グリコ。 江崎グリコのスキンケア化粧品「gg(ジージー)」

グリコ (菓子)

グリコ

略称 グリコ 本社所在地 〒555-8502 歌島四丁目6番5号 設立 (4年)(創業:(11年)) 事業内容 、、、・の製造および販売 代表者 () (代表取締役兼経営企画本部長) 資本金 77億73百万円 売上高 連結:288,187百万円 単体:205,383百万円 (2019年12月末時点) 営業利益 連結:15,605百万円 単体:11,499百万円 (2019年12月末時点) 従業員数 連結:5,364人 単体:1,525人 (2019年12月末時点) 決算期 3月31日 主要子会社 関係する人物 (創業者) 外部リンク 江崎グリコ株式会社(えざきグリコ、: Ezaki Glico Company, Limited)は、歌島四丁目にを置くである。 英語によるメッセージ表記は当初「GOOD TASTE AND GOOD HEALTH」とされたが、(平成4年)付で現行のが導入されたのに合わせ、「A WHOLESOME LIFE IN THE BEST OF TASTE」に改められている。 に完全子会社だった株式会社と経営統合し、・・・などを製造・販売する総合食品メーカーとなった。 江崎グリコ東京 、、、などの菓子類と子会社の旧・から継承した乳製品が主な商品だが、も多数発売している。 また、後発ではあるが、ルーやの素、各種といった食品事業も行っている。 菓子類の競合メーカーとしては、・・・・などが挙げられ、食品類での競合メーカーには、・明治・などがあげられる。 は旧(現・)であり、三和銀行系列の親睦会であるに加盟している。 グループ会社に、がある。 そのうち、グリコ栄養食品から食肉・チルド食品部門はグリコハムに分社化されたが、グリコハムは江崎グリコが保有する株式をに売却してグループを離脱、社名をと変更した。 アイスクリームの自動販売機による直販事業「」や、オフィス向け菓子直販事業の「」、またグリコ製品を取り扱う専門ショップ「」も運営している。 また、過去には、という店舗を全国に展開していた。 の以降は、全ての商品の包装が一度開封すると元に戻せないように設計されている。 ロングセラー商品の中には、ポッキー、プリッツ、ペロティ、パナップ、パピコ、カプリコなど、パピプペポの音を含んだ物が多い。 広告活動 [ ] 大阪・道頓堀 [ ] 道頓堀の6代目グリコ看板 大阪市のに架かる脇には西日本最大級の(初代は(昭和10年)点灯開始、現在は(平成26年)10月点灯開始の6代目 )があることでも有名。 男性が両手と片足を上げたポーズをしている絵柄は、同社が最初に発売したキャラメル菓子の「」のパッケージからとったもので企業のシンボルにもなっており、「ゴールインマーク」と呼ばれる(一般には「グリコポーズ」と呼ばれる。 を参照)。 このマークは「グリコ」以外の同社及び子会社のグリコ乳業とグリコ栄養食品の全商品のパッケージにもglicoロゴとは別の箇所に小さく表示されている。 訪日外国人にとっては観光地、訪問先の大阪を象徴するもののひとつであり、折からのSNS上の写真の公開という流れの中で、海外でもビジネスを行う同社にとって、単なる屋外広告をはるかに超える広告物として、多大な効果を挙げている。 江崎グリコ創設者のが出身ということもあってか、「サガ・ライトファンタジー」(毎年11月から1月中旬まで開催)の期間中、南口に道頓堀と同様のネオン看板が設置される。 但し、道頓堀の物よりもはるかに小さく、バルーンの世界大会「」の開催地に因んで背景にはバルーンが描かれているという相違点がある。 また東京でも、駅前の本社ビル(も併設)屋上にも自社のコーポレートメッセージが入ったネオンサインが設置されているほか、の北東にある三千里薬局にも街頭ビジョン「グリコビジョン」(赤い壁面が目印)があり、オリジナルCMを流している。 やと同じくのスポンサーでもある(内に広告を設置しており、また宝塚歌劇の公演プログラムにも広告が掲載されている。 以前は内にも広告が設置されていた)。 他にはのミュージカルにも協賛。 また(平成5年)より開幕したののスポンサーも開幕当時からつとめている。 また、(平成22年)12月から(平成23年)2月までの3か月にわたり、日本全国47都道府県をワゴンで縦断するキャラバン『』が展開された。 テレビCMの最後に流れるグリコのサウンドロゴは、グリコ乳業のCMと共通であり、これは1992年の現行ロゴタイプ導入時より使用されている。 当初のロゴ映像は全画面の白バックでglicoロゴの筆記アニメーションのみが表示されていたが、1998年頃に同ロゴ上部に「おいしさと健康」のスローガンが追加され、2002年頃に全画面の白バックをやめてCM映像の右下隅への表示に変更された。 また、サウンドロゴは15秒用と30秒用で異なり、30秒用はやや間延びしたものになっている。 創業者• (8年)、創業者であるがの煮汁からを採取し、それをの中に入れた栄養菓子「グリコ」を製作。 (大正11年)2月11日に大阪の百貨店で「グリコ」の発売を開始したのが始まりである。 その後「グリコ」は「ひとつぶ300」のキャッチコピーをつけられ、利一の「子供の二大楽しみ、食べることと遊ぶことを同時に満たす」の考えにより、おまけを同梱したことにより、大ヒット商品となった。 (大正10年) - 江崎利一がにて 江崎商店を設立。 (大正11年)2月11日 - 発売。 この日を「 江崎グリコ」と制定。 (2年) - おまけ付きグリコ発売。 日本最初の。 (昭和4年) - 株式会社江崎に組織変更。 (昭和8年) - 酵母菓子「」発売。 日本で最初の豆文広告が登場。 (昭和9年)• 日付不明 - を設立。 2月 - グリコ株式会社に社名変更。 (昭和10年) - 大阪・に巨大ネオン広告(初代、高さ33mのネオン塔)登場。 (昭和18年)• 日付不明 - 鉄材供出のため、大阪・戎橋の巨大ネオン広告を撤去。 2月 - 江崎グリコ株式会社に社名変更。 (昭和24年)• 12月 - グリコ株式会社に社名を再変更。 (昭和30年)• 日付不明 - 発売。 日付不明 - 大阪・戎橋に巨大ネオン広告(2代、砲弾型のデザインで下部に特設ステージがある)を設置。 4月 - 『』(で製作された映画。 この年放送開始したテレビ(KRテレビ、現:で放送)で初の番組提供。 (昭和31年) - グループ企業、設立。 (昭和33年) - アーモンドチョコレート発売。 1月 - 江崎グリコ株式会社に社名を戻す。 (昭和35年) - 発売。 (昭和37年) - 本社研究所を開設。 (昭和38年)• 日付不明 - 大阪・戎橋に巨大ネオン広告(3代、中心のノズルから12トンの水が噴き出す噴水ネオン塔)を設置。 10月20日 - 夜8時、系でグリコアニメ『』放映開始。 これに合わせ、鉄人28号関連商品も多数発売される。 日付不明 - 、発売。 (昭和41年) - 発売。 (昭和45年) - に「タイグリコ」を設立。 (昭和47年)• 3月 - 創立50周年記念事業の一環として「」を設立。 10月 - 系テレビ番組「」の2代目提供スポンサーとなる。 日付不明 - 大阪・戎橋に巨大ネオン広告(4代、陸上競技場のトラック部分が点滅するネオン塔)を設置。 (昭和53年) - 発売。 (昭和55年) - 創業者・江崎利一逝去。 (昭和57年) - 現地法人「」設立。 「」発売。 (昭和59年)• 3月 - 発生。 社長が誘拐されただけでなく、同事件により多大な損失を出す。 半年にわたり商品が店頭から消え、テレビCM(番組提供含む)も自粛。 10月 - グリコ製品の包装システムが現在のものに変更される。 (昭和60年) - のによる展開を開始。 高級アイス「」発売。 (昭和61年) - 生物化学研究所を設立。 アイス「」、レトルトカレー「」発売。 (昭和62年) - 発売。 (昭和63年) - に工場型テーマパーク「」をオープン。 (元年) - (現・DONBURI亭)シリーズ発売(東京、横浜、京都の3種)• (平成2年)4月 - 大阪・に「ゴールデンパビリオン」出展。 これをきっかけに、テレビCM、並びにの表示(これまでは「江崎グリコ」も、このCIロゴに置き換えて使用するようになった。 (平成5年) - ・のオフィシャルスポンサーとなる。 (平成7年)• 1月17日 - 発生。 これにより大阪本社や大阪工場、グリコピア神戸が被災(一部で操業停止)。 日付不明 - 発売。 (平成8年)• 1月21日 - 大阪・戎橋の巨大ネオン広告(4代)を隣接するビルの改装工事に伴い撤去。 日付不明 - 公式ホームページ開設。 (平成10年)7月6日 - 大阪・戎橋に巨大ネオン広告(5代、描かれた空の色が時間とともに変化する)を設置。 これは1999年が11年で、「11年11月11日」と、が並んだ状態を棒状である「ポッキー」と「プリッツ」に見立て制定したもので、の認定も受けた。 (平成12年) - 本社、全製造拠点で取得。 (平成13年) - 乳幼児用粉乳・飲料製造販売の株式会社がグリコグループ子会社に。 (平成14年)6月 - 開催を記念し、戎橋のグリコ巨大ネオン看板がユニフォーム仕様となる(大会終了後は通常仕様に復帰)。 (平成15年)• 4月11日 - 大阪・戎橋のグリコ巨大ネオン看板が指定景観形成物に制定される。 8月20日から11月4日まで、戎橋のグリコ巨大ネオン看板がユニフォーム仕様となる(期間終了後は通常仕様に復帰)。 (平成16年) - カレー発売(CMにはを起用)。 (平成18年) - オトナグリコ発売。 (平成22年)12月 - キャンペーン開始(~2011年2月)• (平成23年)• 1月11日 - 「関東グリコ株式会社」()設立。 12月 - 子会社の武生グリコの工場(福井県武生市)を閉鎖。 (平成24年)• 3月 - 武生グリコを解散。 以降、2012年5月までに東京グリコ(東京都)、北海道グリコ()の2社の工場を閉鎖、会社解散、関東グリコに事業集約する。 4月 - 埼玉県北本市に関東グリコの菓子工場北本ファクトリーが完成し操業開始。 関東では最大規模となる。 (平成26年)• 8月17日 - 大阪・戎橋の巨大ネオン広告(5代目)を老朽化に伴うリニューアル工事に伴い点灯終了。 8月25日 - 大阪・戎橋の巨大ネオン広告の工事現場にがデザインされた特別仕様の工事幕を設置。 10月23日 - 大阪・戎橋の巨大ネオン広告の取り換え工事が終わり6代目が公開された。 両手を上げて走っているデザインは変わりないがからに取り換えられプログラムによって背景などが変化する• 12月8日 - 「アーモンド効果」が2014・飲料部門を受賞。 (平成27年)• 10月1日 - 完全子会社のを吸収合併。 従来の菓子・食品事業に加え、乳製品も取り扱う総合食品メーカーとなる。 (平成29年)2月 - 創業95周年。 (4年)2月 - 創業100周年(予定)。 商品一覧 [ ]• チョコワッフル 終売した製品• パッセル• ナッツ・イン• ナッチェル• ショートブレッド SUNAO• スナック [ ]• (味が一番ポピュラーでありその他自社のカレーの味やチョコ味の「チョコメッコ」等も存在した。 2011年に一旦ブランドを休止するが2012年7月よりブランド再開。 これ伴いこれまでの自社製造からグループの傘下であるの製造委託に変更された)• 濃厚おつまみスナック• 終売した製品• パピー(男の子用・女の子用と2種類ある、おまけ付きのハート型コーンスナック)• パフコーン• フライドチキン(を模したスナック)• 細焼きカリリ• ベジーノ(近畿など一部地域限定で発売) ガム [ ]• (ポスカ)• (向け)• 終売した製品• ギャグメイト(組み立て式のおまけ付きの、青リンゴ味のガム)• (スクイーズ)• 健康志向食品 [ ]• おからだから• こだわり工房• 毎日ビテツ• SUNAO• 終売した製品• サンドデリ 乳製品 [ ] アイス [ ] コーン・モナカ• パリッテ• コンフェ• 半熟もなか• 手づくり風ソフトコーン(バニラ) カップ• フロート• スカイスクエア• トロネーゼ• スカイ(Sky) バー• キャデリーヌ• 生チョコ工房 フリースタイル• アイスバー• ジェットタイプグリココーン(ジャイアントコーンの原型)• エクセレント(高級アイスクリーム)• クルール• アーモンドクラッシュボール• あずき自慢• タンクボーイ• シャンテ• ポップキャン• ビスキーファイブ• スムージー• ポイカジ• スイーツ・イン• 和ごころ• まゆたま• 巻きスフレ• ショコラトリュフ• ザックス• ザ・キャンデー• Def• スーパーエクセレントコーン• パッフェルコーン(巻いて巻いて牧瀬里穂のCF)• アイスドロップ• ヤングフィット• チョコボンバー• 和風特選・洋風特選(標準小売価格700円の高級マルチパック)• バニラin バニラ• トークジョイ• 坂道のチーズケーキ屋さん• キッスコレクション(深津絵里CF、CFソングは尾崎亜美)• チョコサクリコ• ぴゅありー• ジャイアントコーンスペシャル(150円のアップグレード版)• 品質本位 アイスキャンデー• ヨーレル• ダニーボーイ• 街のショコラ倶楽部、南の果樹園、北の牧場• 果実たっぷりデザートアイス• ぷるるんゼリー• パモナ• プチまん堂• BONBA ボンバ• リンクル(マルチパック) 牛乳・乳飲料 [ ] 高原特選牛乳シリーズ• 蔵王高原特選牛乳• 那須高原特選牛乳• 信州高原特選牛乳• 石見高原特選牛乳• 阿蘇高原特選牛乳 カフェオーレシリーズ• カフェオーレ・カフェオーレクリーム多め・カフェオーレ濃いめ• マイルドカフェオーレ その他• グリコ牛乳• カルシウムの多いミルク• カルシウムと鉄分の多いミルク• カルシウムと鉄分の多い低脂肪ミルク• 濃くておいしいミルク• カルシウムと食物繊維の多いミルクココア味• おいしいコーヒーミルク• ドリップカフェ• 抹茶オーレ• いちごオーレ• マイルドいちごオーレ• マイルドフルーツオーレ• プッチンプリンオーレ ヨーグルト [ ] 朝食ヨーグルトシリーズ• 朝食BifiXのむヨーグルト• 朝食BifiXのむビフィズス菌 脂肪ゼロ• 朝食りんごヨーグルト• 朝食みかんヨーグルト• 朝食りんごヨーグルト+洋なし• 朝食りんごsmoothie• 朝食みかんsmoothie• 朝食ももミックスsmoothie その他• 高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000• ヨーグルト健康• おいしいカスピ海• ドクターPiroヨーグルト 終売した製品• いちごキディ• 10種の野菜とアロエのヨーグルト プリン・ゼリー [ ] プッチンプリンシリーズ• プッチンプリン• Bigプッチンプリン• ひとくちプッチンプリン• 手づくりプッチンプリン• 真っ黒Bigプッチンプリン• ひとくちプッチンプリン プチパンプキン とろ〜りクリームonシリーズ• とろ〜りクリームonプリン• とろ〜りクリームonカフェゼリー その他• ドロリッチ• 赤りんご青りんご• りんごと秋果実ブレンド その他• アーモンド効果• 野菜、足りてますか? カロリーOFF 15種野菜&くだもの• スポロンウォーター 終売した製品• グリコ・パモナ(ミルクセーキ、パイン、ピーチ、の3種類あり)• グリコ・アップ(炭酸入りのリンゴ・ジュース) 幼児のみもの [ ]• 幼児優良牛乳• 幼児りんご• 幼児ぶどう• 幼児おいしい果実の• 幼児ミルクといちご• 幼児1日分• 幼児スポロン 食品 [ ] ルウ [ ]• (カレー、、)• シリーズ(カレー、シチューなど)• (カレー、)• 終売した製品• (現在は「」及び公式ネットショップで復刻版を発売中 )• ラ・ピュアレ• カレーデラックスソフト ペースト状のカレールー レトルトカレー [ ]• ちょい食べシリーズ 終売した製品• カレー熟成屋• カレー芳醇屋• カレー印度屋• 17種野菜をとろ~り煮込んだビーフカレー スープ [ ]• Soup Time• おこげにプラス• はるさめ入りおこげのスープ• ワンタン入りおこげのスープ• ほっとなパイスープ 終売した製品• SOUP BAR 丼・惣菜 [ ]• 逸品どんぶり• その他• お茶わん小町• 鍋物屋さんシリーズ• ごはんによくあうごちたま 終売した製品• 弁当紀行(で温めるだけで風の味わいが楽しめる米飯シリーズとして登場。 しかしあまりヒットしなかった) カップフード [ ]• はるさめパスタ 幼児食 [ ]• 1歳からの幼児食シリーズ• 幼児食ぱくもぐBigシリーズ• 幼児はじめてケア(タブレッット) 乳児用調整粉乳 [ ]• アイクレオバランスミルク• アイクレオフォローアップミルク• アイクレオ低出生体重児用ミルク 乳児用液体ミルク [ ]• アイクレオ赤ちゃんミルク - 国産初の製品 終売した食品 [ ]• (生ラーメン)• (ふりかけ) 健康食品 [ ]• ころあい(せんべい)• たんぱく調整• 黒酢20(飲料)• パワープロダクション(スポーツ食品)• エニマクリン(検査食)• ポリエクトミール• おつうさん• fweeks キャラクター商品 [ ]• 変身ヒーロースナック(1970年代の制作の作品の付きスナック。 ) など 地域限定商品 [ ]• ジャイアントプリッツ• ジャイアントポッキー• ちっちゃなプリッツ• グリコJA牛乳さが生まれ(九州地区)• 九州の大地(九州地区) ほか CMイメージキャラクター [ ] 「」も参照 現在 [ ] ((平成32年・令和2年)現在) 女性 [ ]• - パナップ• - じゃんけんグリコ 2020• - ジャイアントコーン、Bifixヨーグルト、じゃんけんグリコ 2020(過去:素材派プリッツ)• - プリッツ• - じゃんけんグリコ 2020• - じゃんけんグリコ 2020• - リベラ、じゃんけんグリコ 2020(過去:牧場しぼり)• - カフェオーレ• - SUNAO• - ビスコ、じゃんけんグリコ 2020(過去:ドロリッチ)• - アーモンド効果(過去:ブレオ、SUNAO)• - ポッキー• - ポッキー• - パピコ• - アイスの実(過去:パナップ、チーザ) 男性 [ ]• - じゃんけんグリコ 2020• - じゃんけんグリコ 2020• - ポッキー• - じゃんけんグリコ 2020• - 企業CM、じゃんけんグリコ 2020(過去:オトナグリコ・アーモンドプレミオ、ポッキー)• - 牧場しぼり• - 神戸ショコラ• - じゃんけんグリコ 2020• - じゃんけんグリコ 2020• () - GABA• - プッチンプリン(web) グループ [ ]• - カフェオーレ• - ジャイアントコーン、パピコ、ほわわ、ビスコ• - パピコ• - 焼チョコ? 、コロン• - ポッキー、ポッキー極細• - ウォーターリングキスミントガム• - 2段熟カレー• - ザ・アーモンド• - アイスバー• - アイスの実• - 牧場しぼり、ポッキーシリーズ、パナップ、DONBURI亭• -(ポッキー四姉妹) ポッキーシリーズ• - ポッキー• - ブレオ• - スカイミント• - ブレオ• - ブレオ• - ウォーターリングキスミントガム• - オトナグリコ・アーモンドピーク• - ZEPPIN• ()- ZEPPIN• - アーモンドチョコレート、ポッキー• - ザックス• - キティランド• - ポッキー、絹練り• - 高原牛乳チョコレート• - アーモンドピーク• - Pが導くコラーゲン• - トマトプリッツ• - ハンディシェイク• - カフェゼリー• - ポッキー (と共演)• - パナップ• - ウォーターリングキスミントガム• - ブレオ• - つぶつぶいちごポッキー• - ムースポッキー• - プリッツ• - アイスの実、ジャイアントカプリコ、パナップ、熟カレー(と母娘で共演)• - ポッキー• - ブレオ、パリッテ• - プレミアム熟カレー、チーザ• - カフェオーレ• - 和ごころ、オトナグリコ・アーモンドピーク• - アイスの実、プッチンプリン、ブレオ• - ポッキー• - アロマーモ• - 和ごころ• - マリンバ• - チョコボンバー、キティランド、キャンレディー、こつぶキャンレディー、ジャイアントコーン• - プリッツ、あずき自慢• - アーモンドチョコレート、プリッツ、コメッコ、プチパイ、フロート、カリッポ、パティーナ、ワンタッチカレー• - ブレオ• - コメッコ、知床しぶき(と共演)、しぐれ• - パリッテ• - ウォーターリングキスミントガム(メンバーで、CM曲も担当)• - プリッツ• - プリッツ• - ポッキー、POS-CA• -(ポッキー四姉妹)ポッキーシリーズ• ()- カプリコ(ロバートと共演)• - カフェゼリー• - ブレオ• - カフェオーレ• ()- ZEPPIN• - ウォーターリングキスミントガム• - Bigプッチンプリン• - ポッキー、プリッツ• - アイスの実• - アフロス• - ビスコ• ()- アイスの実• - 熟カレー• - ポッキー、ジャイアントコーン、牧場しぼり• - カフェオーレ• - カロリーコントロールアイス• -(ポッキー四姉妹) ポッキーシリーズ• - バンホーテンチョコレート、ポッキーシリーズ、リバース、パナップ、ジャイアントコーン• - プリッツ• - ポスカム、ショコラトルテ• - ブレオ• - ZEPPIN(渡辺裕之と夫婦で共演)• - カロリーコントロールアイス• - ブレオ• - ジャイアントコーン• - パピコ• - ブレオ• - ポッキー• - ブレオ• - プリッツ、コロン、コメッコ• - キャンレディー、花のバレンタイン、セシルチョコレート、コメッコ、つぶつぶコメッコ(と共演)• - パナップ、セブンティーンアイス、(ポッキー四姉妹)ポッキーシリーズ• - ポッキー• - ディオーネ• - プリッツ、ポッキー、パピコ• - オトナグリコ・アーモンドプレミオ• - トマトプリッツ• - まゆたま• - セシルチョコレート、ポッキー、セブンティーンアイス、愛すグルメ、アーモンドチョコレート、ハイブレンド、キャデリーヌ( と共演)他• - カリフォルニアファームヨーグルト• - Def、朝食りんごヨーグルト• - オトナグリコシリーズ(過去:役)• - 2段熟カレー• - ブレオ• - ブレオ• - キスミントガム• - ポッキーシリーズ• - サワー• - 熟カレー• - ブレオ• - セシルチョコレート• - アイスの実• - Hiスカッシュ(と共演)• - パピコ• - モナカアイス「ザックス」、朝食りんごヨーグルト• - ポッキー、果実まるごと、小絹• - ビスコ• - トマトプリッツ、ピーナツ・チョコナック 男性 [ ]• - オトナグリコ 、スクィーズガム• - ポッキー• - Hiスカッシュ(と共演)• - カフェゼリー• - プリッツ• - アーモンドチョコレート(と共演)• - クラッツ• - ビッテ• - オトナグリコ• - POS-CA、DONBURI亭• - アーモンドチョコレート• - ZEPPIN• - クラッツ、カプリコ• -()ポスカム、パピコ• - メンズポッキー• - 細焼きえびせん・細焼きじゃこせん• - サワーコロン(と共演)• - オトナグリコ 、ウォーキーウォーキー、チーザ、プリッツ• - オトナグリコ・アーモンドプレミオ(役。 と共演)• - ホーバル• - 素材派プリッツ• ( - ZEPPIN• - カリフォルニアバー• - アーモンドチョコレート• - プリッツシリーズ• - つぶつぶコメッコ、パフコーン、フライドチキン(と共演)• - ポスカ ナレーションのみ• - ポッキー• - アーモンドチョコレート• - ワンタッチカレー(一家で出演)• - クラッツ• - ジャイアントポッキー• - 熟カレー、パナップ• - ウォータリングキスミントガム• - アーモンドチョコレート、LEE• - 牧場しぼり、プリッツ• - ZEPPIN• - 牧場しぼり• - アフロス• - ザックス• - カフェオーレ• - ポッキーG• - ワンタッチカレー• - ワンタッチカレー、知床しぶき(と共演)• - ポッキー• - プリッツ• - 企業CM(1984年、60秒)• - パピコ• - ブレオ• - パピコ• - アーモンドプレミオ• - ワンタッチカレー、知床しぶき• - アーモンド効果(web)• - クラッツ• - セシルチョコレート、アーモンドチョコレート• - パワープロダクション()• - プリッツ• - ポッキー、ツインアーモンドチョコレート• - バンホーテンチョコレート• - 2段熟カレー• - アーモンドチョコレート(と共演)• - ZEPPIN(原日出子と夫婦で共演) グループ [ ]• - アイスの実• - ジャイアントカプリコ• - プリッツ• - ポッキー• - (平成21年)ポッキー&プリッツの日• (・・)- パッセル、ライセンスカードフーセンガム• - ポスカム• -アイスの実、パピコ• - ビッテ• - ポッキーデコレ• - ウォータリングキスミントガム• - ポッキー• - マリンバ• - スカイミント• - DONBURI亭、中華おこげのスープ• - アーモンドチョコレート• - アーモンドチョコレート・フライ• - プリッツ• - 牧場しぼり• - アーモンドクラッシュボール、パピコ• - ポッキー• - ラブリーチョコ、アーモンドダン• - プリッツ、トマトプリッツ• (・芳賀絵美子) - ピザプリッツ、トマトプリッツ• - ポッキーシリーズ• - ベジーノ(一部地域限定)• - スポロフーセンガム、カプリソーネ(と共演)• - ジャイアントコーン• - カフェオーレ グリコグループ [ ] 江崎グリコの傘下には以下の企業が存在し、全体で「グリコグループ」と称される。 :旧・グリコ栄養食品より食品原料部門を分社化• 東北フローズン株式会社• 関西フローズン株式会社 過去• (旧:グリコ栄養食品、現:):ハム・ソーセージの製造販売。 2014年1月にの子会社となり、同年8月にフードリエに商号変更した。 (旧:グリコ協同乳業):牛乳、飲料等の製造販売。 2015年10月1日に江崎グリコが吸収合併した。 :育児用調整粉乳、妊産婦向きなどの製造販売。 2019年1月1日に江崎グリコが吸収合併した。 生産関係会社 [ ]• 仙台グリコ株式会社• 茨城グリコ株式会社• 関東グリコ株式会社• 三重グリコ株式会社• 関西グリコ株式会社• 鳥取グリコ株式会社• 九州グリコ株式会社• グリコ千葉アイスクリーム株式会社• グリコ兵庫アイスクリーム株式会社• 東北グリコ乳業株式会社• 那須グリコ乳業株式会社• 東京グリコ乳業株式会社• 岐阜グリコ乳業株式会社• 広島グリコ乳業株式会社• 佐賀グリコ乳業株式会社• グリコアイクレオ株式会社 その他の子会社 [ ]• 江栄情報システム株式会社 日本国外への事業展開 [ ]• タイグリコ( )- 1970年設立、日本国外初のグリコ現地法人• ジェネラルビスケット グリコ フランス( )- ポッキーの欧州版「MIKADO」を製造販売• 上海江崎格力高食品有限公司( )• 米国江崎グリコ( )• グリコカナダ( )• グリコヘテ( )• グリコインドネシア( ) スポンサー番組 [ ] この節のが望まれています。 太字は番組。 現在 [ ] ((平成31年・令和元年)現在) テレビ [ ] (関東地区を基準) 日本テレビ・読売テレビ系列 [ ]• TBS・MBS系 [ ]• フジテレビ・関西テレビ系列 [ ]• (2017年4月 - )• (1995年・2005年 - ) テレビ朝日・ABC系列 [ ]• テレビ東京・テレビ大阪系列 [ ]• ラジオ [ ] JFN系列 [ ]• 番組コーナー「 Pocky 放課後のMUSIC ROOM」のみ JRN系列 [ ]• 番組コーナー「 ごちそうサンデー」のみ 過去の提供番組 [ ] (関東地区を基準。 グリコ劇場(フジテレビ系列)• シリーズ(読売テレビ制作・日本テレビ系列)• (読売テレビ制作・日本テレビ系列)• 水曜夜7時枠(フジテレビ系列)• 、、など。 (TBS系列)• (日本テレビ系列)• (MBS制作・TBS系列)• (テレビ朝日系列)• (テレビ朝日系列)• (テレビ東京系列)• (テレビ東京、2004年、深夜)• (テレビ東京、出演キャラクターが食育大使に選ばれた関係でビスコの特別CMがオンエアされた)• (読売テレビ系、グリコグループとしての提供で、番組キャラクターが出演する当番組限定の特別CMを放送していた)• (テレビ東京系列)• (テレビ東京系列)• テレビ東京系• (テレビ東京系列)• (TBS系列)• (フジテレビ系) ドラマ [ ] (日本テレビ系列)• 青春学園シリーズ(、など)• (読売テレビ制作) - 番組開始~• - 90年10月から番組終了まで提供。 (22時台複数社の1社)• ほか (系列)• (、ほか)• ( - ) (フジテレビ系列)• (ドラマ劇中にグリコ直営のファーストフード店「グリコア」が登場していた。 (平成5年)10月 - (平成7年)3月まで。 (番組内にて、破裂音(パ行の音)を商品名によく使う事が紹介された)• (番組開始~しばらくの間、クレジットを自粛して提供していた。 その後「ドラえもん」(テレビ朝日・大山のぶ代ドラえもんの声時代後期まで)へ提供枠を移動) 映画・特撮番組 [ ]• (KRテレビ)- で製作された映画。 グリコ初の提供番組。 (TBS系)• (フジテレビ系) バラエティ・音楽番組 [ ] (日本テレビ・よみうりテレビ系列)• (よみうりテレビ)• 以上)• (MBS、途中まで単独提供)• 水曜夜8時枠• (2009年3月で降板。 (2006年に()で深夜に放送されたドラマ。 第3話に協賛した)• 土曜時代 ほか (フジテレビ・関西テレビ系列)• 1990年代まで隔日番組後半スポンサー• がっちり買いまショウ(MBS。 時代の1972年にから交替、TBS系移行後も継続)• (時代、テレビ朝日のみ)• (テレビ朝日のみ)• (朝日放送) など。 (最初期のみ)• (2017年4月3日 - 4月28日) その他 [ ]• (MBS・TBS系)- グリコの生CMがあった。 ABC・テレビ朝日系)(特別協賛社であった時期も提供していた。 (テレビ朝日系)• (フジテレビ系) ラジオ [ ]• グリコ歌の玉手箱(ラジオ東京(現:)ほか)(1950年代。 最初の提供番組)• ()(1970年代)• のグリコ (ニッポン放送)• (・JFN系列) 主な協賛 [ ]• ユニフォームスポンサーの一つ)• (における全公演に協賛)• 「」(大阪公演に協賛)• (最大級の音楽コンテスト)• (関西地区で展開される音楽プロジェクト)• (若手ドライバーの登竜門レース)• (以後まで、とバックネット裏の広告看板を提供) など 過去• ((平成2年)に大阪で開催された(通称:)。 「ゴールデンパビリオン」を出展していたほか、期間中グリコ製品のパッケージに花の万博の広告を掲載していた) グリコピア [ ] 工場見学をしながら、お菓子の世界を「見る・知る・学ぶ」ことを目的に建てられた施設。 ともに工場(ファクトリー)に隣接している。 ともに見学所要時間は約70分で、神戸は電話のみ、イーストは電話もしくはインターネットによる予約が可能。 休館日はともに金曜日、年末年始、お盆休みである。 グリコピア神戸 正式名称は 「お菓子の工園 グリコピア神戸」。 、に完成した神戸ファクトリー内にオープン。 1階がオリエンテーションホール、3階に「3Dシアター」や「チョコレートハウス」、「商品ギャラリー」を設け、2階と4階がポッキーとプリッツの工場見学コースとなっている。 案内時間は1日6回。 グリコピア・イースト 正式名称は 「わくわくファクトリー グリコピア・イースト」。 4月にで操業を開始した北本ファクトリー内に同年10月オープン。 1階には「カレッジホール」「グリコタウン」「フォトスタジオゾーン」が設置される。 3階にはポッキーの製造工程の一部を見学できる「ポッキーストリート」と「スタジアムホール」、オリジナルポッキー(夏期はプリッツ)が製作できる「ミニファクトリー」があり、6階にはプリッツとポッキーの製造工程を見学できる「プリッツストリート」が設置される。 案内時間は1日4回。 グリコワゴン [ ] (22年)から(平成23年)2月までの2カ月にわたり、日本全国を縦断し「おいしさと笑顔」を届けるキャンペーン「日本縦断 グリコワゴン」が展開された。 からスタートし、まで全国47を赤色の で縦断して行われた。 はお笑い芸人のが務め、タレント10人が全国各地へ応援に駆け付けた。 また、各地での撮影も行われた。 (平成23年)、最終目的地のにゴールし、47都道府県制覇を達成した。 期間中のグリコワゴンの全走行距離は延べ9356. 6 km になる。 参加タレント [ ] 主に所属のタレントが参加した。 ナビゲーター(運転手)• 、、、、 男性• ()、、、、 テーマソング• [ ] (平成23年)3月11日に発生したからの復興をテーマとして、展開しているキャンペーン。 前述の大阪・道頓堀のネオンサイン・の同社広告などに、本スローガンが併記されている。 ほか、多くのアーティストと他商品CMに出演している女優を起用し、一つの歌を歌うと言う内容の企業イメージCMが放映されている。 最後に前述のグリコワゴンが映る。 第一弾 2011年 7月〜放送。 出演: 、プリッツCM 、、 、、、、、、、、• 歌唱曲:「」 第二弾 2012年 2月〜放送。 タイトルは「みんなに笑顔を届けたい。 冬篇」• 出演: パナップCM 、、 、 、、 、、、、、鈴木正人 、• 歌唱曲:「」 1 2 作詞、曲はイギリス民謡 脚注 [ ] 注釈• 渋谷駅前グリコビジョンで流れるオリジナルCMは、雑誌「」とのコラボレーションによる。 が優勝した(平成15年)には公式戦での(現在は現役引退、)のダイビングキャッチと、グリコポッキーの広告(当時、左中間の外野フェンスにあったもの)が一緒に映ったCMを放送した。 映像はが撮影したものを使用した。 シネマトゥデイ. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 産経ニュースWEST 2014年12月15日閲覧• 独自の円柱型の容器を「Pキャン容器」と呼ぶ。 (平成15年)まで「幼児牛乳」• (平成4年)まで円錐形容器、(平成12年)まではゲーブルトップ65ml• 「ワンタッチカレー」((昭和35年)発売当時)の復刻版には甘口と辛口の2種類がある。 2011年2月より「空が鳴っている」を使用しているが、不祥事により、椎名ソロによるバージョンに変更されている。 2008年の「二十五年後の」編ではを演じたほか、過去にシリーズ商品の1つ、ディアカカオのCMに出演していた。 「二十五年後の磯野家」役。 「二十五年後の磯野家」役。 「二十五年後の磯野家」役。 後の1984年10月〜11月に、がCMに出演し、幼少時代からファンだったグリコへの熱い思いを語った。 この特別編の企業CMは当時提供していた『』番組内で放送された。 (また一部新聞に特別の広告も掲載された)• 2014年4月~、「嵐にしやがれ」から移動。 同番組は2003年10月~2007年3月に提供しており事実上の復帰である。 「鉄人28号」は第1シリーズ放映終了後の(昭和40年)9月から続編「新・鉄人28号」として再スタート。 (昭和41年)5月まで13回放映された。 ただしラスト半年は「ロボタン」と平行放送していた。 また「エイケンTVアニメ主題歌大全集」(ビデオソフト、LD、DVD)に収録されているOPには、「グリココール」が無い。 ドラえもんは、中断中の1976年頃から「アーモンドグリコ」のCMに登場していた。 なお声は、中断中は1973年版の後期に担当していただったが、再開後はが担当した。 グリコ本社のほか、グループのも提供していた。 なお、本社はがスポンサーとなる手前で降板している。 (ただし乳業は「日本昔ばなし」ゴールデン撤退後も引き続きTBS土曜夜7時枠前半で提供を担当)• 初期ごろのみ• 9月放送分のみ• 5月及び6月放送分• 主演のとは無関係。 同業のも共同提供。 江崎グリコは「スター誕生! 」の番組スポンサーであり、同番組での合格者のや等がCMに出演した。 グリコ降板後は同業者のを経て後にがスポンサーとなった。 現在はグリコ乳業がスポンサーで、提供クレジットには変更なし。 1984年のグリコ・森永事件発生後は、にスポンサーが変更された。 ベース車は200系で、窓下を覆うパネルやのなどで、外観が調に変えられている。 かつては同業者ののCMに出演していた。 出典 この節のが呈されています。 問題箇所にを示して、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2014年9月)• - 同社のライススナック「コメッコ」の現在の製造委託元にしてグループの傘下。 - (平成13年) - (平成19年)ににあったフードテーマパーク。 同ミュージアムとのコラボによるレトルトカレーも発売された。 - の学生の企画をもとに江崎グリコが商品化した、映画とのコラボ商品である。 - 主催のセミナー。 - 「三崎グリ子」というグリコのキャラクターをモチーフとしたレスラーが活動中。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 GlicoPRJP -• - チャンネル• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

#綾瀬はるか腸になろうキャンペーン

グリコ

歴史 [ ]• (大正11年) 大阪ので販売開始。 おまけとしてカードが封入される。 (昭和2年) おまけとして大阪造幣局で作られた銅製のメダルが封入される。 専用の自動販売機が作られる。 キャラメルの形状が角型になる。 キャラメルの形状がハート型に戻る。 「みんなのおもちゃ」が追加される。 (平成4年) パッケージが現在のものになる。 タイムスリップグリコ第1弾発売。 種類、関連商品 [ ]• グリコ• タイムスリップグリコ• グリコパン• グリコキャラメルプリン• 江崎グリコの専門店である「ぐりこ・や」では、昔のパッケージを再現した復刻版を購入できる。 商品 [ ] パッケージ [ ] キャラメルの入った箱の上に、玩具の入った箱を乗せ、全体をビニール包装した状態で販売されている。 開封するまで、どんな玩具が入っているかわからない。 グリコポーズ [ ] 男性が両手と片足をあげているのが特徴的なイラストは、正式には「ゴールインマーク」という。 一般には「グリコポーズ」と呼ばれ、グリコの顔として知られている。 ・のには、このパッケージをもとにした巨大()がある。 初代( - ) 江崎グリコの創業者、が「健康」をイメージしたマークを考案していたのだが、なかなかいい案が出なかった。 そんななか、江崎は散歩中に神社の広場で遊んでいた子供がゴールインポーズをしているのを見て「これだ! 」とひらめき、ゴールインマークを作成。 これがゴールインマークの誕生である。 ランナーのランニングシャツには「 グリコ」の文字のほか上部分に英文表記の「 GLYCO」が加えられている。 ただ、初代は体格も痩せ型であったせいか、表情もどこか険しいものであった。 そのため、このゴールインマークを見た女学生から「 顔が怖い」とのきつい一言があり、2代目に変更することになる。 2代目( - 1944年) 当時活動していたスポーツ選手数人を参考に描き替えたデザインとなる。 「グリコ」の字体も変更。 3代目( - 1953年) 2代目をベースにしたデザインだが、顔つきもにこやかなものになる。 英文表記が「GLYCO」から「 GURIKO」に変更される。 4代目( - 1966年) このときから、英文表記がなくなる。 5代目( - 1971年) ランナーの顔が現在のものに近くなり、体格もスマートなものになってくる。 6代目( - ) 江崎グリコ創立50周年を機にリニューアル。 7代目( - 現在) 創立70周年を機にリニューアルされ、シャープなデザインに。 囲みの英文が「 A WHOLESOME LIFE IN THE BEST OF TASTE」に変更される。 キャラメル [ ] グリコのには、が含まれている。 これは江崎グリコ創業者の江崎利一が、グリコーゲンを成長ざかりの子供に摂ってほしいとの思いからグリコが作られたからである。 形状は、珍しい立体的な型である。 キャラメルはなどと比べて軟らかいため、型抜きでハート型を作るのは難しかったが、ローラーを用いることによりこれを可能にした。 これは業界初の試みであった。 なお、からの間は大量生産によるコスト削減のため角型に変更されていた。 1粒のは15. 4kcal。 玩具 [ ] 創業者の「子供の二大娯楽、食べることと遊ぶことを同時に満たしてあげたい」という方針により、1927年キャラメルに玩具を同梱した商品の販売を開始した。 戦時中は素材が制限され、などの実用的なものになるなど、時代の変化とともに玩具も変わっていった。 現在はほとんどの玩具がで作られている。 過去には、・・・・・などが使われていた。 創業者のの意志により、公式にはおまけとは呼ばず、玩具とお菓子は対等に扱われている。 現在販売されているのは以下の種類。 男の子のおもちゃ - やなどの乗り物が主なモチーフ。 女の子のおもちゃ - やなどが主なモチーフ。 みんなのおもちゃ - ができる玩具など。 木のおもちゃ - を素材とした玩具。 ミニ絵本 タイムスリップグリコ [ ] 2001年に第1弾が発売された、大人をターゲットとするグリコ。 過去に男の子のおもちゃ及び女の子のおもちゃでプラスチック製の車やままごと道具のミニチュアが入っていた為、それをリアルにする形でくらしシリーズ、のりものシリーズの路線が決められた。 シリーズによっては、キャラメルに代わってが入っている場合がある。 2005年に発売された大阪万博編でシリーズは中断している。 主なおまけは以下のとおり。 フィギュアはが制作している。 フィギュア• くらしシリーズ、のりものシリーズ - 昭和の市民生活(家電製品やなど)をモチーフとする。 乗り物シリーズのと付属するフィギュアのスケールはでのに相当する。 シリーズ• シリーズ - ウルトラマンシリーズを題材にしている。 絵コンテはやのが手がけている。 - 大阪万博のや展示物など。 青春のメロディー• 詳細は「」を参照• 思い出のマガジン - 過去に発売された雑誌をミニチュアサイズで復刻したもの。 脚注 [ ]• [労働教育センター 保坂展人 子どもが消える日 70ページ]• 江崎グリコの社史『創意工夫 江崎グリコ70年史』(1992年)のP14には「で優勝した ()選手(詳細はを参照)や、パリオリンピックに出場した選手、マラソンの選手らのにこやかなゴールイン姿を参考にして書き直した」とあり、グリコのメールマガジン「ぐー・ぐー・マガジン」にも同様の記載がある。 一方、グリコのウェブサイトにある「なぜ? コーナー」では「特定のモデルはない」と記されているが、これは「特定個人をモデルとはしていない」という意味と考えられる。 関連項目 [ ]• - グリコのガム版。 (プロレスラー。 リング上で両手を挙げるポーズがグリコポーズと言われた)• ()- かつてグリコが一社提供していた番組。 有名な口上に「お利口にグリコ」がある。 (司会のが観覧に来ていた子供らにグリコを配っていた。 - グリコのおまけの玩具をデザインしていた加藤裕三が提唱した、おもちゃの博物館• - 「300mおきに1個ずつ食べるとを完走できるか?」という依頼が送られたことがある。 担当した探偵は。 河川敷にて収録が行われ300メートルごとに1粒ずつ渡され口に入れるが、それを食べきる前に次の300メートル地点に到達してしまうため口内にグリコが溜まる一方となり、最終的に約7キロ程度のところでギブアップとなった。 外部リンク [ ]• - グリコの製造工程や過去のおまけ、自動販売機などの展示がある。

次の

江崎グリコ

グリコ

コンテンツは、単に健康情報を一方的に発信するのではなく、サイトを利用するお客様と共に創り上げる点が特長です。 サイト内では、健康に重要な「運動」「栄養」「休息」に関わる情報の他、それらに関わる各種イベントなども開催されます。 また、当社商品を用いたレシピなどの情報交換を行う場や、お客様と一緒に商品やサービスを考え、共創する企画なども用意しています。 サイトのデザインは、「街」がモチーフになっており、利用登録をしたお客様がその街の「住民」としてコンテンツを利用できます。 また、サイト内では、参加貢献度や参加率に応じて、「ハート」を単位としたポイントが付与され、それらのポイントを使って、ファンミーティングやキャンペーンに参加することや、プレゼントと交換することができます。 尚、本サイトは、会員制コミュニティ「グリコクラブ」の登録者を引継ぎ、「健康」に特化したコミュニティサイトへと生まれ変わりました。 「おいしさと健康」を推進する江崎グリコ 江崎グリコの歴史は、創業者・江崎利一が栄養菓子「グリコ」を創製したことから始まります。 子どもの栄養状態が十分でなかった時代、「食品を通じて国民の体位向上に貢献したい」との創業者の想いを具現化した商品が、栄養菓子「グリコ」でした。 そしてその栄養菓子には、セットで玩具も入れて売り出し、カラダだけでなく、ココロの健やかな発育も同時に実現させようとしたのです。 栄養菓子「グリコ」を原点とした「事業を通じ社会に貢献する」という使命は、今日の企業理念「おいしさと健康」へと受け継がれ、様々な商品やサービスへとその領域を拡げています。 その企業理念を具現化し、お客様のココロとカラダの更なる健康を目指す取り組みとして今回スタートしたのが『with Glico』です。 主なコンテンツ紹介 1.じゃんけんグリコすごろく じゃんけんグリコをモチーフとした、グリコの街をすごろくで楽しめる コンテンツ。 グリコの歴史、新商品・商品秘話や「栄養」「運動」「睡 眠」に特化した健康に関するトリビアが止まったマスごとで楽しめま す。 じゃんけんの勝敗によってポイントが付与され、コースは周回な ので何度も挑戦していただけます。 2.with Glicoファンミーティング 会員様同士やGlico社員が楽しく盛り上がれるコミュニケーション イベント。 オンラインで全国の会員様が参加可能です。 初心者の方 でも気楽に体を動かせる軽めの運動などで「健康」の大切さを伝え ていくプログラムです。 3.ごちたんグランプリ 「短時間でごちそう」。 略して『ゴチたん』は、栄養バランスの とれたお料理がつくりたいけれど、時間がなくてできない。 そん な悩みを解決すべく、短時間でできて、栄養バランスがとれて いて、美味しいレシピをお客様同士が共有して、食卓を笑顔に する投稿型企画です。 4.Idea Camp(アイディア・キャンプ) グリコファンや社員などの限定メンバーで活動するプロジェクト 型共創コミュニティです。 健康・CSRの分野においてお客様の課題 を起点とし、解決し得る商品やサービスの共創にお客様と取り組ん でいきます。 5.ひと足お先に。 新商品Chatルーム 発売前の新商品を抽選で「ひと足お先に」お試しいただき、感想を おしゃべりしていただくお部屋です。 with Glico会員の皆さんに商品 を育てて頂くと共に、社員も会話に加わり、商品の価値をお客様に 伝達していきます。 6.Glico社員駅伝 当社のあらゆる部署の社員自らが、お客様に仕事への情熱・やりが い・仲間との絆などを語るコンテンツ。 社員の働く姿勢や仲間と連携 する姿を見て更にグリコへの理解を深めていただけます。

次の