早速のご返信 例文。 「早速」の読み方と意味、敬語での使い方、例文、類語、英語表現

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

早速のご返信 例文

就職活動は、今後の生活を大きく左右する大切な活動です。 最近ではLINEやSNSの普及により短い文章でのやり取りに慣れており、あいさつ文などはおろかメールを打った経験が無いという学生の方もいるでしょう。 新卒で就職活動をされている場合では、ビジネスメールやビジネス用語の使用経験がない方がほとんどではないでしょうか。 就職を希望した企業より連絡があった場合は、急ぎお礼をする必要があります。 そのような時でも、まずは対応をしてくれた企業に対して「早速のご返信ありがとうございます」と言った使い方で失礼のないようにしましょう。 また、入社後はこうしたビジネスメールのやり取りは日常的に行われることになります。 学生である今のうちに少しずつ慣れておく必要があります。 社内での使い方も大切 いかがでしたか。 今回は「早速のご返信」というビジネスシーンではポピュラーに使用されている文言についてご紹介してきました。 現在ビジネスシーンでは、メールは欠かすことのできない大切なツールです。 細かい決まりや言い回しはありますが、相手に対する感謝の気持ちがあれば、おのずと使う言葉も違ってくるでしょう。 言い回しや使い方を覚えてしまうのも一つの手です。 もう一つビジネスメールを送付する際に忘れてはいけないのが、タイミングと時間です。 忙しい時間をぬって自分のために時間を取ってくれた相手に対して感謝の気持ちを伝えるのは、可能な限り早く送るのがコツです。 ビジネス用語は正しく使って、職場での人間関係を豊かにしましょう。

次の

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

早速のご返信 例文

相手からの返信メールに対して、返信する場合って結構ありますよね。 社内と社外では用いる言葉が変わってきますので、それぞれの状況に応じてお伝えしていきますね。 今回は、 ビジネスメール における 返信の返信 の 書き出し 例文10選と、注意したいポイントについて見ていきましょう! 【返信の返信書き出し10選】• お疲れ様です(社内用)• いつもお世話になっております(社外用)• ご返信いただきありがとうございます• お知らせいただきありがとうございます• 早速のご対応、感謝いたします• ご確認いただきありがとうございます• ご連絡いただきありがとうございます• お気遣いいただきありがとうございます• 度々失礼いたします• 何度も申し訳ありません 非常によく見かけるのが「 お疲れ様です」と「 いつもお世話になっております」の2つ。 「お疲れ様です」は社内の方に使い、「いつもお世話になっております」は社外の方に使うのが一般的ですね。 あなたの引き出しを増やすためにも、ぜひこれらを活用していきましょう! 「 お気遣いいただきありがとうございます」は、相手が何か気にかけてくれたり、心配してくれた場合に使うとよいでしょう。 「 度々失礼いたします」や「 何度も申し訳ありません」は、やり取りが続いた場合に適切な表現です。 【変換例】• ご返信いただきありがとうございます• 早速のご対応、感謝いたします• もしも複数回やり取りが続いた場合には、「お疲れ様です」ばかり書くのは、何か変な感じがしますよね。 そんな場合には、「 度々失礼いたします」「 何度も申し訳ありません」と書くと、相手への配慮が伝わりやすいでしょう。 社外の場合には、どのように書いていけばよいのでしょうか? 続いて、社外の方からの返信に対する、返信の書き出し例文を見ていきましょう。 【変換例】• ご返信いただきありがとうございます• 早速のご対応、感謝いたします• ご連絡いただきありがとうございます 「お疲れ様です」以外であれば、基本的に社内と同じ使い方ができますよ。 相手が自分のことを配慮してくれる内容であれば、「いつもお世話になっております」の代わりに「 お気遣いいただきありがとうございます」と使うのもいいですね。 返信の返信だと、何回も相手の宛名や自分の名前を書くのは、少ししんどく感じるもの。 ビジネスマナー的に、宛名は省略してもOKなのでしょうか? 次の見出しで見ていきましょう! 宛名と署名は省略してもOK?NG? 返信の返信の場合には、宛名を省略してもよいのでしょうか? その答えは・・・ 宛名の省略はNG 基本的には宛名は省略しないのが、 ビジネスマナーを踏まえたメールの書き方。 社内の方の場合には、相手の「 (部署)・(役職)・名前」を書きましょう。 「総務部 次長 加藤 様」のような書き方ですね。 社外の方の場合には、相手の「 会社名・(部署)・(役職)・フルネーム」を書きましょう。 「〇〇株式会社 営業部 課長 田中 次郎 様」のような書き方ですね。 相手との 人間関係ができている場合には、宛名を「フルネームだけ」「名前だけ」にすることもあります。 ただし、相手との信頼関係がなければ、失礼と思われる可能性があるので、基本的に省略しない方が無難。 署名部分は、社外の場合だと「自分の会社名・フルネーム」、社内の場合だと「(部署名)・名前」にしても問題ないですよ。 長いやり取りの中で、毎回長い署名を記載すると、読む側にとっては、少ししつこい印象になってしまいますね。 ぜひ返信の返信の書き出しにも意識を払っていきましょうね! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

「早速のご返信」の使い方まとめ!ビジネスメールの例文や敬語表現も確認!(2ページ目)

早速のご返信 例文

「早速」の読み方・意味 「早速」の読み方は「さっそく」 「早速」は、「さっそく」「さそく」「そうそく」と読むことができます。 「早速」は 「さっそく」と読むのが一般的です。 「早」は音読みだと「ソウ」「サッ」、訓読みだと「はやい」と読みます。 「早」は「ある時間の範囲ではやいほう」「時間をおかないさま」を表します。 「速」は音読みだと「ソク」、訓読みだと「はやい」「すみやか」と読みます。 「速」は「スピードがはやいこと」を意味しています。 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は、 「行動や対応が素早いこと」を意味しています。 また「早速」には、「はやい段階で動く」「(物事に対して)すぐに取り掛かる」というニュアンスが含まれます。 「早速(さっそく)」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 それぞれの意味は以下の通りになります。 「早速」は自分と相手、どちらの行動に対しても使うことができます。 また 「早速ですが」「早速だが」という形で、挨拶の後、本題に入るための決まり文句として、話題を変えたいときの起こし言葉として使うことができます。 「早速ですが」は、「ここから本題を始めます」といった合図を示す言葉にもなります。 ビジネスメールでは非常に便利なフレーズです。 「早速」は、目下の相手や同等だけでなく、上司や取引先など目上の相手に対しても使うことができます。 「早速」の言い回し「早速ですが」「早速の〜」 ・早速ですが〜 ・早速だが〜 ・早速ではございますが〜 ・早速のご対応ありがとうございます ・早速のご連絡ありがとうございます ・早速お返事いただき ・早速ご返信いただき ・早速ご手配いただき ・早速ご対応していただき ・早速取り掛かる ・早速尋ねる ・早速申し出る ・早速異議を唱える ・早速届く ・早速利用する 「早速」の例文 「早速」の例文を紹介します。 「早速ですが」など要件を伝える場合の例文 ・早速ではございますが、先日ご依頼いただいた件の状況についてご報告いたします。 ・早速ではありますが、先日依頼した件についてご検討いただけましたでしょうか。 ・早速ですが、本題へ入らせていただきます。 ・この度は、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、今後のスケジュールについてご案内いたします。 ・では早速ですが取り掛からせていただきます。 ・先ほどいただきました企画案ですが、早速拝見しました。 ・ご注文の商品ついては、早速発送いたします。 「早速のご連絡ありがとうございます」などお礼を述べる場合の例文 ・お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応いただき誠にありがとうございます。 ・早速のご返信、誠に感謝申し上げます。 ・早速のご提案ありがとうございます。 こちらの方で検討した後で、今週中にお返事いたします。 ・早速ご来店していただき誠にありがたく存じます。 ・早速のご回答ありがとうございます。 今回のご回答は新プロジェクトの参考にさせていただきます。 ・早速ご手配いただき誠にありがとうございます。 「早速」の類語との違いと使い分け 「早速」の類語について紹介します。 「早々」の意味は「できるだけ早く」「急いで」 「早々」は、 「そうそう」「はやはや」「はやばや」と読みます。 「早々」の意味は以下の通りになります。 「早々」は「早速」と同様に、相手の対応や行動が素早かったときに使うことができます。 ただ「早々」は、「早くしてください」「急いでください」と同様に、目下の相手や同等に対して使う言葉で、目上の相手に対して使ってしまうと失礼に当たってしまうので注意しましょう。 一般的には 「早々と(はやばやと)」「早々に(そうそうに)」と使われることが多いです。 実際はどの読み方でも意味は通じますがなるべく使い分けできるようにしましょう。 また、「早々(そうそう)」は書簡文の結びの言葉としても使われることがあります。 例文 ・金曜日は早々(はやばや)と仕事を切り上げて、家へ直行する。 ・今日は台風が接近中のなので、早々(はやばや)と店じまいすることにした。 ・彼は会議開始早々(そうそう)に寝始めた。 ・入社早々(そうそう)に海外研修の話が舞い込んできた。 ・早々(そうそう)の返信ありがとうございます。 「迅速」の意味は「物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」は、 「物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味しています。 「迅」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はやい」と読みます。 「迅」は「速度がはやい」「はげしい」「すみやか」といった意味になります。 「迅速」は「早速」と同様に、相手の対応や行動が素早いときに使います。 「迅速」は「非常に速いこと」を意味しているので、「早速」よりもスピード感があるイメージで速さを強調したいときに使用します。 「迅速」は目上の相手に対しても使うことができる言葉です。 「迅速」は相手の行動に対してだけでなく、「迅速に対応いたします」といったように自分の行動に対しても使うことができます。 例文 ・クレームに迅速に対応する。 ・この度は迅速な対応をしていただき、誠にありがとうございました。 ・お忙しいところ、迅速に対応していただき、ありがたく存じます。 ・お客様からのご期待に応えられるよう、サービスを迅速化する。 「取り急ぎ」の意味は「十分な準備は整っていないが」「とにかく」 「取り急ぎ」は、 「真っ先に」「急いで」を意味しています。 「取り急ぎ」は「急な事態が発生したため急ぐ」という意味合いになります。 「取り急ぎ」には、 「細かいことは気にしないで」「十分な準備は整っていないが」「とにかく」というニュアンスが含まれます。 「取り急ぎ」は自分の行動に関してだけに使うことができます。 特に急ぎではない連絡の時に「取り急ぎ」を使うと、「準備は十分ではありませんが」という意味合いになってしまいます。 「準備は不十分ですが許してください」という意味合いも含まれてしまうため、 ビジネスシーンで目上の相手や取引先に対して使うには不適切になります。 ただ目上の相手に対して使うことのできる場合は、業務の緊急の連絡をするときや急ぎの回答を求められたときなどは「取り急ぎお伝えします」などと使えます。 例文 ・先日の件について確認しました旨取り急ぎご報告いたします。 ・この度は素敵な品を贈ってくださり、誠にありがとうございます。 取り急ぎ、電話にてお礼申し上げます。 「早急に」の意味は「非常に急ぐこと」「極めて差し迫っているさま」 「早急」は 「さっきゅう」あるいは 「そうきゅう」と読みます。 「早急」は、ニュースなどでは「さっきゅう」と読む方がほとんどで、本来は「さっきゅう」と読む方が適切とされます。 ただ一般的には「そうきゅう」でも使われることが多いのでどちらかが間違いということにはなりません。 「早急」は 「非常に急ぐこと」「極めて差し迫っているさま」「至急」を意味しています。 「早急」は、「急を要する場面で非常に急ぐこと」を表します。 「早急」は部下に対して「早急に頼む」と使えるように「早く急いで」という意味合いが含まれるので、自分勝手な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって「早急」は、目下の相手や同等に対しては使うことができますが、目上の相手に対しては相応しくない言葉となります。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、早急にアンケートにご回答いただけると幸いです。 ・こちらの方で早急に確認次第、ご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。 ・早急にお返事をいただけたため、非常に助かりました。 誠に感謝申し上げます。 ・こちらの方で確認ができ次第、早急にご連絡いたします。 「至急」の意味は「非常に急ぐさま」「事が非常に差し迫っているさま」 「至急」は、 「非常に急ぐさま」「事が非常に差し迫っているさま」を意味しています。 「至急」は、「大急ぎで」というニュアンスが含まれるので、急を要して相手に依頼する場合に使うことがほとんどです。 「至急」は、相手をせかす表現であるため、目上の相手に対して使うのはあまり相応しくありません。 例文 ・至急お返事ください。 ・至急回答をお願いいたします。 ・その件に関しては、至急ご返事をお願いします。 「速やかに」の意味は「できるだけ早く」「すぐに」 「速やかに(すみやかに)」は、 「物事の進行がはやいさま」「間をおかずに」「すぐに」を意味しています。 「速やかに」は 「できるだけ早く」というニュアンスになるので、「すぐに」といったように急かすようなニュアンスは含まれません。 「速やかに下校を〜」だったり「速やかに避難してください」なんて聞いたことがあると思います。 「速やかに」は「できるだけ早く」と、少々上から目線なニュアンスなので、目上の相手に対してはなるべく使わない方が良いでしょう。 ・授業が終わったら速やかに帰宅する。 「直ちに」の意味は「今すぐに」「時間を置かずに行動を起こすさま」 「直ちに(ただちに)」は、 「今すぐに」「すぐ」「時間を置かずに行動を起こすさま」を意味しています。 「直」は音読みだと「ジキ」「チョク」、訓読みだと「ただしい」「なおす」と読みます。 「直」は「直接」「すぐ」「ひたむき」を意味しています。 「直ちに」は、すぐさま取り組むことを表し、「できたらしてください」という意味は含まれません。 「直ちに」は目上の相手に対して使うことができる言葉です。 例文 ・大雪の警報が出ているため、直ちに帰宅する。 ・直ちに行動に移すことが重要だ。

次の