長崎 市 クルーズ 船 コロナ。 長崎で修繕作業の伊クルーズ船、乗員34人が新型コロナ陽性 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

クルーズ船3隻受け入れ 三菱香焼、係留要請に協力 | 長崎新聞

長崎 市 クルーズ 船 コロナ

三菱重工業長崎造船所香焼工場(長崎県長崎市)の岸壁に停泊中の大型クルーズ客船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍、8万6千トン)で、新型コロナウイルスの感染者が確認されて27日で1週間。 乗員623人中148人の陽性が確認された。 大人数の感染者を含む乗員に、県や国、市はどう臨んでいるのか。 見えてきた現状や今後の対応をまとめた。 国立感染症研究所の鈴木基・感染症疫学センター長は21日から長崎入りし、県や長崎市とともに対策に当たっている。 市が25日にネットで公開した動画で、鈴木氏は「3月末ごろに船内で感染が発生し、比較的短時間で広まったものと推測される」との見方を示した。 福岡出入国在留管理局によると、アトランチカには3月15日からの1カ月間で約40人が新たに乗船。 一方、三菱重工の子会社で修繕を請け負った三菱造船によると、乗員が船から外出した例もあった。 三菱造船は、船を運航するコスタクルーズ社(イタリア)などから、市は乗員を乗せたというタクシー会社などから行動歴を調べている。 現在、船内にいるのは、26日に乗船した看護師1人を含む624人。 19日以降、1人ずつ個室に入り、船医1人と看護スタッフ4人が診療にあたっている。 健康管理の責任は、一義的にコスタ社が負うことで県と同社の見解は一致している。 ただ、今回のケースは検疫を終えて入国後に感染症が確認された「特殊な事例」(県の担当者)。 国の専門家が陽性者の扱いについて助言し、自衛隊の医師らも岸壁で体調不良者の診療に当たっている。 乗員の重症者1人は市内の医療機関に入院中。 県は「最大で感染者の2割が発症する」との専門家の見解を元に30人程度が入院が必要になると想定、県内の病床を圧迫する事態を防ごうと調整を続けている。 中田勝己・県福祉保健部長は26日の会見で、「(年齢などを考慮して)2割もいかないという意見もあるが、最悪の想定で対策を考える」としている。 何人までなら県内で収容できるかの見通しは立っておらず、他県からの協力が可能かも国で検討中という。 コスタ社は陰性の乗員を早期に帰国させたい考え。 外務省や約30カ国にのぼる出身国の大使館と協議している。 県は「人が密集したところにいること自体がリスクになる」(中田部長)と、早めに下船させたい考えだ。 陰性者については、14日間の健康観察期間を待たずに出国させる可能性も視野に入れている。 (榎本瑞希).

次の

長崎クルーズ船、5月末出港へ 乗員全員の陰性を確認 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

長崎 市 クルーズ 船 コロナ

4月22日、長崎港に入港しているクルーズ船「コスタ・アトランチカ」の船内で新型コロナウイルス感染症のクラスター感染が発見され、長崎県・長崎市・三菱重工業の合同記者会見を行いました。 発生状況 PCR等陽性者 34人(前日比+33人) PCR等検査実施人数 61人(前日比+57人) (令和2年4月22日 午前9時現在) 1月29日、イタリア籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」が長崎港に入港しました。 2月20日からドックに入り、3月25日まで船の修繕を行っていました。 4月14日に乗組員1人が発熱し、4月21日に1人目の陽性者が発見されました。 その後、濃厚接触者57人を検査し、33人の感染者が確認されました。 船内には、日本人通訳1人を含む623人の乗組員がおり、乗客はいません。 現在、船に出入りした三菱重工のグループ会社の社員に体調の異常はみられません。 今回の感染は、同じ場所で5人以上の患者が発生する「クラスター感染」とみられており、感染が確認された軽症の乗組員はそれぞれ個室で過ごしています。 新型コロナウイルスは、クラスター感染が発生しやすい特性があります。 クラスター感染が発生した場所とは別の場所で2次感染することは起こりにくく、一般的にはクラスターから市中に2次感染する可能性は低いといわれていますが、船内にウイルスがどう持ち込まれたかが重要なため、しっかりと今後情報収集していきます。 感染経路 現在調査中です。 検査 残りの乗組員に関しては、船内での個室の隔離及び健康管理を最優先事項とした上で、検査対象について検討していきます。 陽性者のうち、軽症患者は船内の個室で待機させ、重症患者が発生した場合は、県内の医療機関で対応する方針です。 今後の対応 ・陰性のかたの早期帰国を目指します。 ・コスタアトランチカ以外にもクルーズ船「コスタセレーナ」、「ネオロマンチカ」が停泊しているため、「コスタ・アトランチカ」と残り2隻の乗組員の接触について調査を行います。 ・長崎県により今後自衛隊に災害派遣要請を行う方針です。 ・現在すでに厚生労働省からDMAT(災害派遣医療チーム)、クラスタ対策の専門家が派遣されており、今後も国・県・市一体となって取り組んでいきます。 報道配布資料.

次の

長崎クルーズ船の外出記録判明 市内感染「可能性低い」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

長崎 市 クルーズ 船 コロナ

同船の運航会社が地元当局に対し、新型コロナウイルスの感染疑い例の検査を求め、支援を要請した。 20日には、最初に船内で検査を実施した4人のうち1人の感染を確認。 追加で乗員57人の検査を行い、22日までに計34人の感染が確認された。 地元自治体関係者らの話では、これまでのところ船内に重症者はいないとみられている。 長崎県の中村法道()知事によると、感染者らとそれ以外の乗員も船内に残っており、運航会社からは、乗員らが船内で自己隔離しているとの報告を受けたという。 ただここ数週間に、同船から自宅に戻った乗員や、新たに乗船した人もおり、同船から長崎市内へ人の移動はあったと考えられている。 日本は集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス()」に対応したばかり。 その際当局は、大きな批判にさらされながらも、感染を抑えられるとして船内隔離を実施。 最終的に700人超が感染し、13人が亡くなった。 c AFP.

次の