まだ結婚できない男 ドラマ 評価。 「まだ結婚できない男」の女性視聴者離れが加速?「見てて不快」の声

『まだ結婚できない男』“隣人”深川麻衣に不満爆発!「これで女優なの?」

まだ結婚できない男 ドラマ 評価

阿部寛主演、前作『結婚できない男』から13年 連続ドラマ『まだ結婚できない男』が、10月8日からカンテレ・フジテレビ系で放送される。 本作は2006年に放送されたドラマ『結婚できない男』の続編だ。 13年前の『結婚できない男』では、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない40歳の独身の建築家・桑野信介(阿部寛)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯に考えるまでの日常をユーモラスに描いた。 建築事務所で代表を務める桑野は、キッチンを中心とした住宅の設計で高い評価を得ている建築家で、ルックスも良く収入も人並み以上。 だがプライドが高く、こだわりが強いうえに、頼んでもないのにうんちくを語って相手を言い負かそうとするやっかいな性格で、「結婚なんてメリットがない」と考えている。 自宅のリビングでクラシック音楽を大音量で聴いて酔いしれ、周囲の目を気にせず「一人焼肉」で高級肉に舌鼓を打つ桑野を演じた阿部寛のコミカルな演技や、夏川結衣演じる医師・早坂夏美との軽快なやりとりも人気を博し、2006年の放送当時は高視聴率を記録した。 『結婚できない男』の13年ぶり続編、『まだ結婚できない男』ティザー映像「今日もひとり篇」「指揮篇」 早坂に愛想をつかされて破局。 偏屈さに磨きがかかる53歳の桑野 そんな人気作の続編である『まだ結婚できない男』は、前作から13年後が舞台となる。 前作で互いの気持ちを確認し合い、交際に発展したかに見えた桑野と早坂だが、その後、桑野は早坂に愛想をつかされて破局を迎えてしまい、「恋愛モード」に傾いていた桑野の気持ちは再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻りしている、という設定になっている。 偏屈さに磨きがかかる一方、この先の人生を考えると不安を感じなくもない桑野は今作では53歳。 その運命の歯車が、新たな女性たちとの出会いをきっかけに動き始める、というあらすじだ。 脚本は前作に引き続き尾崎将也が担当する。 『まだ結婚できない男』第1話予告映像 新キャストに吉田羊、深川麻衣、稲森いずみら登場。 塚本高史らお馴染みの面々も再集結 前作では早坂をはじめ、国仲涼子演じるマンションのお隣さん・田村みちる、高島礼子演じる仕事のパートナー・沢崎摩耶が桑野を取り巻く女性たちとして登場した。 続編にも新キャラクターとして3人の女性が現れる。 弁護士の吉山まどか(吉田羊)、隣人の戸波早紀(深川麻衣)、カフェ店長の岡野有希江(稲森いずみ)だ。 吉田羊が演じるまどかは、独立して事務所を経営する真面目な弁護士で、桑野に振り回されてぶつかり合いながらも関係を深めていく、という役どころ。 阿部と吉田は初共演だという。 乃木坂46の元メンバーである深川麻衣が演じる早紀は、家賃が高額な桑野のマンションの隣に引っ越してくる謎多き女性。 阿部とは21年ぶりの共演だという稲森いずみ演じる有希江は、離婚裁判を通して桑野と知り合う。 桑野と喧嘩ばかりしている大工の棟梁(不破万作)も再び登場 現実社会でも未婚率が増加。 結婚を巡る考えや状況が多様化する現代において、13年後の桑野はどう映る? 前作から経過した13年というのは短くない時間だ。 当時は登場人物のコミュニケーション手段がガラケーだったことを振り返っても、時の流れと変化の速さを感じるだろう。 実際の社会に目を向けてみると、2006年から現在までで世の中は大きく変化した。 リーマンショックや東日本大震災、戦争やテロによる世界の分断、消費税増税……世の中に蔓延する空気は13年前より明るいとは言い難い。 また社会の変化に伴って、日本人の恋愛観や結婚観も変化しているはずだ。 50歳までに一度も結婚したことのない人の割合を表す「生涯未婚率」は増加傾向にあり、によれば2000年は男性が12. 57%、女性が5. 82%だったのに対し、2015年には男性が23. 37%、女性が14. 06%まで上昇している。 前作は「未婚」に対する新たな視点として話題を集め、放送当時「40歳独身男の本音さく裂ドラマ」とも称されたそうだ。 現実の社会で未婚の人々の割合がさらに増えているという数字を単純に受け止めれば、本作はより多くの共感を集める作品になる可能性があると言えるだろう。 だが一方で、現実には桑野のように十分な収入があって、気楽なシングルライフを謳歌できる人々だけではないはず。 13年後の桑野が2019年の視聴者にどう受け止められるのかも注目したい。 『まだ結婚できない男』より 「結婚=幸せ」「独身=不幸」という単純な図式はもはや成り立たないし、またパートナーはいても結婚をしない選択をする人や、法制度によって結婚したくてもできない人もいる。 現実では結婚に対する人々の考えや状況が多様化しているいまだからこそ、かつて「結婚のデメリット」を感じていた桑野が(彼は前作のラストで「結婚も悪くない」と考え直している)「結婚」に対してどのような答えを出すのか、また彼を巡る女性たちとどのように関係を築くのか、放送が楽しみだ。 阿部寛は本作の製作決定時に「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。 世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」というコメントを寄せていたが、どのような状況にあるにしろ、結婚へのプレッシャーを感じている人にはホッとする内容になっているのかもしれない。 ドラマ『結婚できない男』の13年ぶりの続編『まだ結婚できない男』は2019年10月期の火9ドラマとして、10月8日からカンテレ・フジテレビ系で放送される。

次の

結婚できない男

まだ結婚できない男 ドラマ 評価

俳優の阿部寛さん(55)が主演する「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)の第8回が、2019年11月26日に放送された。 同作は2006年に放送された「結婚できない男」の続編。 建築家として確かな技量を持つも、その偏屈さで周囲を驚かせる一級建築士・桑野信介の13年後の姿を描く作品だ。 第8回では、桑野の建築事務所で働く一級建築士・村上英治(塚本高史さん=37)と、同事務所に出入りする住宅プロデュース会社の従業員・森山桜子(咲妃みゆさん=28)の披露宴に出席した桑野が祝辞を述べる姿が放送され、視聴者からは絶賛の声が上がった。 「人生ってのは、全く、何が起こるか分かりませんね」 司会者からの指名を受け、マイクの前に立った桑野。 祝辞を書いたメモを取り出そうとするが、そのメモを落としたことに気付き、即興でしゃべることになった桑野だったが、それを逆手に取り、「人生ってのは、全く、何が起こるか分かりませんね」と自らに起きたハプニングに引っ掛けて祝辞を述べ始めた。 その中で桑野は、普段から結婚にはメリットがないと主張しているだけあって、「結婚に後悔したとしても、それは自己責任です」と、祝辞とは思えない後ろ向きな指摘を行ったほか、「万が一、離婚することになっても、いい弁護士さんがいますから」と、同じく来賓として披露宴に出席していた弁護士の吉山まどか(吉田羊さん)を引き合いに出してブラックジョークを放つなどしたため、式場内は微妙な雰囲気に包まれたのだった。 「彼はどんなつらいことでも逃げなかった」 しかし、ここから桑野の祝辞は「超展開」を見せる。 15年前、英治が何もできない新人として桑野の事務所に入ったことを語り始めた桑野は、「ただ1つ、彼はどんなつらいことでも逃げなかった」と、英治の忍耐力を称賛。 「そんな彼の力もあって何とかここまでやってこれたわけです」と、英治が事務所の原動力となっていったと賛辞を贈ったのだ。 さらに、桜子に対しては、「(英治が)桜子さんに責められても、絶対に逃げないでしょう」と、夫婦仲が悪化しても英治の忍耐力で乗り切れると保証。 「桜子さん、英治をお願いします」と述べると、続けて、「英治、おめでとう」と祝福したのだった。 師匠である桑野からの温かい言葉を聞いた英治は涙ぐむ様子を見せると、画面は13年前の前作「結婚できない男」で放送された、桑野と英治が事務所内で仕事をするシーンが走馬灯のように流れたほか、画面が式場内に戻ると、先程の式場内とは打って変わって桑野に温かい視線と惜しみない拍手が贈られたのだった。 これら、桑野の祝辞のシーンに対しては、「まだ結婚できない男のドラマを見ながら泣いてしまった」といった視聴者からの絶賛がツイッター上に殺到。 「英治くんとの絆がよくわかる、人間桑野の回でした」と、桑野の人間味を感じたとする声も上がっている。 なお、祝辞のシーンはこのあと、桑野が、「そんな2人に、今日は、3つの『袋』を贈りたいと思います」と、桑野が結婚式の常套句を用いて祝辞の続きを述べ始める一幕があったが、祝辞のシーンはここで終了。 ただ、そのあとに映った吉山が披露宴の感想を述べるシーンでは、「桑野さん、やればできるじゃない」との言葉が飛び出しており、おかしなことは言わなかったことが明かされていた。 このため、ツイッター上には「今日の桑野さんの結婚スピーチ、あのまま終わらないと思ったけど、"3つの袋"で大爆笑」と、当該シーンに満足したとの感想が上がるなどしている。

次の

奈緒はまだ結婚できない男で何役?演技力の評判・評価まとめ!

まだ結婚できない男 ドラマ 評価

(C)まいじつ 大ヒットドラマの13年ぶりの続編ということで期待を集めていた『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)だが、実際に放送が開始されると回を重ねるごとに評価が下がっているようだ。 「視聴者の期待が高過ぎたということもあると思いますが、前作のファンほど不満が大きくなっている原因の1つは、やはりヒロインたちが一新されたことでしょう。 中でも深川麻衣への低評価が目立っています」(テレビ雑誌編集者) 深川が務める役は、阿部寛演じる主人公の住む部屋の「隣人」。 前作では同じような役どころを国仲涼子が務めていたが、ネット上では国仲と比較して「華がない」などとする意見が多く見られる。 《明らかに国仲涼子の方が華があった》 《顔が地味過ぎて覚えられない》 《この女の子初めて見たけど演技下手だね…》 《高校の演劇部の子か何か?》 《こんなんで女優を名乗るのかよ》 《元乃木坂だから推されていい役してるの?》 《しょせんアイドル上がりだしね…》 大根演技も織り込み済み? ちなみに「隣人」は「元アイドルで現在は駆け出しの女優」という設定で、元『乃木坂46』の深川と奇しくも同じ境遇。 10月22日放送の第3話では、なぜ自分が評価されないのかと訴え掛けるシーンもあったが、役と深川本人に対する二重の意味で《演技だよ、演技》という視聴者のツッコミもあった。 「役の設定が深川の境遇と同じなのは、脚本段階からすでに深川ありきだったからともいわれていますね。 裏を返せば、同じ境遇の役なら演技力に不安がある人物でも演じやすいだろうと踏んだとも言えそうです」(同・編集者) 昨年には映画で初主演を果たし、某映画賞では最優秀新進女優賞を受賞。 同年のNHK連続テレビ小説『まんぷく』にも出演するなど、女優としてステップアップしているようにも見えた深川。 しかし、多くの視聴者らにとっては評価どころか、『元乃木坂』の肩書なしでは、まだ名前の認識さえされていないようだ。

次の