる。

次の

二刀龍覇 グレンモルト「王」【ベリーレア】DMR15

モルト キング

10マナの火文明非進化クリーチャーというやつは、定期的にデザインされて、ビートダウン色の強い派手なフィニッシャーとして送り出されているようだ。 最大のドラグナーであるこのカードもまた、その血脈を間違いなく受け継いでいる。 マナ武装7と、重い制約の代わりに、重量級ドラグハート・ウェポンを2枚装備できる。 最強のオウギンガに龍解させれば、勝利は確実だろう。 火文明のドラグハートに限定されるが全てのウェポンを装備できるため、器用な立ち回りもこなせる。 このカード1体から、オウギンガ、そして追撃のドラグハート・クリーチャーまで展開するワンショットキルは、グレンモルト「王」が【モルト「王」】というデッキを組むだけの価値を持っていることを、証明し続けている。 ドラゴンサーガに産まれた大型フィニッシャー。 今もオウギンガと共に、歴史に刻まれたドラグハートの力強さを、私たちに見せてくれるだろう。 再々評価 基本的にコストが高いのでモルネクよりも遅くなったり持久戦になったりしますが、パワーやワンショットのしやすさはモルネクに引けを取らないので破壊力は期待できます。 基本的な出し方は、ガイムソウやドラグシュートチャージャーなどの踏み倒しやコスト軽減などを利用しましょう。 普通に出しても間に合えば十分勝つ見込みはあります。 あとコストに対してマナ武装のコストが比較的低いのも魅力的。 モルネクと一緒に使えば攻撃の通りやすさが上がるので活躍は期待できます。 【主なウエポン】 ・バトガイ刃斗 言わずと知れたやばいやつ。 キングと相性バッチリです。 ・バトライ刃 モルネクでは使えないもののキングでは使えるので、財布に余裕があれば入れてみるのもよし。 バトガイ刃斗と使うと.... ・ギガハート&ガイハート 龍解させればどちらとも凄まじい破壊力なのでどちらとも入れておくとよし。 ・ガイオウバーン バトルでアンタップされていないクリーチャーと攻撃できるのは魅力。 もともとあまり高いとは言えないモルトのパワーを上げてくれるのでかなり役に立つ時もあります。 ・プロトハート 付ければ2回攻撃なのでワンショットのしやすさが凄いです 語彙力。 龍解後も使える。 再評価 私のデュエマの原点です。 昔こいつのかっこよさと強さに惚れてデュエマを始めました。 あと、こいつベリーレアだったんですね。 ツヨスギンカ) 本題:めちゃめちゃ強いしカッコイイし本当に神みたいなカードですね。 こいつを使ってオウギンガやガイギンガ、ガイオウバーンを出して相手をフルボッコにしちゃいましょう。 コストが重いので中型ドラゴンをたくさん入れてメンデルスゾーンを打ちまくりましょう。 カツキングJrやミツルギブーストで場を一掃してからでないと、マナを貯めている間にやられてしまうので、そこら辺を気をつけましょう。 出してしまうともう相手も止められないので、フルボッコにしちゃいましょう。 おまけ:こいつ180円で売ってた....

次の

【モルト「王」】

モルト キング

10マナの火文明非進化クリーチャーというやつは、定期的にデザインされて、ビートダウン色の強い派手なフィニッシャーとして送り出されているようだ。 最大のドラグナーであるこのカードもまた、その血脈を間違いなく受け継いでいる。 マナ武装7と、重い制約の代わりに、重量級ドラグハート・ウェポンを2枚装備できる。 最強のオウギンガに龍解させれば、勝利は確実だろう。 火文明のドラグハートに限定されるが全てのウェポンを装備できるため、器用な立ち回りもこなせる。 このカード1体から、オウギンガ、そして追撃のドラグハート・クリーチャーまで展開するワンショットキルは、グレンモルト「王」が【モルト「王」】というデッキを組むだけの価値を持っていることを、証明し続けている。 ドラゴンサーガに産まれた大型フィニッシャー。 今もオウギンガと共に、歴史に刻まれたドラグハートの力強さを、私たちに見せてくれるだろう。 再々評価 基本的にコストが高いのでモルネクよりも遅くなったり持久戦になったりしますが、パワーやワンショットのしやすさはモルネクに引けを取らないので破壊力は期待できます。 基本的な出し方は、ガイムソウやドラグシュートチャージャーなどの踏み倒しやコスト軽減などを利用しましょう。 普通に出しても間に合えば十分勝つ見込みはあります。 あとコストに対してマナ武装のコストが比較的低いのも魅力的。 モルネクと一緒に使えば攻撃の通りやすさが上がるので活躍は期待できます。 【主なウエポン】 ・バトガイ刃斗 言わずと知れたやばいやつ。 キングと相性バッチリです。 ・バトライ刃 モルネクでは使えないもののキングでは使えるので、財布に余裕があれば入れてみるのもよし。 バトガイ刃斗と使うと.... ・ギガハート&ガイハート 龍解させればどちらとも凄まじい破壊力なのでどちらとも入れておくとよし。 ・ガイオウバーン バトルでアンタップされていないクリーチャーと攻撃できるのは魅力。 もともとあまり高いとは言えないモルトのパワーを上げてくれるのでかなり役に立つ時もあります。 ・プロトハート 付ければ2回攻撃なのでワンショットのしやすさが凄いです 語彙力。 龍解後も使える。 再評価 私のデュエマの原点です。 昔こいつのかっこよさと強さに惚れてデュエマを始めました。 あと、こいつベリーレアだったんですね。 ツヨスギンカ) 本題:めちゃめちゃ強いしカッコイイし本当に神みたいなカードですね。 こいつを使ってオウギンガやガイギンガ、ガイオウバーンを出して相手をフルボッコにしちゃいましょう。 コストが重いので中型ドラゴンをたくさん入れてメンデルスゾーンを打ちまくりましょう。 カツキングJrやミツルギブーストで場を一掃してからでないと、マナを貯めている間にやられてしまうので、そこら辺を気をつけましょう。 出してしまうともう相手も止められないので、フルボッコにしちゃいましょう。 おまけ:こいつ180円で売ってた....

次の