バッハ ブランデンブルク 協奏曲。 ブランデンブルク協奏曲

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番【2枚の名盤を解説】トランペットの明るい語りを受け入れよう!

バッハ ブランデンブルク 協奏曲

こんにちは、 ともやんです。 オットー・クレンペラー 1885-1973 が、J・S・バッハの名曲、ブランデンブルク協奏曲の全曲を録音したCDが2種類あります。 一つは、第二次世界大戦直後の1946年のもの、もう一つは、1960年のフィルハーモニア管弦楽団とのステレオ録音です。 クレンペラーというと高齢になってからの極度に遅いテンポに象徴されますが、それは多分に身体的な理由からで、音楽自体は、細部まで克明に描き切りリアリストだったと僕は思います。 だから、テンポが遅くなったからと言ってロマンティックな表現になったかというとそんなことはなく、厳しくシリアスな表現はそのままで内容がより深くなった感じです。 しかし、中にはスケールだけ大きくてぶっきらぼうな演奏がそのまま巨大になったものもあり、例えばフィルハーモニア管とのスタジオ録音では、シューマンの第2番やブラームスの交響曲にそれを感じます。 クレンペラー ブランデンブルク協奏曲 新旧 聴き比べ さて、実は僕はその辺を心配していて、46年のウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団が、シリアスで正統的な演奏だったので、60年盤が、スケールだけが大きな演奏だった嫌だな、なんて思って、CDをスタートして、聴き進めるとそんな僕の心配は吹き飛んでしまったのです。 なんて生き生きとした躍動的な演奏なんだろう、と僕は感嘆の声を上げてしまいました。 60年ということでクレンペラーはまだ75歳でこの年は、有名なウィーン芸術週間でのベートーヴェンツィクルスのライブ録音もあり、クレンペラー自身充実していた年だったのかもしれません。 しかも緩徐楽章においては、しんみりとして哀感も漂い、特別な名演になりました。 こちらは改めてレビューします。 スポンサーリンク ヨハン・ゼバスティアン・バッハ — Johann Sebastian Bach 1685-1750 ブランデンブルク協奏曲第1番 ヘ長調 BWV 1046 Brandenburg Concerto No. 1 in F Major, BWV 1046 total 20:46 ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV 1047 Brandenburg Concerto No. 2 in F Major, BWV 1047 total 11:38 ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV 1048 Brandenburg Concerto No. 3 in G Major, BWV 1048 total 09:48 ブランデンブルク協奏曲第4番 ト長調 BWV 1049 Brandenburg Concerto No. 4 in G Major, BWV 1049 total 15:53 ブランデンブルク協奏曲第5番 ニ長調 BWV 1050 Brandenburg Concerto No. 5 in D Major, BWV 1050 total 20:33 ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV 1051 Brandenburg Concerto No. 6 in B-Flat Major, BWV 1051 total 17:02 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト — Wolfgang Amadeus Mozart 1756-1791 セレナード第13番 ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K. 525 Serenade No. 13 in G Major, K. 1 in F Major, BWV 1046 total 23:29 ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV 1047 Brandenburg Concerto No. 2 in F Major, BWV 1047 total 13:58 ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV 1048 Brandenburg Concerto No. 3 in G Major, BWV 1048 total 13:02 ブランデンブルク協奏曲第4番 ト長調 BWV 1049 Brandenburg Concerto No. 4 in G Major, BWV 1049 total 16:31 ブランデンブルク協奏曲第5番 ニ長調 BWV 1050 Brandenburg Concerto No. 5 in D Major, BWV 1050 total 22:53 ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV 1051 Brandenburg Concerto No. 6 in B-Flat Major, BWV 1051 total 18:25 フィルハーモニア管弦楽団 — Philharmonia Orchestra オットー・クレンペラー — Otto Klemperer 指揮 録音:1960年10月 ロンドン 巨匠クレンペラーによる、バッハ、ハイドン、ヘンデル、ラモー、グルックという長らく聴けなかった録音を含む古典派からバロックに至るレパートリーを8枚にまとめた没後40周年を記念しての8枚組スペシャル・ボックスセット。 ユニバーサル・ミュージック.

次の

バッハと協奏曲

バッハ ブランデンブルク 協奏曲

・コンチェルト第5番は、6曲中、一番有名で親しまれている曲といえるでしょう。 独奏楽器は、 、フルート、ヴァイオリンですが、なんといっても が主役です。 1718年、ケーテンの宮廷では、バッハがおねだりしたのか、殿様レ侯が思いついたのか分りませんが、 大型のをベルリンの工房に特注することになりました。 の構造にはバッハが色々注文をつけ、翌年にはバッハ自らベルリンにを受け取りに行きました。 代と旅費で、バッハは宮廷から130ターラーという大金を受け取った、という記録が残っています。 こういう浪費を、後に来るお妃は許さなかったのかもしれませんが、我々後世の者としては、殿様の道楽が人類の宝を生み出したのですから、感謝しなければなりません。 いやその感謝は、陰で重い税負担に苦しんだ領民にこそ捧げなければならないかもしれませんが。 後にこの曲を献呈することになるとは、このベルリン旅行の際に会い、御前演奏をしたのではないか、といわれています。 そして、 新しいのお披露目のため、その実力、効果を最大限引き出すために書かれたのが、この曲なのです。 合奏楽器の方には第2ヴァイオリンがないのですが、それはいつもを担当していたバッハがに回ったため、第2ヴァイオリン奏者がを担当せざるを得なかった、という事情によります。 歴史的な芸術作品も、こうした台所事情で中身が変わってしまうというのも、この時代ならではですね。 バッハ『 第5番 BWV1050』 Brandenburg Concerto no. 元気いっぱいなこのテーマは、・コンチェルトの看板的存在ですが、途中で何回も現れ、聴く人を興奮させます。 そしての上にフルートとヴァイオリンが変奏を繰り広げ、愉楽の世界を展開させていきます。 そして、終わり近くの独奏ァ。 いったいいつ終わるのやら・・・というくらい長大です。 最初聴いたときは、レコードが壊れたのかと思ったくらいです。 実はこの曲の初稿ではもう少し短かったのですが、届いたの素晴らしさに、バッハは長いヴァージョンを書く気になったのでしょう。 新しい大型のお披露目のために、ふだん縁の下の力持ちとして担当で、音の小ささからも独奏楽器にはなれなかったを、意識的に主役に抜擢したわけですが、これが大きな効果を生み、・コンチェルトを、そして後年のピアノ・コンチェルトにつながっていきます。 この曲は、ピアノ・コンチェルトと元祖といわれているのです。 第2楽章アフェトゥオーソ 独奏楽器だけで奏でられる哀歌です。 こういう時のフルートは本当にもの悲しく響き、心を打ちます。 第3楽章 ヴァイオリンがスキップするような楽しげなメロディを奏で、それを独奏楽器がフーガで受け継いでいきます。 リズムは舞曲のグで、のはしゃぎっぷりも微笑ましいですが、途中、哀しげなメロディが出てくるのも印象的です。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また aboutads. info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

次の

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)

バッハ ブランデンブルク 協奏曲

作曲の背景 「ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調BWV1049」はドイツの作曲家、 ヨハン・セバスティアン・バッハ 1685-1750 が作曲した協奏曲です。 タイトルの 「ブランデンブルク」はこの曲が ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯と呼ばれる領主に献呈されたことに由来していて、バッハ自身が命名したものではありません。 作曲年代は諸説ありはっきりしていませんが、献呈されたのは1721年のことです。 オリジナルのタイトルは 「種々の楽器のための6曲の協奏曲」で、様々な組み合わせの 独奏楽器群(コンチェルティーノ)と 合奏楽器群(リピエーノ)が交互に絡み合う合奏協奏曲です。 今回ご紹介する第4番では 2本のリコーダーと ヴァイオリンが独奏楽器に選ばれています。 バッハが活躍したのはバロック音楽が栄えた18世紀の前半、当時一般的に「フルート」と言う楽器の呼称は現在の横型のフルートではなく、縦型のリコーダーのことを指していました。 横型のフルートは国によって呼称は若干異なりますが、一般的には フラウト・トラヴェルソと呼ばれ区別されていました。 その後この フラウト・トラヴェルソと呼ばれる横型フルートは様々な改良が加えられることによって幅広い表現が可能になり、オーケストラになくてはならない楽器に発展していくわけですが、反面それまでは主流であったリコーダーは徐々に活躍の場を失っていくことになり、今日では主に小学校で使われる教育用の楽器としてのイメージが強くなりました。 バッハの時代は丁度リコーダーからトラヴェルソへと流行が変わっていく過渡期にもあたり、バッハの管弦楽作品の中にはリコーダーの為に書かれた作品とトラヴェルソの為に書かれた作品が共存しています。 以前ご紹介した 「ブランデンブルク協奏曲第5番」「管弦楽組曲第2番」などは フラウト・トラヴェルソの為に書かれた作品で、今回ご紹介する 「ブランデンブルク協奏曲第4番」はリコーダーの為に書かれた作品です。 20世紀半ば頃までの演奏、録音では横型のモダン・フルートが使われるケースが多かったようですが、その後いわゆる古楽器ブームが巻き起こり、本来のリコーダーで演奏される機会がかなり増えたように思います。 このような経緯から実際の演奏会や録音ではリコーダーで演奏している場合とフルートで演奏している場合の両方が見受けられます。 リコーダーのお話しが長くなってしまいましたが、この作品ではヴァイオリンも独奏楽器群の中で重要な役割を占めています。 高い技術を必要とした華やかな独奏箇所が散りばめてあり、聴く人の心を惹きつけます。 ブランデンブルク協奏曲全6曲の中では第5番が最も有名かとは思いますが、この第4番も素晴らしい作品ですのでぜひ聴いてみてください! バッハ「ブランデンブルク協奏曲第4番」の解説 第1楽章:Allegro 2本のリコーダーが軽やかに牧歌的な旋律を奏でます。 その音色は澄み切っていて、そして愛らしく純粋無垢と言った表情で歌います。 独奏ヴァイオリンがさらに彩りを加えると中間部では様々な音の糸の間を縫うように鮮やかに駆け巡ります。 独奏楽器群の綾なす縦糸と弦楽合奏が紡ぎ出す横糸が絶妙な響きを織り成す素晴らしい楽章です。 第2楽章:Andante 少し寂し気で郷愁を誘うような旋律が心に残る第2楽章。 繰り返されるフレーズは互いに呼応し、会話をしているようにも、こだまを聴いているようにも思えます。 最後はリコーダーがまるで悲し気に振り返って話しかけているかのようにソロを奏でて終わります。 第3楽章 Presto 颯爽と前へ前へと進む音楽の推進力を感じる第3楽章。 独奏ヴァイオリンと2本のリコーダー、弦楽合奏が複雑に絡み合いながらひとつの音楽を作っていきます。 独奏ヴァイオリンはここでも高い技巧を駆使し主役を演じます。 まるで精巧で複雑なパズルで出来た美しい絵画を見ているような感じになる1曲です。 バッハ「ブランデンブルク協奏曲第4番」のyoutube動画 J. バッハ: ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調BWV1049 第1楽章(0:00) 第2楽章(6:45) 第3楽章(10:25) オランダ・バッハ協会管弦楽団 ヴァイオリン:佐藤 俊介 バッハ「ブランデンブルク協奏曲第4番」の名盤 管理人おすすめの名盤はこちら! バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲) バッハ:三重協奏曲 イ短調 BWV1044 ラインハルト・ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクヮ・ケルン ムジカ・アンティクヮ・ケルンは1973年、バロック・ヴァイオリン奏者のラインハルト・ゲーベルによって設立された、ドイツの古楽アンサンブルです。 全曲を通してかなり速めのテンポ設定で颯爽とした演奏を楽しめますが、この第4番では澄み切ったリコーダーの音色と合奏の合間を縫うように駆け抜ける独奏ヴァイオリンの鮮やかなソロを堪能できます。 「Amazon Music Unlimited」ならバロック音楽も聴き放題で楽しめますよ!まずは無料体験から!.

次の