アルフォンソ デイビス ウイイレ。 【ウイイレアプリ2020】レべマ能力値90以上!有能銀玉45選【トレード・確定スカウトで獲得すべし!】|yasublog

アルフォンソ・デイヴィスって誰?プレースタイルまとめてみた!

アルフォンソ デイビス ウイイレ

2018年7月、バイエルン・ミュンヘンは世界中のフットボール関係者の間で、今最も注目を集めている若手タレントの一人であるアルフォンソ・デイビスと契約を結んだ。 11月20日にミュンヘンへと到着したばかりのデイビスは、すでにカナダ代表としてもデビュー済み。 現在、18歳の彼は、リーグ後半戦からバイエルンの新戦力として活躍することが期待されている。 そもそも、このカナダの逸材を発見したのは誰なのか?果たしてデイビスは、バイエルンの危機を救うことができるような器なのか? 『Goal』では、これらの答えを探しにクレイグ・ダルリンプルに話を聞いた。 ダルリンプルはバンクーバー・ホワイトキャップスのユースアカデミーでテクニカルディレクターを務め、2015年にデイビスがエドモントンからバンクーバーへ移るに当たって中心的な役割を果たした人物である。 インタビューの中でダルリンプルはデイビスの人柄について夢中になって語り、黄金の未来が待っているだろうと予想した。 編集部のおすすめ• すごくはっきり覚えているよ(笑)。 あの日のことは非常に鮮明な記憶として残っているんだ。 アルフォンソは12歳と半年の年齢で、エドモントンのユースアカデミーにいたんだ。 ピッチの上の彼はずば抜けて興味をそそるプレーヤーだったよ。 彼がプレーする様子を眺めるのはすごく楽しかったね。 彼はエネルギーと熱気の塊だった。 それに、彼はドリブルすることをものすごく楽しんでいた。 試合では、ずっと敵に対して一歩も譲らず、相手を打ち負かそうと張り切っていた。 彼の中にはフットボールに対する貪欲さ、フットボールを渇望する気持ちがあるのがわかったよ。 おまけに、その間中ずっと彼の顔には微笑みが浮かんでいたんだ。 初めて正式にデイビスと知り合った時には、どういう印象を受けましたか? アルフォンソをバンクーバーへつれていくには、まず、非常に念を入れて丁寧に説得しなければならなかったよ。 彼の両親は土地に根を下ろした生活を送っている人たちで、学校教育に非常に大きな価値を見出していた。 そういう意味ではフットボールなんて二の次の扱いだったんだ。 アルフォンソのすぐに目につく特徴といえば控え目なところだった。 彼は、練習が大好きなはにかみ屋の少年だったよ。 一緒にピッチに立っているのが年下の子だろうと年上の子だろうと、彼はそんなことは全然気にしなかった。 練習ができて、ボールを追いかけてさえいられれば、彼にはそれでよかったんだ。 ポジティブなエネルギーは非常に印象的だった。 どんな難しい課題を出されてもそれに立ち向かい、あっという間にトップチームまで上りつめたんだ。 そうなんだ。 あんなことは本当に初めてだったよ。 たぶんU-16で8試合から10試合、それからU-18で2、3試合、その後また2部チームでほんの数試合プレーしたと思ったら、もうMLSにたどり着いていたんだ。 こんなに急激な成長の過程をもう一度目にする機会があるとはとても思えないね。 フットボーラーとしての彼の能力はずば抜けている。 だが、彼の最大の強みはその性格なんだ。 仕事というものに対する彼の考え方は模範的だ。 彼は自分の力を信じていて、信じられないほど強力かつ独特のモチベーションを持っている。 真面目で信頼できるし、誰かほかの人間になりたがっているようなふりはしない。 彼は常に彼自身であり、アルフォンソ・デイビスなんだ。 彼は自分が走りこむどんなスペースも、そのポジティブなエネルギーですぐに満たしてしまう。 それから最後にもうひとつ、彼は非常にインテリジェンスのある選手でもあるんだ。 彼は、あのくらいの年頃では普通考えられないくらい、試合というものがわかっているよ。 アルフォンソ・デイビスはガーナの難民収容所で生まれ、その後5歳の時にリベリア人の両親とともにカナダへ移住しましたが、そういう家族のバックグラウンドは彼に大きな影響を及ぼしていますか? 間違いなく大きな影響を及ぼしているよ。 家族の特殊な経験のせいで、彼は幼くして、人生で本当に重要なものは何なのか、困難な状況を乗り越えるにはどうすればいいのかを学んだんだ。 彼の両親は信じられないくらい懸命に働いて、時には同時に2つの仕事をやっていたようだ。 夕食の食卓に家族が食べる物を並べられるようにするためにね。 こういうことは当然のように彼の心に深く刻まれている。 アルフォンソは驚くほど家族思いで、兄弟や両親ととても強い絆で結ばれている。 フットボールをやっていない時は、彼はいつも家族と一緒に過ごしている。 彼はよく知っているんだよ。 自分が若くして今のようなキャリアを築けたのは非常に運がよかったからだということ、人生においてはどんなものも自分で働いて、苦労して手に入れるしかないってことをね。 2年後にはアルフォンソはトップチームでプレーするようになるだろうって。 だが、僕は間違っていたね。 何もかも、もっとずっと早く運んだんだから(笑)。 アルフォンソが関心を集めることになるだろうってことは、わりとすぐにわかっていた。 そして1年前、とうとう来るべきものが来たんだよ。 正直言って、僕はバイエルンからの話だったことを非常に喜んでいる。 今のアルフォンソにとってバイエルンは最適のクラブだと確信しているよ。 とにかく、彼にとってはパーフェクトな状況だね。 バイエルンは彼をさらに成長させたいと思っているけれど、同時に、すぐにトップチームでプレーさせたいとも思っている。 常にプレーし続けること、アルフォンソにとってはそれがとても重要なんだ。 そして、さらにどんどん新しい課題に挑戦していくことも必要だ。 彼はミュンヘンでも課題を乗り越えることで成長を果たし、成功を収めることができると信じているよ。 彼の人生がどういう道のりをたどって来たのかじっくり考えてみると、比べるものがないくらい素晴らしい映画のような話で、僕らはまさにそれをともに体験しているんだ。 クラブ内には、バイエルンへ行くのはアルフォンソにとって早すぎる一歩だという声もあった。 だが、彼らに何がわかるっていうんだ? とにかく、僕はそうは思わない。 もちろん思い切った大きな一歩だし、不確かな領域へ踏み出していくことでもある。 けれど、アルフォンソがどんなプレーをするか、どんなに彼が特別か、僕はよく知っているんだ。 彼はすぐにバイエルンに馴染んで、一部で予想されているよりも早く成功を収めることができるだろう。 まもなく彼は目覚ましい活躍を見せてくれることだろう。 バイエルンは緊急に新しい活力を必要としている状況ですから。 それもまた、僕から見て最善の状況、完璧なシナリオと考えられる理由の一つなんだよ。 バイエルンにはフランク・リベリとアリエン・ロッベンというワールドクラスのプレーヤーがいるけれど、彼らのキャリアは終わりに近づいている。 ロッカールームで彼らとともに過ごし、その経験を分かち合うことになれば、アルフォンソは多くを学ぶことができるだろうし、あっという間に彼らのポジションを引き受けることだってできるようになるかもしれない。 少なくとも、僕はそう信じているよ。 アルフォンソを現役選手の誰かに例えるとしたら、まず思い浮かぶのはどういう選手ですか? 誰もがメッシのようになりたいと思うけれど、メッシのプレースタイルは誰にも真似のできないものだ。 ひょっとするとアルフォンソは、半分はメッシ、半分は(クリスティアーノ)ロナウドに例えられるかもしれない。 僕個人としては、アルフォンソはキリアン・ムバッペに似ていると思っている。 パワーとスピードという点でね。 あるいは、以前のティエリ・アンリも思い出させるね。 まずは、これから数年の間に彼がどんな成長を遂げるか見てみようじゃないか。 10年後には、5歳から7歳くらいの少年たちが「アルフォンソ・デイビスのようになりたい」と言っていることだろう。 本当にそう思っているんだ。 この先、2年や3年で彼の成長速度が衰えることはないはずだ。 彼はバイエルンで真価を発揮して、2~3年の内にはバイエルンのスーパースターになるか、もしかしたらどこか他のワールドクラスのクラブで活躍し続けているかもしれないね。 2018年のW杯地区予選では、カナダは4次予選で敗退しましたが、アルフォンソはアイスホッケーの国、カナダでも本物のフットボール熱を呼び覚ますことができると思いますか? いい質問だね。 今カナダのフットボール界では、アルフォンソのほかにもわくわくするような新世代のタレントが成長してきている。 ジョナサン・デイビッドもアルフォンソと同じ18歳で、ベルギーのKAAヘントでプレーしている。 バル・タブラは19歳で、今年バルセロナBへ行った。 こういった若い選手たちには、カナダ国内でフットボールの存在を正しく認知させるだけのポテンシャルが備わっている。 2022年のW杯では、カナダはそういう若手が顔をそろえたチームで出場資格を手に入れることになるはずだよ。

次の

【キャリアモードのおすすめ選手】FIFA20でポテンシャルが85以上の固有フェイスな若手選手!ブンデスリーガ編!

アルフォンソ デイビス ウイイレ

当ブログでは2020年1月に「【ウイイレアプリ2020】将来有望!銀玉の最強若手ランキングTOP10」という記事をアップしました。 しかし、ウイイレアプリ2020では2020年2月に中間アップデートがあり、「【ウイイレアプリ2020】将来有望!銀玉の最強若手ランキングTOP10」で紹介した銀玉の10名中5名が金玉昇格している状況です。 そこで今回はウイイレアプリ2020の中間アップデート後の有能銀玉をポジション別にまとめて紹介します。 今後のウイイレアプリで伸びる、また育てればレベルの高い銀玉ばかりですので、有能銀玉に興味がある方は是非ともチェックしてください。 Contents• 【ウイイレアプリ2020】有能銀玉まとめ それでは早速、ウイイレアプリ2020の有能銀玉を紹介していきます。 ちなみに今回紹介する銀玉選手は レベルMAX能力値が90以上の銀玉です。 レベルMAX能力値90以上の銀玉選手の中にGK(ゴールキーパー)がいなかったため、以下ではDF(ディフェンダー)の有能銀玉から紹介していきます。 【ウイイレアプリ2020】DFの有能銀玉 名前(年齢) 国籍 ポジ 総合値 レべマ (18) フランス CB 76 92 (20) フランス CB 79 91 (20) フランス CB 79 91 (20) ブラジル RSB 78 91 (20) オランダ LSB 77 91 (20) ウクライナ LSB 77 91 ベンヤミン ヘンリヒス(22) ドイツ RSB 79 90 フォデ バロ トゥーレ(22) フランス LSB 79 90 ヘナン ロディ(21) ブラジル LSB 78 90 マルク ククレージャ(21) スペイン LSB 77 90 アルフォンソ デイヴィーズ(19) カナダ LSB 77 90 ディオゴ ダロト(20) ポルトガル RSB 76 90 ウィリアム サリバ(18) フランス CB 76 90 ウイイレアプリ2020のDF(ディフェンダー)の有能銀玉は上記の13名です。 レベルMAX能力値が一番高いベノワ ベディアシレは ウイイレアプリ2020の中間アップデート(2020年2月)前は総合値74の銅玉でしたが、アップデートを経て銀玉昇格した有能銀玉です。 まだ18歳と若く銀玉CBの中では一番伸びる選手なので、持っていない方はトレードや確定スカウトでの獲得をおすすめします。 また、 10代でレベルMAX能力値90以上の銀玉DFはウイイレアプリ2020で獲得しておきましょう。 10代の銀玉なんて現実では超有望株とされている選手で、ウイイレアプリ2021以降では活躍して金玉昇格、黒玉昇格するかもしれません。 そしてウイイレアプリ2020でも普通に使える銀玉なので、もし持っている銀玉DFががあればキープしつつ、持っていない銀玉があればトレードや確定スカウトを活用して獲得することをおすすめします。 【ウイイレアプリ2020】MFの有能銀玉 名前(年齢) 国籍 ポジ 総合値 レべマ (18) 韓国 OMF 77 93 (17) フランス CMF 75 92 (20) トルコ RMF 78 91 (19) カナダ OMF 78 91 (20) ポルトガル DMF 78 91 ジェルソン(22) ブラジル CMF 79 90 フース ティル(22) オランダ OMF 79 90 ヘンリー オニェクル(22) ナイジェリア LMF 79 90 (19) イングランド CMF 78 90 テウン コープマイナース(21) オランダ DMF 78 90 サンドロ トナーリ(19) イタリア DMF 77 90 ブバカリ スマレ(20) フランス DMF 77 90 ギオルギ チャクヴェターゼ(20) ヘント OMF 76 90 (18) 日本 RMF 75 90 ソフィアーヌ ディオップ(19) フランス OMF 75 90 ウイイレアプリ2020のMF(ミットフィルダー)の有能銀玉は上記の15名です。 MFでNo. 1の有能銀玉は 韓国期待の逸材、イ カン インです。 18歳ながら総合値77もあり、レベルMAXまで育成すれば総合値93まで伸びます。 ウイイレアプリ2021以降でも伸びそうな有能銀玉なので、まだ持っていない方はトレードや確定スカウトでの獲得をおすすめします。 また、 フランス期待の逸材、エドゥアルド カマヴィンガも獲得をおすすめしたい有能銀玉です。 2019-20シーズンはフランス1部のレンヌでレギュラーに定着し、16歳ながら素晴らしいプレーを披露しました。 レアル・マドリード、FCバルセロナ、リバプールなど 名だたるビッククラブが獲得を狙っているようで、将来性のある有能銀玉だと言えます。

次の

【選手名鑑】アルフォンソ・デイビスの現在地|難民からブンデスリーガを代表するスターへの道程

アルフォンソ デイビス ウイイレ

キングスレイ・コマン:2020最強スパサブ候補! 今作最高の話題は、やっぱりバイエルン・ミュンヘンのライセンスですね。 その中でもドイツ代表選手なんかはすでにウイイレアプリ2019でもいたので真新しくないんですが、とある2人は新登場です! それが、 キングスレイ・コマンと ニャブリです。 今回はそのうちキングスレイ・コマンを紹介していきます。 このコマン、まさかのスーパーサブを持ってるのでかなり強いですよ。 それではウイイレアプリ2020での能力値を紹介していきます。 キングスレイ・コマン:ウイイレアプリ2020能力値 コマンの2018-19シーズンのリーグ戦は、 21試合で6ゴールです。 数字は微妙ですが、内容はよかったので、期待どおりの能力値になりましたね。 ドリブル能力が高く、フィニッシュの武器もちゃんと持ってる感じです。 強いて言えば、 キック力がもう少し高ければよかったんですが、少し物足りない。 決定力も低いですね。 このままだと分かりづらいので、ウイイレアプリ2019からの新搭載で爆速ウインガーの名を欲しいままにしてきた、 ベイリーと比較してみました。 コマンVSベイリー:どっちが強い? ぱっと見、ほぼ一緒ですね。 どちらもスピードが速く、かつドリブルの能力も高い感じです。 決定力もほぼ一緒、ただし、 キック力はベイリーの方がかなり高いですね。 もってるスキルもほぼ似たようなものです。 ただし、 コマンには「スーパーサブ」がついてるんです。 これが決定的に差です! コマンがスパサブを発動したらどうなるのか? スパサブ発動のコマンと比較してみました。 コマンのスーパーサブが発動したらどうなる? コマンがスパサブを発動する(+5で計算)と一気にコマンが優勢です。 キック力も変わらなくなりますし、スピ瞬もカンストしてます。 ドリブルは97くらいまでいきますし、新能力のボールキープも93だとかなりキープできそうです。 さらにこれで絶好調だとさらに恐ろしいことになりそうです。 スパサブ発動をするなら、コマンの方が上になりそうです。 クラブセレクションや FP選手の場合にはこれくらいの能力値になりそうな予感です。 つまり、それでスパサブを発動すると無敵レベルになります。 ( FPムバッペ級!?) コマンはウイイレアプリ2017に実はいた! 結構知ってる人もいると思いますが、実はウイイレアプリ2017にはコマンがいました。 この頃は20歳くらいで、フランス代表に入っていたのでウイイレアプリにも未所属として搭載されていたのです。 その後、ワールドカップ前に怪我をして、そのまま代表落ちしてから、ウイイレアプリからも消えていたのです。 しかも2017の頃は優秀な銀玉選手として使っていた人も結構いたのです。 能力も上にあるようにレベマまでいくとかなり強い選手でした。 ただし、この頃はスーパーサブをもっていませんでした。 その後、着実にバイエルンで活躍して、2020で大ブレイクしました。 ウイングストライカーのスパサブはコマンで決まり! とりあえず、 ウイイレアプリ2020でのコマンの使い方の一番のおすすめはスタベンです。 (もちろんスタメンでも全然あり) でもウイングストライカーでスパサブもちは結構いるので実際にどれくらい上位かチェックしてみました。 比較は、今作一気にスパサブになった サネ、ドリブル好きに大人気の マクシマン、そして、根強い人気の インシーニエです。 スピードならスパサブ発動でカンストするのでそれほどの差はありませんね。 あとは決定力とキック力ですが、これもあまり差はありません。 パスなら インシーニエです。 フィジカルとボディコンなら サネか コマンです。 結論としては、 バランスを考えると サネか コマンですね。 どちらも両サイドもできますし、個人的には サネが大好きだし、 コンカもアウトスピンもあるので 最優先はサネかなー。 でも2人いてもいいしなー。 そもそもサネは調子良ければ、そのままスタメンにしちゃって全然いいレベルですしね。 ですので、 コマンをスタベンでスパサブ発動要員にするのは全然ありです! コマンの確定スカウト(2020) ここからは完全に予想です。 一番のおすすめは金選手3人かぶらせておいてのトレードが一番安全です。 スカウトだと、体験版のメンバー構成を考えると完全に予想ですがこんな感じですかね。 コマン確定スカウトその2• 体験版をみるとLWGがもう1人しかおらずカナダ人です。 これ以外にも、カナダ人のアルフォンソ・デイビスとの差のあるスカウトがあればそれで一気に確定ですね。 アルフォンソ・デイビスは銅玉選手でスピードとドリブルの選手なので、パス系を合わせられればいけそうです。 あとは、 「その他ヨーロッパ」もあるなら取っておいた方がいいかも。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 コマンはやっぱり欲しいですねー。 フィニッシュも強烈なドリブラーですから。 ただし、プレシーズンマッチで怪我をしたのでそれが心配です。 ウイイレの能力値にも反映されているようにめちゃくちゃ怪我が多い選手です。

次の