タピオカ 利益率。 外食チェーンも「タピオカブーム」 参入障壁は低いが、課題もありそう...: J

タピオカミルクティーの原価はいくら?会計専攻でタピオカマニアの私が徹底検証してみた

タピオカ 利益率

原価率が低い食べ物をまとめてみました。 どうも、 ファイナンシャルプランナーのシャチ公です。 私たちが生活するうえで欠かせない食事。 外食するにしても、お弁当を買って家で食べるにしても、つい考えてしまうのが「 原価率」です。 原価率が高いと得した気分になりますし、原価率が安いと損した気分になりますよね。 回転ずしや食べ放題などに行ったときに気にする人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 原価率の低い食べ物をまとめてみました。 なお、あくまで当ブログ調べであり、原価率は食材や店舗などによっても異なるため、一概に言えるものではないということを予めご了承の上、ご覧ください。 飲食店の原価率は3割が目安! 飲食店などの食品の原価率は、一般的に3割が目安と言われています。 30円で仕入れたものを100円で売るイメージですね。 そもそもが意外と低い!と驚く方もいるかもしれませんが、飲食店の場合はこのほかにも、 テナント代や人件費なども発生するため、3割が理想的な数値なのです。 これを大幅に超えるようだと、普通の飲食店なら経営が厳しくなります。 今回紹介していく「原価率の低い食べ物」はこの 3割よりも少ないものをピックアップして紹介したいと思います。 食事をする際の参考にするのはもちろんのこと、これから移動販売で起業しようと考えている人や、大学の文化祭の屋台で何をしようか考えている人も参考にしてみてくださいね。 商売をするうえで、 原価率というのはとても大切なポイントです。 原価率の低い食べ物まとめ 原価率の低い食べ物をまとめてみました。 お店によっても様々ですし、食材にこだわっているかどうかにもよりますので、ここでは あくまで一般的なものとして書いています。 一概に言えるものではありませんので、参考程度に留めてくださいね。 ・クレープ:原価率20~25% 原価率が低いものと聞いて、まず頭に浮かぶのはクレープではないでしょうか。 クレープは生地が薄いので、原価としてはフルーツや生クリームの方が高くなります。 大体の目安では、生地1枚あたり10円、フルーツやソースが60円前後で、クレープ1個当たりの 原価は70円前後といえます。 お店にもよりますが、 クレープの相場を 350円くらいと仮定すると、 原価率は2割前後ということになりますね。 ただクレープは、家で作るとなかなかお店のようにはいかないため、 お店でしか食べられないプレミア感もありますよね。 ・タピオカドリンク:原価率20%前後 クレープといえば原宿など若者の街を中心に人気ですが、同じく最近特に人気なのがタピオカです。 タピオカは、キャッサバと呼ばれるイモのでんぷんから作られた粒状のもので、これをミルクティーや牛乳などに入れたものがタピオカドリンクです。 タピオカは1kgで1000円くらいで入手できますので、 1杯分は30円くらいです。 ドリンクの方はそこまで原価がかからず、こちらも1杯30円程度で調達できますから、タピオカドリンク1杯の 原価は60円程度といえます。 タピオカドリンクの相場を 300円と仮定すると、 原価率は2割前後ということになります。 クレープよりも調理が簡単で、しかも原価率も低く抑えられるのが特徴です。 ・宅配ピザ:原価率20%前後 実は、宅配ピザも原価率が安いものの常連です。 最近よくピザ屋が「 お持ち帰りで2枚目無料」とかやっているのを見たことがありませんか。 あれは裏を返せば、 配達するコストは高いけど、取りに来てくれるなら原価は割らないよ、という意味になりますね。 つまり、食材自体に手を抜いている訳ではないけれど、高めの価格設定の中には宅配のコストが入っているのです。 その影響で、分母が大きくなり、原価率が低くなるという理論です。 原価率は2割程度で、 2000円のピザだったら、 400~500円程度の原価で作るイメージです。 ピザは小麦粉やチーズなど意外とコストのかかるもので出来ていますから、あんまり「原価が安い!」と言っちゃうとかわいそうですね。 ・フライドポテト:原価率20%前後 フライドポテトは原価率が低い!と言われたら、納得ですよね。 じゃがいもオンリーで出来ていますから、他にかかるのは油代くらいです。 たとえば、ポテトの定番マクドナルドのLサイズのものを想像していただくと、あれに使われているじゃがいもは、重さから考えて一般的なじゃがいものおよそ2~3個分です。 1個20~30円程度だと考えると、Lサイズの 原価は60~70円程度と考えられます。 Lサイズは 約300円ですから、 原価率は20%前後といえるでしょう。 ただ、マクドナルドほどの大企業ともなると、提携先からもっと安く仕入れている可能性は全然ありますw カラオケとかのポテトも割高な気がします。 高くてもつい食べたくなっちゃうフライドポテトの魔力はすごいですよねw ・かき氷:原価率10~15% 夏の屋台などでよく見かけるかき氷も、原価率の低い食べものトップクラスに入ります。 原価としてかかるのは、氷とシロップ代くらいです。 氷については、かなり良いところから仕入れていればそれなりに値段が上がりますが、お祭りなどに出ているものはそう高くなりません。 原価は30円程度で、これを 300円で売ると 原価率は10%ということになりますね。 ガリガリ君があの値段で利益を上げられているということを考えれば、原価率が低いことは容易に想像つくでしょう。 ただ、夏の暑い季節には食べたくなるのがかき氷。 お祭り効果や気温による効果は大きいですね。 ・わたあめ:原価率5%以下 クレープやタピオカをしのいで、原価率が低い食品トップに輝いたのが、お祭りの定番わたあめです。 誰もが「確かに」とうなずいてくれそうですね。 わたあめは、ざらめを溶かしながら割りばしに巻き付けて作ります。 材料は、 ざらめだけですから原価はものすごく安いんですね。 原価が10円のものを 300円で販売すれば、 原価率は3%にもなります。 最近では、原宿でカラフルなわたあめを確か700円くらいで売っているのを見かけましたが、あれはもう相当なインフレですw ただ、 わたあめについても家で作るのは難しいですし、お祭りや旅行先などのプレミア感があるので、値段が高くても買う人が多くいるわけですね。 お祭りや原宿系の食べ物が原価率が低いという結果に 今回紹介した6つの食べ物はみな、お祭りや原宿で売られているものばかりでしたね。 「家では食べられない」という特別感が、少し高くても買いたくなるポイントなのかもしれません。 また、最初に言った通り、原価率だけに注目するのもナンセンスです。 店側としてはそれ以外に人件費などがかかりますし、食品の場合には 「廃棄率」も関わってきます。 廃棄率とは、商品を準備していたけれど売れなかった場合に捨てなくてはならないロスの部分。 クレープ屋のフルーツやタピオカ屋の牛乳など、 賞味期限が過ぎると販売できない損失も経営上、考慮しなくてはなりません。 それから、原価率を気にして食事するのは正直どうなんでしょうね。 食事へ行くたびに、原価が…という人とは一緒に食事をしたくないものです(笑。 本人が「 その値段に納得して食べることができたらそれで良い」と思います。 今回は、一つの豆知識として原価率の低い食べ物について紹介しました。 周りにうるさく思われない程度に、教えてあげてくださいね。 当ブログでは、他にも お金にまつわる記事など、役立つ記事を多くアップしていますので良かったら合わせてご覧になっていってくださいね!.

次の

外食チェーンも「タピオカブーム」 参入障壁は低いが、課題もありそう...: J

タピオカ 利益率

YAHOO! は「売上14倍」と発表 それではブームの推移を振り返ってみよう。 国民的グルメ漫画とも呼ばれる『美味しんぼ』(作:雁屋哲、画:花咲アキラ、小学館)の26巻に「おめでたい病気」というエピソードが収録されている。 妊娠し、悪性の悪阻(つわり)に襲われた同僚・三谷典子が口にできるものは砂糖水とすまし汁の2つ。 匂いにも敏感になり、爽快感を得られるのはバラの香りだけ。 これで体力が保つはずもなく、病院に入院することになる。 そこで主人公の山岡士郎が「悪阻でも食べられる」料理を作るのだが、そのデザートがタピオカ。 典子が「中の小さな粒々はなにかしら……」と呟きながらスプーンで口に運ぶと、たちまち「美味しい!」と顔を輝かせる。 吹き出しで表記される山岡の説明は、こんな具合だ。 「タピオカといって、キャッサバというイモのでんぷんで作った丸い粒だよ。 それを砂糖汁に入れて、バラの花びらのジャムを少し落としたんだ。 中華料理のデザートでは、ココナッツミルクを使うけどね」 26巻の初版は1990年。 第1次ブームが92年だから、タピオカがブレイクする前夜の雰囲気を伝えている。 この頃は「タピオカ入りココナッツミルク」が主流であり、中華料理店やタイ料理店でデザートして提供されていたことが分かる。 一方、台湾では80年代、ミルクティーに黒いタピオカを入れ、太いストローで飲む「タピオカティー」が誕生していた。 当初は人気が低迷していたが、90年代に入ると台湾を代表するドリンクに成長する。 ほどなくして台湾でタピオカミルクティーを主力商品とする快可立(Quickly)が日本に出店、08年には日本で現地法人も設立した。 これと並行するようにコンビニにもタピオカミルクティーが置かれるようになった。 これが第2次ブームだ。 そして13年、「タピオカミルクティー発祥の専門店」を謳い、台湾で45店舗を展開する春水堂が、東京・代官山に初出店を果たす。 同じように台湾に拠点を置く貢茶(ゴンチャ)が15年に日本法人を設立。 更にTHE ALLEY(ジ・アレイ)やCoCo都可(ココトカ)も追随し、日本における第3次タピオカブームが堅牢なものになったわけだ。 ここまで市場が拡大すると、ブームを当て込んだ新規参入も増加する。 台湾とは何の関係もない日本人がアルバイトを雇い、繁華街にオープンさせた店も少なくない。 外食産業を担当する記者が解説する。 「飲食店を開業するのは、本来なら大変です。 出資しかしない場合でも、修行を積んだプロの調理人や職人を探して雇う必要があります。 ところがタピオカティーは、極端な話、ミルクティーなどのドリンクにタピオカを入れれば完成です。 アルバイトでも充分に調理が可能です。 テイクアウト専門店ならテナント料も抑えられます。 必要経費を最小限にして、なおかつ500円以上の売値を付けられるのですから、相当な利益率でしょう。 まさにタピオカは黒いダイヤですよ」 現在、原料のタピオカを業者が取り合う事態が発生しているという。 記事によると、YAHOO! ショッピングにおける業務用タピオカの売上げは、今年1月と5月で比較すると約14倍。 YAHOO! における「タピオカミルクティー」の検索数は、18年6月と今年6月で比較すると約9倍に達したという。 更に「タピオカミルクティー」と一緒に検索されている言葉のトップに「業務スーパー」が入ったとも発表された。 あわせて読みたい関連本•

次の

株式会社バーチャルレストラン|Virtual Restaurant

タピオカ 利益率

「貧乏人ほどスタバでコーヒー買うか、タピオカのドリンクを飲む」傾向にあると聞いたら、どのように感じるでしょうか。 知人の経営者から筆者がこの話を聞いた時には、最初はバカにされているような気分になったものですが、後から妙に納得したものでした。 なぜ、スターバックス(スタバ)はあれほどの好立地での店舗展開が出来るのでしょうか。 なぜ、タピオカ入りのドリンクを売っているお店が爆発的に増えたのでしょうか。 今回は、タピオカやスタバの利益率と「貧乏人ほどタピオカやスタバを好む理由」について考えてみましょう。 タピオカの動向 タピオカを用いたドリンクではタピオカミルクティーが爆発的にヒットしています。 タピオカ専門店の開業が相次いでおり、その増加スピードは驚くほどです。 com編集部 ヤフーは6月14日、Yahoo! 全国各地に新店舗がオープンし、行列が絶えないタピオカ専門店。 そうしたブームを裏付けるように、Yahoo! 検索における「タピオカミルクティー」の検索数は、昨年6月1日と今年6月1日の比較で約9倍に。 また、Yahoo! 同社によると、 お店で購入するとだいたい1杯600円前後のタピオカドリンクだが、業務用タピオカなら1杯(30グラム)約40円前後で、紅茶や牛乳を加えても100円程度と、かなりリーズナブル。 業務用タピオカにもいろいろなものがあるが、特にゆで時間の少ない冷凍タイプや、生タイプが人気を集めているという。 (出所 ) タピオカを入れたドリンクは、ミルクティーなどのドリンクにタピオカを入れれば完成します。 アルバイトでも充分に調理が可能であり、近時増加しているテイクアウト専門店ならテナント料も抑えられます。 一方で販売価格は、一杯500円以上が通常です。 様々なWebサイトで調べるとタピオカミルクティーの原価率は30%程度と想定されます。 500円の売価ならば、150円の原価です。 飲食店の原価率は30%程度が良いとされていますが、 タピオカドリンク専門店の場合は、原価率が低いだけでなく、上記の通りコストの安いアルバイトを使い、テイクアウト専門店としても(現時点では)成り立っていることから、他の飲食店と比べて(粗)利益率は高いと言えるでしょう。 「タピオカは黒いダイヤ」とまで言われているようです。 スタバの利益 先ほどはタピオカドリンクの利益率が高いことを見てきました。 もう一つの業界として、コーヒーチェーンを見てましょう。 様々な場所にカフェがありますが、一人当たりの売上高は少額と感じたことがある方も多いでしょう。 なぜ店舗を維持出来ているのでしょうか。 2%、一方の有力コーヒーチェーンであるドトールで40. ドトールはスタバよりサンドイッチなどのフード(食べ物)に注力しているため、売上原価率が高くなっていると想定されます。 基本的に、原価はフードのほうが高く、ドリンクのほうが安くなります。 スタバは、ドリンクが販売の中心であり、フードは既に完成した加工品(=手間がかからない)を提供していることから、非常に低い原価率=高い利益率を誇ることになります。 まとめ タピオカドリンクにしろ、スタバにしろ、低い原価率=高い利益率が特徴です。 タピオカが爆発的に増加しているのは、単にブームであるのみならず、原材料が低価格、かつ加工の手間が低い一方で、高い販売価格を得られる「利益率の高い商品」だからです。 スタバも同様に原価が低いコーヒーを中心としたドリンクが中心です。 バイトでも対応が出来るため、人件費も低く抑えることが出来ます。 尚、一般的にコーヒーの原価率は10%程度と言われています。 一方でセブンーイレブンのコンビニコーヒーの原価率は45%程度とされています(参考 )。 一杯分で考えると、スタバのコーヒーを一杯300円、セブンーイレブンのコーヒーを一杯100円とすると、スタバの原価が30円程度、セブンーイレブンが45円程度となり、コンビニコーヒーの方が、実は品質が良かったりします(コンビニは薄利多売、回転数で勝負)。 冒頭にご紹介した「貧乏人ほどスタバでコーヒー買うか、タピオカのドリンクを飲む」という知人経営者の名(迷)言は、「コスパ」という観点では真実をついています。 タピオカミルクティーだろうが、スタバだろうが、おしゃれでインスタ映えもするかもしれません。 しかし、冷静に考えると、コスパは悪いのです。 そして、 一杯500円程度と「庶民でも買える」値段設定にしています。 ちょっとした贅沢(プチ贅沢)として、考え抜かれた価格水準だったりするのです。 金持ちになる人は「本当のコスパに拘りがある」人なのでしょう。 いつも何らかの商品を見ては原価を計算しているのかもしれません。 我々庶民は、その金持ちの感覚が分かっていないのです。 金持ちはケチと言われることもありますが、ケチなのではなく、冷静にコスパを追求しているだけなのかもしれません。 「安物買いの銭失い」という言葉があります。 タピオカミルクティーを飲む時、スタバでコーヒーやフラペチーノを飲む時、この言葉の意味をちょっとだけ考えてみると、我々もお金持ちに少しだけ近づけるのかもしれません。 naoto0211 金融全般について考察するブログです。 自分が新入行員だった頃に、銀行じゃ習わないけど必要な知識等を解説してくれるサイトが欲しかったので、そんなサイトを目指してブログを開設しました。 是非とも読者登録もお願い致します。 筆者:旦 直土(だん なおと)。 ブログ開設当初は二口 直土(ふたくち なおと)として活動。 銀行で主に法人営業担当および人事関係の業務に携わる。 2017年より「銀行員のための教科書」と題するブログを立ち上げ、銀行に関する情報のみならず、経済・労働問題について情報発信するようになる。 自身が若手の頃に本当に学びたかったことが銀行の研修資料やマニュアル等には説明されていなかったことを思い出したことがきっかけ。 以降、若手銀行員や他業界の方に対して発信を行うようになる。

次の