折り紙 無限に開く。 ”無限に開く立方体(立方8面体)”の内部に”正8面体の星型”を入れる。 : Mrtn Directory

折り紙インチキ職人のブログ:無限に開く箱

折り紙 無限に開く

用意する物 ・折り紙 8色 各24枚ずつ ・のり 今回は、7. 5㎝の大きさの折り紙を使用しました。 5㎝)と同じになります。 この場合だと、通常の大きさの折り紙を6枚用意するだけで大丈夫です。 ちなみに、折り紙(7. 5㎝)で作ると 完成後の大きさは直径約15㎝でした。 作り方 パーツを作る 192枚、すべて同じ形に折ります。 *折る所に、黒い線が引いてあります。 この時、2枚に開く方を上にしてください。 (わかりやすいように赤〇の目印を付けてます。 青ペンのように指を中に入れると開きやすいです。 線のとおりに、下三角を上方向に両方折ります。 完成です。 8色 各24枚。 全192枚、すべてこのように折ります。 組み立てる時は、パーツを順番通りに並べておくと作りやすいです。 (開くことができる小さい三角が下向き) むらさき色、ピンク色、赤色を組み立てていきます。 2つのパーツの下のとがっている位置が合うようにします。 (*わかりやすいように、紫色のパーツは外してます) この時も、下のとがっている部分の位置が合うようにしましょう。 (左)裏側 (右)表側 これが基本の作業になります。 赤色・黄色の〇印の所に、のりをつけます。 オレンジ色の裏側の穴に、赤色・黄色の〇印部分をそれぞれ差し込みます。 「のり付けの場所」「差し込み方」については、私のやりやすかった方法を紹介しましたが、ご自身のやりやすい方法で作ってみてくださいね。 黄色・水色の〇印の所に、のりを付けます。 きみどり色の裏側の穴に、黄色・水色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 水色・むらさき色の〇印の所に、のりを付けます。 青色の裏側の穴に、水色・むらさき色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 1周目が終わりです。 次から2周目にはいります! 水色からスタートしていますが、お好きな所から始めてくださいね。 きみどり色・青色の〇印の所に、のりをつけます。 水色の裏側の穴に、きみどり色・青色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 青色・ピンク色の〇印の所に、のりを付けます。 むらさき色の裏側の穴に、青色・ピンク色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 ピンク色・オレンジ色の〇印の所に、のりを付けます。 赤色の裏側の穴に、ピンク色・オレンジ色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 オレンジ色・きみどり色の〇印の所に、のりを付けます。 黄色の裏側の穴に、オレンジ色・きみどり色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 むらさき色・赤色の〇印の所に、のりを付けます。 ピンク色の裏側の穴に、むらさき色・赤色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 これで、全部の色のつなげ方の説明は終わりです。 あとは、この作業の繰り返しになります。 あとは、最後のつなげ作業になります。 ピンク色・オレンジ色の〇印の所に、のりをつけます。 赤色の裏側の穴に、ピンク色・オレンジ色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 赤色に差し込むとき、このように 赤色を少し折り曲げると、差し込みやすいかなと思います。 一カ所が終わり、次の所をのり付けする時に、引っ張られるせいか外れてきます。 なので、赤色の穴にピンク色・オレンジ色を差し込み終わったら、しばらくの間のりがくっつくまで押さえておくことをおすすめします。 くっついたのを確認したら、次の色へと作業を進めた方が外れにくいかなと思います。 全部組み合わせた後、他の箇所もはずれていないか確認したら完成です! 関連記事.

次の

Honda ORIGAMI

折り紙 無限に開く

折り紙でバラなどの立体的な花を作ってみよう! 子どもの頃に作ったお花の折り紙を思いだしてみましょう。 チューリップやひまわりなど、特徴がわかりやすいお花が多かったのではないでしょうか? チューリップなら、ぷっくりしたシルエットが特徴的です。 ひまわりなら黄色と茶色の折り紙を組み合わせると、それらしく見えますよね。 特徴がわかりやすいので、わざわざ折らなくても、それらしい形に切り抜いても表現できるレベルです。 大人向けの折り紙は、子ども向けの折り紙とは異なり、 立体で表現することがポイントです。 バラやダリア、ガーベラなど、平面だとどうしても特徴を出すのが難しいお花ですが、 立体的に作ってみるとそれぞれの特徴が発揮されます。 花びらをカールさせたり、お花を支えるガクを作ったり、それぞれのお花の特徴を生かした作り方を紹介します。 折り紙を使った立体的な花の簡単な折り方 まずは折る回数が比較的少なく、難しい工程が少ないお花の折り紙を紹介します。 自信がない人は、折り紙でなくてもいいので、 大きいサイズの紙から作ってみましょう。 チューリップの折り紙• ユリの折り紙• あやめの折り紙• 桃・梅・桜の花の折り紙• 椿の花の折り紙• 折り紙の鶴の折り方と同じように途中まで折っていきます。 花びらを作るときに、折り紙を重なるようにおりこみ、上が絞られた四角すいを作ります。 四角すいの上からバナナを向くように花びらを広げていきます。 緑色の折り紙でチューリップの大きな葉っぱと茎を作り、組み合わせます。 折り紙の鶴の折り方と同じように途中まで折りますが、鶴の足になる部分の反対側をつぶして折っていきます。 花びらを開いたら、鉛筆やストローなどに紙をまきつけ大きなカールをつけましょう。 以下の動画では色のついた折り紙を使っていますが、白い色の折り紙で作ると良いですね。 緑色の折れ曲がるストローと組み合わせて下向きにお花を取り付けると、さらにユリらしく見せられます。 ワイヤーに黄色い紙テープをまきつけ、花の中にめしべ、おしべを付けるとさらにリアルに。 あやめの特徴は、 紫色で上を向いて広がる花びらと、細い茎と葉っぱです。 特徴を生かせば、ユリの花と区別をつけられますね。 紫の折り紙でユリの花と同じように折っていき、花びらはしっかり折り目をつけて折ってからカールさせます。 カールは指の先で弱めにつけるくらいでいいですよ。 茎は緑色の折り紙を丸めて、葉は細く切って作ります。 作り方がかなり似ているお花同士でも、出来上がったものはまったく違うところが面白いですね。 ポイントは 花びらの切り方に着目することです。 桃は尖った花びら、梅は丸くぽってりした花びら、桜は切れ込みが入った花びらです。 もちろん、折り紙の色もそれぞれの花によせるといいですね。 一枚の花を作るのに、折り紙を5枚使います。 本物によせるには、15cmサイズの折り紙を四つ切にして7. 5cmサイズで作りましょう。 1枚の折り紙で花びら1枚と花弁がセットになったものを作ります。 紙を丸めて貼り付けて、丸い花びらが完成! 桃の花はそのまま丸めればよいのですが、梅と桜は丸める前に花びらを切っておきます。 花びら同士を貼り合わせる時は、手で糊をつけるとべたべたになってしまうので注意してくださいね。 爪楊枝など、糊をのばす道具を使ってやるときれいに作れますよ。 1枚の折り紙で花びら、もう1枚の折り紙でおしべ・めしべを作ります。 椿の花びらは重めで、花びらの先のみカールしていますね。 折り紙を二重に重ねて椿の花びらを表現します。 花びらの先は、爪楊枝など細いもので強めにカールさせるのもポイントです。 おしべ・めしべは黄色い折り紙に切り込みを入れたものを巻いて作ります。 大きく広がった葉っぱと組み合わせると特徴をバッチリ抑えられますね。 折り紙の頂点を中心に向かって折る動作を3回繰り返します。 普通の15cmサイズの折り紙でも厚みが出て折りにくくなっていくので、もっと大きいサイズの折り紙でやってみてもいいでしょう。 最後に、折った部分をひっくり返すようにして花びらを作ります。 何重にも重なった紙を折り返すので、気を付けないと破れてしまうことも。 折り方自体は簡単なのでゆっくり慎重に取り組みましょう。 もっと難しい折り紙を使った立体的な花に挑戦 立体的な折り紙の中には折る手順が難しかったり、たくさんの折り紙を使うものもあります。 思わずため息が出そうな、立体的で見事な折り紙を紹介します。 カーネーションの折り紙• ピンポンマムの折り紙• ガーベラの折り紙• やや難しいバラの折り紙(ツイストローズ)• もっと難しいバラの折り紙• お花を束ねて作るくす玉• あさがおの折り紙• 本物に似せるには、 花びらの細かいギザギザと、ガクの部分の膨らみがポイントです。 花びらは、薄い紙を使って表現します。 折り紙のような固く表裏で色が違うものではなく、和紙のような薄くて表裏がない紙がいいでしょう。 紙を数枚程度重ね、蛇腹折におって、端の方をギザギザに切っておきます。 なるべく細かく折り、刻みをいれるように頑張ってください。 ガクの部分は膨らみがポイントですね。 動画のように膨らみが出るような折り方をしてもいいですが、ティッシュをつめても良いですよ。 最後に茎を刺すときに、ティッシュを詰めていた方がガクがつぶれず安定します。 日本の菊だと、お供え物をイメージすると思いますが、西洋菊はまんまるでかわいいお花ですよ。 一枚のお花を作るのに、紙を12枚も使います。 さらに、ピンポンマムの 丸いポップな花びらを表現するために、すべての円を丸く切ります。 1つの丸い紙で、小さい花びら2つとその周りの大きい花びら1つを作ります。 これを8つ作り、まるくお花の形にします。 花びらの形を固定するためにはボンドを塗りながらの緻密な作業が必要ですが、形がいびつにならないように気を配る必要があります。 紙が4枚残っていると思いますが、その紙は、大きい花びらの中に貼り付け、色をつけるのに使います。 この動画の折り方だと一枚の折り紙で花全体を折れます。 真ん中の部分がつぶれないように、 花びらを作る前にしっかり中心部に折り目をつけておくことをおすすめします。 花びらを回しながら折っていくので、持つ部分を考えないと花の形がゆがんでしまいます。 色々折り方はありますが、 やわらかな重なりを表現するのが折り紙では難しい部分があります。 この方法では、折り紙をねじってバラを表現しています。 途中までは普通に直線的な折り方で全くバラの雰囲気はないのですが、折り紙をねじったところで、一気にバラの雰囲気がでてきます。 ねじった後は、爪楊枝で強めに花びらにカールをつけて完成です。 今回紹介するのは、それらとはまた別の折り方です。 バラの花の重なりを、 大きさの異なる折り紙3枚で表現しています。 1枚の紙を折るだけでも大変なのに、重ねる時にいったん解体しなくてはならないことも! 苦労をして作ったバラは、ツイストローズよりも安定感があるので頑張ってみましょう。 動画のように、両面テープを使うとボンドで貼り付けるよりは素早くできます。 ただ、組み立てる時に間違うと、ボンドよりも剥がすのが大変な場合があります。 ラッパのような形はボンドで固定して作っているのでよく乾かしながら作業を進めましょう。 花の中の白い星の部分は、紙の端を折る面積で調整できます。 この折り紙では1枚の折り紙で、12枚もの花びらがあるダリアができます。 縦横、斜め方向にきっちり折り目をつけていきます。 折り目を付けたら、中心に向かって寄せていきます。 しっかり折り目がついていれば、 寄せても崩れません。 中心に紙が集まったら、四角で円を描くように折りたたみましょう。 花びらの重なっている部分を折っていくと、立体感が際立ちますよ。

次の

折り紙インチキ職人のブログ:無限に開く箱

折り紙 無限に開く

用意する物 ・折り紙 8色 各24枚ずつ ・のり 今回は、7. 5㎝の大きさの折り紙を使用しました。 5㎝)と同じになります。 この場合だと、通常の大きさの折り紙を6枚用意するだけで大丈夫です。 ちなみに、折り紙(7. 5㎝)で作ると 完成後の大きさは直径約15㎝でした。 作り方 パーツを作る 192枚、すべて同じ形に折ります。 *折る所に、黒い線が引いてあります。 この時、2枚に開く方を上にしてください。 (わかりやすいように赤〇の目印を付けてます。 青ペンのように指を中に入れると開きやすいです。 線のとおりに、下三角を上方向に両方折ります。 完成です。 8色 各24枚。 全192枚、すべてこのように折ります。 組み立てる時は、パーツを順番通りに並べておくと作りやすいです。 (開くことができる小さい三角が下向き) むらさき色、ピンク色、赤色を組み立てていきます。 2つのパーツの下のとがっている位置が合うようにします。 (*わかりやすいように、紫色のパーツは外してます) この時も、下のとがっている部分の位置が合うようにしましょう。 (左)裏側 (右)表側 これが基本の作業になります。 赤色・黄色の〇印の所に、のりをつけます。 オレンジ色の裏側の穴に、赤色・黄色の〇印部分をそれぞれ差し込みます。 「のり付けの場所」「差し込み方」については、私のやりやすかった方法を紹介しましたが、ご自身のやりやすい方法で作ってみてくださいね。 黄色・水色の〇印の所に、のりを付けます。 きみどり色の裏側の穴に、黄色・水色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 水色・むらさき色の〇印の所に、のりを付けます。 青色の裏側の穴に、水色・むらさき色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 1周目が終わりです。 次から2周目にはいります! 水色からスタートしていますが、お好きな所から始めてくださいね。 きみどり色・青色の〇印の所に、のりをつけます。 水色の裏側の穴に、きみどり色・青色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 青色・ピンク色の〇印の所に、のりを付けます。 むらさき色の裏側の穴に、青色・ピンク色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 ピンク色・オレンジ色の〇印の所に、のりを付けます。 赤色の裏側の穴に、ピンク色・オレンジ色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 オレンジ色・きみどり色の〇印の所に、のりを付けます。 黄色の裏側の穴に、オレンジ色・きみどり色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 むらさき色・赤色の〇印の所に、のりを付けます。 ピンク色の裏側の穴に、むらさき色・赤色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 これで、全部の色のつなげ方の説明は終わりです。 あとは、この作業の繰り返しになります。 あとは、最後のつなげ作業になります。 ピンク色・オレンジ色の〇印の所に、のりをつけます。 赤色の裏側の穴に、ピンク色・オレンジ色の〇印の部分をそれぞれ差し込みます。 赤色に差し込むとき、このように 赤色を少し折り曲げると、差し込みやすいかなと思います。 一カ所が終わり、次の所をのり付けする時に、引っ張られるせいか外れてきます。 なので、赤色の穴にピンク色・オレンジ色を差し込み終わったら、しばらくの間のりがくっつくまで押さえておくことをおすすめします。 くっついたのを確認したら、次の色へと作業を進めた方が外れにくいかなと思います。 全部組み合わせた後、他の箇所もはずれていないか確認したら完成です! 関連記事.

次の