デトックス スープ ダイエット。 脂肪燃焼スープダイエットの効果と方法。1週間で健康的に痩せる! | 女性の美学

スザンヌのデトックススープ(ダイエットスープ)のレシピと効果は?

デトックス スープ ダイエット

脂肪燃焼スープダイエットのやり方と口コミや人気レシピ!痩せない場合の対処法は? お腹いっぱい食べることができるのに、 痩せられるスープがある、とインターネット上で話題となっている ダイエット方法をご存知でしょうか。 それは、 脂肪燃焼スープダイエットです。 ダイエット経験者なら、誰もが一度は味わったであろう「食べたくても我慢しなければいけない」というストレス。 このストレスこそ、ダイエットを失敗に導いてしまう一番のネックなのですが、そのネックが取り払われたものが 脂肪燃焼スープダイエットなのです。 しかも、ダイエット期間はたったの一週間。 半年、一年を有して少しずつ体重を落としていくのが、体に最も負担を掛けないダイエット方法だということは誰もが知っていることですが、だからといってそれほどの長い期間、ずっとモチベーションを保ち続けるのも至難の業と言えますよね。 でも一週間なら、ちょっと頑張って続けてみようかなと思えるのはないでしょうか。 そこで今回は、脂肪燃焼スープダイエットについて調べてみました。 そもそも、脂肪燃焼スープとはどのようなものなのか? どうしてスープを飲むだけで痩せることができるのか?など、疑問に思うことを中心にしっかりと調査していますので、是非一度お読み頂けたらと思います。 脂肪燃焼スープダイエットとは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、読んで字の如く、 脂肪燃焼効果のあるスープを飲むダイエット方法です。 しかも、通常のダイエットでは食事の量を制限しますが、このダイエット方法では脂肪燃焼スープを飲めば飲むほど痩せられるというというのが画期的。 これまでの「ダイエット=我慢」と全く対極にあると言っても過言ではないダイエット方法なのです。 その発祥は、心臓外科手術前に体重を落とす必要があった肥満の患者が、健康的に、なおかつ短期間に痩せるために病院で出された食事が元になっていると言われています。 脂肪燃焼スープダイエットの方法は、脂肪燃焼効果のある野菜が入ったスープを7日間、決まったスケジュールで摂取するだけ。 たったこれだけなのに、驚くべき効果が期待できるのが、脂肪燃焼スープダイエットです。 脂肪燃焼スープダイエットのメリット 脂肪燃焼スープダイエットの最大のメリットは、ダイエットのためにわざわざ道具や材料を買い揃える必要がないということです。 ダイエット方法の中には、専用の器具が必要だったり、近くのスーパーでは入手困難な食材を手に入れなければならないものがありますが、脂肪燃焼スープダイエットは身近な食材だけで簡単にダイエットフードを作ることができます。 また、ダイエットにつきものと言える空腹のストレスがなく、お腹いっぱい食べることができるのもこのダイエットのメリットと言えるでしょう。 ダイエットにおいて一番難しいのが、このストレスをどう克服するかですが、脂肪燃焼スープダイエットでは最初からその心配をする必要がないのです。 さらに、家族と同居している場合などに、通常の食事の用意と合わせてダイエットメニューを別に準備しなくていけない、という手間も省けます。 スープは一度で大量に作ってしまえば数日は持ちますし、野菜がたっぷり入っているのでダイエットのためだけではなく、健康維持の目的で家族も一緒に摂ることができるため、自分だけダイエットをしているという孤独を感じることもなくなります。 脂肪燃焼スープダイエットの効果!一週間でマイナス5~8kgは減量可能なの? 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間、つまり一週間で行うのが決まりとなっています。 ダイエットを1ヶ月、半年、1年と続けるには、かなりのモチベーションを要しますが、一週間なら何とか頑張れそうと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、逆に「一週間、スープを飲み続けるだけで痩せるとか・・にわかには信じられない」と感じる方もいらっしゃいますよね。 実際、脂肪燃焼スープダイエットの触れこみにも〝一週間で7kg減!〟とか〝これで5kgの減量の成功!〟など、ダイエットで体重を落としたい人には心躍る文言が並んでいることから、それが反対に胡散臭いと感じる方もいるでしょう。 ですが、結論から申し上げると、脂肪燃焼スープダイエットによって一週間で5~8kgの減量は可能となっています。 絶食するだけでもないのに、痩せることができる理由は脂肪燃焼スープダイエット独自のルールにありますが、そこについては下記から詳しくご説明していきます。 脂肪燃焼スープダイエットの基本レシピ(材料や作り方) 脂肪燃焼スープダイエットを行うには、まずは脂肪燃焼スープを作る必要があります。 ここでは、その脂肪燃焼スープの作り方についてご説明したいと思います。 <用意するもの>• トマト(大きめのもの)3個• たまねぎ 3個• セロリ 1本• キャベツ 半玉• にんじん 1本• ピーマン(パプリカでも可) 1個• コンソメスープの素(もしくはブイヨン、かつお節と昆布の和風だしでもよい)• 水 <作り方> 1. 材料を適当な大きさにカットする。 生のトマトがない場合は、400gのトマト缶で代用してもよい 2. 切った材料を鍋に入れ、そこにひたひたになるくらい水を入れる 3. 鍋を火にかけ、野菜を煮る 4. コンソメの素を入れ、水を足しながら野菜がくたくたになるまで煮る 脂肪燃焼スープダイエットのルールや禁止事項 脂肪燃焼スープダイエットは、ただ脂肪燃焼スープを食べていればよい、というわけではありません。 ダイエットを行う7日間(厳密に言うと、ダイエットの開始前)には決められたルールがあり、そのルールを守って初めて、ダイエット効果がいかんなく発揮されます。 では、脂肪燃焼スープダイエットを行う上で、守るべきルールや禁止事項には一体何があるのでしょうか。 ダイエット開始の24時間前からアルコールは摂らないようにしましょう。 万が一、お酒を飲んでしまった時は、24時間以上空けてから行うようにして下さい。 甘味料は摂らないようにしましょう。 ダイエット中の飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみです。 カロリー0の飲み物であっても、甘味料が使われているものは飲んではいけません。 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間の食事のスケジュールが全て決まっています。 そのスケジュールに沿って必ず食事を行うようにしましょう。 夕食を食べる時は、最初にスープを1皿以上食べるようにしましょう。 ダイエットをしているからと言って、スープの量を減らすことはしないようにして下さい。 お腹いっぱいになるまで食べるようにしましょう。 7日間脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールとやり方 ここでは、脂肪燃焼スープダイエットの7日間スケジュールを詳しくご説明したいと思います。 このダイエット方法では、決められたメニューをしっかり食べることが大切になりますので、間違えないように注意して下さい。 一日目:スープとフルーツのみの日 脂肪燃焼スープと、バナナ以外のフルーツなら何を食べてもよい日となっています。 また、水分は水か100%のフレッシュジュースのみとなっています。 市販されている100%のジュースの中には、糖分が含まれるものもあるため、購入の際には気を付けるようにしましょう。 二日目:スープと野菜のみの日 野菜は、豆類とスイートコーン以外は何を使っても構いませんし、調理法も油を使わなければ蒸しでも焼いてもよいです。 夕食にベイクドポテトを食べてもよいでしょう。 三日目:スープと野菜とフルーツの日 スープと野菜とフルーツを、好きなだけ食べてもよい日です。 ただし、ベイクドポテトは食べないようにしましょう。 四日目:スープとバナナ、スキムミルクの日 スープの他に、バナナを3本とスキムミルクを500ml飲みましょう。 それぞれ摂取しても構いませんが、バナナと水、氷、スキムミルクをミキサーにかけて、バナナシェイクにして飲むと同時に摂れるのでお勧めです。 また、4日目は水分を多めに摂ることを心掛けて下さい。 五日目:スープと肉とトマトの日 350~700gの牛肉の赤身、もしくは同量の鶏肉か煮魚を食べましょう。 トマトは6個まで食べてもよいですが、スープを必ず一杯以上は飲むようにして下さい。 六日目:スープと牛肉と野菜の日 牛肉の摂取量の制限はないので、好きなだけ食べても買いませんが、スープは必ず一杯飲むようにして下さい。 また、野菜はベイクドポテト以外なら何を食べてもよいでしょう。 七日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日 玄米、野菜、フルーツジュースを摂取します。 玄米が苦手な方は、リゾットにすると食べやすいでしょう。 スープは必ず一杯は飲むようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエット成功のポイントは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、脂肪燃焼作用がある野菜を中心としたスープを毎食摂ることで、 脂肪燃焼効果を得るとともに摂取カロリーを抑えてダイエットをする方法になります。 脂肪燃焼スープダイエットは一週間と決められた期間があり、その間だけは基本的には朝食、昼食、夕食はすべてスープのみとなりますが、果物や牛肉を食べられる日もありますし、スープならいくらおかわりしてもOKなのでダイエットのように空腹に悩まされることはありません。 そのため、チャレンジした方の多くは体重が落ちるなどの成果を得ていますが、いくらダイエット効果があると言われても毎食同じスープを飲むのは飽きてしまうもの。 そこで食べ飽きしない工夫として、簡単に味を変えられる調味料を利用している場合が多いようです。 特に、カレー粉やトウガラシは調味料自体にダイエット効果が期待できるので、食べ飽きした時以外にもダイエット効果を高めるために利用してみるのがよいでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットのおすすめ人気レシピ 脂肪燃焼スープダイエットをもう少し手軽に行いたい時は、アレンジしたメニューを加えることで、味に飽きがこなく長く続けることができます。 そこでここでは、脂肪燃焼スープダイエットのお勧めレシピをご紹介します。 脂肪燃焼スープO型用 トマト、ブロッコリー、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマンを適当な大きさにカットして、昆布、鶏ガラスープの素、かつお節とともに水で煮込みます。 野菜が煮えたら、食べる前に塩、しょうがを入れて完成です。 参考URL: 脂肪燃焼スープ豆乳味 キャベツ、にんじん、ピーマン、セロリ、玉ねぎ、ささみ、舞茸、トマト缶、すりおろしたしょうが、水、無調整豆乳、コンソメを入れて煮込むだけ。 仕上げに塩を入れて味を調えます。 参考URL: 白菜の脂肪燃焼スープ 白菜と人参を細かく切り、水で煮て本だしと味噌を加えます。 しばらく煮た後、醤油とごま油を加え、火を止め、ごまと刻んだねぎを入れます。 器に盛り、大葉とすりおろしたしょうがを加えて完成です。 参考URL: 毒だし脂肪燃焼スープの作り方 デトックス効果の高い毒だし脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。 材料を揃える手間があるものの、一度で大量に作ってしまえば後は楽ちんですので、ぜひ試してみましょう。 毒だし脂肪燃焼スープの材料 ・玉ねぎ(大3個) ・セロリ(一本。 水分が減ってきたらその都度足しましょう。 野菜が苦手な場合はどうすればいいの? 野菜が苦手な方が、脂肪燃焼スープを飲むのはなかなかつらいと思いますが、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラルこそが脂肪を燃焼させるためには欠かせないものです。 そのため、脂肪燃焼スープに成り代わるスープというのは、残念ながらありません。 ただし、材料の中の「たまねぎが苦手・・」「セロリが嫌い・・」という場合には、それ以外の代用品を使うことで脂肪燃焼スープを完成させることができます。 例えば、キャベツが嫌いなら、同じアブラナ科のブロッコリーを入れるとよいでしょう。 また、たまねぎは煮込むと形がなくなってしまいますが、それでも苦手という場合はニラ、セロリが嫌ならモロヘイヤやほうれん草、といった具合です。 ちなみに、トマトの代用品はないため、脂肪燃焼スープダイエットを行うついでに、トマト嫌いも克服してみましょう! 脂肪燃焼スープダイエットのデメリット 脂肪燃焼スープダイエットを行うにあたって、最も懸念されるのがたんぱく質不足です。 5日目と6日目を除いて、一週間の多くは野菜や果物のみとなるため、一日に必要なたんぱく質の量が絶対的に足りなくなってしまいます。 たんぱく質は私達の体を作るために欠かせない成分で、特に基礎代謝に関わりのある筋肉にも影響を与えてしまうことになります。 たんぱく質が減り、筋肉が作られなくなると、代謝が落ち、太りやすく体になってしまいます。 そのため、たんぱく質を豊富に含むお肉が食べられる5日目、6日目には、たっぷりと補給する必要があります。 間違っても「お肉の量を減らした方がもっと痩せられる」と思わないようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドの心配はないのか? 脂肪燃焼スープダイエットによって、ダイエットに成功しても、心配なのはダイエット後のリバウンドのことですよね。 通常の食事に戻した途端、体重も元に戻ってしまうのでは?と思う方は多いのではないかと思います。 勿論、ダイエットで痩せたからといって、いつもより食べ過ぎてしまったら、当然太るのは目に見えていますし、ダイエット前の食生活が荒れていた場合も、その食事に戻してしまえば、やはり再び太ってしまうでしょう。 このダイエットを通じて、改めてこれまでの食生活を見直し、栄養バランスの優れた食事を心掛けることが大切になります。 脂肪燃焼スープダイエットの口コミ 脂肪燃焼スープダイエットが世の中に紹介されてから数年が過ぎましたが、今なおこのダイエットにチャレンジする方が多くいらっしゃいます。 それだけ人気となっている秘密には、やはりダイエット効果が得られること、が挙げられますが、実際このダイエットに取り組んだ方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。 「スケジュールをきっちり守って行うことができれば、誰でも確実に痩せられる気がします。 5kgじゃなくても、一週間で2~3kg落ちたら成功と言えるのではないでしょうか。 」 「食事の量を制限するダイエットは自分には不向きのため、お腹いっぱい食べることができるこのダイエットは、自分にはとても合っていました。 体重も落ち、体調も良好です。 」 「スープの味に慣れて飽きてしまったため、カレー粉やスパイスなどを利用して、味を変えながら続けました。 結果的には3kgのマイナスがフィニッシュ。 期間を空けてからまた一週間チャンレジしようと思っています。 」 「以前、脂肪燃焼スープダイエットをして一週間で5kg痩せ、今もリバウンドなく体重をキープしています。 最近は、外食や飲み会などで食べ過ぎた日の翌日に脂肪燃焼スープを飲むようにして、これで体重の増減を調整しています。 」 脂肪燃焼スープで痩せない場合の原因と対処法 脂肪燃焼スープダイエットは、数多くのダイエット方法の中でも効果が高いとして知られているものです。 しかし、そのような中でも実際に脂肪燃焼スープダイエットをしてみたけれど、思うように痩せることができなかった・・という方がいます。 その場合、次のような原因が考えられます。 対処法とともにご紹介したいと思います。 脂肪燃焼スープダイエットでは、一週間に食べる食事が決まっており、その中にはフルーツや肉、スキムミルクなどがあります。 これらは、脂肪燃焼スープのみを摂取して代謝を下げることがないよう、考えられているメニュー。 そのため、「ダイエットの効果をより高めたいから」と言って脂肪燃焼スープのみを摂ってしまうと、返って体の調子を損ねてしまったりします。 また、脂肪燃焼スープを野菜が入ったスープと位置づけ、実際にはそれほど脂肪燃焼効果の期待できない野菜ばかりを食材に使って、ダイエット効果を得られていない場合もあります。 このようなことを避けるためには、脂肪燃焼スープダイエットは決められた材料でスープを作り、プログラムを遂行することが大切になります。 低カロリーでたくさんの野菜を使っているため、食べれば食べるほどダイエット効果が高まるとも言われていますよね。 しかし、いくらダイエットによいと言っても、毎日20杯も30杯も食べていたら摂取カロリーのオーバーになってしまうでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットはお腹いっぱい食べてもOKですが、だからと言って極端な食べ過ぎはダイエット効果を失わせてしまうこともあります。 一週間で痩せる脂肪燃焼スープダイエットで-8kgの効果!のまとめ 脂肪燃焼スープダイエットは、必ず7日間という期間を守って下さい。 野菜には多くの栄養が含まれますが、それだけではバランスが崩れてしまうためです。 もし、2週間行いたい場合は、続けて行わずに7日間が終わったら、数日~数週間体を休ませた上、体調を整えてもう一週間行うようにしましょう。

次の

うそっ…脂肪燃焼スープダイエットは効果なし?痩せない3つの原因とは?

デトックス スープ ダイエット

脂肪燃焼スープダイエットとは? 脂肪燃焼スープダイエットは、もともと「病院食」の1つとして、外科手術前の患者向けに考案されたダイエット方法です。 心臓や外科手術前の患者さん向けに、短期間で脂肪を落とすための食事療法として生み出されました。 脂肪燃焼スープダイエットは、一言で説明すると野菜スープを1週間飲み続けるダイエットです。 ダイエットにかかる費用は、料理をつくるための食材費のみという手軽さ。 その他の余分なコストは全くかからないので、経済的負担も避けられるというのは嬉しいポイントです。 コストがかからないことと、スープを飲むだけという簡単さもあって、これまでダイエットが続かなかった人にとってもかなり実現しやすい人気の高いダイエット方法と言えます。 脂肪燃焼スープ誕生の2つの秘話 脂肪燃焼スープダイエットは、「病院食」の1つとして考案されたダイエット方法と記しましたが その誕生には、いくつかの秘話が語られています。 その中で2つの脂肪燃焼スープダイエット誕生秘話について紹介しましょう。 まず始めに、ある病院の心臓外科で誕生した脂肪燃焼スープダイエットの誕生秘話を簡単にご紹介します。 この病院には、手術が必要な患者さんがいたのですが、肥満体質で体に脂肪の層がたっぷりついており、手術したい部位までメスが届かない状態でした。 このままでは手術ができず生死にかかわる大問題でした。 困ったドクターは短期決戦型のダイエットプログラムを作ることにしました。 1日の大半をベッドで寝て過ごしている患者さんは、殆ど運動ができません。 そこで、なんとか食事だけで脂肪を燃焼させるプログラムを考案し病院食として提供しました。 1週間続けたところ、患者さんは見事に痩せて手術も大成功。 という話です。 ここで疑問が湧いてくると思うのですが、なぜスープを飲み続けるだけで痩せるのでしょうか。 脂肪燃焼スープダイエットで痩せる理由には大きく分けて「デトックス効果」「脂肪燃焼効果」の2つが挙げられると言えます。 次に紹介する脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、以下のようなお話しです。 あるドクターが、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」……と、治療院を訪れる患者さんたちの悩みを聞くうち、それらの原因である食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことにあります。 野菜たっぷりの「脂肪燃焼スープ」は、当初は体質改善のためのスープだったのです。 ところが、スープを食べた患者さんのほとんどが、不快症状の改善とともに、ダイエット効果を実感したというのです。 便通が改善し、食べるほどに代謝がアップして行くのです。 肩こりや冷え症などの不快症状の多くは、体にたまった毒素が原因。 本来なら、便として体外に出ていくはずの毒素が腸内にたまっていると、脂肪分や糖分をよけいに吸収してしまい血液はドロドロになり、これが病気や肥満を招いてしまうのです。 このやっかいな毒素を排出してくれるのが、脂肪燃焼スープです。 たっぷりの野菜やコンブが入った脂肪燃焼スープには、大量の食物繊維が含まれています。 脂肪燃焼スープを食べると、その中に含まれる食物繊維が複合的に腸を刺激し、便通を強力に改善し体内に長時間とどまっている便を取り除いてくれるのです。 こうして腸がキレイになれば、血液もキレイになり全身の細胞が活性化されます。 つまり、脂肪燃焼スープは、食べれば食べるほど体内の環境を整え代謝をアップしてくれるというわけです。 当初は、体質改善のつもりだったのですが、これが結果的に強力なダイエット効果につながったと言う事です。 脂肪燃焼スープの効果 以上の2つの脂肪燃焼スープ誕生の秘話から考えられる脂肪燃焼スープで痩せる具体的な理由を見ていきましょう。 「デトックス効果」抜群 食物繊維をたっぷりとることによって、便秘が解消され、体の中に余分な老廃物が溜まりにくくなります。 すると、胃にも腸にも余分な老廃物が溜まりにくくなり、今まで蓄積していた老廃物も食物繊維と一緒に体の外へ押し出されてしまうので体がスッキリデトックス効果を感じることができます。 デトックス効果とは、カラダの中の老廃物や毒素を排出する「解毒」「毒出し」のことをいいます。 体内の毒出しをすることで ・体内の栄養の吸収効果を高める ・新陳代謝を活発にする ・血液やリンパの流れをスムーズにする ・免疫力自体を高める など、身体に嬉しい効果が期待できます。 これは、体調の改善(不眠症解消なども)や、老化の防止はもちろん、肩凝り・むくみ・便秘の解消など、さらにはアレルギー体質改善にまでつながるとされています。 「脂肪燃焼効果」アップ 温かいスープを飲むことによって、体温が上昇し基礎代謝のアップにつながります。 基礎代謝がアップすると、脂肪燃焼効果もアップし、効率よくエネルギーを使用することができるので痩せやすい体質づくりにつながっていきます。 また、人間は一定期間糖質を摂らないと、エネルギー源として糖質ではなく体内に蓄えてある脂肪を使うようにできています。 身体の脂肪は蓄えですが、蓄えは何でも使えば減ります。 身体がエネルギーとして脂肪を使ってくれれば、今まで蓄えていた脂肪が減っていき、体重を減少させることができます。 腸内環境が改善し、便秘解消に効果的 ダイエットの大敵といえばやはり便秘ではないでしょうか。 便秘になると、体重もその分増えてしまいますし、代謝も悪くなり、太りやすくなってしまいます。 しかし、この脂肪燃焼スープには野菜がたっぷり入っているので、食物繊維をしっかりととることができます。 また、便秘は水分不足から起こることも多いのですが、脂肪燃焼スープは水分もたっぷりとることができるので、より一層の便秘解消効果が期待できます。 脂肪燃焼スープを食べるタイミング これだけの効果をもつスープが、身近にある野菜でできてしまうというのも脂肪燃焼スープの大きな魅力です。 しかも、野菜のうまみがたっぷり溶け込んでいるので味も抜群。 苦もなくダイエットをつづけられます。 そのうえ、脂肪燃焼スープダイエットは、やり方も簡単です。 基本は、夕食の前に1杯食べるだけですが、朝食や昼食に食べても量をふやしてもOKです。 脂肪燃焼スープを食べ始めると、数日で便通がよくなることにビックリするかもしれません。 しかし、それは体内の毒素が排出されているしるしです。 こうして体の中からキレイになることで、自然にダイエットができるのです。 健康的に無理なくダイエットをしたいという人にはピッタリなのが脂肪燃焼スープダイエットです。 脂肪燃焼スープダイエットを促進させる食品 さらに脂肪燃焼を促進させる食べ物と食べあわせることにより、更に効果がアップします。 脂肪燃焼促進の効果を更にアップさせる食べ物としてアミノ酸が含まれている食べ物が挙げられます。 アミノ酸が豊富な植物というと肉・魚・卵・豆類・乳製品などです。 脂肪燃焼スープにはこれらは基本的には入っていませんので、上手にこれらを一緒に取ると良いようです。 肉は食べ過ぎるとこちらもカロリーが高くなってしまいますので、魚や卵などを工夫して、又、チーズなどの乳製品も利用して、バランス良い食事を取る事が脂肪燃焼スープの脂肪燃焼効果を高めるための食べ物の上手な採り方と言えるのではないでしょうか。 また、脂肪燃焼とは逆の食べ物ですが、やはり甘いものがあげられます。 ダイエットにおいて、ストレスを感じ多少の甘いものはいいですが、食べすぎには注意です。 又、果物も果糖が含まれており、こちらも取り過ぎには十分注意が必要です。 脂肪燃焼スープは痩せパワーが集結! 脂肪燃焼スープには、次の6つの野菜の痩せる要素が集結しています。 キャベツ 粘膜を丈夫にしてくれるビタミンUが豊富。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効果があり。 煮て食べると、活性酸素を除去する力が生食の5倍にもなる。 タマネギ ツーンとした特有の匂いの正体、硫化アリルが血液の凝固を抑え、動脈硬化や血栓を予防します。 そして、血液をサラサラにしてくれる。 セロリ カリウム、カルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。 茎よりも葉の方がビタミンが豊富なので、細かく刻んで、スープに入れるのもおすすめです。 トマト 抗酸化作用の高いリコピンが豊富で血液をサラサラに保ってくれる。 赤い色素であるリコピンを多く含む完熟トマトを使うのが効果アップのコツです。 ピーマン ピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても壊れないのが特長です。 肌のハリを生成し、シミを予防する作用が高く、美肌づくりに抜群の効果を発揮します。 ニンジン 活性酸素を消去する働きのあるカロチンがたっぷり含まれます。 体をあたためる働きが特に強いので冷え症対策にも効果があります。 脂肪燃焼スープのレシピは? それでは、脂肪燃焼スープのレシピを紹介しましょう。 このレシピは脂肪燃焼スープレシピ本として出版されている本でも情報を手に入れることができますが、是非下記を参考に作ってみてください。 (2)大きめの鍋にかつお節でだしをとり、切った野菜と鶏がらスープの素、水1リットルを入れる。 (3)10分~20分程度火にかけ、野菜が好みのやわらかさになるまで煮る。 煮詰まってきたら水を足してもよいので好みの味加減に仕上げる。 (4)塩、コショウで味を整える。 食べる直前に、すりおろした生姜を入れる。 脂肪燃焼スープのレシピの基本は上記の通りです。 あとは好みでカレーパウダーやチリソースなどを入れても良いと思います。 脂肪燃焼スープのレシピを見ていると、結構簡単に作れそうだなと思いませんか? そこで、脂肪燃焼スープの作り方はわかりましたが、一日にどれくらい作ればいいのか?とか、何日に一回作りますか?と作り方を疑問に思う方もいらっしゃいます。 結論から言うと、7皿分というのは、一週間 7日間 分です。 要するに夕食なら夕食のときに普通の食事をやめて、この脂肪燃焼スープに置き換えるのです。 それは空腹でつらいと思われがちですが、作り方を見てわかるとおり、その分量は結構多いと思います。 脂肪燃焼スープのカロリーについて 脂肪燃焼スープのカロリーってどのくらいか?気になる方もいるかも知れません。 せっかく脂肪燃焼スープを取り入れても自分が思うよりカロリーが高いようでは、カロリーを厳密に管理している人にとってはマイナスになってしまいます。 でも、ご安心ください。 脂肪燃焼スープのカロリーはかなり低いのです。 下記をごらんください。 脂肪燃焼スープのカロリーの概算 玉ねぎ3個 70kcal ピーマン1個 10kcal セロリ1本 13kcal キャベツ半個 96kcal トマト3個 97kcal ニンジン1本 75kcal ピーマン1個 9kcal あとは、スープの素などですので、多くても20キロカロリーとして総カロリーは390キロカロリーとなりますね。 390キロカロリーが7皿分となりますので、脂肪燃焼スープを毎日一皿食べるとして、一皿分のカロリーは55キロカロリーとなります。 脂肪燃焼スープを一日一食普通の食事と置き換えたとしたら、いったいどれくらいのカロリーを減らせると思いますか。 人によりますが、少なめに食べたとして、500キロカロリーなどすぐに食べてしまいます。 それが55キロカロリーで済むのですから、脂肪燃焼スープに置き換えるとかなり効果を期待できます。 脂肪燃焼スープダイエットの驚きの効果!【一週間集中ダイエット】のまとめ 体に良いとされる成分を含む野菜をたくさん使っているため、栄養バランスもよく、新陳代謝もより活発化されるようです。 脂肪燃焼スープの脂肪燃焼方法は急激なダイエットとして行うと時に、リバウンドを起こす事もありますが、上手に行っていけば脂肪燃焼スープは体質改善とダイエットの両方に効果があり健康的にダイエットを行う事ができるようです。

次の

7日間で8キロ痩せる脂肪燃焼スープダイエットの効果を徹底検証

デトックス スープ ダイエット

でも、スープをお腹いっぱい食べているので、そのようなストレスとは無縁で糖質オフが自然に出来てしまいます。 新陳代謝がアップして痩せやすくなる デトックス効果で血液やリンパの流れも良くなって、新陳代謝が良くなります。 玉ねぎを始めとして血液サラサラになる野菜がたっぷり! 新陳代謝がアップすればダイエットにいいだけでなく美肌効果も期待できますよ。 免疫力がアップして身体が丈夫になる このスープに使っている野菜はビタミンACEが豊富です。 免疫力をアップさせる働きにも優れた野菜がたっぷりなんです。 風邪を引きやすい人は、ダイエットしながら丈夫な身体作りも出来てしまいます。 他のダイエット法とは違うメリット 脂肪燃焼スープダイエットは、色々なダイエット法を試してきたけれど、全く効果を実感できなかったという人にこそ試して欲しいダイエット法です。 成功率の高いダイエット法 うまくいかなかった人の口コミなどをみると、飽きてしまって続かなかった、という人が多いのです。 ということは、続けさえすれば効果が出やすいということなんです。 ルールを守ってしっかり1週間続けることが出来れば、減少する体重に個人差はありますが、 他のダイエット法のように「まったく痩せなかった」ということはないでしょう。 食べられないというストレスがない ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーですから、どうしても食事制限の辛さがつきまといます。 効果が高いといわれるプチ断食も、たった数日とはいえ「食べられない」というストレスから挫折する人も多いですよね。 その点脂肪燃焼スープダイエットは、野菜もたっぷり食べられるし、やってみると分かりますが、意外と腹持ちがいいんですよ。 脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールで、肉を食べていい日が4日目にやってきます。 豆乳はたんぱく質なので、豆乳を使う場合は4日目以降にしてください。 料理が苦手でも作り方が簡単 どれも生で食べられる野菜ですから、何時間も煮込む必要がないので、さっと火が通ればOK。 時間がなければ電子レンジを使ってもいいでしょう。 野菜を切る• スープで煮る• 味を整える この3ステップです。 野菜はどんな切り方でもかまいませんし、煮るだけですから対して手間もかかりません。 作り方が面倒だと挫折しやすいですが、簡単なので1週間なら続けられると思います。 あれこれとお金がかからない もちろん材料費はかかりますが、どれもスーパーで手に入る身近な野菜ばかりです。 ダイエットや美容に良いと人気のスーパーフードなどはインターネットや輸入食材店でしか手に入らないものもあり、割と高価ですよね。 それに比べたら(セロリはないかも知れませんが)、どの家にもありそうな野菜ばかりです。 お金のかかる特別なものを使わなくてもいいというのも嬉しいところです。 脂肪燃焼スープダイエットの方法 それでは具体的な脂肪燃焼スープのやり方をご紹介しましょう。 スープを飲めばいいのですが、飲み方にはルールがあるので、それを守ることが大切です。 ダイエットを始める前の注意事項 脂肪燃焼スープダイエットを始めるにあたっては、いくつかルールがあります。 前日24時間はアルコール禁止• 砂糖や甘味料(人工甘味料含む)は禁止• 飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース(甘味料なし)のみ• 揚げ物、小麦粉製品はダメ• スケジュールを守る• 夕食前は必ずスープを一皿以上飲む• <作り方>• 野菜を適当な大きさに切って鍋に入れます。 ひたひたよりも少し多いくらいの水とスープのもとを入れて火にかけます。 具材に火が通ったら、塩こしょうで調味して出来上がり! 簡単ですよね。 まとめて作って冷凍しておけば、1週間で3~4回の調理で済んでしまうでしょう。 代用できる具材もある どうしてもこの野菜や食べられない!というものもあるでしょう。 セロリは嫌いな人が多そうですね。 一応代用野菜というものもあり、• ただし、 残念ながらトマトだけは代用できないので、トマト嫌いの方にはちょっと難しいかもしれないですね。 1週間しっかり続けること 脂肪燃焼スープダイエットは、スープや他の食材との組み合わせなど、細かくスケジュールが決まっています。 <基本プログラム>• 2日目:スープ+野菜(豆類、トウモロコシ以外)• 4日目:スープ+バナナ(3本)+スキムミルク(500ml)• 5日目:スープ+肉(または魚)+トマト(最大6個) 肉は350~700gくらい、脂肪分の少ない物• 7日目:スープ+玄米+野菜+フルーツジュース フルーツも野菜も何を食べても良いのですが、4日目以外はバナナを食べてはいけません。 野菜を食べるときは油やバターを使わずに、蒸すか茹でるなどの調理法にします。 スキムミルクとは脱脂粉乳のこと。 牛乳の脂肪分を抜いて粉末状にしたもので、水などに溶いて飲みます。 熱湯だと溶けにくいので、60度くらいのお湯が溶けやすいです。 もしスキムミルクが手に入らなければ、• 低脂肪乳• 無脂肪乳 で代用しましょう。 しっかり食べられるとはいっても、食べていいものは決まっているので、きちんと計画を立ててやっていく必要があります。 お昼はスープジャーなどに入れて持っていけば、仕事の合間でも食べられますよ。 脂肪燃焼スープダイエットを成功させるポイント せっかくやるのですから、1週間で確実に効果を出すためのポイントをご紹介しますね。 食べていい食材を守ること 脂肪燃焼スープ以外に食べられる食材が決まっていますが、効果が出なかった人はこの食材を守っていないことが多いのです。 できれば、• じゃが芋• トウモロコシ など糖質の高い野菜ではなく、• レタス• ブロッコリー など葉もの野菜か緑黄色野菜の方がおすすめです。 主食になる野菜は炭水化物と同じです。 たんぱく質はしっかり摂ること 途中で肉が食べられる日がありますが、肉はここでしっかり食べて下さいね。 痩せたい!という思いが強くて肉まで我慢してしまう人がいますが、それは健康上よくありません。 ただでさえ数日まったくたんぱく質を摂っていないのです。 ここでたんぱく質を摂らないと筋肉が落ちて痩せにくい身体になりますので、しっかり摂りましょう。 腹八分目にすること いくら野菜だって0kcalではありません。 確かに低カロリーで「食べれば食べるほど」やせるといわれていますが、やはり物事には限度があります。 ゆっくり良く噛んで食べて腹八分目にすることを心がけてください。 1週間以上続けないこと このダイエット法では、絶対的にたんぱく質の摂取量が減るので、1週間に限って行わないと栄養不足になり基礎代謝量が落ちてしまう危険があります。 途中で運動をすればまだしも、短期間で体重を落とすための食事療法であり、極端なカロリー制限であることには変わりありません。 もし続けてやりたい場合は、7日間やったら最低2日空ける(炭水化物やたんぱく質をとる)ようにしましょう。 生理の前にやらないこと 脂肪燃焼スープダイエットを始めるのは生理が終わってからが基本です。 女性ホルモンの影響で太りやすくなっている生理前にやっても、思うような効果は得られないでしょう。 スープに飽きて挫折しそうなときのアレンジ 効果は多少下がりますが、スープにお肉を入れましょう。 もしくは豆腐。 少量でも「食べた感」を得られて、挫折せずに続けられます。 終わった後にどか食いしないこと せっかく1週間で痩せても、その後それまでの食事内容に戻してしまえば当然ですがリバウンドします。 大事なのは、1週間で小さくなった胃に合わせて食事をしていくことと、たんぱく質などを摂りながら運動も取り入れて、「痩せやすい身体」を維持することです。 リバウンドしないための応用編 いくら効果があるとはいっても、やはり同じものを1週間食べ続けるのは苦痛だと感じる人もいますよね。 嫌いな野菜があれば、なお辛いですね。 そのストレスは、ダイエット後のどか食いにつながり、リバウンドの危険が高くなります。 実際、このダイエット法を実践してリバウンドしたという声が多いのも事実です。 無理して我慢をしてリバウンドをするくらいなら、「食前にスープを食べる」という方法だけでも取り入れてみてはいかがでしょうか。 スープ以外の食材をあまり制限せずに、甘いものなどを少し控えるようにして、あとは普通に食事をするんです。 もちろん効果はゆるくなるので、1週間で何キロも体重は落ちません。 でも、このスープ自体は緑黄色野菜もたっぷりで肌にもいいですし、デトックス効果も高いものです。 食事の前にこのスープを1杯食べて、それから食事をするという方法を続けるなら、食事の前にお腹がいっぱいになるので1日の総摂取カロリーも抑えられます。 筋トレや有酸素運動を併用することで、「ダイエットをしている」という辛さを感じることなく、自然と体重を落としていけるのではないかと思います。 1週間だと思えばきっとできる! いうまでもなく、食べないダイエットは身体を壊します。 脂肪燃焼スープダイエットも、炭水化物やたんぱく質を極端に制限していますから、やり方を間違えるとちょっと危険なダイエットでもあります。

次の