メンタ リスト ローレライ。 海外ドラマ「メンタリスト」ネタバレとあらすじ

ドラマ「メンタリスト シーズン4」24話のネタバレあらすじ結末まとめ

メンタ リスト ローレライ

今回、ローレライが再び現れた。 妹ミランダの死の真相を追い、女性専用の虐待被害者収容施設の係員ジュリアを拷問の末殺したローレライ。 彼女は真相にたどり着くためならなんでもする、そして、真相を知ったときに彼女はどう動くのか? 今回は、ローレライとの出会いから、ここに至るまでの話しとシーズン5第16話をお届けしようと思う。 ローレライとの出会い 彼女と出会ったのは、レッド・ジョンから降参しろという伝言が来て、自暴自棄になった(なったふりをした)ジェーン様がCBIを首になり、半年ほどカジノで遊んでいたころであった。 そんな展開が許せなかったジェーン様は、なんと捕まれば一生刑務所行きというリスクをとることを決意する。 それからまたしばらく時はたち、、、 今回、ローレライ再登場である。。。 ミランダの死の真相とは? 今回はローレライが殺人事件の容疑者として追われる展開と、ローレライがミランダの死の真相をつかむため奔走する展開、いつも通り独自に捜査をしていくジェーン様という3つどもえの戦いとなった。 ローレライのこととなるとなぜか関わってくる国土安全保障省の捜査官カークランド。 コイツもレッド・ジョンとのつながりがありそうだし、なにやら秘密を抱えていそうな雰囲気はある。 しかし、まぁ今はいいだろう。 ジェーン様たちが捜査の中で掴んだ証言や証拠は、もちろんローレライもつかんでいる証言や証拠なわけで、ローレライが一歩先を行く展開となっていた。 女性専用の虐待被害者保護施設で働いていたジュリアとその関係者を追っていたローレライは、徐々に真の敵を見つけ出していくのですが、、、 ざっとあらすじを書くと、、、 ある夜ジェーン様は、ジュリア宛の郵便物で一つだけ住所の違った「デービス」へ向かいます。 その時、なにやら足音のようなものが聞こえ、ジェーンが寝室を出るといつの間にか居間でローレライが座っています。 黒髪のローレライはやはり美しい。。。 ローレライはジェーン様に、自分のしていることは分かっているし、ジュリアは妹の殺しに関わっていたと話します。 ジェーン様が主犯を問うと、ローレライは、目星はついているがレッドジョンではないと話します。 ジェーン様は誰であろうと、レッドジョンの手下だと話しのですが、ローレライは、ジェーン様を巻き込みたくないので自分に関わらないよう告げると、ジェーンの頬にキスして家を出ていきます。 ジェーン様には、ローレライが目星をつけた人物が誰なのかわかりません。 そして、収容施設にミランダ(ローレライの妹)がいた記録もなく、ジュリアとミランダの繋がりも見えてきません。 おてがらのリグズビー リグズビーはリズボンに、シェルターの入所記録にミランダがいた形跡はないが、当時ミランダの事件を捜査した刑事は恋人に虐待され5年前に入所したと断言していたと報告します。 リズボンはそのころ施設にいたスタッフと全員話し、他に記録があるならそれも調べるよう話します。 同時にその頃ローレライが動いていた。 一足先に目星がついている人物、「シェルターの理事たち」の後を尾行し、銃を片手に近づきますが、銃を見た女性が大声を上げ、警備員が出てきて銃撃戦となります。 ジェーン様とリズボンさんが現場を訪れると、ローレライは手を負傷し徒歩で逃げたようだと現場の警察官は説明します。 この様子から理事たちはミランダ殺しになにかしら関わっていると見たジェーン様とリズボンさんは理事たちを取調室で話を聞いていきますがどの理事も心当たりがない、担当ではなかったのでわからない、等、手ごたえがまったくありません。 その一方でリグズビーは施設に行き、入所記録とは別に入所者の集計表を手に入れます。 リグズビーはリズボンさんに、入所記録と、集計表の人数が合わないので、誰かが入所記録を改ざんしたのだろうと話します。 人数の違いは、今見ただけでも5人だと話します。 ジェーン様は被害者はミランダだけではない、繰り返し犯行が行われていると話します。 リズボンさんは、理事たちを帰して、それぞれ見張りにつくよう指示します。 さぁ、お手柄のリグズビーでしたが、理事たちの中の誰がレッド・ジョンと繋がっているのでしょうか? 腕を負傷したローレライはどのような手を打ってくるのか? ローレライよ永遠に 「リグズビーは、ジェイソン・レノンを、チョウはケビン・ロームを、カールは、スティーブン・ドップラー、私はメリッサ・エンフィールドを、常時無線で連絡を取り合って、ローレライが来たらすぐ連絡すること」と話します。 ジェーン様が自分も行くと言うと、リズボンさんはジェーン様にここに残るように言います。 仕方なくCBIで資料を読み返すジェーン。 するとレノンが、釣りで大物を釣り上げた写真を目にします。 ジェーンは、デービスの家の寝室で見た釣糸を思いだし、急いでリグズビーに電話し、ローレライが狙っているのはレノンだと話します!!! しかしその直後、ローレライは車をリグズビーの車にわざとぶつけ意識を失ったリグズビーの手とハンドルを手錠で固定してレノンのもとへ行ってしまいます。 さて、ローレライはレノンの足を打ち抜き、真相を聞き出そうとします。 しばらくすると、ジェーン様も到着し、レノンの嘘をいつもの通りに見抜き、真相を話させます。 ミランダを殺したのは、やはりレッド・ジョンだった。。。 ・・・ ローレライはその事実を確認すると、ジェーン様にキスをして、帰り際にレノンを殺害。 そして、レッド・ジョンの命を取りにいったのか、レッド・ジョンのもとへと急ぐのでした。。。 ジェーン様はレノンからレッド・ジョンの本名を聞き出そうと必死に助けようとしますが、そこにまた国土安全保障局の捜査官たちがやってきて、レノンの身柄を拘束してしまいます。 それから2週間後。 ローレライは死体となって、発見されるのであった。。。 レッド・ジョンは誰だ? レッド・ジョンとのつながりを持っていたローレライも亡くなり、またレッド・ジョンの捜査は振出しに戻ったのか。。。 ローレライはジェーン様にレッド・ジョンの名前を言わなかったし。。。 追憶のローレライ、彼女ほどジェーン様を癒してくれた存在は今までいなかったであろう。 彼女ほど、ジェーン様にレッド・ジョンの手がかりを与えた人物もいなかったであろう。 ローレライ、本当にありがとう。 ローレライを演じているエマニュエル・シューキーのセクシー画像はこちら。 っというわけで、今回はここまでである。 ではまた! SponsoredLinks.

次の

「メンタリスト」シーズン6:7人のレッド・ジョン候補とその正体

メンタ リスト ローレライ

ジェーン様が「UPSET」 メンタリストシーズン4第15話の出来事です。。。 その人「エリカ・フリン」と言います。 彼女は結婚相談所の経営者だったのですが、自身の夫を殺害し刑務所に入れられました。 彼女の捜査をしたのがジェーン様達です。 エリカ・フリンという人物は、とても魅力的な女性で数々の男を手玉にとってきました。 ヴァンぺルト曰く「私が男なら尽くしますよ。 ある事件が起きた日、そんなエリカからジェーン様に電話が入ります。 「犯人を知りたければ、会いに来て」 SponsoredLinks 再びのエリカ メンタリスト、シーズン4、15話、エリカ・フリンとジェーン様の物語。 「会いに来て」という電話の翌日、ジェーン様は刑務所のエリカに会いに行きます。 「その服も(オレンジ色の囚人服)似合っている」っとまずはジャブを打ちますが、エリカは軽くかわして、本題に入っていきます。 被害者の女性が彼女が結婚相談所をしていた時のクライアントだというのです。 犯人逮捕に協力できると言い、協力する代わりに一時的に刑務所から出してほしい。 それが、エリカの願いです。 「若いうちに楽しみたい」と。 エリカを知っているリズボンさんは脱走の危険があるから、保釈には大反対。 ですが、ジェーン様は保釈する気満々! そんなジェーン様にリズボンさんはこう質問するのでした。 「捜査に必要だから保釈するの?それとも、あなたが望んでいるから?」 「もちろん捜査に必要だからだし、彼女は役に立つ」と言ってひかないジェーン様、CBI長官、刑務長からも保釈の許可が出て、刑務所から一時的に出すことにします。 しかし、危険なニオイがプンプンします。 刑務所から保釈されると、リムジンがお迎えにきます。 「友人が手配してくれたの。 」 軽く言うエリカはジェーン様を誘います。 リズボンさんも乗ってきます。 それが見抜けぬ私でありますし、わかっているけどわからないふりをしているのか、ジェーン様とエリカの駆け引きがとても面白いのであります。 脱走の心配があったエリカですが、、、 「彼女は出会いがあるとしたら職場のみ」 っと言い切り、過去に勤めていた職場から不倫相手を探します。 夢の家でのジェーンとエリカ 彼女が勤めていたのは、夢の家という孤児院や学校、病院を建てたりする団体でした。 職場をサッと見回して、ジェーン様にこう言います。 「彼女の相手を見つけたらディナーをご馳走してちょうだい。 」 そして、すぐにその相手を見つけるとジェーン様もこう言います。 「彼女と不倫していたことを認めさせたら、ディナーをご馳走するよ。 」 エリカはその言葉を聞いて嬉しそうに彼(リチャード)の方に向かっていきます。 そして、あっという間に巧みな話術でリチャードに彼女と付き合っていたことを認めさせるのでした。。。 その夜ホテルで。。。 ちゃっかりジェーン様を部屋に呼んでるエリカ様。 彼女は言います。 「今までいい男との出会いがなかったのよ」 「出会ったら殺しを重ねるだろ?」 「もっと早くあなたに会えていたら。。。 」 「君はそうやって僕を脱走に利用するために誘惑してるんだろ?」 「あら、あなたを誘惑しているかしら?もし、外に見張りがいなかったら、あなたは本当はどうしたいの?」。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 しっかりとジェーン様を誘惑しちゃってるエリカさま。 この女性、とても魅力的なのです。 ちなみに、エリカを演じているのはこの人です。 モリーナ・バッカリン 1979年6月2日生まれ 2015年に大ヒットした映画「デッドプール」などにも出演しています。 そのほか私生活では4年ほど結婚生活をしていたプロデューサーとの離婚が成立していたり、GOTHAMで共演しているベン・マッケンジーとの間に出来た第1子を出産したりと、話題には事欠かない。 あとは、濃厚な展開のドラマとして2年連続でゴールデングローブ賞を獲得した「ホームランド」というドラマにも出演しています。 そんなモリーナ・バッカリンが演じた「エリカ・フリン」という女性。 そのやばい雰囲気と美貌とスタイルですっかり魅了されちゃいまいました(笑)。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 夢の家のチャリティーでの余興 事件よりもジェーン様とエリカの行く末が気になるところではありますが、しっかりと事件も解決していきます。 メンタリストのジェーン様の本領発揮。 チャリティーでちょっとした霊能ショーを行い、そのショーのアシスタントとしてエリカも手伝っています。 この時のチャリティーでは4つの箱が用意され、相手が自分の意志でその箱を選んだように見せかけるショーが行われます。 実際には、巧みなメンタリストであるジェーン様の誘導があるわけですが、それに気づかず、自由意志で箱を選んだように思ってしまうのです。 その技をドラマでは見ることが出来るので、是非、どうやってい誘導していくのか、観察してみてください。 そして、約束通りにジェーン様はエリカをディナーへと連れて行くのです。。。 お見通しのジェーン様、脱走のエリカ様 おいしくディナーをいただく二人。 化粧直しをしてくるわ、と席を立とうとしたエリカにジェーン様は言います。 「その必要はないよ、脱走するためにキミが用意した弁護士は逮捕した。 偽造パスポートに多額の現金を所持していた。 」 エリカは残念そうな表情。 そして、刑務所へエリカを届けるため車が迎えに来る。 責任者のウェインライトが護送官の持つ書類にサインをして、エリカとジェーン様はお別れだ。 「楽しいデートだったわ。 」 「(今夜のこれが)デートだったのか?」 最後までそんなやり取りをしています。 火花散る二人のやり取り。 余韻に浸っていると一台の車がやってきます。 「エリカ・フリンを迎えにきました。 」 (最初に来たのは偽物の護衛官なのでした、つまりエリカには逃げられました。。。 ジェーン様はこのトリックに気付いていたのだろうか? お気に入りのCBIの部屋から、外の雨を見つめるジェーン様。 そこに一本の電話が。。。 エリカだ。 逃げ切り南国のビーチのようなところでくつろいでいるエリカ様なのでした。 ジェーン様が心を許した女性と言えば、ほかにもクリスティーナという人がいましたね。 クリスティーナは霊能者で、ジェーン様の理解者でもあったのです。

次の

メンタリスト感想メモ 7改|空乃くらげ|note

メンタ リスト ローレライ

舞台はラスベガス。 CBIをクビになったジェーンは、どうやらラスベガスにいるようです。 なんでここだったんでしょうね。 ショービジネス出身のジェーンはここでならコソコソ小銭稼ぎもできそうですしね。 赤い服のウェイトレス ヨレヨレのジェーン。 ひげもそらず、半年間も同じ服なのジェーン!? カウンターで酒浸りのようです。 そんなジェーンに話しかけてくる赤い服のウェイトレス ローレライ。 ジェーンに好意をもっている感じ!? なんとなーくトークを続けていると、ジェーンのサイキック(霊能力者)時代の被害者が現れて、お金を返せ!と言われます。 それもそうでしょう。 「死んだお母さんは〜」なんて言ってましたが、後々父親から母親は生きていたと聞かされたら、サイキックに文句も言いたくなりますよね。 これはやばいと感じたジェーンは、言いがかりをつけてきた客に火をつけて逃げます。 火って! ジェーンらしくない。 なんか適当なこと思いついて言いくるめてその場を逃げるくらいできそうですが、この時は全力で逃げます。 となります。 保釈金を払ってくれたのは誰かな〜リズボンだろうな〜なんて思いながら ジェーンは住まいのモーテルで爆睡します。 保釈金の意外な出どころ ジェーンのこの お股に両手を挟んで寝る姿に萌えます。 そこへ突然誰か来ました。 おっと ローレライ チキンスープ持ってきたよ。 って怖いよ。 少しためらいましたが、受け入れるジェーン。 この時は殴られたせいで、タレ目が50%増量中です。 そんなこともできるジェーンすごい。 話している間に、保釈金を払ったのはこのローレライであることを知ります。 ただなんとなく、同じ気がしたからなんて理由で保釈金を払ってくれる謎の女ローレライ。 でもここはラスベガス。 どんなことでもあるよね〜。 なんかもう人生投げやりだし、なんでも受け入れちゃうジェーン。 なによりローレライ美人だし。 悪い気はしないよね〜。 まったりベッドで野生の王国のテレビを見る二人。 きゃー!シマウマがライオンに食われちゃう〜 キョ キョワイ〜 助かった〜 なんてイチャイチャしてんなよ。 この時 男はおそらく 行くべきか、いかざるべきか。 いくのならどのタイミングで行くのがベストか。 そのことしか考えていないと思われます。 シマウマもライオンも糞どうでもいい。 ええのか ええよな。 ここベッドだし。 来てくれたサンキュー はいどうも〜。 その時リズボンは 夜道を散歩中。 いつも ジェーンの心配をしてる。 どこで何をしてるのか。 私は完全リズボンを応援なので、この時とても切なくなります。 そして同時に ローレライ嫌い。 朝の真実 きゃはーん。 寝てはる。 お? そうだった〜 甘い 朝の時間。 さんまちゃんの理想の女性、男のワイシャツ着るパターン。 ここで作ってるのはジェーンの好きな「卵料理!」ジェーンは「僕が好きなの知ってたの?」なーんて甘えてますが。 おはよう おねぼうさん。 めっちゃつかれてたんやで。 見てる見てる。 ローレライを見てるよ。 ジェーン。 そしてこんなにニヤニヤ。 「また、会えるかな」なーんて言っちゃうジェーン。 今までどんなひとの誘惑にも慎重だった男もこの有様。 保釈金が大きかったのかな。 この美しさゆえ? しかし このニヤニヤも一瞬で血の気が引く事実を知らされます。 私の意思はないわ。 全てはレッドジョンの思うままに。 はい 顔面蒼白。 頭真っ白。 おそらく、手足の感覚はなくなってると思います。 レッドジョンはジェーンはこのままではいけない。 と伝えたかったようです。 同士として、今の堕落したジェーンは見たくないんだと。 ローレライは一生懸命伝えます。 ここで、向こうの壁にはたくさん本があるんだな〜と気が付きます。 さすが読書家ジェーン。 横積み派。 そう言ってローレライを追い出したジェーン。 ドアを閉めると やっと来たとでも言いたげな この表情。 ジェーンは「堕落したジェーン」を演じて、レッドジョンをおびき寄せていたようです。 「降参しろ」とは言ったものの、やはり、物足りないのでしょうかレッドジョン。 ローレライを使って、ジェーンを自分の手の内に入れたがっています。 レッドジョンは友として手を差し伸べていると言います。 動き出したレッドジョンに、ジェーンも元の精悍な表情に戻りました。 失踪のシナリオはここから大きく動き出します。 リズボンへ真実を話すジェーン 場所は、リズボンが行った教会。 なんだか落ち着かないリズボンは静かに一人になりたくて教会に座っています。 ずっと四つん這いでここまで来た!大成功!と自慢気なジェーン。 元気だったかと聞くジェーンに 「今までどれだけ心配したか!!!!」と怒り狂うリズボン。 ジェーンはなだめてなだめて自分のこれまでのことを話します。 これまでの失踪はジェーンの演技だったこと。 リズボン「ひどすぎる クソッタレの最低野郎だわ」 ジェーン「ここは教会だよ」となだめるジェーン。 レッドジョンが罠に引っかかってきたと言い出すジェーン。 降参しろと言われ、CBIをクビになって、堕落した生活をしているのに、レッドジョンはジェーンを殺さない。 それではつまらないのだ。 ジェーンを弟子にしたいのだ。 レッドジョンの使いのものがジェーンに接触してきている。 レッドジョンの話に乗るふりをする。 こちらはそうやってレッドジョンを釣るんだ。 計画をリズボンに話すもリズボンは怒りを隠せません。 「何度も電話したわ!何百回も!」「ごめん」 「夜もずっと眠れなくて!」どれだけ心配したことかバカヤロー! リズボンは怒りをジェーンにぶつけますが、最終的にはジェーンの計画をしぶしぶ受けます。 ジェーンから電話を渡され、この計画は極秘ですすめることを伝えられます。 それでも 怒り続けるリズボンにジェーンはこの表情。 また四つん這いでどこかに消えてしまいました。 またサヨナラも言わずにジェーンに姿を消されたリズボンは「ジェーンなんて大っ嫌い!」と教会の中で叫びました。 CBIでは上司のウェインライトが、そろそろジェーンを呼び戻しても良い頃かもとリズボンに提案します。 おそらく、検挙率も下がってきていることが大きく影響しているようです。 しかしリズボンは提案を突っぱねます。 「ジェーンは放っておくのが一番です」 突然のウェインライトの提案にやや怯みつつも、彼の好きにさせましょうということで二人の会話は終わりました。 尊敬の証 ジェーンはローレライに会いに行きます。 「あの後考えた。 レッドジョンの言う通りにするよ。 それと引き換えに僕は何をしたらいいんだ。 」 「レッドジョンの友情を受け入れればいいのよ。 尊敬の証にテレサ・リズボンの死体を持ってきて」 「冗談でしょ」 「本気よ。 」「他のものにして」「他のものはない」「では断る」 「当然よね。 でも彼の立場で考えて。 これができなければあなたが変わったとは信じられないわ。 」 それだけ言い残してローレライは席を立ちます。 レッドジョンの言いなりに動くにはリズボンの死体を!? これは困った。 どうなるジェーン。 ジェットコースターのこのエピソード。 長くなりますので、続きは後編へ!!.

次の