目 の 腫れ 対処。 アイプチやメザイクでまぶたが腫れる原因や対処法について解説

まぶたや目が腫れる原因は何?

目 の 腫れ 対処

目頭が腫れている、痛い、そして赤くなっている場合は、ものもらいの可能性が非常に高いです。 見分け方としては、「赤い腫れ」があるかどうかですね。 ものもらいの中でも、麦粒腫の場合には、赤いボツっとした腫れ物が特徴的です。 これが白っぽく見えることもあります。 腫れ物が目頭にできてしまうと、まばたきをしただけで痛くなったり、痒みが出たりしますので、本当に辛い症状です。 なるべく目を擦ったり触ったりせずに、放置しておけば自然治癒していくことが多いですが、症状がひどく、日常生活に支障が出てしまっているときには、眼科を受診しましょう。 処方された目薬を使えば一週間ほどで痛みが治まります。 病院に行かずに治すためにも、極力目を擦ったり触ったりはしないよう工夫することが大切です。 もし目を擦り過ぎてしまうと、目頭が切れてしまうことがあります。 目頭が切れると、そこから細菌が入り込み、二次的な感染症を引き起こしやすくなってしまいますので、くれぐれも注意するようにしましょう。 目を擦ったり触ったりする癖のある人は、放置せずにまず眼科を受診された方がベストですね。 出典:kurachi. jp 充血や、目がゴロゴロする、目やにが出るといった場合は結膜炎の可能性が高いです。 眼球とまぶたの間を覆う結膜組織に炎症が起きると、目頭が痛み、腫れることがあります。 充血があったり、目がゴロゴロする感じがあったり、目やにがたくさん出るというのが、ものもらいとの違いですね。 目全体に及ぶこともありますが、目頭にピンポイントに症状を感じるときもあります。 原因は、ウイルス性やアレルギー性のものがあり、ウイルス性の場合には、感染力が非常に強い疾患になりますので、家族間でもタオルを共有しないことや、手洗いを徹底する、基本的に目は触らないといった工夫が必要です。 また、治療が終わり症状が落ち着いても、ウイルスの感染力が完全に無くなるまでは時間がかかります。 その間に他人にうつしてしまうことが非常に多いですので、ウイルス性結膜炎の場合には、出席、出勤共に、症状が治ってからも注意するようにしましょう。 出典:skk-health. net.

次の

まぶたや目が腫れる原因は何?

目 の 腫れ 対処

細菌やウイルスによるまぶたの腫れ 子どものまぶたが腫れる原因で多いのが、細菌やウイルスによる感染です。 乳幼児が感染しやすい理由としては、免疫機能が未熟で抵抗力が弱い点が挙げられます。 また子どもは鼻涙管(びるいかん)と呼ばれる目と鼻をつなぐ管が短く、鼻から細菌やウイルスが感染しやすいのも理由の1つです。 細菌やウイルスの感染が原因でまぶたが腫れる主な病気には、以下のようなものがあります。 ものもらい ものもらいはまぶたの毛穴などに細菌が感染することで起こります。 外遊びの後に手を洗わずに目を触ることや、不衛生なタオルや枕カバーなども感染の原因です。 治療法としては、原因に応じて抗菌剤を点眼したり、膿が多く溜まっている場合は切開して膿を出す治療などがあります。 結膜炎 結膜炎はアデノウイルスと呼ばれるウイルスが感染して起こる病気です。 一般的には「はやり目(流行性角結膜炎)」や「プール熱(咽頭結膜熱)」の名前で知られています。 ウイルス性の結膜炎は特別な治療法がなく、自然に治るのを待つしかありません。 また結膜炎は非常に感染力が強いため、家族間での2次感染に注意しましょう。 登園や登校も、医師の許可がでるまで控えることが必要です。 アレルギーによるまぶたの腫れ まぶたの腫れはアレルギーによっても起こります。 アレルギーの原因には、花粉など季節が限定されるものや、ダニやハウスダストなど1年を通したものがあります。 その他に、食べ物や薬品などが原因になる場合も考えられます。 アレルギーによるまぶたの腫れを予防するには、原因となるアレルゲン(アレルギーを引き起こすもの)に触れさせないことが1番です。 しかし実際の生活では完全に避けることが難しいケースもあります。 その場合はアレルギーを抑える薬を点眼したり、服用したりすることで症状を軽くする治療が行われます。 では、虫刺されやその他病気によるもの、腫れているときに気をつけたいことなどについてご紹介します。 へ続く ドクターより• カテゴリー タグ , 関連記事.

次の

アイプチやメザイクでまぶたが腫れる原因や対処法について解説

目 の 腫れ 対処

スポンサードリンク 目がかゆいし痛い 目やに 涙 腫れがある 目に起きる異常というと、目のかゆみがぱっと思いつきますが、かゆみに伴い痛みや腫れ、涙や目ヤニが出たり、白目が充血するなどの症状も出る事があります。 目に髪の毛や睫毛が入ったり、砂埃などのゴミが入ったりする事で角膜が傷ついてしまった。 という事も考えられますが、余程強くこすってしまったりしない限り、この場合は 一過性の痛みやかゆみの症状が起きるだけで、目薬などで洗眼する事で収まります。 目薬で洗眼するなどの処置を行っても、集中力を欠いてしまうほどの目のかゆみ(目がかゆいのがずっと気になっている状態)、痛みや腫れ。 涙や目ヤニが出るなどの異常が続く場合、考えられる病名としてはこの様なモノがあります。 アレルギー性結膜炎• 春季カタル• ものもらい• ドライアイ 一括りに目がかゆい、痛い、腫れる、涙が出るといっても、一般的にかかりやすい病気だけで大きく4種類あります。 目の異常が 長引く場合は上記の眼病を疑いましょう。 これらの病気になぜかかってしまうのか、なぜ症状が出ているのか原因を知る事は、治療を行う上でとても重要になってきます。 原因に沿った治療を行わなかった場合、いつまでたっても治らない事も考えられます。 なぜ、目に異常が起きているのか原因をしっかりと把握した上で、適切な対処をしましょう。 目がかゆいし痛い 原因は? 4つの眼病の原因をチェックしておきましょう。 アレルギー性結膜炎 アレルギー性結膜炎とは、眼の表面に アレルギー反応を引き起こす物質が付着するために充血や痒みが起きる病気です。 アレルギー反応を起こす物質として、主に花粉、ダニやほこりなどのハウスダスト。 犬や猫など動物の毛があります。 最近では黄砂やPM2. 5などでアレルギーが起きる事も増えています。 花粉症の様に起きる時期が決まっている場合は「 季節性アレルギー性結膜炎」と呼ばれます。 ハウスダストやペットの毛などが原因で、季節を問わずいつでもなってしまう場合は「 通年性アレルギー性結膜炎」と呼ばれます。 アレルギーの原因となる物質が目に入る事で、免疫機能が活発になり過剰な拒否反応を起こすとヒスタミンを大量に放出します。 ヒスタミンというのは、体の中で神経の伝達などにかかわっているホルモンのひとつです。 このヒスタミンが眼を刺激して充血や痒みの原因になります。 春季カタル アレルギー性結膜炎が重症化してしまったモノを春季カタルと呼びます。 アレルギー性結膜炎が元になっているので、やはり原因はアレルギーです。 症状としては目のかゆみや充血、痛み、まぶたのむくみ、ゴロゴロとした異物感、大量の目やになどがあります。 小児や青少年に多く発症しますが、これらの症状は大人になるとともに落ち着いてくることがほとんどです。 春先にかけてこの症状が出る事が多かった為にこの病名になったと言われていますが、現在では春だけでなく、いつの時期でも同じ症状が出る事があります。 春季カタルは、次の3つに分けられます。 check眼瞼型 症状によりまぶたの裏側が凸凹に腫れます。 check眼球型 角膜の周りの結膜が盛り上がってしまいます。 check混合型 眼瞼型と眼球型の症状が一緒に現れます。 また、結膜が厚くなってしまうことで角膜(黒目の部分)に摩擦が起こり、それによって 角膜が濁ったり、視力が下がったりする症状を起こすこともあります。 ものもらい 地方によって、「めばちこ」、「めいぼ」、「めっぱ」など呼ばれているものもらいは、正式には「 麦粒腫」と呼ばれておりウィルスに感染する事が原因で起こります。 症状として始めは痒く、徐々にまぶたが赤く腫れて痛むようになります。 耳たぶの付け根のリンパ節の腫れを伴うこともあります。 瞼の外側に出来る事が多いですが、瞼の内側に出来てしまう場合もあり、そうなると激しい痛みを伴います。 ウィルスにより化膿した部分から、膿が出る事で快方に向かう事が多いですが、膿が溜まり過ぎてしまうと切開手術が必要になる場合もあります。 ドライアイ ドライアイは涙の量が足りなくなったり、涙の成分が変化したりすることによって、 目の表面に障害(傷)が生じる目の病気です。 症状としては目の乾きや疲れ目、目の痛みやかゆみ、目のけいれんなどがあります。 主にテレビ、パソコンのモニターを見続けるなどによる目の酷使、冷暖房による空気の乾燥、コンタクトレンズを着けている事が原因で発生が増加するといわれています。 テレビやパソコンのモニターを凝視する事で瞬きの回数が減り、目の表面の涙が減ってしまったり、冷暖房の空気が目の水分を奪ってしまう為です。 コンタクトの装着はソフトコンタクトの場合、目の表面から涙液の蒸発量が増してしまう為に乾燥してしまいます。 またコンタクトの装着は、レンズの洗浄を正しく行っていない為に付着してしまったゴミや汚れ、装着の際に誤って眼球に触れてしまうなどの為に、目を傷つけてしまい別の眼病の引鉄になる事もあります。 スポンサードリンク 目がかゆいし痛い 対処ってどうする? 可能であるなら、 眼科を受診するのが一番ですが、ひとまずの対処として市販の目薬を使用する場合、原因に合せた目薬を使用する必要があります。 アレルギー性結膜炎、春季カタルなどアレルギーが原因で症状が出ている場合は、 抗ヒスタミン剤の入っている目薬を使用しましょう。 抗ヒスタミン剤というのは簡単に言うとかゆみ止めの成分です。 目薬の成分表を見て クロルフェニラミンという成分が入っていれば、それは抗ヒスタミン剤の入った目薬ということになります。 (サジテンAL点眼薬、アルガードクリアブロックEXなど) ものもらいなど、ウィルスが原因で症状が出ている場合は、抗菌の目薬を選びましょう。 目薬を他の人が使う事で感染してしまうのを防ぐ為にも、一回 使いきりタイプの抗菌目薬の使用がおすすめです。 (ティアーレ抗菌目薬、ロート抗菌目薬iなど) ドライアイで乾燥している場合は、防腐剤や血管収縮剤を使用していない人口涙液タイプの目薬や、 粘度が高めで乾燥しにくい目薬がおすすめです。 (ソフトサンティア、新ロートドライエイドEXなど) いずれも、一週間試しても改善が見られない場合や、症状が悪化してきている場合は必ず眼科を受診しましょう。 まとめ 我慢出来ない目のかゆみですが、掻いてしまう事で症状が悪化したり、別の病気を併発してしまうこともあります。 まあ大丈夫だろうと、こすってしまわずに 目薬できちんと洗浄する事が大事です。 先に挙げた眼病で、すぐに失明してしまうという事は非常に稀ですが、目に傷が付く事で緑内障などになってしまうリスクも考えられます。 原因に沿った目薬を使用しても改善しない場合はそのままにせず、 必ず眼科で受診して下さい。

次の