ハード オフ 永田。 『ジャンク品で演奏する動画クオリティがハンパない!!』ハードオフの永田さんが話題沸騰!

ハードオフ店員によるYouTube動画が面白すぎてヤバい / ウケをとりつつもジャンクの良さをしっかり伝えるクオリティの高さは必見

ハード オフ 永田

*゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚*. *゚゚*. *゚*. , LTD.

次の

オーディオ・デジタル家電|中古通販のネットモール(ハードオフ公式サイト)

ハード オフ 永田

こんにちは、バーグハンバーグバーグの山口です。 みなさんはゲームが好きですか?僕は死ぬほど好きでした。 今でこそプレイする時間は少なくなってしまいまいたが、学生時代、夏休みはずっとゲームをやっているパターンの子供でした。 ところで、みなさんの家にはどんなゲーム機がありましたか?ゲームボーイ、スーパーファミコン、プレイステーション…。 このあたりがメジャーなところではないのかと思います。 バーグハンバーグバーグ社員のまきの。 小さい頃から初代ファミコンに親しむという、ゲーム黄金期とともに青春を過ごした1982年生まれの33歳。 僕と同い年! 同じくバーグハンバーグバーグ社員の永田。 1987年生まれの28歳。 幼稚園の頃にスーパーファミコンと出会った世代。 僕とはちょっとだけ世代がズレています。 ちなみに今回、 嬉しくなっちゃって結構長い記事になっちゃいました。 気が短い人はこの目次から気になるところへ飛んでいってね! 目次• SEGAの名機「セガサターン」をやってみる まずは知っている人も多いであろう負けハード、SEGAの名機「セガサターン」です。 1994年11月、みなさんお馴染みのプレイステーションより約1ヶ月早く登場した32bit機。 「バーチャファイター」や「パンツァードラグーン」、「ガーディアンヒーローズ」など名作も多かった…。 後に「せがた三四郎」のホワイトカラーも登場したけど、ここはやっぱり初代のグレーのサターンでしょう! 接続は赤・白・黄のAVコードが懐かしい。 早速、なつかしの「ときめきメモリアル」をプレイ。 これがメインヒロインの藤崎詩織ちゃんです。 ゲームを進めてみると、いくつか時代を感じさせる出来事に遭遇。 山口 今度はWindowsよりももっと古いパソコンゲームとか、そのへんも手付けてみたいな〜〜〜!! みなさんいかがだったでしょうか?僕ですか?僕は超幸せです。 熾烈な生存競走には敗れたのは色々な理由がありました。 キラーソフトを確保できなかった、販売戦略がうまく機能しなかった、時代を読み違えた…。 でも、そのおかげでたくさんの個性的なゲームがたくさん生まれました。 実際にいろいろとプレイしてみましたが、ユーザーの趣向が多様化している現在だからこそ、今プレイする価値はあるんじゃないの?と思いました。 ここでは紹介しきれなかった「負けハード」も世の中にはまだまだ存在しています。 みなさんも是非ね…!是非自分の趣味に合ったゲーム機を見つけてみればええやんか?と思います。 それではまた!.

次の

永田(ハードオフ店員)のジャンク品演奏がすごい!動画や勤務店舗を紹介|おしゃべりねこログ

ハード オフ 永田

動画内では、永田さん自らが店内のジャンク品を使って音楽を演奏し、さらに自分で歌っています。 楽曲はGLAYやLUNA SEAなどの人気ロックバンドが中心。 ギターやドラム、キーボードなど多様な楽器を使いこなし、歌もかなりの腕前でただのハードオフ店員とは思えないクオリティです。 浜崎あゆみなどの女性ボーカルも歌いこなし、音域の広さに圧倒されます。 分身したりテロップの入れ方など動画としての質も高いのですが、 何より ハードオフのエプロンを身に着けて店内でノリノリで熱唱する姿はシュールで笑えます。 話題のハードオフ店員 永田さんて何者? 永田さんは現在30代。 過去にギターと所持金2万円だけで上京し、7年ほど音楽活動をしていた経験があります。 演奏や歌の技術があるのも納得ですね。 かつてからGLAYに憧れており、GLAYと共演するのが夢だと動画内でも語っています。 上京したり九州のハードオフで働き始めたり、今に至るまでにいろいろあった様子です。 再生回数が全然伸びない日々が続きましたが、投稿後1年くらいたったある日、LINEニュースに掲載されたことが発覚。 これがきっかけで20万再生まで急激に伸びたといいます。 そこから定期的に演奏動画を投稿するようになり、チャンネル登録者数3万人を突破するまでになりました。 「ジャンク品でもちゃんと使えるよ」ということをアピールする目的で始めましたが、単純におもしろ動画としても大人気になっています。 なんと永田さん憧れのGLAY・HISASHIさん本人が、Twitterでこの動画のことをツイートしたのです。 さいごに 永田さんの勢いはとどまることを知らず、YouTubeチャンネルの伸びっぷりにあわせて会社からも相応の評価をもらうことができたそうです。 夢のGLAY共演も、ひょっとしたらどこかで実現するかもしれないですね。 YouTubeなどSNSの登場で個人も手軽に情報発信ができるようになった現代。 インターネットのおかげで、より様々な手段でチャンスをつかめる時代になったのかもしれません。 この記事がよかったらシェアしてくださいね。

次の