コンビニ 写真 現像。 写真のコンビニとカメラ屋さんでのプリントの違いについて教えてくださ

iPhoneにある写真をコンビニで印刷(現像)する方法まとめ【セブン/ローソン/ファミマ】

コンビニ 写真 現像

それが最近は近くのコンビニ、ファミリーマートで写真の印刷ができるんです。 この記事ではファミマで写真印刷をする際の注意事項、要点をまとめて概要解説いたします! 「難しそう」と思われる方もいるかと思いますが、読んだら「あれ意外とかんたんね」と思っていただけるようにご紹介いたします。 ファミリーマートの店内のコピー機にて写真プリントができる それこそ、現在の写真屋さんというか写真をプリントしてくれるところへ行くと専用の機械があってそこからスマホ、iPhoneなどを使ってその機械にプリントしたい写真を送信する方法ですよね。 いえ、それがファミリーマートでの写真プリントは 専用端末ではなく、店内に設置されている コピー機から写真の印刷をすることができます。 ここで注意! 冒頭で少し触れたカメラのフィルムでの印刷はファミリーマートではできません。 なにかしらのメディア、電子記録媒体に写真を入れてください。 今回はスマホ、iPhoneなどから写真の印刷をする際の概要について紹介しています。 こちらをご覧ください。 ファミリーマートでスマホの写真印刷には専用アプリが必要 ファミリーマートでスマートフォンで撮った写真のプリントをするには 専用アプリが必要です。 ファミマで写真を印刷しようと思い、お店に行ってこのアプリの存在を知らなくて、店内でアプリをインストールするなんて人も多いんではないでしょうか。 ぜひお店に行く前にアプリをインストールしてみてください。 「PrintSmash」か「ファミマフォト」というアプリを使用 そのファミマでのスマホの写真プリントに必要なアプリは• PrintSmash• ファミマフォト と、2種類あります。 どちらでもスマホからの写真プリントが可能です。 どちらも無料の安全な 筆者も使っています アプリなので下記URLより安心してインストールしてみてください。 どちらでも写真プリントが可能なので今回は PrintSmashというアプリのご紹介をします! 「ファミマフォト」を使ってのファミリーマートでの写真プリントはこちらをご覧ください。 PrintSmashの概要 このプリントスマッシュというアプリはファミマのコピー機は SHARP製でそのSHARPが出しているアプリです。 評価はさておきとても良いアプリなので安心してお使いください。 PrintSmashを使っての実際の操作については、実際の店内コピー機の画面写真を使って解説付きの別記事をご用意しております。 こちらの操作方法はローソンでの写真プリントについての記事なのですが、実はローソンのマルチコピー機もPrintSmashを使ってスマホから写真を印刷するため、アプリやマルチコピー機の操作方法はファミマもローソンも同じになります。 そのため、ローソンの写真印刷の操作方法の記事でも安心してご覧いただけます。 ファミマはUSBやメモリーカードからも写真印刷が可能 ファミマで写真の印刷は スマートフォンからだけではありません。 USBメモリや SDカードに入っている写真も印刷(現像)が可能です。 ここも詳しい操作方法は別記事で解説いたしますが 、マルチコピー機の写真プリントメニューがこちら この画像に載っているUSBメモリーやmicroSDカードなどの様々なメディアから写真プリントに対応しています。 この2L以上のサイズは残念ながらないんです。 印刷したい写真が複数ある場合も写真は複数選択してまとめて印刷OK! 1回の操作でまとめて印刷したい写真を選択してまとめて印刷可能です。 パレットプラザ L版1枚 42円 税込み 2L版1枚 108円 税込み 2019年8月時点:パレットプラザHP調べ 驚きなのですが、ファミマで写真プリントする方が料金が安いということが分かりました。 私は写真というのがあまり詳しくはありませんが、そんな素人目の私は満足、というより何も不満の無い仕上がりです。 ものすごい画素数の高い写真とかでなければ、ファミリーマートで充分な写真が印刷できると感じました。 普通の写真だけでなく証明写真もファミマで印刷できる ファミリーマートの写真プリントは普通に撮った景色や催しの写真の印刷だけでなく、証明写真として使いたい写真も証明写真のように印刷することができます。 実際に実物を見てもらった方が早いですよね。 この記事でご紹介している写真プリントをするためのアプリとは別で、このように証明写真のように仕様を変えるためのアプリが必要なのですが、かなりお得に証明写真が印刷できますので、興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください。 ファミマの写真プリントは24時間可能 ファミマの写真プリントについての紹介はこちらの項目で終わりになるのですが、やはり最後コンビニの強み、ファミマの強みと言えるのがこの 時間ではないでしょうか。 近年コンビニの24時間営業についての問題も取りざたされていますが、無人でセルフレジ対応にしたりとコンビニ自体が全店で24時間営業でなくなるということはおそらくないと思っています。 なのでこのコピー機での写真プリントもファミマが開いている際は利用が可能です。 コピー機の故障やメンテナンスがない限りは 24時間ファミマで写真プリントができるんです。 まとめ ここでファミマで写真プリントをする際のポイントをまとめましょう! ・印刷したい写真はスマホやUSBフラッシュメモリに ・専用のアプリが必要 ・料金は1枚30~80円 ・サイズはL~2L ・現像したい写真をまとめて印刷可能! ・証明写真も発行可能 最後に ここまでファミマでの写真プリントについて解説してきました。 おわかりいただけたでしょうか。 最近のスマホは画面の解像度、そもそものカメラの性能の向上により、そのままスマホで写真を眺めていられますよね。 タブレットやPCで写真の管理をしていたら尚更ですよね。 でもやっぱりこうきちんとかたちにした写真っていいもんですよね。 大切な写真、お友達とシェアしたい写真などあればお近くのファミリーマートから簡単にプリントできます。 写真ってちょっとしたプレゼントにもなりますよね。 ぜひ、この機会にファミマで写真プリントしてみてはいかがでしょうか。

次の

スマホ画像・写真の現像方法!コンビニでのオススメのやり方!

コンビニ 写真 現像

ローソンで写真を印刷 現像 って言ってもそんな写真を印刷するような専用の端末あったっけ? 良くお店に行かれる方はそう思われるかもしれません。 しかしローソンで写真を印刷する際にはビッグカメラやヤマダ電機のような家電量販店で見かけるような専用の端末は必要ないんです。 それではこのマルチコピー機でのiPhoneなどのスマホやUSBメモリーからの写真プリント方法を見ていきましょう。 ローソンでスマホの写真をプリントしてみよう それではここからローソンでの写真プリントについて解説していきます。 今回はiPhoneで撮影した写真を実際に店舗で印刷してみました。 専用アプリを事前に入れておこう ローソンでスマホの写真プリントをおこなう際には、専用アプリが必要になりますので、あらかじめお手持ちのスマートフォンにインストールしておきます。 「Print Smash」というiPhoen・Androidどちらも対応している無料のアプリを使用します。 Print Smash 端末操作方法 iPhone Xsで撮影した写真を実際にローソン印刷 まずマルチコピー機のタッチパネルを触ります。 印刷したい写真を選択するとアプリ内に表示されます。 写真の左側にチェックが入っていることを確認して 選択中の写真をプリントするをタッチします。 ここで求められているパスワードとは、先ほどローソンのマルチコピー機の画面にて出てきた 赤字の4桁のパスワードです。 パスワードを入力したら [送信]ボタンが光り押下できるようになるのでタッチします。 再度端末 マルチコピー機 での操作 これでスマホでの操作は終わりです。 マルチコピー機の操作に戻ります。 画面右下の左側のボタン [通信終了して次へ]をタッチします。 今回は一般的な写真サイズの 「L版写真プリント」を選択します。 いかがでしょうか。 1枚30円 税込み で画質も満足なものではないでしょうか。 iPhoneで撮影した加工も何もしていない普通の写真です。 きちんと写真用の光沢紙に印刷されています。 ちなみにですが、先ほども上記で触れたのですが写真用の光沢紙だけでなく、A4等の 普通紙にも印刷が可能です。 私自身写真についてはかなり素人ですが、とくに不満な点も見当たらない、満足な仕上がりです。 スマホ以外のSDカードやUSBなどの写真印刷の場合 ここまでスマホからの写真プリントについてローソンでのやり方をみてきましたが、冒頭で少し触れた、 microSDカードやUSBメモリなどのメディアからの印刷の場合は、メディア選択画面の際にお手持ちのメディアを選択してください。 メディア選択をすると 〇部のカバーが開きメディアを差し込むことができます。 スマホからはアプリを用いてマルチコピー機へ写真の送信を行いましたが、メディアから印刷の場合はメディア内の写真を直接マルチコピー機に読み込ませるというかたちです。 むしろWi-Fiへのアクセスがないためメディア端末からの写真プリントのほうが操作はカンタンかと思います。 Android端末やデジカメはSDカードからの印刷になることもありますよね。 そういった際にもローソンで写真プリントが可能です。 店内のコピー機がメンテナンスなど稼働していない時間を除けば何時でも利用が可能です。 ちなみにローソンさんのコピー機は「毎日〇時~〇時までメンテンナンスです」のような時間はありません。 最後に ローソンでの写真プリントに関する操作方法を写真を交えて解説しました。 ローソンでの写真プリントについておわかりいただけたでしょうか。 スマートフォンやタブレット端末の発達から最近は写真を印刷 現像 する機会、減っていませんか? スマホやタブレットで眺めるのもいいですが、やっぱりきちんと写真をカタチにするっていいものですね。 ご友人とのちょっとした集まりや、久々にご家族で集まった際に撮った写真をお近くのローソンですぐにカタチにすることができます。 この記事を読んだ機会に、ぜひお近くのローソンで懐かしかったり、思い出の写真をプリントをしてみてはいかがでしょうか。

次の

ファミマで写真プリント【店内マルチコピー機からかんたん写真印刷】

コンビニ 写真 現像

こんにちは。 プリント(現像)結果にこだわりすぎて撮影が下手くそな チロ()です。 お家でプリンターを使うとなるとインク代が高くつくし、設定もめんどくさいですよね。 今ではコンビニでもプリントできるようになり、写真の楽しみ方が広がるいっぽうです。 そんな人のために コンビニプリント という便利なもののができたと思います。 僕は撮影が下手くそな写真好きのひとりですが、特に写真の仕上がり具合にはこだわっています。 仕上がり具合といっても最高品質というわけではなく、「思い出を作るならこの品質がいいな」程度です。 そのため、普段はネットプリントを使っているのですが、今回はコンビニを代表してセブンイレブンでプリントしてきました。 セブンイレブンの写真の仕上がり 元画像 セブンイレブン セブンイレブンはFUJIFILMのプリント紙を使用していますが、結果的に元画像にやや近い仕上がりです。 ただ、 これといって驚くような感動はありません。 確かに仕上りはキレイなんですが、なんというか…30円も払ってるんだからこれくらい当たり前だろ。 そんな感じです。 もし、現像する前に「どんな風に仕上げてくれのかな」とワクワクした気持ちでいくと、「キレイにプリントされて良かった」と喜ぶかもしれません。 露出補正など、カメラの設定をいじらないで撮ったり、スマホの写真をプリントするのにもいいかもしれません。 あっ、友達に自慢したいときや、プレゼント用にも喜ばれます。 露出補正に自信のない人には値段を気にしなければ使っていいサービスだと思います。 元画像 セブンイレブン ホワイトタイガーの白さが十分に際立っています。 これを見せると「おっ、写真うまいね!」と言われる確率もアップすると思います。 これが自動色調補正のいいところです。 かといって、期待し過ぎるとガッカリしてしまうことも。 元画像 セブンイレブン こんなのひまわりじゃありません(笑) 黄色じゃなくて橙色ですね。 どうやら写真をプリントするとき、どの業界も「黄色が苦手」なようです。 理由はまだわかりませんが、覚えておくといいです。 ) 狙って撮った写真は向いていない コンビニプリントのようなお店においてあるマルチコピー機は、自動的に色調補正をしてしまうので露出補正やホワイトバランスなどの設定ををした人には向いていません。 元画像 セブンイレブン やわらかくほんわりとしたイメージで写真を撮ったのですが、いざプリントしてみるとご覧のとおり、濃くくっきりとプリントされてしまいます。 撮影時に狙って撮った写真とは大きく異なるため、 自分の作品として写真を見せるには向いていません。 さいごに 近くにあるコンビニプリントでは、今すぐ欲しいときにも役立ちますし、キレイな仕上がりになるので品質としても満足です。 使いようによっては十分にいいサービスです。 だけど、僕は 大量にプリントしてアルバムにいっぱい思い出を入れるタイプ なので、コンビニプリントで30円払って200枚アルバムを作るとすると、それだけで¥6,000も使ってしまいます。 これだと楽しい思い出づくりが全然楽しくありません。 ヒヤヒヤして台無しです。 それが嫌なので、プリント代のコストを最小限に抑えるために「しろくまフォト」というネットプリントサービスを使っています。 このサービスの何がいいかというと、 1枚5円と安いのに仕上がりがキレイです。 ちなみに、こんな感じです。 元画像 しろくまフォト 思っているほど悪くありませんよ。 それにコンビニのマルチコピー機ですが、あんな狭くて周りには囲いもない。 人目が気になります。 正直…わざわざコンビニで頼むメリットは無いです。

次の