少年 ラケット。 卓球×記憶喪失!少年ラケットをレビュー

少年ラケット

少年 ラケット

自分の過去、そして未来と向き合う卓球漫画 どうも、いなかです。 この記事では、作者・掛丸翔のチャンピオンコミックス「少年ラケット」について、未読の方向けのレビューをまとめます。 ネタバレは無し(最低限のあらすじ程度)としています。 尚、この記事を書いている時点では8巻まで発売していますが、記事の内容としては1巻中心で、それ以降については「もう少し先にこういう見どころがあるよ」というくらいです。 簡単なあらすじ 主人公・日向伊智朗は、火事で唯一の肉親だった父親を失ったことが原因で、記憶喪失となってしまう。 親戚に引き取られて無事に中学に進学した伊智朗だったが、過去がないことが大きな不安になっていた。 そんなとき、偶然握った卓球のラケットに懐かしさを感じる。 そして、昔の伊智朗を知り、その後も探し続けていた如月ヨルゲンとの再会から、卓球が自分のルーツの一つであることを知る。 掛丸翔 少年ラケット1巻より それまでは友人の「イチロー」と言えば野球だろ、との言葉で野球をやっていた伊智朗だったが、卓球部への入部を決意する。 彼にとって、止まっていた歯車が動き出す瞬間であった。 記憶喪失のおかげで「経験者なのに素人」という状況が新しい ヨルゲンの弁によると、記憶を失う前の伊智朗はヨルゲンと同等の強さだったそうです。 そしてヨルゲンは 小学生の全国大会では優勝しています。 対戦したのは小4の時なので単純な比較はできませんが、伊智朗は小学生レベルではかなりの実力者だったと推察されます。 ところが、記憶を失った際には卓球のルールまできれいさっぱり忘れてしまったらしく、道具や用語の類まですべて説明してもらっていました。 卓球部への入部以降、技術についてはどちらかというと「習得する」というより「思い出す」という感じですね。 昔の自分がどういうやり方をしていたのか、体の反応を見ながら手さぐりでやっていきます。 以前習得していた技術については、技術を意識しさえすればかなり高いレベルで再現できるようです。 つまり、 強者と初心者の両方の側面を併せ持っている状態なんですね。 なので、 初心者ではありえない速度で強くなっていくんですが、一応の理由付けがあるせいか、あまり違和感を感じないという。 血筋とか才能よりは納得できるのではないかと思います。 少年の成長物語がやりたくとも、地道な努力のシーンがなかなか受け入れられない昨今では相当新しい切り口だと思います。 あと、「初心者の主人公がド素人的失敗をする」ような場面がほとんどないです。 そういう部分が私はあまり好きではないので、地味なプラスポイントですね。 ダブル主人公の対比が熱い 伊智朗が物語の中心なのは間違いありませんが、ヨルゲン(通称ヨル君)視点の場面も相当に多く、実質ダブル主人公体制となっています(8巻時点) 伊智朗は公立中学の生徒で、力のある先輩や指導者とも巡り会えたのは本当に幸運の賜物でした。 対して、ヨル君は超エリート街道。 中学最強の学校に入学し、指導者、設備、対戦相手にも恵まれた環境にいます。 ただ、その一方で部内の争いも非常に厳しく、大会に出られるメンバーの椅子を常に奪い合わなければなりません。 そんな二人ですが、お互いが再戦を強く熱望していて、その目標を叶えるために頑張っています。 ヨル君は部内戦を勝ち上がらないと試合にすら出られません。 伊智朗はその前の段階での力・知識が不足していますし、チームを最強中学のところまで勝たせなければなりません。 異なる環境での二人の戦いが、本当に胸熱なんですよね。 しかもお互いがお互いのことを思っているというのがもう。 アニメ化でもしたら、腐女子に一発で見つかると思います。 個人的にはヨル君が好きなので、このままヨル君視点の展開も減らないでほしいですね! 卓球以外の部分でのドラマにも期待できる 卓球の外で、伏線らしい表現がいくつも残されています。 まず伊智朗の過去ですが、本人が記憶喪失なのもあってほとんど明かされていません。 卓球部には所属していなかったようですが、なぜヨル君と同じレベルの強さがあったのか。 家族構成にも疑問が残る点があります。 ヨル君も、家族構成に何か抱えていそうな雰囲気。 他のキャラクターも、結構な重い過去を抱えている方が多く、そのあたりのドラマも今後の見どころになりそうです。 キャラクターに愛着が湧いてこそのスポ根ですからねえ。 P2ファンだったなら絶対に買うべき作品 かつて、ジャンプに「P2!」という作品がありました。 小柄で可愛い系の主人公が、目の良さを武器に戦う卓球漫画なんですが、作品の雰囲気が少年ラケットとかなり似ているんですよ。 ものすごく好きな作品だったのですが、ジャンプのニーズには合わなかったのか、7巻で打ち切りになりました。 この時ほどジャンプの編集部を恨んだことはありません。 少年ラケットはすでに8巻まで発売ということで、とりあえずP2!は超えてくれました。 ただ、油断はまったくできません。 この数年、卓球漫画というのは数こそ多いものの、長続きしたものはほとんどないからです。 少年ラケットは、弱虫ペダルと並んでチャンピオンの看板になる可能性を秘めていると思います。 ストーリーもまだまだこれからで、どんどんお話が膨らんでいく雰囲気です。 しかも、まだ中学生。 その気になれば、その先を描くことも可能という将来性の高さですよ。 ただ、一方でいまいち話題にならないのも確か。 今のところは相当な漫画好きしか知らない作品なのでは。 チャンピオンも打ち切りになるときはなります。 私はそれをとても恐れています。 かつてのP2!ファンには、悲劇を繰り返さないためにもなんとか買い支えてもらいたいものです。 逆に、少年ラケットファンにもP2!はおすすめですよ。 打ち切り作品ですが、伏線は最終回でかなり回収されています。

次の

【感想】卓球漫画『少年ラケット』が熱くて青春してて…たまらん!

少年 ラケット

あらすじ [ ] 森原中学校に通う1年生の日向伊智朗(イチロー)は何をやってもまんべんなく駄目、と言われる冴えない少年。 友達に誘われるまま入部した野球部でもエラーばかり。 ある日、落としたボールを偶然にも練習試合に来ていた紫王館中学校の1年生、如月ヨルゲンに拾われる。 自分のことを知っているらしい彼に、自分は1年半前の火事で記憶喪失になったと告げると、彼はそれでは君のお父さんが浮かばれない、と意味深なことを言う。 翌日呼び出された地下卓球場で、自分から一点取ればイチローの過去について知っていることを教えるというヨルゲン。 見事一点を勝ち取ったイチローは、自身が元々卓球を得意としていたことや父が自分の名前に託した想いを知り、卓球部に転部することを決意する。 森原中学校1年生。 1年半前に火事で父親と記憶を失った過去がある。 その後転校してからは親友である内田に誘われるままに野球部に入っていたが、級友からは「まんべんなくダメっ子」といわれるほど、何をやっても冴えなかった。 しかし2年前に対戦したヨルゲンと再会し、彼に過去の自分が卓球をしていたことを教えられ、卓球部に転部する。 名前の由来は卓球の偉人・。 オールラウンド型で、卓越した記憶力と持久力、瞬発力をもつ。 卓球部の創部者。 左利き。 世界卓球出場選手を破るほどの実力者。 イチローに「ヒナ」、轟木に「ロッキー」など、人にあだ名を付ける癖がある。 星座に多大な興味を持っており、自分をアンタレスと称したり、ライバル校である紫王館の最上と源をオリオン座に例えたりする。 妹には音痴なところとポエミィなところが残念だと言われる。 宮原 愛(みやはら あい) 1年生。 イチローのクラスメイトで女子卓球部員。 ヒロの妹。 やや天然なところがある。 兄とおそろいの髪飾りをつけており、とても仲が良い。 元・ボクシング全日本アンダージュニア優勝者。 左手は小学生時代の事故の影響で損傷し、義手となっている。 元々はプロボクサーになるのが夢で、同じくプロボクサーでチャンピオン経験者だった父親からボクシングの英才教育を受けていた。 小学6年生のときに鍛えた拳を喧嘩に使ったことがばれて、父親から激しく叱られ、その後、今までのケジメを付けようと城島と面会した帰り、工事現場の落下事故で左手を損傷してしまう。 以降、父親とは口を利いていないが、引きずっているのは父親だけで、誠治の方はあまり気にしていない。 本人曰く、今前を向けているのは浩二のおかげらしい。 父親は町の名士であり、裕福な家庭で育つも、何かと優秀な兄と比べられることでグレてしまった。 不良仲間から裏切られ、居場所をなくしていたところを、宮原博治に卓球部に誘われる。 以来、自分を救ってくれたヒロのことをとても慕っており、決して「逃げないこと」を信条としている。 男子卓球部のキャプテン。 ヒロの幼馴染。 部活と勉強を両立しており、学年では常に10位以内にいる。 堅守のカットマンタイプで、個人戦でも県大会に出場できる実力がある。 獅子内 空(ししうち そら) 1年生。 卓球ショップ・レオの跡取り息子。 やや商売気質なところがある。 障子田 陸(しょうじだ りく) 1年生。 卓球初心者。 運動は得意。 御子柴 海(みこしば まりん) 1年生。 卓球経験者。 料理が得意。 埋金 連十郎(うめがね れんじゅうろう) 2年生。 男子卓球部の副キャプテン。 轟木誠治と同じ小学校出身。 鳥飼 歩(とりかい あゆむ) 2年生。 物静かな先輩。 西澤 雪乃(にしざわ ゆきの) 卓球部顧問であり、イチローのクラスの担任教師。 担当は国語。 25歳独身。 学生時代はバスケ部に所属していて、卓球にはあまり詳しくない。 主人公の関係者 [ ] 日向 恵美(ひなた めぐみ) イチローの遠い親戚で、保護者。 イチローからはおばさんと呼ばれている。 過去に西澤雪乃の家庭教師をしており、面識がある。 職業はライター。 森原中学、紫王館高校OB。 内田(うちだ) イチローのクラスメイト。 小学校からの親友。 イチローを野球部に誘った。 わっこ イチローのクラスメイトで同じ班。 宮原愛の幼馴染で、ヒロに憧れている。 紫王館中学校 [ ] 進学科、スポーツ科共に一流の私立校。 中学男子卓球部は全中団体戦で10年間連続優勝の超強豪。 中高一貫で全寮制。 如月 ヨルゲン(きさらぎ ヨルゲン) 本作品のもう一人の主人公で、イチローのライバル。 卓球全日本選手権ホープスの部で優勝した実績のある天才卓球少年。 2年前に再戦の約束をしたイチローをずっと探していた。 イチローと大会で戦う日を待ち望んでいる。 日本とスウェーデンのハーフだと本人は言っている が、ハーフの場合、金髪碧眼の子供は生まれにくいことが作中で指摘されている。 名前の由来はスウェーデンの卓球選手である。 最上 一郎(もがみ いちろう) スポーツ科3年生。 Sランク。 紫王館卓球部のエース。 世界ランク30位であり、昨年のに出場した。 昨年の夏季大会で自身を負かしたヒロに執着している。 日本に再び卓球の黄金時代を築くことを目標としており、そのため華のあるヨルゲンに注目している。 一流を志す四人兄弟で、兄の一人(かずと)は東大主席、姉の一美(ひとみ)は世界水泳金メダル選手。 弟の一男(かずお)は漫画家を志しており、イチローのクラスメイト。 源 錦治郎(みなもと きんじろう) スポーツ科2年生。 1年時、3年生の引退時期に紫王館卓球部Sランクになった実力者。 幼少期に自身を負かした最上一郎を追いかけるように転居、紫王館に入学した。 以降も彼に執着し続けている。 石田 直斗(いしだ なおと) スポーツ科2年生。 声が大きいのが特徴。 快活で正直な性格。 ヨルゲンと仲が良く、行動を共にしている。 同学年で自分より実力のある源に注目している。 花巻 べるな(はなまき べるな) スポーツ科3年生。 Sランク。 紫王館卓球部の女子のエース。 世界ジュニアランク1位。 左利き。 ヨルゲンのことを気に入っている。 常盤 かりん(ときわ かりん) スポーツ科1年生。 Sランク。 世界レベルの実力を持つ。 花巻べるなをべるべると呼び慕っている。 桃田西卓球部の大和とは幼馴染。 最重量級ラケット「剛力」を使う。 有馬 了(ありま りょう) スポーツ科3年生。 万年Aランク。 レギュラーを決める紫王館ランク戦では禁止されている補助剤を使用してヨルゲンに挑むも敗退。 佐々木知巳によく騙されている。 佐々木 知巳(ささき ともみ) スポーツ科3年生。 口が悪く、有馬によく嘘をつくが、源によるとそれは不器用な優しさの裏返しらしい。 天海 将(あまみ しょう) 紫王館中卓球部の顧問。 10年連続全中優勝に導いた名将。 桃田西中学校 [ ] ホームズ 3年生。 桃田西中学卓球部のキャプテン。 本名不明。 探偵かぶれであり、事前に相手チームのプライベートを調べ上げる、「アンフェア」で危険な人物。 森原中との練習試合では、ルパンとダブルスを組んだ。 ハリーにのみ気を許している。 卓球の実力はそこまで高くない。 ハリー 3年生。 卓球部のエース。 本名不明。 魔法使いかぶれ。 ホームズの幼馴染。 地区大会の個人戦では毎回優勝する実力者。 ビリー 2年生。 西部劇かぶれであり、関西出身ではないが、エセ関西弁を話す(本人曰く、西部弁)。 本名はしばらく明かされなかったが、春季大会で姓が本間であることが判明した。 ハンドソウラケットを使うのが特徴。 森原中との練習試合ではイチローと戦う。 ルパン 2年生。 怪盗かぶれ。 ホームズの依頼で、変装してギリギリの偵察を行っている。 大和(やまと) 1年生。 ニックネームで呼ばれる人間ばかりの桃田西卓球部の中で1人だけ本名で呼ばれているが、仲が悪いわけではなく、何にもかぶれていないため。 紫王館に通う常盤かりんは意中の相手。 彼女と同じ中学に入学したヨルゲンのことを目の敵にしている。 ふうま 1年生。 忍者かぶれの卓球初心者。 ラケットを逆手で持って戦う。 藍天大附属中学校 [ ] 和久津 静(わくつ しずか) 紫王館中学校のランク戦でイチローに話しかけてきた男。 ランク戦が終わった後に藍天大附属中のジャージを着る描写があるが、イチローたちが藍天大附属中の選手と知ったのは春季大会である。 語尾の「です」が「デス」となっている。 元HNTの選手。 今給黎 響(いまきいれ ひびき) 前年度JNTに所属していた選手。 体格が良く、それを生かしたパワードライブが武器。 久々湊 円(くぐみなと まどか) トリッキーなプレーを好む選手。 髪色からラケットの表面、ラバーのスポンジの色まで全て青で統一するこだわりを持つ。 三ツ木 透(みつぎ とおる) 相手のプレーを真似るのが得意。 最上と過去に対戦した際に1セット奪うほどの実力を持っている。 桐木平 麗(きりきひら うらら) 女子卓球部でファンクラブが結成されるほどの美形で高身長。 ファンからの愛称は「うららん」。 小助川とは幼馴染。 阿吽の呼吸で、ダブルスを組んでいる。 小助川 環(こすけがわ たまき) 桐木平とは幼馴染でダブルスを組んでいる。 桐木平と対照的に背が小さいが、幼少時代は小助川の方が身長が高かった描写がある。 天海 司(あまみ つかさ) 藍天大附属中卓球部の顧問。 紫王館中卓球部の顧問の天海将の甥にあたる。 イチローの体を突然触ったりと奇妙な行動が目立つ。 書誌情報 [ ]• 掛丸翔『少年ラケット』 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉、全13巻• 2015年9月8日発売• 2015年12月8日発売• 2016年2月8日発売• 2016年4月8日発売• 2016年6月8日発売• 2016年8月8日発売• 2016年11月8日発売• 2017年1月6日発売• 2017年3月8日発売• 2017年5月8日発売• 2017年8月8日発売• 2017年10月6日発売• 2017年11月8日発売 脚注 [ ].

次の

卓球×記憶喪失!少年ラケットをレビュー

少年 ラケット

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 最終的にはネタ切れでの打ち切りかと思われますが、 序盤の流れは非常に良かったです。 しかし、いかんせん地味なんですよね。 卓球というスポーツは相手がミスをすることで得点を重ねるパターンが多く、 打ち抜くことで得点をすることはどちらかといえば少なく、 リアルを追求するあまり、マンガとして退屈なものになってました。 また、終盤になってスポーツ漫画にありがちなネタ切れが顕著になってきました。 序盤で物珍しいハンドソウやアンチラバーを出してしまい、 その後は能力に奇をてらったものが多くなり、より一層退屈でした。 あとはヨルゲンとかいうDQNネームですかね。 みんなニックネームのような二つ名を持っていますが、 どれも幼稚な感があって、個人的には受け入れられませんでした。 まあ、この作品は荻村伊智朗リスペクト できれば、田舛彦介も取り上げて欲しかったが・・・。 の作品であり、他作品にありがちなピンポンに影響されての「蝶」を表現する描写がなかったので、そこだけは一線を画す作品ですかね。 評価は「悪い」で。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の