住吉 大社 安産 祈願。 安産祈願で大人気!大阪府で有名な神社やお寺はコチラです

大阪府大阪市の安産祈願

住吉 大社 安産 祈願

<安産祈願の授与品> ・腹帯 授与される腹帯は、昔ながらのさらしタイプのもの(写真中央)と、コルセットタイプのもの(写真右)があり、どちらか好きなほうの腹帯が選べます。 ・子まもり 「子まもり」(写真左下)は、木製の小さなお守り。 肌身離さず持ち歩き、出産の際にも持参しましょう。 無事にお産が済んだら、子供の誕生日と名前を書いて、お礼参りの際に納めます。 ・誕生石 安産祈願のあと第四本宮を訪れ、「誕生石」の柵のなかから小石を1つ選んで拾いましょう。 拾った小石は「安産守」と書かれた紙(写真下中央)にくるみ、腹帯にはさんで安産のお守りにします。 出産後、誕生石はお礼参りの際にお返しして、生まれた子供のご加護をお祈りします。 そのほか、いただいた「御神札」は家の神棚に飾りましょう。 また「神饌」は神様からいただいた食べ物なので、早めにお召し上がりを。 住吉大社への交通アクセス・最寄り駅は 住吉大社は交通アクセスが良く、最寄りの「住吉鳥居前駅」からはほとんど歩くことなく到着することができます。 <住吉大社への交通アクセス> 南海鉄道 ・南海本線「住吉大社駅」徒歩3分 ・南海高野線「住吉東駅」徒歩5分 阪堺電気軌道 阪堺線 「住吉鳥居前駅」徒歩すぐ 阪堺電気軌道 阪堺線「住吉鳥居前駅」からのアクセス 住吉大社の最寄り駅は、路面電車の阪堺線「住吉鳥居前駅」です。 下車すると、すぐ反対側に住吉大社の鳥居が見えます。 徒歩1分もかかりません。 南海鉄道 南海本線「住吉大社駅」からのアクセス 南海本線「住吉大社駅」からの行き方も簡単。 住吉大社駅の改札を出たら、東出口に向かいます。 出口から出て東側(左手)を向くと、信号が見え、その奥に住吉大社があります。 駅から東方向へ、徒歩およそ3分で到着。 分かりやすい道のりで、アクセスも便利です。 <車でお越しの場合は> 住吉大社には南駐車場と北駐車場があり、400台の駐車スペースがあります。 住吉大社の境内ガイド! それでは住吉大社の境内の様子を見てみましょう。 住吉大社といえば、赤い太鼓橋で有名ですね。 正面の鳥居をくぐると、すぐ前方に有名な太鼓橋(反橋)が見えてきます。 特に天気が悪く、足元が悪い時は要注意です。 太鼓橋を渡った先には第三本宮があり、その手前に「ご祈祷受付・お守り授与所」があります。 安産祈願はこちらの受付で申込みましょう。 こちらの受付ではお守りが販売され、御朱印をいただくこともできます(御朱印の初穂料は500円)。 ちなみに住吉大社の安産祈願のご祈祷料は一万円。 巫女さんが舞を奉納をする「御神楽(おかぐら)」付きだと、二万円になります。 子宝祈願は、種貸社へ 住吉大社は、安産祈願だけでなく、子授け祈願でも有名です。 もし子授け祈願に訪れるなら、資金調達の神として崇められる「種貸社(たねかししゃ)」へ。 種貸社の狛犬は、子供を背中に乗せています。 ちなみに子宝祈願のご祈祷は1100円、御神楽付きだと一万円。 子宝祈願の絵馬に、夫婦の名前を記して奉納します。 無事に子供を授かったら、写真の「種貸人形(たねかしにんぎょう)」の背中に子供の名前と生年月日を記して奉納します。 種貸社の裏には、奉納された人形がズラリと並んでいます。 すみよっさんのご利益を! 住吉大社といえば、商売発達・家内安全の「初辰まいり」も有名ですね。 住吉大社の奥にある楠珺社(なんくんしゃ)では、願いの発達を願い、毎月最初の辰の日にお詣りすると願いが叶うと言われます。 楠珺社の招福猫は、右手招きが「お金招き」、左手招きが「家内安全」。 安産祈願のついでに招福猫を買い求めてもいいですね。 赤ちゃんが無事に生まれたら、今度はお宮参りです。 由緒深い住吉大社に、これからのご加護をお祈りしましょう。

次の

大阪府大阪市の安産祈願

住吉 大社 安産 祈願

住吉大社|安産祈願で有名な神社 まずは、大阪で一番参拝者数が多いといわれる『住吉大社』です。 『住吉大社』には様々なご利益が期待できるのです。 そんな中でも『安産祈願』、『子宝のパワースポット』として非常に人気のある場所があります。 安産祈願のスポット! ここ『第四本宮』には神功皇后がお祀りされており、神功皇后は『安産の神様』とも言われております。 こちらは薩摩藩『島津氏』の始祖・『島津忠久公』を出産した場所と伝えられており、『安産祈願スポット』として人気があります。 また、こちらの囲いの中の石をを『誕生石』といい、『安産祈願』のご祈祷を受けたのち『安産のお守り』として持ち帰るように言われます。 子宝パワースポットもある! 『住吉大社』で『子宝のパワースポット』として人気があるスポットは、末社である『種貸社』です。 またこちらは『一寸法師発祥の地』とされており、昔話の一寸法師は、子宝に恵まれなかった初老の夫婦が、ここの住吉大社にお参りに来てから授かった子供だと言われています。 そういうこともあり、ここは『子宝のパワースポット』と言われております。 もっと詳しくはこちら 野崎観音|大阪でも有数なスポット 『のざきの観音さん』と親しまれている『野崎観音』こと『慈眼寺』は大阪でも有数の 『安産祈願』、 『子授け』で人気のスポットです。 ご本尊は『十一面観音菩薩』でご利益は『安産』、『子授け』が期待できます。 本堂の軒下には数えきれない、子供の出生祝いの贈り物や安産のお守り犬『張り子の犬』がぶら下がっています。 これはお礼参りの『張り子の犬』であり、これだけ数多くあるということは、それだけご利益が期待できるという事ではないでしょうか。 女性をお守り下さる仏様 『野崎観音』で更にお薦めなのが、本堂横にある『江口の君堂』です。 『江口の君堂』で当山中興の祖である『江口の君』がお祀りされおり、『女性をお守り下さる仏様』と言われ、安産・子授けなどに悩む、あらゆる女性をお守りくださると言われております。 『江口の君堂』を左から右へ自分の年の数だけ回るとご利益が授かるとされています。 もっと詳しくはこちら 安倍晴明神社|安倍晴明の誕生の地! 平安時代に活躍した有名な陰陽師『安倍晴明』をお祀りする『安倍晴明神社』は数ある大阪のパワースポットの中でも、最強の『パワースポット神社』の一つとして人気が高いです! 子宝・安産祈願共にパワースポットがあります! 安倍晴明誕生の地が子宝パワースポット! 写真の右側が『子宝のパワースポット』として有名な『鎮(しずみ)石』と呼ばれている大きな石です。 『孕み石(はらみいし)』とも呼ばれ、『子供をはらむ』という言葉から、『子宝のパワースポット』として信仰されています。 安倍晴明が浸かった産湯跡が安産祈願のパワースポット こちらは『安倍晴明』が浸かったとされる『産湯井の跡』です。 『安倍晴明』が生まれたという事で『安産祈願』のパワースポットとなっています。 もっと詳しくはこちら 四条畷神社|女性の鏡とされる人物のご利益! 歴史ファンの中で人気の高い『楠木正成』の遺志を継いで戦った息子である『楠木正行 くすのきまさつら)』が祀られている事で知られる『四条畷神社』も子宝パワースポットとして人気を博しています! 『女性の鑑』と言われる、楠木正行のお母さんが祀られています! 『女性の鑑』にあやかるスポット 拝殿の左隣にある『御妣神社(みおやじんじゃ)』が『子宝のパワースポット』です。 楠木正成の妻にして、正成亡き後、正行や兄弟を立派な武将に育て上げた『久子さん』がお祀りされており、楠木正行兄弟を忠臣として育て上げられたことから『女性の鑑』として『子宝』のご利益が期待できます。

次の

住吉大社

住吉 大社 安産 祈願

住吉大社は、南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分ほどのところにある大阪では知名度の高い神社の一つです。 太鼓橋といってぷっくりした橋があるのですが、その橋が可愛くて写真スポットにもなっています。 ただ、例年、初詣の時期になると車も駐車場になかなか入れなかったり、参拝までもすごい人混みになる神社でもあります。 ゆっくり参拝したい方は、初詣の時期を避けたりすればのんびり参拝できると思います。 そんな住吉大社ですが、実は良縁祈願にもご利益があるようです。 良縁祈願に住吉大社を選んだ理由は? 大阪でも有名な住吉大社ですが、友人から神社の石の中に「五・大・力」と書かれた石があって、それを探すと願ったことが叶うという五大力石のことを聞いて初詣がてら行ってみたくなり行きました。 でも、良縁祈願に行くために…というよりかは、初詣のついで…というところが本当のところです。 住吉大社の五大力石・良縁祈願のご利益は? 1月末の平日だったにも関わらず、住吉大社の人込みはすごくてなかなか大変でしたね。 週末ともなれば身動きも取れないくらいだったのではないでしょうか。 友人と五大力石が隠れているというところへ行き、石を探して「五・大・力」という数字が書かれた石を探しました。 すごく小さな石なんですがたくさんある石の中から探すので、宝探しゲームでもしているような気分になるので、童心に帰って楽しみました。 意外と見つかるもので、私も私の友人もそれぞれすべての文字が書かれた石を3つずつ見つけることができ、その後にお守り袋を買ってそこにみつけた石を大切に保管していました。 神社で参拝もして「できれば今年のうちに結婚したいので、ご縁がありますよに…。 」という気持ちを込めて参拝しました。 一応、神社のマナーにならって二礼二拍手一礼もしました。 それからというもの、1か月ほどしてから友人から会社の同僚で誰か紹介してほしがってるんだけどどうかな?と言われ、友人から聞く人柄も良さそうだったのでこれは会ってみないとわからないし、自分なんかで良ければ…と思いご飯へ行くことになりました。 二人でご飯に行ったのですが、噂に聞いていたとおり人柄も良く、タイプではないけれどお互い共通の趣味が登山ということも発覚して、どこの山へ登っただのそうした話題で盛り上がりました。 大阪でも割と有名な自分で焼くスタイルの焼き鳥屋さんだったのですが、ずっと焼き鳥のお世話をしてくれていて、ずぼらな私は、「あ、この人と一緒にいると楽だな~」と変な気遣いをすることもなく、最初から打ち解けられました。 そんな彼とその後も何度かデートを重ね、趣味の山登りもしたりと仲が急速に深まりました。 ある日のデートの帰り道、二人で歩きながら帰路についていたところ、話したいことがあると言われ、私もいよいよだと感じていたので付き合ってくださいという告白をされるのかも…とドキドキしていたら、なんと、結婚してください!と言われたのです。 まさかの結婚してくださいのプロポーズは想定を超えていてびっくりしてしまったのですが、うれしさのあまり自然と涙がポロポロ出ていました。 それを見た彼は、ごめんね、いやだったよね・・・と焦っている様子。 いや、嬉しくて…と答えながらプロポーズを受け入れたのでした。 そう、付き合う期間を経ることなく、私たちは結婚という形をとることになったのです。 もともと友人の紹介ということがなかったらこんな形にはならなかったでしょう。 住吉大社に参拝してから3か月という速さで結婚が決まるという、想定以上の結果に自分自身も驚きました。 30歳になる手前のぎりぎりで結婚。 デートの時もいつも五大力の石のお守りは常々持ち歩いていたので、その石の効果もあるのかなと思ったりなんかしますね。 一緒に参拝した友人にも驚かれましたが、実は一緒にいった友人もしばらくして付き合っていた彼氏からプロポーズを受けて結婚に至りました。

次の