まだ結婚できない男 塚本高史。 「結婚できない男」続編、パグ犬が登場!塚本高史ら前作メンバーも

まだ結婚できない男キャスト相関図!前作の出演者とヒロイン画像一覧も!

まだ結婚できない男 塚本高史

2006年7~9月に放送されたドラマ「結婚できない男」に続き、続編「まだ結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演している俳優の塚本高史さん(36)。 同作が13年ぶりに復活したことについて、「今来たか!と(笑い)。 さらに13年たった設定と聞いたので楽しみでもありました」と笑顔を見せる。 「寅さんじゃないですけど、毎年やって、シリーズ化しても面白い作品だと思う」と話す塚本さんが、13年ぶりに共演した阿部さんとのエピソードや、阿部さん演じる主人公・桑野信介の変化について語った。 続編は、前作から13年後が舞台。 変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という桑野の日常を描く。 前作に続き、尾崎将也さんが脚本を担当している。 前作の時に23歳だった塚本さんが演じる村上英治は、桑野の建築事務所のアシスタントだったが、13年の時を経て、続編では共同経営者となった。 「今の自分があるのは桑野のおかげ」と感謝しているが、決して桑野のまねはせず、奈緒さん、荒井敦史さんが演じるアシスタントと共に仕事をしている。 また、住宅プロデュース会社の森山桜子(咲妃みゆさん)に好意を抱いている……という役どころだ。 「前回に出演したときは20代で、作品を良くしようというよりも、英治という役を全うすることに精いっぱいで周りが見えていなかった。 でも作品はすごく評価されていて、今でも『あの作品が好きです』と言ってもらえて、(続編は)率直にうれしかったですね」と塚本さんは振り返る。 阿部さんとは前作が初共演で、今作で2回目の共演。 阿部さんとは「お互いの家族の話をするようになった」といい、「13年前は絶対できない父親トークもしています」と話している。 それによって言動や行動が変わり、周りの人の意見を聞くようになった」と分析。 「誰もが桑野さんの一面を持っているとは思うんですけど、その部分、部分の主張が強いのが桑野さん(笑い)。 今作での展開については、「桑野の影響で、どう周囲の人々が変わっていくのか、さらに少し感動できる箇所もあるので、そこも楽しみに見ていただければと思います」と見どころを語った。 「結婚できない男」のあとも、さまざまな作品に出演し、役者としてのキャリアを積んできた塚本さん。 「当時は周りが見えていなかったので、桑野さんの本当の面白さに気づけていなかったと思うんです。 でも今作は、桑野さんが偏屈なことを言ったら、その面白さに笑いをこらえるのが必死でした(笑い)」と自身の成長も実感している様子。 「13年空いてもできる作品なので、また13年後でも、やろうと思ったらできる作品。 逆に、寅さんじゃないですけど、毎年やって、シリーズ化しても面白い作品だと思います。 『結婚できない男』というタイトルなので、結婚したら終わっちゃうとは思うんですけど、終わってほしくないし、でも、ハッピーエンドにはなってほしいし、ずっと続けていってほしい。 次回のタイトルは『まだまだ結婚できない男』でお願いします(笑い)」とシリーズ化を希望していた。

次の

阿部寛主演、10月期・火9ドラマ『まだ結婚できない男』に 吉田羊、深川麻衣、そして稲森いずみの出演が決定! 塚本高史、草笛光子ら、おなじみの出演者も発表!

まだ結婚できない男 塚本高史

愛弟子に結婚式の祝辞を頼まれる桑野 8話では桑野の事務所の共同経営者である英治英治 塚本高史 が、自身の結婚式への参列と主賓の挨拶を桑野にお願いしました。 これに対し、新婦の森山桜子 咲妃みゆ をはじめ、周囲の人間は 「桑野さんに祝辞をお願いしたら、結婚式がめちゃくちゃになる」と反対をします。 しかし、英治は自分を一人前の建築士に育ててくれた桑野に、どうしても祝辞をお願いしたいとねばるのでした。 桑野に祝辞の依頼をする英治ですが、桑野に断られてしまい落ち込みます。 そしてこのやりとりを知った吉山まどか(吉田羊)が「私が書いた原稿を読むだけでいいから、祝辞をやってあげてください」と強引に桑野に祝辞を引き受けさせるのでした。 結婚式にまつわる本音が続出 8話では、「結婚」にまつわる桑野の名台詞が炸裂しており、思わず笑ってしまう展開となりました。 「大金を使って結婚式に参列したのに、すぐに離婚された日にはどこに八つ当たりしていいのかわからないからな」と発言します。 さらには、「なんで、 結婚なんて時代遅れの制度に固執するんだ? 親や世間体にひきずられているだけなんじゃないのか?」と挙式を控えた英治と桜子に迫るのでした。 結局、桑野は祝辞を受けることになり、原稿も自分で書くことになるのですが、原稿を書くにあたり英治と桜子に2人についてヒアリングをします。 桜子は英治の好きなところを聞かれて「仕事をがんばっていて、言うことをなんでも聞いてくれるところ」と答えるのですが、桑野は 「稼ぎはまぁまぁ、尻に敷いても文句は言わない」と勝手に解釈。 さらに桜子に対して「綺麗で一緒にいて会話に困らなくて、片付けも上手」という英治の言葉対しては 「見た目第一。 おしゃべりで他の女より片付け上手」と変換。 桑野の物言いに桜子は激怒するのでした。 桑野の本音はとまりません。 祝辞は最高の展開に 批難を浴びながらも祝辞の原稿を用意した桑野ですが、その原稿を紛失してしまいます。 結果、桑野は英治・桜子を前に 自分の気持ちをそのまま祝辞として送ることになるのでした。 でも、どんなに辛いことがあっても逃げることだけはしなかった。 そんな彼だから、結婚生活で何かあっても絶対に逃げない。 僕との間に絆ができたのだから、 桜子さんとの間にはもっと深い絆ができるはずだ」という言葉を送りました。 桑野のこの祝辞に、英治と桜子をはじめ参列者は胸を打たれます。 前作から描かれてきた桑野と英治の絆に、熱い気持ちになりました。 やっぱり続く、急展開 桑野の感動的な祝辞に胸を打たれつつも、毎回気になるのが展開の速さです。 桜子が挙式の話をする際に、戸波早紀 深川麻衣 の家に田中有希江 稲盛いずみ 、まどからと女子会を開いています。 桜子はいつのまに、早紀らと仲良くなったのでしょうか。 この状況があまりにも不自然なため「なんで?」と気になってしまいます。 4人の女性の共通項は「桑野さん」のみ。 この状況でどんな関係性が築かれているのかあまり描かれていないため、唐突感を感じてしまいます。 さらに今回、まどかは英治の結婚式で「私が原稿を書いて、桑野さんに読ませる」と勝手に名乗り出ます。 しかし、まどかと英治はそこまで面識もなく、あくまで弁護士とクライアントの関係です。 おせっかいだけでここまで突っ走るまどかにもやや違和感を感じます。 急展開は続きますが、やはり桑野を通して放たれるメッセージは胸を打たれることが多く、なにより阿部が演じる桑野を愛さずにはいられません。 クスリと笑えて心が温かくなるストーリーで、今夜もついつい桑野さんに会いたくなります。 <文/瀧戸詠未>.

次の

阿部寛が一人焼肉&指揮 ドラマ『まだ結婚できない男』予告編&ポスター

まだ結婚できない男 塚本高史

まだ結婚できない男7話のネタバレあらすじ! あるレストランオープンの設計を頼まれ、なにかいい案を考え中の桑野は、義理兄からの助言を受けます。 その助言から個室席を試すために近所のカレーやさんへ行きます。 あるとき、そのクライアントからオープンするレストランの立地を教えてもらうと、それは実は有希江のカフェを買収してオープンする計画だったと知ります。 その夜、有希江、まどか、早紀の三人はカフェで食事をしていました。 すると桑野がやってきて、そのレストランのことについて話そうとしますが、なかなか切り出せません。 3人は女子トークに花を咲かせます。 恋愛に全く興味のなさそうなのになぜか女子の恋愛話に首を突っ込んでくる桑野に、3人はとても驚きます。 桑野は、驚く3人に対して、「結婚することは考えないが、恋愛を否定したことはない。 良い恋愛の映画やドラマは世の中にたくさんあり、素晴らしいと感じる。 」と言います。 一方、桜子(咲妃みゆさん)は英治が桑野へ結婚の報告をなかなかしないことにしびれを切らし、いつになったら報告するのか問い詰めます。 しかし英治は、ベストタイミングがあるなどといって、なかなか切り出そうとしません。 ある日、有希江のカフェに、レストラン会社の社長が訪れます。 買収のことについて切り出す彼らに、有希江は驚きを隠せませんが、「私はなにがあっても、ここでカフェがしたい、手放す気はない。 」とはっきり意思を伝えます。 有希江は、その社長が置いていったレストランの設計デザイン画を、カフェを訪れたまどかに見せます。 「これはひどいデザインね〜」と苦笑するまどか。 次の瞬間、そのデザインの右下のサインに目が止まります。 なんとそこには桑野の名前が書いてあるのです。 事情を把握したまどかは、何度も桑野に電話しますがなかなか出てくれません。 やっと出たところで、直接会って話をしたいと伝えます。 桑野は、本当は何度も話そうとしていたが話せずにいたのだといいます。 そして桑野はその設計の仕事を断るために、会社社長と会い、その旨を伝えます。 「実は、このカフェは私の行きつけで、自分にとって大切な居場所だ」と主張。 店舗デザインの仕事はきっぱりと断ります。 そのあとカフェを訪れた桑野は、有希江がカフェの名前を変えたいと考えていることを聞き、店の看板をプレゼントすることに。 突然サプライズで看板が届き、驚きますが、ぼんやり嬉しそうな笑みを浮かべながら看板を見つめる有希江でした。 👆 ドラマ「まだ結婚できない男」主な登場人物• 桑野信介(阿部寛)主人公• 吉山まどか(吉田羊)弁護士• 戸波早紀(深川麻衣)謎の隣人• 岡野有希江(稲森いずみ)カフェ店長• 中川ゆみ(平祐奈)主人公・桑野の姪• 村上英治(塚本高史)桑野の元アシスタントで共同経営者• 桑野育代(草笛光子)主人公・桑野の母• 中川圭子(三浦理恵子)主人公・桑野の妹• 中川良雄(尾美としのり)圭子の夫で親友• 大工の棟梁役(不破万作)桑野のケンカ相手 まだ結婚できない男7話のネット上の反応・感想口コミは? 今回の話では、桑野が意外にも恋愛について持論を展開し、語るところが面白かったです。 また、有希江がカフェの買収のことで悩んでいることを知っていたので、自分の仕事をきっぱり断る姿や、クライアントに対し、カフェは自分にとっていかに大切な場所なのかを語る姿がとても印象的でした。 デザイン設計の依頼相手が桑野だったこともあり、有希江だけでなくみんなにとって大切なカフェを手放すことにならずに済んでよかったなと思いました。 有希江の強い思いを知ることができたし、桑野がサプライズで看板を送ったシーンも、陰ながらカフェの経営を応援している姿が素敵だと思いました。 なんだかんだでいつも優しさの垣間見える桑野の姿があり、そんな彼だからこその人脈や家族愛があるのだなと改めて感じました。 ことあるごとに義理兄に相談したり、まどかの事務所を訪れたり、一人で生きてそうな桑野も、実は周りを頼って意見を参考にする人なんだなと思い、人間味を感じました。

次の