パナソニック ブルーレイ ディスク プレーヤー。 <15v型> パナソニック ブルーレイディスク プレーヤー/HDDレコーダー付 ワイヤレス防水テレビ“プライベート・ビエラ”UN−15TD9 家電 エレクトロニクス TV/DVD パナソニック

ブルーレイディスクプレーヤーの選び方 [ブルーレイレコーダー] All About

パナソニック ブルーレイ ディスク プレーヤー

また、「プレミアムモデル」ならではの高画質回路と高音質回路を搭載。 「新リアルクロマプロセッサplus」と「階調ロスレスシステム」がさらに進化し、映像本来の質感や豊かな階調を忠実に再現します。 高音質も徹底して追求。 HDMI出力端子を2系統搭載し、アンプとの接続時に音声信号のみ出力する事ができます。 アナログ7. 1ch出力にも対応し、OFC(無酸素銅)トランスやセラミックインシュレータはじめとするピュアオーディオ用の高音質パーツを搭載しています。 当社は、ブルーレイ3Dディスク再生対応の本製品で、新次元のAVライフスタイルを提案してまいります。 <主な特長>• 1ch出力、各種高音質パーツを搭載• また、無線LANを使用するためにはアクセスポイントが必要になります。 802. 11n(2. また、無線電波状況により、接続できない場合もあります。 詳しくはをご覧下さい。 の登録商標です。 【お問い合わせ先】 お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時) ホームページURL: 【背景】 当社が目指す「究極の高画質」・・・。 それは、あたかもその場にいるかのような臨場感豊かな映像です。 本日、パナソニックはディスクプレーヤーの世界でも、新たな時代の幕を開きます。 それは、フルハイビジョン3D。 3D映像は、最近、映画界でも大きな話題で、3D対応の映画館も全世界的に急速に拡大しています。 また本製品は、発売以来、好評を頂いているブルーレイDIGAのフラッグシップモデルDMR-BW970に注ぎ込まれた徹底的な高画質と高音質へのこだわりを受け継ぐ、ブルーレイディスクプレーヤーにおける待望の「プレミアムモデル」です。 当社の映像研究機関であるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)などのノウハウが凝縮された高画質と、テクニクスのDNAが宿る高音質を、是非ともお楽しみください。 当社は、ブルーレイ3D TMディスク再生対応の本製品で、新次元のAVライフスタイルを提案してまいります。 【特長】 1. MPEG4 MVCは、左眼用と右眼用のフルHD映像信号について、どちらか一方(例えば左眼用)を基準映像としてそのまま記録し、もう一方(例えば右眼用)は、基準映像と重複する部分は記録しないで共用します。 これにより、2つのフルHD映像を独立に記録する場合と比べて、約1. 3倍の圧縮効率アップを実現しています。 さらに、既存の2Dブルーレイディスクプレーヤでも、2DのフルHD映像を再生する後方互換性を備えています。 この技術は、ブルーレイ3D TMディスクの規格策定にあたり、当社の映像研究機関であるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)が、3D映像の記録方式としての優位性を実証し、その採用をBDA(ブルーレイディスクアソシエーション)に提案した事により導入されました。 また、ブルーレイ3D TMディスクの再生には、フルHD 2チャンネル分の処理に加えて、高度な圧縮技術であるMPEG-4MVCに対応する必要があるため、高性能なデコード(復号)処理が求められます。 「新リアルクロマプロセッサplus」を搭載。 ブルーレイ3D TMディスクも高画質再生 高画質BD-Videoの制作を多数手がけるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)が、オーサリング時に使用している高精度色信号処理技術を応用した「新リアルクロマプロセッサ」を、ブルーレイディーガ独自の技術でさらに進化させた「新リアルクロマプロセッサplus」を搭載。 オーバーシュートを抑えながら水平方向の色解像度を高めると共に、プログレッシブ信号に変換してからクロマアップサンプリングを行うことにより、色の垂直解像度を約2倍に向上。 色のキレと精細感がさらに向上した映像(ハリウッドクリアカラー)をお楽しみいただけます。 この処理は、ハイビジョン画質の映像に加えて、標準画質の映像に対しても有効です。 これによりブルーレイ3D TMディスク再生時に、映像本来のディティールや質感を忠実に再現する事ができます。 [1]映像本来の豊かな階調を忠実に再現する「階調ロスレスシステム」を採用 ブルーレイDIGAのフラッグシップモデルDMR-BW970に搭載した「階調ロスレスシステム」をさらに進化させて搭載。 ハイビジョン画質の映像に加えて、標準画質の映像においても輝度信号、色信号の処理システム全体を最適化することにより、演算精度劣化による階調ロスを徹底的に排除。 これにより、映像素材が本来持つ豊かな階調を余すことなく表現します。 [2]質感豊かな映像を再現する「ディテール・クラリティ・プロセッサ for BD」搭載 当社プロジェクターに搭載されていた技術をブルーレイの再生に応用。 フルハイビジョン映像をシーン毎に4つの周波数帯に分けて、分析・最適処理を行なうことにより、質感豊かな映像を再現することができます。 [3]「超解像技術」搭載で、DVDの映像もきれいに楽しめる 新たに開発した独自の「超解像技術」を搭載。 DVDなど標準画質の映像をハイビジョン信号にアップコンバートして再生する際に、衣服の細かな模様など、従来技術ではぼやけやすい部分も高精細に表現できます。 [1]HDMI低クロックジッタシステムおよびHDMI2系統出力に対応 HDMI伝送時に、アンプ側でオーディオ・クロックを生成する時に発生するジッタを低減するシステムを搭載しています。 さらに、オーディオ専用のクロック生成回路を搭載することにより、さらなる低ジッタ化を実現しています。 本製品とアンプを音声専用出力で接続することにより、映画や音楽ソフトを楽しむ際に、より高音質でお楽しみいただけます。 [2]高品位 アナログ7. 1ch音声出力端子搭載 192KHz 24ビットDACによる、高品位なアナログ7. 1ch出力搭載。 HDMI対応アンプをお持ちでない場合でも、ブルーレイの高品位な音質が楽しめます。 電源回路には、音質に配慮した、ショットキーバリアダイオードも採用。 また随所にハイファイ・オーディオ機器でも採用されているピュアオーディオ用コンデンサ、音質に定評のあるローノイズオペアンプ、OFC電源ケーブルなどの高音質パーツを採用しています。 また、本体に伝わる振動を大きく減少させるために、セラミックインシュレーターの搭載や、ドライブの制振・吸音カバー、振動防止ダンパー等を採用しています。 [4]「ハイクラリティサウンド」機能搭載 映画ソフトや音楽を楽しむ時に、音質に影響のあるアナログ映像信号をカットする「ハイクラリティサウンド」を搭載。 アナログ音声出力だけでなく、HDMI接続時の音声にも効果を発揮します。 異なった趣の音質を選択できる3通りのモードを用意しています。 [6]次世代音声フォーマットにフル対応 最大7. 1chアナログ接続して、BD-Videoを再生すれば、迫力あるサラウンド音声で映画や音楽をお楽しみいただけます。 1ch再生は7. 1ch入力に対応するAVアンプにHDMIケーブルで接続した場合、または7. 1chアナログ接続した場合のみ可能。 例えば、リビングのディーガに録画した番組を、寝室など離れた部屋で再生して楽しむことが可能です。 もちろん、操作もカンタン。 パナソニックの「お部屋ジャンプリンク」なら、別室に設置した本製品からでも、使い慣れた見やすいディーガの操作画面で操作できるので、とても使いやすく便利です。 別売の無線LANアダプター(DY-WL10)を接続すれば、LAN端子のない部屋でもわずらわしい配線なしで、「お部屋ジャンプリンク」を手軽にお楽しみいただけます。 2010年2月9日現在。 2010年2月9日現在。 詳しくはをご覧下さい。 SDカードスロットを搭載し、大容量のSDXC規格のSDカードにも対応しているので、SDメモリーカードを差し込むだけで、撮影したハイビジョン映像を楽しむことができます。 テレビのワイド(16:9)大画面いっぱいにフルハイビジョン画質で写真を映して楽しむ「フルハイビジョンテレ写」に対応しています。 USB端子を搭載しているので、USBケーブルで接続することも可能です。 お好みのCDと合わせて音楽付きスライドショーもお楽しみいただけます。 2010年2月9日現在。 2010年2月9日現在。 ビエラのリモコンで、「画面deリモコン」を使っての再生操作などが簡単に行えます。 2010年2月9日現在。 2010年2月9日現在。 2010年2月9日現在。 2010年2月9日現在。 薄型テレビと合わせて薄型ラックにもすっきりと設置することが可能です。 264) AVCHD規格準拠 USB端子 2系統(USB2. 1W クイックスタート「入」時:約7. 3W 外形寸法 幅430mm 高さ68mm 奥行238mm(突起部含まず) 質量 約3. 2kg 以上.

次の

パナソニック コンパクト ブルーレイディスクプレイヤー 黒 DMP

パナソニック ブルーレイ ディスク プレーヤー

BDプレーヤーとは? BDプレーヤーとは、Blu-ray Disk(BD)プレーヤーのことです。 BDはDVDの後継となる光ディスクの規格で、DVDと比較すると容量が約10倍、画素数は2倍以上です。 DVDとBDは使用される波長が異なるため、BDはDVDプレーヤーでは再生ができません。 そのため、BDを再生するためにはBlu-ray対応の再生機器が必要になります。 BDの再生だけでなくテレビ番組などの録画・BDへの焼き増し機能が付いたものはBDレコーダーとも言われます。 BDプレーヤーの選び方で参考にしたいこと 欲しい機能は何?機能性や操作性に注目 BDな再生機能はもちろん全ての製品にありますが、その他の機能については製品によって様々です。 レコーダー機能はあるかどうか、インターネット接続機能があるかどうかなど、自分に必要な機能の有無を確認しましょう。 リモコンの操作性など、細かい機能性の違いも重要です。 出来るだけ綺麗に見たい!画質・音質に注目 BDプレーヤーと一口に言っても、それぞれのメーカーがより良い画質や音質を追求して開発が行われています。 コストパフォーマンス重視!価格に注目 BDプレーヤーは、画質・音質の良さに大きな幅があります。 それに比例して価格帯も1万円前後の安価なものから30万円以上の製品まで、幅広いラインナップとなっています。 各メーカーハイエンド商品とよりリーズナブルな商品の二つのタイプを販売しているので、同じ価格帯の製品で比較検討してください。 DVDプレーヤーと何が違う? DVDプレーヤーとBDプレーヤーの一番の違いは、再生できるメディアが違う点です。 DVDプレーヤーはDVDだけしか再生できませんが、BDプレーヤーの場合はDVDとBDどちらも再生できます。 BDプレイヤーはDVD-Videoフォーマットに対応する規格になっているため、パソコンで作成したDVDや海賊版のDVDソフトなどでなければ、殆どのDVDに対応しています。 ただし、画質はあくまでもDVDのものであり、DVDをBDプレーヤーで再生したからといってBD画質になるわけではありません。 BDプレーヤーの長所やメリット メリット1 BDが再生できる BDプレーヤーの1番のメリットは、BDの再生ができることです。 BDはBD対応プレーヤーでなければ絶対に見ることができません。 メリット2 高画質・高音質 BDプレーヤーはBDはもちろんDVDも再生できます。 DVDプレーヤーに比べて処理機能が高いので、同じDVDであってもより高画質・高音質で楽しめます。 メリット3 BDは大容量 BDはDVDに比べてデータ容量がおよそ5倍です。 なので、レコーダー機能が付いたBDプレーヤーであれば、DVDに比べて少ない枚数で長時間焼きましが可能です。 米国を中心に採用されてきましたが、近年日本でもドルビービジョン対応のハードウェア・ソフトウェアが増えてきています。 ブルーレイ3D BDプレーヤーの製品説明を見ていると、ブルーレイ3D対応という表記がよくあると思います。 ブルーレイ3Dは、最新の圧縮技術によってフルハイビジョンでの3D表示を可能にした方式のブルーレイディスクです。 実際に楽しむには、ブルーレイ3D対応の機器が必要です。 Ultra HD Blu-ray Ultra HD Blu-rayとは、Blu-ray Diskの後継となる光ディスクの規格のことです。 UHD BDと略されます。 より大容量でより高画質ですが、UHD対応のプレーヤーとディスプレイ でなければ、通常のBDの規格にコンバートされてしまいます。 おすすめBDプレーヤー10選 OPPO UDP-205• OPPO UDP-205のおすすめポイント3つ• 新世代HDR技術「Dolby Vision」対応、最新の映像体験• ハイレゾ対応のマルチチャンネル再生機能• 3年間の長期保証の万全サポート OPPO UDP-205のレビューと評価 自分史上最高の映像体験 4kテレビ購入時に、次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD Blu-ray」に対応という謳い文句に誘われて合わせて購入しました。 たしかに、今まで家で使ってきたどのプレーヤーよりも映像は綺麗です。 それ以上に、音質の良さに驚き! 同じCD、同じスピーカーなのにアンプの良さでこんなに変わるのかとびっくりしました。 5W 省エネモード 外形寸法 430mm x 311mm x 123mm 重量 10kg Panasonic DMP-UB900• Panasonic DMP-UB900のおすすめポイント3つ• 国内初! Ultra HD対応! 充実したネットワーク機能。 4k対応動画再生可能• 4 kg Panasonic DMP-BDT110• Panasonic DMP-BDT110のおすすめポイント3つ• コスパ抜群!低価格でも3Dブルーレイ対応• 充実のネットワーク機能で、他のメディアと連携再生• 6 kg SONY BDP-S1500• Pioneer BDP-3140のおすすめポイント3つ• ブルーレイでは初めて、遅見再生(0. 8倍速)対応。 ダンスレッスンや語学学習に• 動作音ほとんどなしで、映像に集中できる• 2 kg REGZA DBP-S600• REGZA DBP-S600のおすすめポイント3つ• リビングでタイムシフト録画、そのまま別室で見れるネットワーク機能• 0 kg Panasonic DMP-BD90• Panasonic DMP-BD90のおすすめポイント3つ• 低価格でもBDを最大限に楽しめる• 高速起動・高速トレイオープンでストレスゼロ• 8kg SONY UBP-X800• SONY UBP-X800のおすすめポイント3つ• 動画配信サービスの4Kストリーミングに対応• 35W 外形寸法 W430 x H50 x D265 重量 3. 8 kg Pioneer BDP-180-K• Pioneer BDP-180-Kのおすすめポイント3つ• Wifi接続で、スマートホンの動画を簡単にテレビで再生• フルハイビジョン映像を4倍の解像度で、DVDも高画質にコンバート• 音声付きの遅見再生(0. 8倍速)対応。 0 kg LG BP350• LG BP350のおすすめポイント3つ• コンパクトでも多機能!複数メディア再生可能でDVDの高画質化も• Wifi接続対応、BD-Liveやyoutubeの動画がテレビで見れる• 5(突起部含まず) 重量 0. 8kg まとめ ブルーレイディスクの普及に連れて製品数も増え、バリエーションも豊富になってきたBDプレーヤーの特徴や選び方、オススメの商品を紹介しました。 BDプレーヤーの購入を検討している方、ぜひ参考にしてみてください。

次の

BD

パナソニック ブルーレイ ディスク プレーヤー

品名 ブルーレイディスクプレーヤー 品番 DMP-BDT180 DMP-BD88 色 -K(ブラック) 本体希望小売価格 オープン価格 発売日 5月20日 月産台数 5,000台 15,000台 パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクプレーヤーの新モデル「DMP-BDT180」、「DMP-BD88」を5月20日より発売いたします。 ブルーレイディスクプレーヤー市場では、商品の更なる高画質化とコンパクト化が望まれています。 <主な特長>• サービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。 Netflix社公式サイト NETFLIX. JP Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。 本機をルーターかディーガと有線接続する必要があります。 BDの24pのソフトが対象です。 高速トレイオープンは電源「入」時。 4K対応テレビで高精細な映像がお楽しみいただけます。 また、利用者はいつでも、どこでも、様々なデジタル端末で視聴することができ、月額定額制なので、制限なしで好きなだけ利用することが可能です。 加えて、YouTubeにも対応しています。 BD/DVD/CDに加え、USBフラッシュメモリに保存したコンテンツもお楽しみいただけます。 BDT180は新たにUSBフラッシュメモリに保存した4K写真の再生に対応しました。 対応ファイル形式:JPEG/MP4/MPEG2/MP3/WMA/WAV/ALAC/ DSD(5. 5W クイックスタート「入」時:約5W クイックスタート「切」時:約0. 5W クイックスタート「入」時:約3. 5W 外形寸法 幅312mm 幅245mm 高さ43mm 高さ38. 5mm 奥行180mm(突起部含まず) 奥行175mm(突起部含まず) 質量 約1. 0kg 約0. 8kg• (商標について)• DTS Licencing Limitedからの実施権に基づき製造されています。 DTS、DTS-HD、シンボルマークおよびDTSとシンボルマークとの複合ロゴはDTS,Inc. の登録商標です。 DTS-HDMaster AUdio、DTS-HD Master Audio|Essential およびDTS 2. の商標です。 無断複写・転載を禁じます。 の登録商標です。 の商標です。 サービスの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。

次の