きゅうり の 育て 方 支柱。 きゅうりの育て方は簡単☆初心者でも成功!7つの手順

家庭菜園 きゅうりの育て方は?支柱・ネットの作り方?水やりは?

きゅうり の 育て 方 支柱

植え付け当日 植え付けから収穫までずっと肥料が必要なので 全面施肥で土づくりをおこないます。 畝づくり 栽培スペースの外側から土を盛り 高さ5~10cm程度の畝を立てます。 畝の上部を平らにならし黒マルチを張ります。 黒マルチは地温を上昇させるだけでなく 雑草がはえてくるのを抑えたり、 雨で土が跳ね返りなどを防いだりと、 病害虫の被害を防ぐ効果もあります。 黒マルチを張ったら 株と株の間が50cmになるように穴をあけましょう。 60cmの間隔をあげて、2列分植穴をあけます。 支柱立て キュウリを誘引するための支柱をさします。 【誘引用】長さ240cm前後の支柱 植え付ける株の数• 【補強用】長さ120cm前後の支柱 誘引用支柱4~6本に対して1本• 植穴の外側から畝の中央の高さ150cm程度で交差するように 斜めに支柱を20~25cm程度さし込みます。 3対できたら、交差しているところに 補強用の支柱をおき、麻ひもなどで 動かないようにしっかりと固定します。 これが「合掌式」と呼ばれる支柱の立て方です。 植え付け 良い苗の見分け方• 双葉がついている• 本葉が3~4本程度ついている• 葉の緑色が濃い• 節と節の間隔がせまい• 病害虫におかされていない 初心者の方は、少し高くても接ぎ木苗で 栽培することをオススメします。 黒マルチに穴をあけたところに 苗のポットがすっぽり入るように 植穴をあけます。 植穴にジョウロで水をたっぷりとそそぎます。 こうすることで根付きが良くなります。 植穴から水がひいたら苗を植え付けましょう。 もし、ポットの底で根が混みあっていたら 軽く手でほぐしてから植え付けましょう。 株がぐらつかないように 麻ひもで支柱に誘引します。 茎に麻ひもを回しかけ、2~3回ねじります。 ねじった後に支柱へと2回巻き付けきつく縛ります。 2~3回ねじることで茎側には余裕がでます。 茎は成長に伴い太くなるので茎側はゆったりと結び、 支柱側はずり落ちたりしないようにしっかりと結びます。 誘引 キュウリは自力で支柱にしがみつけないので 支柱へ誘引します。 1週間に1回程度麻ひもを使って支柱へ誘引してやります。 茎に麻ひもを回しかけ、2~3回ねじります。 ねじった後に支柱へと2回巻き付けきつく縛ります。 追肥 キュウリは実が付くスピードが速いので 肥料切れ(肥料がたりなくなること)を おこさないのがポイントです。 その為植え付け方2週間後から 2週間に1回追肥をおこないます。 黒マルチの端を畝の肩まではがします。 このとき畝をしっかりと作り直して、黒マルチを戻します。 もし畝のわきの通路が踏み固められ固くなっているようであれば 軽く耕してあげると、土の中に新鮮な空気が混ざり 根のはりが良くなります。 整枝 実をたくさんつけるためには 伸びてくるつるや葉を整枝し 日当たりや風通しを良くすることが大事です。 わき芽の育て方 わき芽は下から5番目以降のわき芽を育てます。 それより下のわき芽を育てると風通しが悪くなり 病害虫の原因となります。 摘芯の仕方 実が付いたつるは、実が付いた先の葉を 2枚のこして摘芯(先端をきりとる)します。 葉の数が制限され、株全体に日が当たるようになります。 その他の作業 収穫した実よりも下の葉は役割を終えているので 切り取って風通しを良くしましょう。 また、枯れていたり、病害虫の被害を受けていたりと そこから被害が広がる原因なので 切り取って畑の外へ持ち出し処分しましょう。 収穫 1番目と2番目の実は まだ株が未熟なことが多く、株へ大きな負担となるので 小さいうちに摘み取り株へ養分を回します。 長さが10cmになる前に取ることをオススメします。 その後の収穫はそれぞれの品種の最適なサイズで収穫しましょう。 親づるの摘芯 親づるの先端が支柱の上まで届いたら 先端を切り取ります。 わき芽の成長も促され 実へと養分が行き渡るので 実をたくさん収穫することができます。 収穫終了のサイン 形のおかしい実が目立って来たら 株がつかれてきた証拠です。 早めにキュウリの株の根元を切ってしまいましょう。 そのまま放置しておくとキュウリの株はカラカラになり 処分が簡単になります。 夏野菜は早めに切り上げて 秋野菜の準備に取り掛かるのが 通年野菜作りを楽しむコツですよ!.

次の

初心者向け!キュウリの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

きゅうり の 育て 方 支柱

栽培の時期• 土作りや連作障害について• おすすめの品種と苗の選び方• 植え付け方法と支柱の立て方• つるの誘引や摘心• 収穫のタイミング に分けて説明していきたいと思います。 5(弱酸性) ・連作障害:あり(2〜3年) キュウリはインドのヒマラヤ山麓原産で、実はとってもデリケートな野菜なんです。 また、連作や病害虫にも弱いので、細やかな栽培管理が必要になります。 でも、キュウリは連作障害にとっても弱い植物です。 ちょっと自信のない人や、心配な人は接木苗(つぎきなえ)からの栽培をオススメします。 気温の低い4月は、ポットに種まきして温度が上がってから植え付けます。 初心者の方は、病気に強い接木苗から育てることをオススメします!• 水やりや追肥はこまめにしましょう。 病害虫の対策をしっかりとしましょう。 銀色テープやシルバーマルチを使い、ネギを混植しましょう。 葉やつるの整理をしましょう。 収穫は少し早めがオススメです! キュウリの栽培時期 キュウリの栽培時期ですが、一般的な「春まき」の他にも「夏まき」と「秋まき」があります。 これらは品種が違い、種まきの時期や収穫時期が変わってくるので、栽培する前によく確認しましょう。 また、苗から栽培する方も多いと思います。 植え付け時期も下の栽培カレンダーを参考にしてください。 <一般的な春まき> <夏まき・秋まき> 品種によっても かなり 栽培の時期が違います。 上手に時期をずらして栽培していくことで、長く収穫できますよ! 種まき時期 種まき時期は、一般的に 4月上旬〜4月中旬です。 冷涼地・・・4月中旬〜6月初旬• 温暖地・・・3月下旬〜4月中旬 と種まきが可能です。 一般的な栽培時期としては上の時期が最適ですが 夏向き、秋向きの品種がありますので、時期を変えての栽培が可能です。 夏まき・・・6月中• 秋まき・・・8月中 キュウリは一本の木で家庭菜園では20〜30本くらい、プロの農家さんだと100本越えで収穫できるので、頑張っていっぱい育ててくださいね。 キュウリの土作り・連作障害について キュウリの根は浅く広く張るので、広めに耕すのがコツです。 また排水性を高めるため、うねを高くしてマルチで乾燥を抑えてあげましょう。 土作り• 浅く広くはる根に合わせて、うね全体にまんべんなく元肥をまいて耕しましょう。 幅1~1. 2m、高さ15~20cmのうねを作り、保温と雑草防除のために黒マルチを貼っておきます。 連作障害について キュウリは連作障害があるので、2〜3年は同じ場所に植えないようにしましょう。 場所の確保が難しい時は、コンパニオンプランツを上手に使いましょう。 キュウリの病害虫に効果的なコンパニオンプランツは? キュウリと相性の良い野菜 ネギ類 ネギの香りが害虫を遠ざけ、根に共生する菌がつる割れ病を防ぎます。 シソ科の野菜 キュウリの害虫を遠ざけます。 キュウリと相性の悪い野菜 ナス科全般、根菜類 土壌中のネコブセンチュウを増やしてしまい、互いの成長を妨げます。 キュウリの近くに植えないようにしましょう。 キュウリのおすすめな品種と苗の選び方 「キュウリ」と一言で言っても、すごく種類があるんです! その中でもオススメな品種をこれから紹介していきますね。 キュウリがかかりやすい、うどん粉病やウイルス病に強い品種がオススメです。 おすすめな品種 フリーダム うどんこ病やべと病に強い耐病性を持つように改良された品種。 いぼが少なくて、甘いのでサラダや漬物にオススメです! 苗の選び方 初心者の方は、絶対的に接木苗がオススメです。 接木苗は普通の苗より、おねだん的に少し高いですが、その後の育てやすさは格段に違います。 ここは損して得を取れで、少し高くても接木苗を買いましょう。 苗の選び方は、• その方が、成長の勢いが良く早く収穫ができます。 節の間隔が詰まっているものを選ぶ。 葉が傷ついていないものを選ぶ。 はじめての栽培は、病気に強い品種を選びましょう。 キュウリを種から育てる場合の種まきの仕方 4月中にタネを蒔くならポット苗にしましょう。 夏まきと秋まきは直接畑にまきます。 ポットまきの仕方 キュウリは寒さに弱いので、4月中に種まきをしたいなら、ポットまきにしましょう。 3号ポット(直径9cm)に、畑の土または種まき培土を7分目まで入れます。 2~3粒のタネを離して置きます。 タネを置いたら、ポットの8分目まで土をかぶせ手で優しく押さえます。 タネをまいた後は、たっぷり水をやります。 支柱で苗を取り囲むように3〜4本くらい立てます。 あとは筒状の肥料袋をすぽっと被せて、風避けにしてあげます。 コツとしては、袋がピンと張るように、支柱の位置をずらしてあげることと、 被せた下側を、一回折り返して、土を被せておくと風が吹いても飛びませんよ。 水やり キュウリは水が大好きです。 でも、あげすぎは病気のもとに! 2日に一回くらい、朝か夕方の気温が下がってから水やりするのがコツです! ネットと支柱の立て方 支柱はあまり高くしない方が管理しやすくてオススメです。 合掌作りにしてつるもの用のネットを張りましょう。 つるが伸びてきたら、上部が1mの高さで交差するように支柱を立てます。 支柱の間隔は50cmくらいがちょうどよいです。 次に、支柱にキュウリ用のネットを張ります。 絡みやすいので注意しましょう。 余ったネットは、切らずに支柱に結びつけておきましょう。 次の年に栽培面積が変わっても長さを調節することができます。 こうすると風通しが良くなって、うどんこ病の予防にもなりますよ。 摘心(てきしん) 摘心をすると上手にできるようになると、長く収穫することができるようになりますよ! ただ、最初は難しいので、主枝のてっぺんの摘心だけしてみてくださいね^^ 慣れてきたら、側枝の摘心にもチャレンジしてみましょう! 主枝の摘心 反対側に垂らしたつるが、地面まで達したら、それ以上伸びないように頂点の芽を切っちゃいましょう。 側枝の摘心 側枝の摘心は6〜10節目ぐらいまで、葉を一枚残して先は摘み取ります。 11節目以降ははを2〜3枚残して摘みとりましょう。 追肥 キュウリは肥料が大好きです! 実が成りだしたら、だいたい2週間に一度はリンが多く含まれている肥料を追肥しましょう。 量は1株にあたり、手で肥料を軽くひとつまみするくらいがベストです。 1回目は、マルチの植え穴から手を入れ、株の周りにまきます。 2回目以降は、株の間にマルチに穴をあけ、その穴に入れていきましょう。 キュウリは大きくなるのも早いから、昨日まで取りごろだったものも次の日には「でかっ!!」って驚くくらい成長します! 食べきれないからって明日に残しておくのはやめましょう。 また、水が足りなかったり、肥料が足りなかったりすると、すぐに変な形のキュウリが出来始めます。 様子を見ながら、そのキュウリにあった水の量や肥料をあげましょう。 変な形のキュウリができる原因と対処法 おしりが細くなる おしりが細くなる原因は、いくつかあります。 まず、水や肥料が不足している時になります。 様子を見ながら、水や肥料を増やしてみましょう。 また、暑くてキュウリがバテている状態です。 根元に敷き藁をしいて涼しくしてあげましょう。 日照不足で栄養が作れない場合です。 葉を減らし過ぎたり日光が足りないと、栄養が作れなくて尻すぼみになります。 肩が張る 温度が低すぎると、いかり肩のキュウリになります。 敷きわらを敷くなどして保温しましょう。 また肥料が多過ぎて、木に勢いがありすぎてもなります。 その時は肥料をひかえましょう。 おしりが大きくなる 水のあげすぎかも!土の様子を見て水あげをひかえて見てください。 葉をとり過ぎても、水分が逃げなくてお尻が大きなキュウリになります。 曲がったキュウリ つるを巻き直したり、葉が傷んだりするとキュウリがストレスを感じて、実が曲がってしまいます。 実が曲がってしまうと、見た目だけでなく味も悪くなるので、注意が必要です。 また、たくさん収穫した後、木が疲れてくると実が曲がり始めます。 その時は、新しく植え替えましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は「キュウリの育て方!栽培時期や土作り・肥料・摘心・水やり・ネットや支柱の立て方のコツ」を紹介してきました。 種まき時期・・・春まき(3月下旬)、夏まき(6月)、秋まき(8月)• 植え付け時期・・・一般的に4月の終わりごろ、夏まきと秋まきは直まきする。 ポットまきの仕方・・・3号ポットを使って種を3粒ずつまき、本葉が出る頃に一本立ちにして、ビニール温室などを使って保温する。 植え付けかた・・・広めの畝で50cm間隔以上開けて植え付ける。 黒マルチやホットポットを使って保温する。 支柱立て・・・低めの合掌造りにして管理しやすくする。 誘引・整枝・摘花・・・3節ごとにネットにからめながら誘引する。 5節までの側枝は摘み取る。 摘心・・・主枝のてっぺんが地面についたらつみ取る。 側枝は6〜10節目くらいは葉を一枚、それ以降は2〜3枚残して摘み取る。 水やり・追肥・・・こまめに行う。 キュウリの形が変形したら、やる量を変えてみる。 収穫・・・成長が盛んな時期は、朝と夕方に2回早めに収穫する。

次の

キュウリ 支柱 立て方

きゅうり の 育て 方 支柱

若い果実のうちに収穫することがポイント。 株の消耗を防ぐために、最初と2番目につく実は若穫りします。 以降は、品種によっておいしいタイミングがあるので、それぞれの収穫適期サイズ時に採り遅れないよう注意してください。 特に夏場は開花してから1週間ほどで収穫可能になり、朝と夕方で大きさが変わるほどの速さで生長します。 放っておくとヘチマのような「成熟果」になってしまいますが、種を除き漬物にして利用することも可能です。 収穫適期サイズは、• スティックミニ:12~15cm• バリうま:25~35cm• 強健豊作:21~22cm• 夏ふうみ:21~22cm• コクうま:20~22cm• 病気に強い「強健豊作」でおいしい夏キュウリを.

次の