ポケモン環境パーティ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

ポケモン環境パーティ

パーティ編成の基準 人気防衛ポケモンの対策 どこのジムも同じようなポケモンが配置されます。 挑戦するジムに配置されたポケモンを見て、有利に戦えるようにパーティを編成しましょう。 タイプとわざのタイプを一致させよう ジム攻撃時に挑戦者側は、ジムに配置されているポケモンに合わせてバトルで使うポケモンを選ぶことができます。 通常技とゲージ技のタイプを一致させた方が、弱点を突きやすく、効率よくダメージを与えることができます。 現環境最強パーティ 現環境最強パーティ サイコカッター サイコキネシス ドラゴンテール げきりん かみつく ストーンエッジ カウンター ばくれつパンチ チャージビーム でんじほう みずでっぽう ハイドロポンプ 各ポケモンの役割 ポケモン 役割 攻撃種族値が全ポケモンの中で最も高く、効果いまひとつになるタイプが少ないエスパー技を覚えるため、どのポケモンにも有利に戦える。 きあいだまを覚えさせれば、ハピナスやカビゴン対策も可能。 攻撃種族値が高く、ドラゴン技が不利になるのがはがね・フェアリータイプのみ。 ミュウツー同様、どのポケモンにも有利に戦える。 全ポケモントップクラスのステータスで、相手を選べば有利に戦える。 弱点が多いので、返り討ちに合わないようにする必要がある。 ハピナス・カビゴン・バンギラスといった、ジムに配置されやすいポケモンにピンポイントで刺さる。 ジム配置に人気のギャラドス対策に最適のポケモン。 その他にも、シャワーズなどのみずタイプのポケモン対策が可能。 攻撃力が高めで、耐久力が優れているので落とされにくい。 いわ・じめん・ほのおタイプの対策に最適のポケモン。 ジムに配置されているポケモンによって入れ替えるのがおすすめです。 ハッサム(はがね・むし技アタッカー) 優秀なむし・はがね技を覚えるため、どちらかで攻撃する場合にはおすすめのアタッカーポケモン。 はがねタイプで戦う場合は「バレットパンチ・アイアンヘッド」、むし技で戦う場合は「れんぞくぎり・シザークロス」の構成がダメージ効率や回避のしやすさでおすすめです。 ギャラドス(ドラゴンキラー) ギャラドスの技はタイプ一致ではないですが「ドラゴンテール・げきりん」のドラゴン技の構成でドラゴンキラーとして使うのがおすすめです。 みずタイプのギャラドスははがね技をいまひとつにできるので、ジムに配置されやすい鋼カイリュー相手に一方的に有利に戦うことができます。 ゲージ技をハイドロポンプにすることで、みずタイプアタッカーとしても活躍できます。 ファイヤー(ほのお技アタッカー) 攻撃種族値が高く、威力の高いほのお技を覚えます。 くさ・むしタイプ相手には、被ダメージを軽減しつつ、大ダメージを与えることが可能です。 サイドン(じめん技アタッカー) 「どろかけ・じしん」の構成であればじめん技アタッカーとして活躍できます。 でんき・ほのお・いわタイプに対して自身は軽減できるため、一方的に有利になります。 フリーザー(こおり技アタッカー) こおりタイプの威力の高い技を覚えるため、カイリュー対策におすすめのポケモン。 同じポケモンを配置できなくなったことで、カイリューが複数置かれたジムが無くなったので、以前ほど必須ではなくなりました。 ナッシー(くさ技アタッカー) 高い攻撃の種族値から使える「ソーラービーム」が強力。 くさ技を弱点に持つポケモンに大ダメージを狙えます。 リングマ(ノーマルキラー) リングマはかくとうタイプで厳選することで、主にジム配置に人気なノーマルタイプに一方的に有利になります。 カビゴン・ハピナスのエスパー攻撃を等倍、カビゴンのゴースト技を軽減しつつ、一方的にダメージを与えることができる点が他のかくとうポケモンとの違いです。 第三世代• 伝説のポケモン• おすすめ攻略情報• レイドバトル攻略• ジムバトル攻略• ランキング• データベース• 各世代別ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧• タイプ別わざ一覧• 初心者向け攻略情報• 掲示板•

次の

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ポケモン環境パーティ

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の

『結論パ』について解説 ~最強のパーティとは~

ポケモン環境パーティ

コメットパンチの威力が高く、等倍以上であれば大きなダメージを与えることができる。 プレミアカップではトゲキッスやカイリューが人気であり、そこへの対策として優秀。 2匹目のトゲキッスは単体性能が高い 通常技のあまえるは威力が高く、相手のポケモンのHPを大幅に削ることができる。 げんしのちからの能力アップも確率は低いが強力な性能となっている。 プレミアカップではカイリューやカイリキーなどの弱点を突きやすい。 カビゴンはトゲキッスと相性がいい ゲージ技ののしかかりは威力が高く、消費エネルギーが低い高性能の技となっている。 トゲキッスがかくとうタイプに強いためカビゴンの弱点はトゲキッスで補おう。 苦手なはがねタイプに対してもかえんほうしゃを使うことができる点も魅力だ。 プレミアカップで人気なメタグロスに対してHPを削ることが出来る。 2匹目はハッサム メタグロスに対してつじぎり、トゲキッスに対してのアイアンヘッドが効果抜群になる。 プレミアカップでの環境トップの2匹のポケモンを対策できるポケモンとなっている。 ラグラージはハッサムの相性補完 はがねタイプのハッサムとの相性補完がよく、高火力のハイドロカノンが強力。 くさタイプの技を二重弱点で受けてしまうため、くさタイプを避ける立ち回りが大切。 プレミアカップではフシギバナなどに注意。 プレミアカップではトゲキッスなどのフェアリータイプやジバコイル、エレキブルなどのでんきタイプが採用されることが多く、相手の1匹目に出てきた場合はラグラージに交代して立ち回ろう。 2、3匹目はギャラドスの補助 メタグロスは、ギャラドスのかみくだくが通りづらく苦手なフェアリーへの対策として採用。 また、ラグラージはギャラドスの2重弱点を突くでんき対策として採用している。 どちらも単体の性能が高く優秀なポケモンとなっている。 コミュニティデイ限定技のハイドロカノンの火力が高いだけでなく、通常技のたきのぼりも威力が高く相手のHPを削れる。 タイプが優秀で弱点が3個のみで、耐性が11個もある。 2、3匹目はエンペルトの補助 エンペルトが苦手なかくとう・じめんタイプへの相性補完のためにトゲキッスを採用。 また、エンペルトとトゲキッスがでんきタイプに弱いためじめん技を打てるドリュウズを採用。 ドリュウズはプレミアカップで人気のトゲキッスの技を半減しやすいため強力だ。 ポケモン 技 解放技 カイリキーを軸としたパーティ 1匹目のカイリキーははがね対策として採用。 ゲージ技にゲージ消費量の少ないクロスチョップを覚えるため、ローブシンよりも使いやすい。 プレミアカップではエンペルトやメタグロス、ハッサムなどがはがねタイプとして採用されることが多い。 ジバコイルはカイリキーの相性補完 ジバコイルはカイリキーが苦手なフェアリー・エスパー・ひこうタイプの技に耐性があるため相性が良い。 ワイルドボルトは防御が下がってしまうがその分威力が高く、2発分溜めて連発することも可能。 トゲキッスはかくとう・じめん対策 トゲキッスは通常技の威力が高く、弱点を突かれない場合はかなり有利なバトルができる。 かくとうタイプやじめんタイプが相手の場合はトゲキッスで対応しよう。 ポケモン 技 解放技 ハッサムを軸としたパーティ 1匹目のハッサムはプレミアカップで人気のメタグロスとトゲキッスに勝つことができるため優秀。 また、つじぎりは必要なエレルギーが少ないほか、攻撃アップの追加効果もあるため多少の不利な状況はひっくり返すことができる。 モジャンボはみず・ひこう対策 モジャンボは環境に多いみず・ひこうタイプの対策がメイン。 みずタイプのラグラージの弱点をつけることはもちろん、プレミアカップで人気のカイリューやトゲキッス、ギャラドスなどのひこうタイプの弱点をいわなだれで突ける点が強み。 ギャラドスはハッサムの相性補完 ギャラドスはハッサムとの相性補完が良く、ほのおタイプなどに対して出し負けた際の交代先として採用。 通常技の威力が高く、弱点が少ない点も魅力だ。 また、プレミアカップで人気なメタグロスに対して、ドラゴンタイプの技はいまひとつでもシールドを2枚使えば倒せるほどの火力を持つ。 メタグロスは相性補完 カイリューがフェアリータイプに弱いためメタグロスを採用。 カイリューとの相性補完が良く、弱点が被っていない。 コミュニティデイ限定技のコメットパンチも威力が高く強力。 プレミアカップではトゲキッスなどがフェアリータイプとして人気である。 カビゴンは交代先として採用 1匹目のカイリューが不利な場合や、フェアリータイプの場合は交代先としてカビゴンがおすすめ。 のしかかりのゲージ消費量が少なく、多くの相手に等倍のダメージが入るため強力。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の