浅尾美和 オウム。 浅尾美和、オウムの母は来なかった・・・絶叫の病室!

浅尾美和の妹の交通事故現場?写真と神戸高校?中日スポーツとオウム?

浅尾美和 オウム

ビーチバレー界のアイドル・ 浅尾美和選手(21)。 出場試合は必ず観客が満員になり、最近は写真週刊誌の袋とじにも度々登場するという人気ぶりだ。 しかし、彼女の心の内には、実は誰にも話すことのできなかった家族のタブーが存在した。 それは実母が、数々の事件を起こした オウム信者だったというのだ。 これは今週発売の「週刊現代」が報じたもので、美和の母がオウム真理教に入信したのは、美和がまだ5歳の時近所の人の話によると、ケーキ作りが得意で子供思いの優しい人だったようだが、嫁姑問題で悩みきっていた美和の母・順子さん(仮名)は、何かにすがるようにオウムにのめり込んでいったという。 同誌が95年の地下鉄サリン事件後に滋賀県警によって押収された信者リストを確認したところ、順子さんの名前が記載されていたという。 経緯をたどると、91年母親がオウム真理教に入信、翌年6月頃浅尾家から失踪、1年後の93年5月に離婚。 彼女が7歳の頃だった。 その後、97年の冬に父親は再婚している。 (以下引用)「美和ちゃんはお母さんがいなくなってから、家では一度も順子さん(仮名)のことを口にしなかったそうです。 きっと、母親のことを話してはいけないと子供心に思っていたんでしょう。 新しいお母さんが家にきたときは、健気にも、すぐに自分から『お母さん』と呼び、仲良くしようとしていたそうです」(商店主) その後、高校のバレー部で活躍する美和を、川合俊一がスカウトする。 「美和ちゃんがプロ入りするに際して、川合さんが浅尾家に挨拶にきたとき、ご両親は、前の奥さんのことをすべて打ち明けたみたいです。 そして、美和ちゃんが上京するにあたっては、たとえ順子さんが(美和のもとを)訪ねてきても、絶対に会わさないでほしい、という条件を出したと聞きいています」(祖母・郁江さんの友人)(引用 週刊現代) 口には出せない苦悩を抱えて、コートに立っていた浅田選手。 浅尾はスポンサーである「ハーバーライフ」の"マルチ商法疑惑"が報じられたこともある。 彼女を取り巻く環境はいろいろ事情があるようだが、これからもあのくったくない笑顔をファンに振りまいていってくれることを願いたい。

次の

浅尾美和の現在が劣化!?実の母はアレフに入信!?旦那と離婚の噂は?

浅尾美和 オウム

来歴 中野市立平岡小学校4年生の時に双子の妹・と共にインドアバレーを始め、3年生の時に全国制覇を成す。 高校はスカウトされた私立古川商業高等学校(現・)へ進学。 身長は無いがジャンプ力を生かしたスパイクを打つ健実と、セッター育実は共に主力として活躍し、、第30回・・で優勝し高校三冠を達成する。 その際についたニックネームが 『西堀ツインズ』でその名は全国に轟いた。 卒業後は、のに所属して活躍するが、自分たちの目指すバレー(スピードバレー)がなかなかできないというギャップに悩み、姉妹共に退社し、ビーチバレーへ転向する。 当初は姉妹でペア(チームニシボリ)を組んで試合に参戦していたが後に解消。 後に浅尾とペアを組んで海外転戦。 浅尾の人気もあってともに日本にビーチバレー人気を定着させる原動力となったものの、それに比して成績が伴わず、なかなか優勝できなかった。 このため、両者で協議のうえ、に記者会見を開き、ペアを解消した。 2010年は同じく前年にペアを解消したばかりのとペアを組んで、国内ツアー開幕戦でいきなり優勝した。 2015年 とともに新設されたビーチバレー部所属となる。 1997年 全国高校総体 準優勝• 1998年 全国高校総体 優勝• 1998年 春の高校バレー全国大会 準優勝• 1999年 全国高校総体 優勝• 1999年 春の高校バレー全国大会 優勝• 1999年 国民体育大会 優勝 ビーチバレー ペアは転向後2009年まで浅尾美和。 6月 ビーチバレー宮古島大会 3位• 7月 ワールドツアー 日本大会本戦・ポルトガル大会・フランスパリ大会に出場• 8月 PHITEN JAPAN TOUR松山大会3位、福岡大会3位• 10月 PHITEN JAPAN TOUR お台場大会 3位• 5月 PHITEN JAPAN TOUR 第2戦東京大会 3位• 4 - 10月 PHITEN JAPAN TOUR 第1戦愛知・第2戦東京・第3戦宮崎・第4戦東京・第5戦福岡大会 3位• 4月 PHITEN JAPAN TOUR 第1戦宮崎大会 2位• 9月 ビーチバレージャパンレディース 優勝• 2009年• 8月 ビーチバレージャパン 優勝• 2010年• 5月 JBVツアー2010 第1戦ファイテンビーチバレー東京オープン 優勝 ビーチバレー以外の活動 主な出演番組• (不定期出演) CM• 「サッポロ一番 ビッグ しょうゆ」(2008年 と共演)• 「クリアアサヒ」(2009年) このCMには『ジャンクSPORTS』司会のが出演しており、そのつながりで相方の浅尾も早くから浜田と共演していた。 2009年から西堀も合流し、浅尾との2ショットで出演した。

次の

浅尾美和

浅尾美和 オウム

浅尾・西堀組 精神面の弱さ克服しつつ優勝 神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で16日まで開かれたビーチバレージャパンで、西堀健実(28)、浅尾美和(23)=エスワン=組が初優勝した。 テレビCMにも出演する浅尾を中心に人気先行型のペアだったが、昨年7月の全日本女子選手権以来、二つ目の国内主要タイトルを獲得した。 決勝の相手は2回戦で敗れた浦田聖子(28)=MDI、楠原千秋(33)=フリー=組。 楠原は04年アテネ、08年北京両五輪に出場した国内女子の第一人者。 2回戦はフルセットに持ち込んだが、要所でミスが出て敗れた。 だが、西堀・浅尾組は敗者復活2回戦と準決勝を勝ち抜き、決勝で再び浦田・楠原組と対戦。 浅尾の落ち着いたプレーが光り、第1セットを先取。 第2セット序盤も強打を打ち込みながら、空いたスペースに緩い球を落とした。 中盤からはVリーグ経験のある西堀の臨機応変の攻撃もさえた。 西堀・浅尾組の初タイトルは昨年の全日本女子選手権。 この時は、北京五輪代表に決まっていた楠原と佐伯美香のペアが準決勝で棄権したが、今回は実力ペアを破っての堂々たる優勝だった。 西堀とコンビを組んで5年目になる浅尾は「試合後に人前では言えない厳しいことも言い合うようになった。 互いにグサッと来ることもありますけど」と苦笑いする。 今季はメンタルトレーニングを取り入れ、課題とされた精神面の弱さを克服しつつある。 ビーチバレージャパンは、日本ビーチバレーランク上位6チームと推薦2チームのみの大会。 23日まで大阪で行われた全日本女子選手権では4位に終わり連覇を逃した。 今後は国内ツアーの東京オープン(28〜30日)、岡山オープン(9月4〜6日)と最終戦福井・おおい大会(9月19〜21日)に出場する。 2人は国内ツアーでの初勝利も視野に入ってきた。 「体組成バランス計」は、世界初の光センサー技術を用いて、二の腕、お腹、太ももの皮下脂肪の厚みをミリ単位で測定できる計測機器。 さらに、ふらつき度や重心位置といった体のバランス能力も測定できるほか、体組成の測定項目がひと目で分かるグラフィック表示が採用されている。 イメージキャラクターの浅尾選手は「自宅で簡単に皮下脂肪の厚さを測れるのがいいですね。 バランス能力はわたしも測ったことがなかったのでお薦めです。 アスリートは体脂肪や筋肉量によって試合でのパフォーマンスが変わってきます。 いい状態を維持するのは難しいのですが、この機器ならこまめに気付けるのでうれしいですね」と製品の魅力を語った。 また、実際に二の腕の皮下脂肪を計ったという浅尾選手は、一般女性の平均12mmの半分、6mmだったことを告白。 司会の女性から「さすがですね」と声が上がると、浅尾選手は「一応アスリートなので。 でも、お腹はちょっと秘密です(笑)」とはにかんだ。 かおる姫 ビーチバレー転向!美白ビキニでロンドン目指す! バレーボール元全日本女子代表の菅山かおる(30)が、2012年ロンドン五輪出場を目標に、ビーチバレーに転向することが26日、分かった。 近日中に正式発表される。 美人選手として注目を集めた「かおる姫」は現在、ブラジルで練習中。 「ビーチの妖精」浅尾美和(23)とともに、ビーチバレーの人気を高めていきそうだ。 菅山は昨年5月末で所属先のJTを退社。 その後はビーチバレー会場でバレー教室を開くなど過ごしてきた。 そして昨秋、「自分の中にしまい込んだ、熱い何かがこみ上げてきた」と、転向を決意。 極秘裏に昨年11月末からグアムでビーチの練習を始めた。 今年1月中旬からはブラジル・リオデジャネイロ郊外のビーチで、数々の世界女王ペアを育てたブラジル人のコスタ・コーチに師事。 本紙はこのほど、透き通るような白い肌を露出し、練習に明け暮れる「かおる姫」の初ビキニ姿を独占入手した。 都内のマネジメント会社は「近日中に発表予定です」とビーチ転向を認め、同時に所属契約先を募集していることも判明した。 05年に全日本に初選出されリベロのほか、ジャンプ力を生かしアタッカーとしても活躍するなど攻守両面の能力が高く、ビーチにはうってつけ。 現在は日本初のプロビーチバレーチーム「ウィンズ」に籍を置いているが、かつて全日本男子のリベロとして活躍した同チームの西村晃一(35)も「潜在能力が高い」と素質を高く評価する。 ビーチバレーは世界各地を転戦するため、年間の活動費用は約1000万円にも及ぶ。 だが、100年に一度といわれる世界同時不況の真っただ中…。 所属契約先のない菅山は、「まだまだ勝てる選手ではありませんが、みなさんに応援していただけるように頑張ります」と支援を呼びかけた。 ペアの相手は未定だが、国内ツアー開幕戦の愛知オープン(4月24〜26日)出場を目指している。 昨年の北京五輪は全日本代表から落選。 それでも「もう一度、心から本気になれるものと向き合おうと思った。 五輪は魅力的ですし、大きな目標」と再起を図った。 ロンドン五輪時には33歳だが、ビーチでは元全日本女子の佐伯美香が36歳で北京五輪に出場した例もある。 「精いっぱい努力して、一つ一つクリアしていきたい」瞳に強い決意を宿した、かおる姫。 04年に転向し、今や「ビーチの妖精」としてモデル、CMでも活躍する浅尾が世間の注目を浴びているが、今年は間違いなく「ビーチ姫」にくぎ付けだ。 30歳。 古川商(現・古川学園)から97年に小田急入り。 99年、JTに移り、2003年のVリーグ優勝に貢献した。 全日本には05年初選出。 同年のワールドグランプリや、06年世界選手権などで活躍したが、08年5月に引退した。 169センチ、56キロ。 浅尾美和 悲しみの出場決意…最愛の妹死す ビーチバレー女子の浅尾美和(22)の所属するマネジメント会社「エスワン」は8日、浅尾の実妹・美紀さんが、5日に三重県鈴鹿市内の病院で亡くなっていたことを明かした。 17歳だった。 通夜は6日、告別式は7日に行われた。 美紀さんは8月13日に鈴鹿市内で交通事故に遭った。 自転車に乗っている際に乗用車と接触。 頭を強打し、意識不明の重体が続いていた。 浅尾は事故当時、北京五輪のリポーターとして中国に滞在。 23日に帰国後、鈴鹿市の実家に戻り、市内の病院に入院する美紀さんを見舞った。 一時は美紀さんの容体が回復に向かい、浅尾は国内ツアー出場に向けて練習を再開。 先週末のアイムの家オープン(岡山)にも出場予定だった。 しかし、5日に美紀さんの容体が急変し、急きょ出場を取りやめて実家に戻っていた。 美紀さんは地元の高校3年生で、バレーボール部に所属。 津商時代に春高バレー2年連続出場など全国大会で活躍し、卒業後ビーチバレーに転向した浅尾を慕っていたという。 最愛の妹を亡くした浅尾のショックは計り知れないものがあるが、関係者によると、今週末のふくいカップJBVグランドスラム美浜大会(13〜15日)に出場の意欲を見せているという。。 同じ三重県出身で意気投合し、忙しいスケジュールの合間をぬってデートを重ね、昨年11月には浅尾がお忍びで水本の試合を観戦していたという。 「昨年大ブレークしグラビア界に進出。 CMは4社と契約していますが、すべては五輪出場を見越してのもの。 出場できなければ浅尾の株はかなり下落する」 広告代理店関係者 今後は徐々にタレント業にシフトするしかないと思われるが、先行きはなかなか厳しいようだ。 「アスリートという付加価値がついているからもてはやされていますが、ルックスだけなら芸能界では並。 トークも特におもしろいわけではない。 「実力がないと客は呼べない。 ルックスだけでは限界」 同 というから、すでにピークを過ぎているかもしれない。 「今シーズンに入って、昨年はCM1本2000万だったギャラが2500万になったと言われている。 しかし、北京五輪に出られないとグラビア、テレビからはお呼びがかからなくなり、露出も減るのでギャラは下がる。 活字だけの週刊誌ならいいが、写真誌に男性スキャンダルが出るようなことがあればCMのオファー自体がなくなる」 先の広告代理店関係者 浅尾の年齢ならば次回2012年の英・ロンドン五輪を目指してもよさそうだが、今後の身の振り方が注目される。 浅尾美和 小山に人工ビーチがオープン 栃木県小山市にある白鴎大学で27日、「ホワイトサンドビーチ」オープニングイベントが開催され、ゲスト選手としてビーチバレーの浅尾美和 エスワン 、西堀健実 エスワン らが出席。 海のない栃木県のJR小山駅前に突如現れた白い砂浜が、300人近い人で埋め尽くされ、オープンを祝うテープカットや、2人のトークショー、地元の子供たちとともにビーチバレー教室などが行なわれた。 テープカットには白鴎大学学長で衆議院議員の森山眞弓氏も参加。 海のない栃木県の小山駅前に出現した砂浜を前に、浅尾・西堀は驚くばかり ホワイトサンドビーチは、小山駅東口前の駐車場内の約300坪の敷地に、ビーチバレーコート2面、ビーチサッカーコート1面を特設した屋外運動・レクリエーション施設。 27日から11月30日までの2カ月間、小山市民に無料開放される。 その初日となる同日、テープカットには白鴎大学学長で衆議院議員の森山眞弓氏も参加し、地元の栃木にビーチが出現したことを祝して、同施設の積極的な活用を提唱した。 ホワイトサンドビーチは、JR東北本線小山駅東口すぐ。 ビーチバレー用コート2面とビーチサッカー用コート1面が使用できる。 シャワーつきの更衣室も完備。 開催期間は9月27日〜11月30日、利用時間は11時00分〜22時30分。 収容人数は200人 同施設に敷かれた砂「ホワイトサンド」 500トン は、オーストラリア・ブリスベンの浜辺から運ばれたもの。 天然素材のホワイトサンドは主に耐熱ガラスの原料として使用されている もちろん、2人もホワイトサンドビーチを見るのは初めて。 西堀が「日本の砂って比較的に色が黒いんですね。 水を含んでいて。 でもこのビーチは海外の砂浜みたい。 すばらしいなと思いました」と語ると、浅尾は「ビーチバレーって 砂に 飛び込んだりして、身体や顔にすごい砂が付くんです。 あとでテレビの映像を見ると、顔に黒いのが付いている。 かっこ悪いなーと思ってたんですね。 でも、こういう白い砂だとキレイに見えるからいいですね」と好感触な印象を語った。 「こういう駅前に砂浜があれば、ビーチのスポーツが気軽にできるのでいいですね」 西堀 「砂がすごくサラサラで、日本とはぜんぜん違う。 合格です! 」 浅尾 今回のプロジェクトは、ガラス素材を扱う製造メーカーであるハリオグラスが主催となり、白鴎大学の協力を得て実現したもの。 ハリオグラスのCSRとしての取り組みのひとつで、茨城県古河市に製造工場を持つ同社が、周辺地域の活性化のために貢献した事例だ。 「けいしゃ」とも呼ばれるホワイトサンドは、同社が製造するガラス製品の原料に使用している天然素材。 今回、この小山駅前の敷地に約500トンものホワイトサンドが敷かれた。 短期間の開催となるが、この白い浜辺に浅尾は期待を込めて「街の人が気軽に ビーチバレーコートを 利用できるというのはいいこと。 例えばドイツの場合、街の中にコートがあって、仕事帰りに気軽にビーチバレーをしたりと、それが生活の一部になっている。 そういう意味で、こういう場でビーチバレーがもっともっと広まればいいなと思いますね」とコメント。 また、西堀も「ビーチバレーをするには海に行かなければならないというイメージがあるが、こうして駅に隣接しているので、気軽にできていいことだなと思いますね」と語った。 「オフのときは、髪を切りに行ったり、銀行に行ったり、日用雑貨を買いに行ったり。 本当に限られた時間しかないから、やらなければならないことをリスト化しています」 浅尾 さて、4年後のロンドン五輪へ向けて、2人はどう準備しているのか。 まず、これからやってくるシーズンオフの練習について語ってくれた。 「これから冬に入りますが、『冬は体育館で練習してるの? 』って聞かれます。 冬場も砂の上でたくさん練習しています。 それから週3〜4回はジムでウェイトトレーニング。 筋トレをしています。 冬場の練習は凍傷になってしまうので、専用の靴下を着用して練習しますね」と浅尾。 西堀は浅尾との仲について、「いっしょにいる時間が多いので、自然とお互いの考えがわかりますね。 私、双子なんですけど、妹よりもいっしょにいるので、 浅尾の思っていることが だいたいわかりますね」と語った。 ロンドンへ向けて浅尾は、「北京に出ていた選手たちのレベルと自分のレベルがぜんぜん違うなと思いました。 これからはその差をうめるための、イメージトレーニングなどをはじめとした練習に時間を費やしていくつもりです」と述べた。 浅尾美和熱愛!! 6月10日、「アサヒ芸能」(6月19日号/徳間書店)において『浅尾美和 人気Jリーガーとの親密現場』なる記事が報じられた。 気になるお相手は、Jリーグ・ガンバ大阪に所属するDF水本裕貴選手。 「2人は忙しい合間を縫って食事に行く」「浅尾がお忍びでサッカー会場に足を運ぶ」など、記事ではその親密ぶりが晒された格好だ。 「スキャンダル処女だった浅尾美和の熱愛」とし、「北京五輪がほぼ絶望的であり、現在はCM1本のギャラが2500万円。 だが、活字だけの週刊誌ならまだしも、写真誌に男性スキャンダルが出ればCMオファー自体がなくなる」と、今回の熱愛に対して、浅尾に警鐘を鳴らしている。 言い換えれば、今回の「アサヒ芸能」の記事はスクープになる訳だが……他週刊誌では、今回の記事をどう見ているのだろうか? 「浅尾の熱愛は確かに特ダネだけど、今回は各誌とも冷ややかに見ていますよ。 というのも、ガンバの水本は、別に本命の彼女がいますからね。 まあ、浅尾と水本は、郷里は同じというところから『食事なども一緒に行く親しい間柄』というのは、記者の間では周知の事実。 見出しを見て、『内外』が追っただけで、他週刊誌で動いているという話は聞かないですね。 でも、今回の記事を見て、浅尾の所属事務所は相当慌てたようですよ」(週刊誌記者) 現在、「今シーズンはトータルで1億円」とされる浅尾の高額なCMギャラゆえ、所属事務所もゴシップには気を使っているのだろう。 だが、「本人はかなり性格の良い、普通の女の子ですよ」(テレビ関係者)とのコトなので、フィールドを変えても、その美貌と人柄で支持を得ることに疑いはないと思うのだが……。 熱愛はガセであってほしい……(涙).

次の