須田 景 凪 moil。 Ver.)公開。明日8/4フル・バージョン公開&先行配信スタート

「二ノ国」主題歌MOILの意味と歌詞は?歌う須田景凪すだけいな調査!

須田 景 凪 moil

映画の内容は、上に掲載している本予告動画で概ね把握できると思います。 未試聴の方は、是非視聴下さい。 「俺たちずっと友達だったじゃないか」 というフレーズで始まる予告。 これだけでファンタジー性溢れる映画の中に潜む、酷なストーリーを感じることができると思います。 以下が公式サイトで公開されているあらすじになります。 頭脳明晰で、心優しい秀才の ユウ。 パスケ部のエースの ハル。 そしてハルの恋人 コトナ。 同じ高校に通う幼なじみの3人は、かけがえのない親友だった。 突然の事件が起きるまでは一 ある日突如ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「ニノ国」。 現実 ーノ国 と隣り合わせにある、この美しく不思議な世界で、 2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会う。 アーシャ姫に死の呪いがかけられたことをきっかけに、ユウとハルはふたつの世界に残酷なルールが あることを知る。 二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払うことになるという のだ。 そして二ノ国ではアーシャ姫が、ーノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた一。 ふたりの彼女、救えるのはひとつの命 アーシャ姫を守りたいユウと、コトナを助けたいハルに突き付けられた残酷なルール、 ふたりが下した《究極の選択 とは一。 「愛する人の為に<命>を選べ。 」 誰かを救えば誰かが代償を払う。 というルールが残酷すぎますね。 アーシャ姫を守りたいユウ• 恋人のコトナを助けたいハル はじめに見解を述べると、「混乱した様子で動き回る」という意味の主張が本楽曲においては強いのではないかと感じています。 では、歌詞を見ていきましょう。 歌詞 思い出すのは砂を噛む様な 茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き 今となってはあの感触も笑えるほど するり 手からこぼれてしまった 故に永遠に無垢を望み 雲間にまた目が向くのは何故 大人になった 大人になってしまったみたいだ 左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい 明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に 今、募るこの想いを あなたへと伝えたい どんな形で どんな言葉で どんな明かりで照らせば 「あなた無しでは意味がない」 など感情は盲目だ 尚更また膨らむ欠落 生きていく度 より鮮明に 胸の底で別れが育つ様な気がした 故に懸命に腕を伸ばし 身勝手な光を追うのは何故 大人になった 大人になってしまったみたいだ 左様なら 日々の中で揺蕩う 風にでもなりたい 心がいつか 飾りになって 安い空夢になる前に 今、募るこの想いを あなたへと伝えたい 夕凪に世界が身勝手に沈んでも もう決して目を逸らしはしないだろう 輪郭は段々と曖昧に変わっていく その様すら愛していたいんだ 大人になった 大人になってしまったみたいだ 左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい 明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に 今、募るこの想いを あなたへと伝えたいんだ どんな形で どんな言葉で どんな明かりで照らせば 映画の世界観にかなり寄り添っていることが分かりますね。 これを踏まえたうえで歌詞考察を行っていきます。 著者は歌詞全体を通して、主人公「ユウ」の心情が強く滲み出ていると感じました。 1番 思い出すのは砂を噛む様な 茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き 白昼夢とは、日中、目を覚ましたままで空想や想像を夢のように映像として見ていること。 思い出すのは~ から綴られる情景は、二ノ国に行く前の2人。 つまり、ユウとハルが純粋に親友だった頃の情景 一ノ国の頃の思い出 が描かれているのでしょう。 今となってはあの感触も笑えるほど するり 手からこぼれてしまった 故に永遠に無垢を望み 雲間にまた目が向くのは何故 しかし 「今となっては」純な親友だったのが嘘かのように二人の信頼関係は 「手からこぼれてしまった」のです。 この現状を哀しく思っているから、ユウとハルの二人は「無垢」になれることを望んでいます。 無垢とは、煩悩のけがれがなく,清らかなこと。 しかし、二人の思いは行き違える。 アーシャ姫を守りたいユウ• 恋人のコトナを助けたいハル 裏を返せば互いにどちらかを犠牲にしようとしている訳です。 後ろめたい気持ちがあるから、両者ともに自分は無垢じゃないと感じているのでしょう。 「雲間」という言葉は、後述するサビで回収されます。 サビ1 大人になった 大人になってしまったみたいだ 左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい 明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に 今、募るこの想いを あなたへと伝えたい どんな形で どんな言葉で どんな明かりで照らせば 「大人になった」 「大人になってしまった」 と、まるで大人になったことを憂うような歌詞が展開されていきます。 スポンサーリンク 2番 「あなた無しでは意味がない」 など感情は盲目だ 尚更また膨らむ欠落 恋は盲目というように、人間は1人の人間に夢中になってしまうと、他にも大切な物事の本質が見えなくなってしまうものです。 「彼女を救いたい」 とお互いに自分の想い人を優先させようとするユウとハルですが、この二人が争うこと自体が盲目だと言っているのかも知れません。 なぜなら、二人が唯一無二の親友だという本質が薄れてしまっているからです。 生きていく度 より鮮明に 胸の底で別れが育つ様な気がした 故に懸命に腕を伸ばし 身勝手な光を追うのは何故 とはいえ、自分の愛する人が命の危機にさらされたとなっては、盲目にならない人間はいないはずです。 「別れ」を肌で感じでしまうからこそ、懸命に互いに大切な人を守ろうとするのです。 身勝手な光 というのはまさに• アーシャ姫• コトナ という、二人にとっての光を指しているのでしょう。 自分の想いを優先させていることを互いに分かっているから 「身勝手な光」と皮肉じみた表現が綴られているのです。 サビ2 大人になった 大人になってしまったみたいだ 左様なら 日々の中で揺蕩う 風にでもなりたい 心がいつか 飾りになって 安い空夢になる前に 今、募るこの想いを あなたへと伝えたい サビ1と同じようなテイストで綴られていく内容ですが、サビ2の中で注目したいのは 「揺蕩う」という言葉。 この「揺蕩う」には 気持ちが定まらずためらう。 心を決めかねる。 という意味があります。 勘の良い方はピンと来ているかも知れませんが 「愛する人の為に<命>を選べ。 」 という、残酷なテーマと向きあい葛藤する「ユウとハルの心情そのものを指す言葉」としてぴったりなのです。 3番 夕凪に世界が身勝手に沈んでも もう決して目を逸らしはしないだろう 輪郭は段々と曖昧に変わっていく その様すら愛していたいんだ 決断を下した二人の心情 が3番では描かれています。 残酷な世界に苦悩し葛藤した二人でしたが、「もう決して目を逸らしはしない」とあるように、納得のいく「究極の選択」を下したのです。 輪郭は段々と曖昧に変わっていく というのは、目に映る世界が朧に映っていることを指していて、 下した決断により世界がどう傾こうとも、決して後悔はしないという強い意志が描かれているのでしょう。 感想 いかがでしょうか。 残酷な世界観・ルール、その中で葛藤要素になっている「友情」や「愛情」が登場人物目線で丁寧に描かれていたのではと思います。 須田さん自身、初の映画主題歌ということでしたが、期待を上回る音楽を用意してきましたね。 これをきっかけに更に知名度・人気度が向上することは必至でしょう。 また一部では「第2の米津玄師」と皮肉な意を込めて騒がれていますが、他楽曲も含めしっかり視聴して頂きたいなと思います。 米津さんには米津さんの、須田さんには須田さんの光る部分があるわけですから。

次の

総再生回数9500万回超!須田景凪の楽曲が最高に“エモい”『二ノ国』主題歌に注目

須田 景 凪 moil

カテゴリ• オープニングとエンディングの両方の役割を担うようなイメージがありました。 だから、少年マンガみたいなアップテンポの曲も一度書いていたんです。 でも、この作品にはあまり相応しくないなと思って。 最終的にはミドルテンポの曲になりました。 そういうイメージから書いていきました。 須田景凪 特設ページより 上記コメントからも理解できるように映画主題歌ならではの要素を加味して、 頭を捻らせて作成されたんですね。 映画を見終ったあとの余韻、そして多くの場所で視聴されるという2点がミドル テンポのスケール感ある今作を生み出したことを把握できました。 さて映画タイアップの内容について少し触れて見たいと思います。 映画「二ノ国」あらすじ 『妖怪ウォッチ』シリーズで知られるレベルファイブの同名人気ゲームシリーズ を、百瀬義行監督がアニメーション映画化したものです。 ストーリーの一部で考察に関係する部分を抜粋して説明したいと思います。 メインキャラクター3人と鍵を握るキャラクター1人が存在します。 ・秀才で優しい青年 ユウ ・元気溢れるスポーツマンの ハル ・ハルの恋人である コトナ ・異世界「二ノ国」に存在するコトナとそっくりの アーシャ姫 上記の4人が中心軸となって物語が進展していきます。 そしてユウは異世界のアーシャ姫に好意を寄せ大切にしたいと思うようになりま す。 しかしユウ、ハル、コトナ、アーシャ姫にとって心痛となる掟の存在が知らされ ることになります。 それはコトナかアーシャ姫のどちらかを犠牲にしなければならないという掟で す(ざっくり説明なので厳密にいうと違った表現ですが) どちらかを犠牲にするだけでも悩ましいのですが、別の点でもこの問題が複雑で ややこしいものになっていきました。 それはハルはコトナを守りたい、しかしユウはアーシャ姫を守りたいという点な のです。 両者は幼い頃から強い絆で結ばれていました。 しかし 「この守るべきものの違い」が2人の友情を引き裂いていきます。 今作ではそのような「葛藤」「悲嘆」などが綴られています。 それではさっそく気になる歌詞の意味を考察していくことにしましょう。 タイトル『MOIL』とは 『MOIL』はさまざまな意味を持つ英単語です。 「コツコツ働く、せっせと働く、コツコツ仕事をする 激しく動き回る、混乱し た様子で動き回る」といった意味が含まれています。 映画予告だけでも登場するメインキャラクターたちが、休む間もなく飛び回って 大切な人を守ろうとしている様子が映し出されていました。 最後に取り上げたMOILの意味である「混乱した様子で動き回る」は、まさに登 場人物たちの心情にぴったりあった表現でしょう。 特に守るべきものの違うユウとハルは、互いの決定が相手を傷つけることになる という自覚を持っているので混乱したことでしょう。 守られる側のコトナとアーシャ姫もそれは同じことです。 躍動感のある登場人物に寄り添ったタイトルが設定されたのだと筆者は考えまし た。 『MOIL』歌詞の意味 消失した面影と幼心 思い出すのは砂を噛む様な 茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き 今となってはあの感触も笑えるほど するり 手からこぼれてしまった 故に永遠に無垢を望み 雲間にまた目が向くのは何故 今回の考察では映画の登場人物である ユウと ハルを中心に 進めていきたいと思います。 ユウとハルは二人の幼い頃を回想していました。 何を思い出したのでしょうか。 「砂を噛む様な茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き」でした。 つまり無味乾燥な日々に苛立っていた日々、そして2人仲良 く過ごしていた日々を同時に思い出していたのです。 若いころの思い出は 「苛立ち」と「 楽しい」が半分ずつ訪れ るのでしょうか。 大人になるとどちらかに偏る感じがしますね。 ユウもハルもそうした確かに感じていたはずの感情を忘れて しまったようです。 何かに熱くなれない、どこか無味乾燥な自分にがっかりして いる様子が伺えます。 私たちもあまり良くない意味で「おとなになってしまった」 と口にすることがありませんか。 子供の時の高揚感や何があっても楽しめるあの感触は手の中 に残っていないのです。 時間が運び去ってしまったのか、自分の意志で忘れてしまっ たのか本人も思い出せないでいることがありますね。 ユウとハルも 「永遠に無垢を望み」ますがそれは叶いません。 盲目なる者に育つ別れの大樹 「あなた無しでは意味がない」 など感情は盲目だ 尚更また膨らむ欠落 生きていく度 より鮮明に 胸の底で別れが育つ様な気がした 故に懸命に腕を伸ばし 身勝手な光を追うのは何故 「あなた無しでは意味がない」とはユウにとっての アーシャ姫、ハルにとってのコトナだと解釈しました。 それぞれが「守りたい人」を叫ぶことによって意思表示 をしていました。 上記のアクションは当人が友情関係を保つことより恋愛 感情を優先させたことを示しています(最後の展開は、、) しかし一人の特別な対象に注力すると友人がなおざりに なることもユウとハルは承知しています。 自分が盲目になっていることも無論承知しているのです。 それで自分の気持ちの赴くままに行動していると、心の中で 大切な人に別れを告げる準備が整うことも実感しています。 別れの気持ちが芽生え、それはやがて大樹のように育って 大きくなっていったのです。 そうした感情に押しつぶされそうになりながらも、大切な者 に手を伸ばす2人の懸命さに胸打たれるのではないでしょうか。 ここでは 「大人になった なってしまった」という 実感について言及されています。 ユウとハルも子供の頃には「仲直り」「譲り合い」 「みんな仲良く」という当たり前の気持ちを持って いたことでしょう。 しかし大人になって大人の事情が出来た今ではそう した気持ちは失われてしまったように感じます。 自分たちは正当化によって自分のしたいことを押し 通している、そんな感覚に苛まれていました。 「左様なら」とは二つの意味が含まれていると考え ました。 1つは読んで字の如く 「そのとおりなら」という意味 です。 このフレーズの前の文脈から 「大人になってしまった」 事実を受け入れその通りならという意味です。 2つめは 「さようなら」と変則的に読む場合です。 この点も前の文脈に関連付けされていますから、大人に なってしまったことを受け入れ身を引くという意味にな るかと思います。 どちらも続く部分で 「雲になる」ことを望んでいます。 ですから争う必要のない自由に漂う存在になりたいと、 ユウとハルが切望していることを理解できます。 複雑に絡み合う2人、そして守られる側である2人の物 語は今後どのように進展していくのでしょうか。 詳しくは映画をお楽しみに。。 まとめ いかがだったでしょうか。 守るべきものの相違が長年続いた友情を引き裂いていく、 そんな物語でした。 皆さんは日常でそういった経験をしたことがありますか。 筆者は、、、自粛したいと思います(苦笑) 歌詞全体はスケール感の大きい映画にぴったりと寄り添う 内容でした。 特に登場人物のことを綿密に観察し感情移入した上で、歌 詞を綴ったことが容易に伝わってきましたね。 ミドルテンポの心にスッと溶け入るメロディも映画の余韻 に寄与するものになったと思いました。 須田景凪さんの今後の活動と次回作に期待し注目していき たいと思います。 素敵な作品を有難うございました。

次の

須田景凪 MOIL 歌詞&動画視聴

須田 景 凪 moil

須田景凪が、8月21日にリリースする最新EP『porte』収録曲「MOIL」の実写ミュージック・ビデオを公開した。 「MOIL」は、8月23日公開のアニメーション映画"二ノ国"の主題歌に起用されている楽曲。 "二ノ国"は製作総指揮/原案・脚本に日野晃博、監督に百瀬義行、音楽に久石譲という日本を代表するドリーム・メーカーが贈る超大作アニメーション作品となり、先日から"映画『二ノ国』版"のミュージック・ビデオのフル・バージョンも公開され話題を集めている。 そして、「MOIL」の実写ミュージック・ビデオが新たに公開された。 本作品は、前作『teeter』収録の「パレイドリア」に次ぐ2作目の実写ミュージック・ビデオで、監督は田辺秀伸が担当。 シュールで不思議な世界観が色鮮やかに描かれている。 なお、本日8月19日から25日にかけて、渋谷駅 東急田園都市線改札前に、アボガド6が手がけたアートワークを使用した、『porte』の巨大広告が掲出スタート。 また、ハチ公前"シブハチヒットビジョン"において、「MOIL」のミュージック・ビデオとともに、"須田景凪 TOUR 2020"のスポットも放映される。 語るに落ちる 4. 青嵐 5. GREEN APPLE「インフェルノ」 エンディング主題歌:須田景凪「veil」 (C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課 「シャルル」で一世を風靡したボカロP"バルーン"が、須田景凪としてunBORDEより1st EP『teeter』をリリースする。 ダンロップのプロモーション・アニメ動画"ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~"の主題歌に起用された「レソロジカ」、YouTubeで先行公開され100万回再生を突破し話題の「Dolly」、切ないバラード「浮花」など全6曲を収録。 中毒性のある計算し尽くされたメロディは何度も聴きたくなるし、危なげな歌詞も一言一句聴き逃したくない。 そのソングライティングのセンスが抜群なのはもちろんのこと、楽曲の魅力を引き立たせる歌声の存在感が際立つ1枚。 才能溢れる須田景凪が、これからの日本のポップ・ミュージック・シーンに新しい風を吹かせるに違いない。 (渋江 典子).

次の