揚げ ない トンカツ。 ビストロで揚げないとんかつ パン粉を加熱でレンジで揚げ物がヘルシー

サクッとジューシー!とんかつのおいしい揚げ時間&揚げ方のコツ

揚げ ない トンカツ

すでに揚がっている色なのに、中は生肉。 一部にこげ茶の焦げ目はつきます。 でも全体的には、「こんがりパン粉」の色が、本当にそのままのこってるカンジです。 白いままのフツーのパン粉だったら、たしかにホントに白いトンカツになるわ~…と実感。 さっそく、食卓に並べます。 見た目、ふつーーーーーーーのトンカツ。 食べると…おおお!トンカツじゃーーーーー!! ただ、衣が油すったザクザク感が少なく、「サクサクッ」とスナック菓子系の、軽めの食感です。 加えて、肉が油をすわないぶん、ちょっと淡泊。 言い換えると、ジューシーな鶏モモと、さっぱり系胸肉の違い…みたいな。 あと、 肉と衣がはがれやすい点が、正直気になる。 油をすわないので、衣を箸でつまむと「ポロっ」ととれる…。 全体的に「トンカツだ!」とわかりつつ、油もカロリーひかえめであっさり。 ロース1枚だって、軽々ぺろっといけちゃいます。 夕飯やダイエットにはオススメ。 課題は、肉と衣をもっとしっかりつけて、衣がはがれるのを阻止すること。 小麦粉・卵・パン粉と肉のからめ方は、しっかり対策してから焼きましょう。 厳密には、アジフライの調理メニューはないです。 でも、「いわしのフライがこの53番でできる」と書いてあったので… 「いわしもアジもかわんないでしょ!イケるんじゃな~い?」と勝手に判断(笑)。 結果、なんかイケたっぽい!完成!! 見た目はフツーの、アジフライ。 味は…サクサク歯ごたえがある衣に、アジの身がぷりんぷりん。 トンカツのときにはがれやすかった衣も、しっかりばっちり身についている。 アジフライって2枚食べると、油ぽくてごちそうさま…だったのが。 超いいイミでアッサリしてるので、ガンガンいけます! とんかつソースとからしでからめて食べると、至福です…。 揚げるよりアッサリですが、とんかつソースの甘みと、辛子のパンチが、いいカンジにこってり感を出してくれる! ガッツリ好きにはたまらない~! …と、調子にのって3枚目たべてるトコで、事件発生。 調べてみると、ご飯で飲み込んで押し流すって厳禁でした。 ヘルシオにいれて、メニュー「53(えびフライ)」を選んで、スタート! 焼けた! いざ、実食。 野菜は甘く、エビフライにいたっては、もはや揚げたものとわからないくらいのジューシーさ。 さらに地味にスゴいのが、 たくさんの量をイッキに焼いて完成できるので、圧倒的に手間が減ること! 野菜フライって、細々とした野菜(しかも種類違い)をたくさん揚げるので、いちいち油の温度とか低くならないよう、調整が必要です。 さらに、火の通りが違う素材ひとつひとつ、火の通りを確認しないといけないんです。 でも、ヘルシオなら勝手に素材全部に、いいカンジで火を通してくれちゃうーーーー!!!神!!! 「ヘルシオでフライ、めっちゃいいじゃん!!!」 感動しました。 これぞまさしくヘルシオ神のなせるワザ。 ヘルシオ神ありがとうーーー!!! まとめ というわけで、ヘルシオで作る揚げないトンカツとフライのまとめでした。 病院おくりになりつつ、ボウルを1コ昇天させつつ、人柱的に実験する中で、みつけたコツは3つ。 あと、パンチ出すなら、辛子もあるとなおよし。 ウスターソース、しょうゆ、ポン酢も悪くはないですが、あっさり感が強調されるカンジになります。 ヘルシオで作るフライ、どうなんだろう…と思いつつやってみましたが、ウマいです。 ガッツリじゃないのに、ガッツリ満足感あります。 とくに野菜フライは、野菜の甘みが出て、本当にウマい。 「野菜嫌いの子供でも、パクパク食べれちゃいそうだ!」と感動ひとしおでした。

次の

揚げないとんかつ(カロリー59%カット)作り方

揚げ ない トンカツ

スポンサードリンク フライパンで作れる「揚げないトンカツ」を作る方法とは?年々健康志向の方々が増加傾向にあり、ヘルシーで低カロリーな料理に人気が集まっています。 しかし、スムージーやドライフルーツ、春雨、ローファットグラノーラなどヘルシーそうに見えて意外と高カロリーな食べ物って多いのです。 特に焼き肉やから揚げといった肉料理は高カロリーなものが多く、中でも トンカツはたっぷりの油でこんがりとキツネ色になるまで揚げるうえ、使用する豚ロースは100gあたり263kcalと意外と高いため、ハイカロリーの代表的存在となっています。 使用する豚肉が肉厚の場合、脂身と赤身の間に細かい切り込みを裏表に入れておきます。 もっとカロリーを抑えたいという方は、少量の小麦粉を水で溶いておき、衣を付けるとオススメです。 しかし、 トンカツにしてしまうと、ヒレもロースも同等のカロリーとなりますので、ヒレを使ってヘルシーなトンカツが出来ると思っていた方は注意が必要です。 なぜ、ヒレもロールもカロリーが変わらないかと言いますと、脂身がほどよく乗っているロールは油の吸収が鈍いのですが、ヒレの場合脂身が少ないため、揚げている間、どんどん油を吸収してしまうからです。 さらに、ヒレの方が外部の油を吸収するため、ロースよりもコレステロール値が上昇しやすいという欠点があります。 しかし、使用する油によってはコレステロール値の上昇を抑制させることも可能です。 では、トンカツを食べても太りにくくする方法をご紹介します。 それは 「トンカツを食べる前に生のキャベツをたっぷり食べておくこと」です。 キャベツの千切りは200gあたりたったの46kcalしかありません。 さらに、キャベツにはキャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富に含まれれているため、 胃粘膜の修復や胃のむかつきを補助する働きがあり、さらに摂取したカロリーを燃焼させる効果や脂分の吸収を抑える効能がありますので、トンカツを食べる際はキャベツの千切りから召し上がるようにしましょう。 トンカツは食べ方次第ではカロリーを抑えることが出来ます。 フライパン1つで大きく摂取カロリーが変わること、キャベツの千切りの大切さを覚えておくとダイエット中でもお肉が食べたくなったときに役に立つので、記憶の片隅に留めておきましょう。 スポンサードリンク.

次の

【簡単で油もカット】揚げないとんかつや天ぷらの作り方は?

揚げ ない トンカツ

スポンサードリンク フライパンで作れる「揚げないトンカツ」を作る方法とは?年々健康志向の方々が増加傾向にあり、ヘルシーで低カロリーな料理に人気が集まっています。 しかし、スムージーやドライフルーツ、春雨、ローファットグラノーラなどヘルシーそうに見えて意外と高カロリーな食べ物って多いのです。 特に焼き肉やから揚げといった肉料理は高カロリーなものが多く、中でも トンカツはたっぷりの油でこんがりとキツネ色になるまで揚げるうえ、使用する豚ロースは100gあたり263kcalと意外と高いため、ハイカロリーの代表的存在となっています。 使用する豚肉が肉厚の場合、脂身と赤身の間に細かい切り込みを裏表に入れておきます。 もっとカロリーを抑えたいという方は、少量の小麦粉を水で溶いておき、衣を付けるとオススメです。 しかし、 トンカツにしてしまうと、ヒレもロースも同等のカロリーとなりますので、ヒレを使ってヘルシーなトンカツが出来ると思っていた方は注意が必要です。 なぜ、ヒレもロールもカロリーが変わらないかと言いますと、脂身がほどよく乗っているロールは油の吸収が鈍いのですが、ヒレの場合脂身が少ないため、揚げている間、どんどん油を吸収してしまうからです。 さらに、ヒレの方が外部の油を吸収するため、ロースよりもコレステロール値が上昇しやすいという欠点があります。 しかし、使用する油によってはコレステロール値の上昇を抑制させることも可能です。 では、トンカツを食べても太りにくくする方法をご紹介します。 それは 「トンカツを食べる前に生のキャベツをたっぷり食べておくこと」です。 キャベツの千切りは200gあたりたったの46kcalしかありません。 さらに、キャベツにはキャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富に含まれれているため、 胃粘膜の修復や胃のむかつきを補助する働きがあり、さらに摂取したカロリーを燃焼させる効果や脂分の吸収を抑える効能がありますので、トンカツを食べる際はキャベツの千切りから召し上がるようにしましょう。 トンカツは食べ方次第ではカロリーを抑えることが出来ます。 フライパン1つで大きく摂取カロリーが変わること、キャベツの千切りの大切さを覚えておくとダイエット中でもお肉が食べたくなったときに役に立つので、記憶の片隅に留めておきましょう。 スポンサードリンク.

次の