えん どう 豆 保存 方法。 紫エンドウ(実えんどう)の育て方☆種まき(10月・11月)

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

えん どう 豆 保存 方法

もくじ• livedoor. しかしながら、大量にいただいた場合など、すぐに食べないこともあるかと思います。 そのような場合は、新鮮なうちに冷凍保存をすると比較的長く保存することができます。 ここでは、そら豆の保存期間(賞味期限)の目安等からご紹介します。 生のそら豆の賞味期限 生のそら豆の賞味期限は、1~3日程度! そら豆は、時間が経つと黒ずんできます。 そのまま生の状態で保存するのであれば、ビニール袋やジップ付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存してください。 この時注意することは、そら豆をサヤから出してしまうと急激に劣化しますので、サヤから出さずにそのまま保存することです。 また、切り込みを入れると更に劣化しやすくなるので、これにも注意してください。 茹でたそら豆の賞味期限 茹でたそら豆の賞味期限は、1~2日程度! 茹でたそら豆は、ジップ付き袋やタッパーに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 焼いたそら豆も同様の保存方法になります。 冷凍したそら豆の賞味期限 冷凍したそら豆の賞味期限は、1~2か月程度 生のそら豆や茹でたそら豆を冷蔵庫で保存すると、長くても3日くらいで食べれなくなってしまいます。 それでは冷凍した場合は、どうなのでしょうか? 結論からいうと、冷凍したそら豆は、1か月程度は保存可能と言われています。 冷凍の方法など、詳しくは後ほどご紹介しますが、しばらく保存するのであれば、やはり冷凍したほうがよいうことになりますね。 hatena. ところで冷凍する際は、生のままで冷凍する場合と、茹でてから冷凍する場合と、どちらがよいのでしょうか? 茹でてから冷凍する場合には、解凍時に若干水っぽくなるものの、逆に調理は楽であるという違いが見つかりましたが、この程度の違いで、どちらが正解というほどの差はないようです。 どちらの方法で冷凍されるかは、お好みでいいと思います。 生のまま冷凍保存する場合1:皮をむかないパターン 特に新鮮味を残して風味よく保存したい場合は、そのまま保存しましょう。 ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 この時のポイントは、袋の中の空気をしっかり抜くことです。 asahi-kasei. html 生のまま冷凍保存する場合2:皮をむくパターン コンパクトに保存したい場合は、そら豆の豆のみで保存してもOKです。 以下にそら豆の薄皮の簡単なむき方をご紹介しますので参考にしてください。 サヤを両手でひねって割るように開いてから、そら豆を出します。 続いて薄皮をむきましょう。 そら豆のお尻みたいな形の部分(ツメの部分)の方を出します。 割れ目に垂直に自分の爪を立てて上に引き上げるように薄皮をめくります。 平たい面を親指と人差し指でつまみ、ぎゅっと押しましょう。 すると簡単に中身が出てきて、傷も付けずに取り出せたと思います。 中身が取れ出せたら、前のパターンと同様に、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 ここでのポイントも同様で、しっかりと袋の中の空気を抜くようにしましょう。 asahi-kasei. html 茹でてから冷凍保存する場合 最後に茹でてから冷凍保存する場合をご紹介します。 生のまま冷凍する場合との違いは、解凍後の調理が楽という点でしょうね。 前項の1~5を参考にそら豆の薄皮をむいてください。 鍋にお湯を沸かし、1で剥いたそら豆と塩(小さじ2杯程度)を入れて塩茹でします。 あまり柔らかくなるまで茹でてしまうと、解凍したときにべちゃっとなってしまいますので注意してください。 3分程度茹でたら、ざるに取り出して水気を切り、自然に冷まします。 粗熱がとれたら、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存しましょう。 ポイントはこれまで同様に、袋の中の空気をできるだけ抜くことです。 自然解凍・・・文字通り常温で解凍です。 電子レンジで解凍・・・電子レンジの解凍モードでお手軽に解凍できます。 柔らかくなりやすいので注意しましょう。 茹でて解凍・・・沸騰したお湯で1~2分加熱します。 柔らかくなりすぎないように、様子が見れるのでおススメです^^• グリルで焼く・・・サヤ付きのままで冷凍した場合は、そのままグリルや網で焼くこともできます。 goo. そら豆は傷むとどうなるのでしょうか?また、どうなったら食べないほうがよいのでしょうか? 最後に傷んだそら豆の見分け方等について、ご紹介します。 そら豆が黒く変色している場合 そら豆は、サヤに入っている状態でも傷むのは早い野菜です。 多少、黒く変色している程度であれば、加熱して食べることができると思いますが、確実に鮮度は落ちていますので、生で食べることは、避けたほうがいいと思います。 変色以外の変化もある場合 そら豆は、完全に傷んでしまうと、黒く変色するだけでなく、加えて異臭が発生したり、ぬめり・カビなどの変化が起きてきます。 こうなってしまったら、もう腐っている状態ですので、絶対に処分しましょう。 もったいないと思って、加熱して食べると食中毒の可能性もありますので、絶対にやめましょう。

次の

実えんどう グリーンピース エンドウの選び方と保存方法や料理:旬の野菜百科

えん どう 豆 保存 方法

皆さん、そろそろえんどう豆が市場に出回ってきますね! マメ類の中では寒さに強いため、 越冬野菜のひとつとして数えられているえんどう豆。 寒冷地などではそろそろ種まきをして、収穫は夏ごろになります。 中間地と、暖地では種まきは冬の10月ごろにします。 日本へやってきたのは明治初年ごろ。 その後は急速に日本国内で広がりました。 種をまく場所には、マメ類を4~5年ほど 作っていない新しい場所を選びましょう。 また、大きな株の状態で越冬させてはいけません。 寒さで傷んでしまうので、適切な大きさの株で越冬させましょう。 種まきは、 10月中旬~11月上旬 が適期です。 苦土石灰を1㎡あたり150g散布させ、 十分すぎるというほど耕します。 株間が30cmになるようにまき穴をあけ、 1か所に4~5粒の種をまいていきます。 発芽する頃になると鳥からの被害を受けやすくなります。 べたがけなどで覆い、襲撃に備えましょう。 間引きや土寄せも大事です。 発芽したら、生育のよいものを3株残して、あとは間引きます。 本葉が3~4枚のときに、株元に軽く土寄せします。 そしてさらにワラを敷いておくと 乾燥と防寒対策 になります。 12月下旬~2月は、寒さが厳しいですね。 えんどうの北側、あるいは西側にササ竹を立てて防寒、 霜よけを施します。 2月に入ってつるが伸びてきたら、 支柱やネットを立てておくとつるが絡んでいきます。 種類によっても違いますが、 絹さやは開花後25日くらい、 スナップエンドウは開花後30日くらい、 グリーンピースは開花後40日くらいです。 大きさは5~7cm 食べる部位はさやで、味はほのかに甘いです。 主に関西地方などで多く食べられています。 絹さやよりふっくらとしていて、 スナックエンドウより皮が薄め。 甘みがより絹さやより強めです。 しかしやはり味の劣化は伴ってしまいます・・・。 その後ザルにあげ常温で冷まします。 そしてジップロックなどで保存します。 そのまま食べるので、 カロテンなどを沢山摂取できます。 皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果も持ちます。 ・カリウムをはじめ、ミネラルが豊富 ・ビタミンB群も豊富 おもにビタミンB1やB2を多く含みます。 必須アミノ酸のリジンも含んでいるんです! ・ビタミンC、糖質 さやえんどうにはビタミンC、 グリーンピースにはかわりに糖質が多分に含まれています。 地域によって呼び方が違ったりもしますが、 昔から日本全国で食べられています。

次の

えんどう豆/スナップエンドウの賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

えん どう 豆 保存 方法

えんどう豆は、生鮮食料品なので、「賞味期限」も「消費期限」も記載がありません。 — スーパーなどでも売られているスペースは冷蔵スペースでないことがほとんどです。 野菜は必ずしも冷やして保存する必要がない野菜もあります。 多くのスーパーでは、最も適した方法で陳列してあることが多いので、その辺もチェックしながらスーパーの売り場を回ると新しい発見があるかもしれません。 — えんどう豆は、冷蔵庫で保存可能です。 冷蔵する場合は、野菜室が良いでしょう。 あまり温度が低いとかえって傷んでしまうのです。 — 冷凍するときは、えんどう豆も、スナップエンドウも、絹さやも茹でてから冷凍した方がおいしく食べることができます。 えんどう豆のスジを予めとっておき、熱湯で5~10秒ゆでます(それ以上長くゆでないこと) お湯には1%程度の塩を入れると水分が抜けずにきれいにゆでられます。 ゆでると鮮やかな緑色になりますので、冷水で色止めをし、水けをふきとります。 サランラップで1回分を小分けして、ジップロック等のフリーザーバックに入れて冷凍します。 冷凍庫に余裕があれば、アルミの板に重ならないように並べて冷凍します。 これで解凍後もバラバラに使えます。 保存自体はラップをかけるか、ジップロックに入れた方が良いでしょう。 えんどう豆、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピースなど色々あります。 どのように違うのか、こちらにまとめているのでご確認ください。 要するに、アカエンドウのもやし的な食材です。 ゆでるときは、少しの塩を入れるときれいな色に仕上がります。

次の