カラオケ 抑揚。 LIVE DAM Ai(ライブダム アイ)の採点で高得点を取るには、新たな指標「Ai感性」の攻略が必要だった!

日本一詳しい?カラオケDAM精密採点DX

カラオケ 抑揚

スポンサーリンク 抑揚とは? 辞書で調べると、抑揚は「音声や音楽・文章などの調子を上げたり下げたり、また強めたり弱めたりすること。 また、その調子。 イントネーション。 」とあります。 簡単に言ってしまうと、歌ってる時に強弱をつけなさいという話ですよね。 でも、私の場合は極端にやってもあまり効果がないどころか、逆にダメダメでした。 全国採点GPで歌うと詳細点数は表示されず総合得点だけなので、音程外してたのかな?とか思ってました。 ですが、分析採点で内訳を見てみると 抑揚が原因でした。 前回から10点近く点数が下がったらびっくりしますよ?(笑) 色々歌い方変えてみたりしてますが、一つの項目だけにここまで影響するのは少し驚きました。 抑揚の点数を上げるためには? 抑揚の点数が低い原因の一つは 声が小さいことだと思います。 抑揚を意識して小さい声で歌ったりしてみましたが、逆にダメダメでした。 (笑) 色々試してみましたが、抑揚の点数を上げるには 大きな声で歌うことが良いと感じました。 まあカラオケの採点で良い点数を出すのに、大きな声で歌うということはどこでも言われてることかもしれませんけどね。 変に抑揚をつけようとするよりは、抑揚を気にせず大きな声で歌ってる方が、点数が高かったです。 (笑) 意識して抑揚をつけようとして強弱が激しすぎても、 不自然になるというのもあるかもしれません。 最初はほんとに小さい声で歌い、サビで全力で歌っても差が激しすぎますよね。 そこまで極端にやらなくても、ある程度の強弱で判定できるということかなという気はしました。 普通に大きい声で1曲通して歌っても、ところどころで多少強弱ってつきますよね? サビの後とかは、意識しなくても自然と声が弱まると思います。 逆にそこでずっと全力で歌ってたら、それはそれで不自然な感じがしますよね。 あとは強弱をつけようと小さい声で歌ってると、その部分がボソボソって感じになってしまう可能性があります。 マイクに声をしっかり通した方が良いのはたしかなので、あまり小さい声も良くなさそうだと思いました。 試しにかなり大きい声で一曲通して歌ってみましたが、抑揚の項目は11点近くは出ました。 強弱をつけようと意識するよりは、 棒読みをしない程度に考えておけば良いかなと思います。 文字通り棒読みだと強弱も何もないですからね。 でも歌ってて棒読みになるのは、それはそれで難しいのではないかと私は思います。 それだけある程度声を抑えて歌ってることになりますし、歌ってるというよりただ声を出してるだけって感じが強いと思います。 やっぱりカラオケはまず楽しまないとです! 抑揚の点数がつかないよーという方は、一度自分なりに強弱をつけた歌い方と、大きめの声で自然に歌った場合とで比べてみると良いと思います。 私は大きな声で自然に歌った場合の方が、圧倒的に点数が高かったです! ちなみに、それがさっきの画像の点数です。 大きい声と言っても、そこまで叫ぶ必要はありません。 もちろん叫びたいのであればOKですよ! でも、そこまでしなくても疲れない程度に大きい声で十分です。 あまり叫ぶようにしてしまうと、息が続かなくてロングトーンや安定感の点数が下がったり、音程が外れたりするかもしれません。 ほどほどに自然に~ぐらいがやっぱりちょうど良いんですよね。 まとめ 抑揚は私も意識すると難しいなと今のところ感じています。 そして、抑揚の点数が低い原因の一つは声が小さいことだと思います。 なので、逆に意識しないで自然に大きい声で歌った方が、良い点数が出るんだと思います。 試しにでも大きい声で歌ってみると良いですよ。 あとは歌詞に感情を込めるというとオーバーな表現かもしれませんが、抑揚が自然につくと思います。 感情を込めて歌えば無駄に大きい声になることもないでしょうし、歌ってても楽しいと思います! -.

次の

【カラオケ】抑揚の付け方・出し方のコツ&上達法!抑揚がない人必見♪

カラオケ 抑揚

難しいと思われがちな「しゃくり」ですが、これもカラオケの表現力には不可欠なテクニックです。 しゃくりは曲に必ずついている節の1種です。 本来の音程より少し低めに声を入れ、そこから声をしゃくり上げて本来の音に近づけます。 メロディよりも少し遅れる形で下から上にしゃくり上げるのですが、しゃくりを入れても音が途切れないように、滑らかに音をつなげるようにコントロールしてください。 もし難しいと感じるなら、最初はしゃくりを意識して歌うだけでも良いでしょう。 カラオケの表現力でしゃくりを意識するとは、歌詞の母音を意識することです。 たとえば「か」なら「かぁ」と少し伸ばすようにしてしゃくり上げます。 もちろん曲の速さに合わせて、しゃくりのテンポも変えましょう。 高得点を出すためには、1曲に30回以上のしゃくりを入れる必要があります。 エルサとして松たか子さんが歌う「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」は、映画「アナと雪の女王」の主題歌ということで大ヒットしました。 カラオケでも思い切り抑揚を付けることができる曲です。 ハイトーンが続くサビを歌いきるのが難しいと感じる人もいるかもしれません。 ただ、表現力たっぷりに熱唱したあとはかなりの満足感を味わえるため、ただ難しいという理由で敬遠するのはもったいない曲とも言えます。 練習法として、まず曲の始まりの低音部分は声量をコントロールして、ささやく程度の声で歌ってみましょう。 小さな声でボソボソと歌うということではなく、しっかりと安定した発声が必要です。 サビの部分の盛り上げ方ですが、それまで抑えていた声量を思い切り解放します。 なるべく裏声を使わないように最初からキーを下げておきましょう。 口も大きく動かして歌詞をはっきりと発音します。 母音だけで歌ってみるのも口の形を意識できるため、良い練習法になります。 表現力が必要とされる曲ですが、ぜひ挑戦してみてください。 表現力以外に、カラオケの採点では「音程」が最も重要とされています。 カラオケで言う音程とは、カラオケ画面のガイドメロディという音程バーに合わせて歌うことです。 音程での高得点の上げ方に多くの人が難しさを感じるかもしれません。 生まれ持った音感にもよるところがあるためです。 カラオケの画面で表示される1ページの1部分だけ音程が外れる程度なら、単なるミスとして減点されることはありません。 ただ、多くの部分で外してしまうと、大きく減点されてしまうため注意が必要です。 音程の得点の上げ方として、歌詞はなるべく覚えるようにしてください。 歌詞を覚えることによって、音程バーに合っているかを確認しながら歌うことができます。 もし音程でなかなか高得点を出せないなら、ほかの表現力などの項目で点数を得られるようにすると良いでしょう。 上級者向けではありますが、カラオケでほぼ満点に近い高得点を狙う場合、「安定性」も大切になってきます。 カラオケでの安定性とは、声が震えたりしていないか、真っすぐに出せているかを判定される項目です。 ビブラートとロングトーンがまだ上手くできない場合は、そちらを先に練習しましょう。 カラオケで安定性を稼ぐためには、表現力にも必要不可欠だった腹式呼吸が重要となります。 声が安定しないのは息が足りていないためです。 頻繁に息つぎを行うことで、ある程度の声の震えは解消されます。 また、自分の音域より低い音や高い音の部分は、積極的にビブラートをかけるようにしましょう。 ビブラートはロングトーン以外のところに多めに入れることで、カラオケの安定性の項目に有利となります。

次の

カラオケ採点の抑揚とは?高得点に繋がる付け方3つのコツ

カラオケ 抑揚

DAMシリーズが誇る精密採点には抑揚という項目があります。 表現力のおよそ8割を決める重要な要素です。 この抑揚が高いか低いかで総合点数が変わると言っても過言ではありません。 ですがこの抑揚、どうすれば評価は上がるのでしょうか? 確かに曲ごとにバラつきはあります。 高い評価をもらえる曲もあれば、まったく評価されない曲もある。 でも抑揚というからにはアレンジみたいなものだろう、そう思うこともあるかもしれません。 私自身、アレンジを加えたり感情を込めて歌えば高評価をもらえるんじゃないか?そうすれば90点も夢じゃないだろう。 なんてことを思ってました。 結果、まるで抑揚が上がらず、点数も上がりませんでした。 今だからこそ原因はよく分かります。 私は抑揚の意味を理解していなかったのです。 一般的な意味の抑揚ではなくカラオケでの抑揚の意味を。 それを知り、じゃあこうすればいいじゃないか!と実践した結果、抑揚はつねに90を越える高評価になりました。 そこで今回は同じように抑揚を上げたいと思っているあなたに、そもそもDAMの抑揚とはなんなのか?そしてどうすれば抑揚で高得点を取れるのかを説明します!あなたが思っている以上に簡単な項目ですので、参考にしてください! DAMでの抑揚とは? DAMでの抑揚は精密採点DX、あるいは精密採点DX-Gで出てくる採点項目です。 採点画面を見れば一目瞭然ですが、おもに表現力に作用します。 この抑揚ですが、普段考えるような抑揚とは違っています。 普通の抑揚というのはイントネーションという言葉があるように、調子の上げ下げですよね。 そこから、アレンジを加えると抑揚が上がるのでは?という考えもあるようです ですが、それでは抑揚は上がりません。 カラオケでの抑揚は「声の大小」だからです。 声の大小です。 イントネーションでも何でもありません。 それは抑揚なのか?とも思いますよね。 カラオケの採点もしょせんは機械が行うものなので、仕方ないのかもしれません。 声の大小なので、 大きな声と小さな声、この差が大きければ大きいほど得点は高くなります。 DAMの抑揚は曲の数か所で測定。 結果は平均で算出している。 表現力は曲の中で複数回、判定をしています。 なのでAメロ、Bメロを小さな声で歌って、サビを大きな声で歌っても得点は上がりません。 声の大きさを変える。 これを一曲の中で数回やらねばなりません。 もちろん、意識的に声量を操作すればするほど効果は大きくなります。 最終的な抑揚の点数の算出も音程と同じく平均で出しています。 そのため、一か所でも抑揚が低いと最終的な抑揚の点数も下がってしまいます。 上でも説明しましたが、曲の中で全体的に声の大きさを意識的に変えることを繰り返す、これが一番重要です。 DAMの抑揚は総合得点にも直結する! 抑揚は表現力という項目の一部です。 ですが、表現力の点数の8割を決めていると言っても過言ではありません。 そのため、抑揚で高い点数が出せれば表現力も自然と高い点数になります。 総合得点は音程、安定性、表現力、リズム、ビブラートとロングトーンのテクニックから算出されています。 ですので、表現力が高くなれば総合得点も自然と高くなります。 後述しますが、実はカラオケの精密採点で点数を上げる手っ取り早い方法はこの抑揚を上げることです。 音程を上げるには時間がかかりますが、この抑揚を上げるのはすぐにできます。 その方法を紹介します。 カラオケDAMで高い抑揚を出す3つのコツを紹介 カラオケでの抑揚の定義が分かると、攻略法が見えてきます。 精密採点で抑揚の高得点を取るコツは3つです。 それを今から紹介しましょう。 コツ1:ロングトーンの最後は消え入るようにフェードアウト どの曲にもロングトーンはあります。 とくにサビの最後には長いロングトーンがあることが多いです。 このロングトーンの最後を声を少しづつ小さくして、消え入るように歌ってみましょう。 これをフェードアウトと言います。 サビは高音が続き、声が大きくなりがちです。 その最後のロングトーンをフェードアウトすることで声の小さい部分を作り出して声の大きさの差を広くします。 そうすることでサビ部分に抑揚がついていると判定され、高評価がもらえます。 サビは盛り上がる性質上、声が大きいままサビの最後まで歌ってしまうことが多いです。 声の大きさが変化しないので、抑揚で低評価をもらいやすい部分ということです。 そこで抑揚をつけると、平均で算出する性質上、非常に高い点数がもらえます。 コツ2:高い部分は大きな声で、低い部分は小さな声で! 抑揚が声の大小で決まる以上、意図的に声の大きさを変えるのは非常に効率的です。 とはいえ、意識して声の大きさを変えるのは簡単ではないです。 そこで今回紹介するのは、音の高いところは大きな声で、音の低いところは小さな声で歌うコツです。 精密採点を何度もやっていると分りますが、基本的にAメロ、Bメロよりもサビの方が音程バーは高い位置にきます。 サビの方がAメロ、Bメロよりも大きな声で歌います。 普通に歌うだけでもあなたはある程度の抑揚を取っていることになります。 なのでそれをもっと細かくしてみましょう。 音程バーを見て、少しでも高い部分があれば大きな声で、少しでも低い場所があれば小さな声で歌ってみましょう。 そうすることでAメロ、Bメロでも抑揚で高評価がもらえるようになります。 コツ3:マイクの位置をコントロールしてみよう! これは裏技のようなものになります。 やる人とやらない人、好みが分かれると言ってもいいでしょう。 抑揚が声の大小で決まります。 実はこの声の大小は、あなたの声でやらなくてもよいです。 声ではなく、声を拾うマイクに声量の大小をつけてもらいましょう。 マイクは口との距離によって拾う音の大きさが違います。 マイクを口に近づければ大きな声として、口から遠ざければ小さな声として判定されます。 曲の中で頻繁にマイクと口の距離を変えてみましょう。 特に音が高いところでは近づけて、低いところでは遠ざけてみてください。 自分で声量をコントロールする必要のない分楽にできると思います。 この方法を特に気にしないならば(中には周りの人に見られるのが嫌という人も居ます)かなり有効な手段です。 曲のどこで抑揚の判定をしているのかは分かりません。 ですがこの方法ならどこで判定をしていても高評価をもらえるからです。 DAMでの抑揚の仕組みとコツ ~おわりに~ 抑揚がもっとも上げやすいのは上で紹介したマイクコントロールが効果的だからです。 歌が上手くなる必要も、特別なテクニックも必要ありません。 簡単に点数を上げられます。 ですがそれは歌声によらない、知っているか知らないかだけの違いになります。 こういった方法で採点をするのはいかがなものかと思います。 声が曲の中でずっと大きくても上手ければいいじゃないか、と私は思います。 ですが、それでも精密採点で高得点を取れることは嬉しいことです。 もしも抑揚を取って高得点を獲得しても納得がいかなければ他にも点数を上げる方法は沢山あります。 音程正確率やビブラートの技術など、別の方向での上達も紹介していますので参考にしてください!.

次の