コスタアトランチカ。 長崎「コスタ・アトランチカ」乗組員が新型コロナに感染 : 船が好きなんです.com

長崎停泊中の「コスタ・アトランチカ」、乗員1人が新型コロナ陽性反応

コスタアトランチカ

出典: 「コスタアトランチカ」は、イタリアのクルーズ客船です。 全長293m、旅客定員最大2680名、乗組員920名の大型船です。 内装もとても豪華で素敵な船です。 一度は乗ってみたいと思うような豪華な船ですね。 「コスタアトランチカ」の航路 長崎新聞の詳報 クルーズ船、イタリア船籍コスタアトランチカ号。 乗客なし乗組員623名。 ・1月29日 客室修繕工事のため長崎港に入港 ・2月20日 修繕工事のため、長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に到着 ・3月25日 修繕完了 ・3月26日 物資補給のため、いったん出港。 長崎市の中心部、松が枝岸壁に移動。 ・4月1日 再び長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に停泊 元々は中国で修繕工事を受ける予定でしたが、中国で新型コロナウイルスが蔓延したため、修繕先が日本に変更になったようです。 「コスタアトランチカ」の感染者数は?感染ルートは? 「コスタアトランチカ」の感染者数 ・4月20日 乗組員1名の感染が判明。 その後、濃厚接触者57人のPCR検査を実施。 ・4月22日 濃厚接触者33人の陽性を確認。 ・4月23日 新たに14人の感染確認。 4月23日現在、「コスタアトランチカ」には 48人の新型コロナウイルスの感染者がいることが判明しています。 乗客はいないため、乗組員623名の中から感染者が発生したということになります。 乗組員の多くは、中国人とフィリピン人だと言われております。 「コスタアトランチカ」の感染ルート 「コスタアトランチカ」では、検温に加えて健康状態チェック表の提出をするなど厳格に健康管理が行われていました。 感染ルートとして考えられるのが、乗組員は長崎で新型コロナウイルスに感染したということです。 なぜなら、 長崎県が3月6日に乗組員に対して下船しないように要請したが、船外へ出ていた乗組員がいたことが判明したからです。 どこに立ち寄ったかは現在のところ分かっていません。 このことについて、一部で非難の声があがっています。 クルーズ船迷惑かけすぎ。 乗組員は下船しないよう要請されていたのに内緒で下船。 もちろん長崎県には下船してないと虚偽の報告する有り様。 しかし市民は見ていた。 船籍のあるお国にさっさと帰れ! このままだと長崎県民がお気の毒です。 早々に賠償金請求しなさい。 そして日本に下ろすな — pinapin ploploploplolo 長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所に停泊中のクルーズ船「コスタアトランチカ」で新型コロナウイルス感染が拡大している問題で、長崎県が船側に乗下船の自粛を求めた以降も、県交通局の貸し切りバスで乗員が移動していたことが分かりました。 48人の感染が確認されています。 — 日経 九州沖縄 nkkyushuokinawa これだけ新型コロナウイルスが注目されているのだから、しっかりと対応して欲しかったですね。 「コスタアトランチカ」の感染対策は? 「コスタアトランチカ」の感染者は、重症者のみを病院に搬送して入院させ、治療にあたる方針です。 現在、 1人が指定の医療機関で人工呼吸器を使用し治療中。 軽症者や無症状者は、船内の個室に隔離した上で健康観察をしています。 勿論客室間の移動は禁止です。 陰性の乗組員は早期に帰国させるそうです。 現在、具体的な感染対策は公表されていませんが、長崎県はさらなる感染拡大を防ぐための対策を急いでいます。 ダイヤモンドプリンセス号での経験を活かして対応して欲しいですね。 「コスタアトランチカ」のまとめ いかがでしたでしょうか? 新型コロナウイルスのクラスター感染が発生した、「コスタアトランチカ」に関する情報を調査しまとめました。 長崎県民の方は非常に不安だと思います。 今後も動向に注視していきます! あなたとあなたの家族が健康でありますように。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

クルーズ船コロナ(長崎港)感染者は何人?乗員の国籍・感染ルートなどまとめ!

コスタアトランチカ

長崎市によると、三菱重工業長崎造船所香焼工場に修繕のため停泊中のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」号の乗員43人から、新型コロナウイルスの陽性反応があったことを明らかにした。 これにより、91人の感染が判明したことになる。 PCR検査などを実施したのは、前日比208人増の335人に増えた。 4月22日の発表によると、「コスタ・アトランチカ」号は、1月29日に長崎港に入港。 2月20日からドッグに入り、3月25日まで船の修繕を行っていた。 4月14日に乗員1人が発熱し、4月21日に1人目の陽性者が確認された。 船内には623人の乗員がいるという。 船に出入りした、三菱重工業のグループ会社社員に、体調の異常はないという。 長崎市では、情報収集や関係機関との情報共有を行う専任チームを設置している。 厚生労働省はDMAT(災害派遣医療チーム)とクラスタ対策の専門家を派遣した。 長崎港には、クルーズ船「コスタセレーナ」、「ネオロマンチカ」が停泊しており、早期に出港し、乗員を帰国させる見通し。

次の

長崎停泊中の「コスタ・アトランチカ」、乗員1人が新型コロナ陽性反応

コスタアトランチカ

概要 [ ] コスタ・アトランチカ級の1番船で、2000年6月30日、フィンランドのクヴァルネル・マサ造船所ヘルシンキ工場で竣工。 船価は3億7500万ドル。 客室は全部で1,057室あり、そのうちの845室が海側に面している。 7月16日より東地中海クルーズに就航した。 主機には環境に配慮して排出量を低減させたヴァルチーラ 9L46D型ディーゼルを採用し、イタリア船級協会(RINA)が定めた新環境基準を満たした最初の船舶となった。 また本船の各デッキには「」、「」等、イタリアの映画監督の作品名が付けられている。 その後同型の2番船が2003年に建造され、さらに向けにほぼ同型船(級)が4隻建造された。 船首 横浜にて 同型船 [ ]• 2番船 「コスタ・メディタラネア(Costa Mediterranea)」 2003年5月22日竣工。 新型コロナウイルスの集団感染 [ ] 当船は、2020年1月29日にに物資補給のため入港。 中国での感染拡大で修繕場所を切り替え、2月20日から3月25日に香焼工場で修繕を受けた。 海上での試運転などを経て、4月1日から香焼工場に接岸しているが、県内初の感染者が確認された3月14日以降、人の乗り降りはなかった。 4月2日から8日は水の補給やゴミ出しのため、三菱重工子会社の社員ら十数人が出入りし、コスタ社によると、停泊中の3カ月間には乗員の交代もあったほか、船舶代理店、コスタ社員らの出入りもあった。 4月20日、長崎市が乗組員4人のPCR検査を行ったところ、1人の感染が確認された。 4月22日、外国籍の乗員33人が新型コロナウイルスに感染していることが判明する。 4月23日、新たに14人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 4月24日、新たに43人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 4月25日、新たに57人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 乗員623人全員の検査が終わり、感染者は計148人になった。 5月4日、新たに1人の感染が確認された。 感染者は計149人となった。 その後、陰性もしくは再検査で陰性になった乗組員約500人が空路で順次帰国。 当初は県内の医療体制の崩壊や市中感染も危惧されていたが、船内外での医療従事者の奮闘でそのような事態には至らず、停泊していた香焼工場を5月31日に離岸。 ・に向けて出港した。 離岸時点では、陽性2人を含む乗組員6人が長崎市内の指定医療機関に入院している。 参考文献 [ ]• 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No. 716• 海人社『世界の艦船』2000年10月号 No. 574• 海人社『世界の艦船』2003年7月号 No. 612• 海事プレス社『クルーズシップ・コレクション2012-2013』4月臨時増刊 脚注 [ ] []• 朝日新聞デジタル 2020年4月22日. 2020年4月22日閲覧。 FNNプライムオンライン• 時事通信社 2020年4月22日. 2020年6月7日閲覧。 newsweekjapan 2020年4月23日. 2020年4月24日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月24日閲覧。 時事通信社. 2020年4月25日閲覧。 西日本新聞ニュース 2020年5月5日. 2020年5月11日閲覧。 長崎新聞. 2020年5月31日. 2020年6月7日閲覧。 朝日新聞. 2020年5月31日. 2020年6月7日閲覧。 関連項目 [ ]• - イギリスのクルーズ客船。 において、2020年2月初旬に新型コロナウイルスの集団感染事件が起こる。 - イギリスのクルーズ客船。 において、2020年2月初旬に新型コロナウイルスの集団感染事件が起こる。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の