横浜 市 不妊 治療 助成 金。 神奈川・横浜の不妊治療(体外受精)に関する助成金とは

特定不妊治療助成金の支給日・振込み日はいつ?申請から支給までの流れ

横浜 市 不妊 治療 助成 金

このブログは、私自身の経験から、 不妊治療のハードルを下げられたらとの思いをもって書いてます。 特にハードルが高いのが体外受精だと思います。 なんか大変そうだという不安からくるハードルもあれば、 お金掛かるよね?という不安ハードルもあると思います。 上記に不妊治療の費用をまとめました。 以前の記事でも記載しましたが、 段階が上がると保険適用外となり、費用も体外受精以降に飛躍的にあがります。 また保険適応外の治療は、病院によって費用も違います。 ただし、安心して下さい。 日本には 不妊治療に対する補助金が用意されており、場合によってはかなり自己負担額が抑えられます。 今回は、この補助金について詳しくご紹介します。 不妊に悩む方への特定治療支援事業 厚生労働省が定めた 「不妊に悩む方への特定治療支援事業」に基づいて、各自治体で支援が実施されています。 簡単にいうと、 基準は国が設けます。 あとの細かいところは、それぞれの地方に任せます。 と言う感じですので、実際の申請なども地方で行います。 また、基準はありますが、お住まいの地域によって補助の内容が異なる事もあります。 私が住んでいる吹田市を例に記事を書いてますので、こちらも参考にしてください。 不妊治療助成金の基準は?? 厚生労働省が定めた不妊治療助成金の基準を表にまとめました。 どの地域でもほぼこの基準と同じです。 それぞれもう少し詳しくお伝えします。 不妊治療助成金:対象者 ルールが変わって、現在は年齢制限が設けられており、 治療開始日の妻の年齢が 43歳未満が基準となります。 たまに勘違いされているケースがありますが、あくまで助成金の対象に制限があるだけです。 治療そのものに年齢制限はありませんのであしからず。 不妊治療助成金:対象治療 現在のところ、 特定不妊治療と呼ばれる" 体外授精"" 顕微授精"のみが対象となります。 ただし、ごくわずかの地域では、人工授精や他の治療に対しても助成されているケースがあります。 自治体のホームページを確認してください。 不妊治療助成金:助成金額 治療ステージが分けられており、ステージによって助成金が変わります。 上記は私がまとめたものですが、多くの自治体が同じ区分で同じ助成金です。 ABDEステージは、新たに採卵~受精まで行ったケースであり、その場合は一律15万円となります。 また、ABDEステージは、初回限り30万の助成金が提供されます。 後述しますが、自治体により若干違うので、個別に問い合わせ下さい。 不妊治療助成金:所得制限 夫婦合算の前年の 所得合計が730万未満の場合、助成対象となります。 所得とは、収入から必要経費を引き算したものです。 いわゆる年収からはかなり下がるケースも多いため、年収が730万を超えてしまっていると諦めないようにして下さい。 不妊治療助成金:指定医療機関 助成金が支給されるのは、それぞれの自治体が定める指定医療機関での治療に限ります。 指定医療機関は、各自治体やで確認できます。 例外はあるようですが、終了後速やかな申請を心掛けましょう! 必要書類 自治体により必要書類は異なりますが、私が住んでいる大阪府を例に挙げておきます。 1,特定治療支援事業申請書 2,特定治療支援事業受診等証明書 3,住民票 4,戸籍謄本 夫婦が別世帯の場合 5,婚姻が確認できる資料 初めての申請の場合は戸籍謄本が必要) 6,夫婦それぞれの前年の所得証明書 7,指定医療機関の領収書 原本) 8,振込口座の通帳等のコピー 東京都も確認しましたが、必要書類は同じです。 恐らくほとんどの自治体で同じものが必要になると思います。 必要書類の1. 2は、各自治体のホームページからダウンロード可能です。 申請窓口 大阪府の場合は、必要書類を記入の上、お住まいの管轄保健所に提出します。 東京都の場合は郵送になります。 各地区で確認お願いします。 自治体ごとの、独自の助成金 東京都 東京都では、助成金がステージAで25万円、ステージBで20万円と増額されております。 また、30年度4月1日より、事実婚のカップルも対象に拡がっております。 京都府 京都府の大きな特徴は、特定不妊治療 体外受精、顕微授精)以外の治療にも助成がされている点です。 他の自治体にも拡がって欲しいですね。 別記事で詳しく紹介したいのですが、各自治体によって助成枠・助成金額はまちまちです。 また、割愛しましたが、多くの自治体で男性不妊に対する助成もスタートしています。 併せて確認してください。 市町村独自の取り組み 最後に今までの助成金制度とは別で、単独で市町村が補助を行っているケースもあります。 なかには、年齢制限がない地区もあるので、確認してみてくださいね。 参考に北海道の事例です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 不妊治療は期間が長くなるほど、負担も大きくバカになりません。 申請は手間ではありますが、決して少なくない金額が助成されます。 また、特に東京都などは顕著ですが、 助成枠や助成金額は拡大傾向です。 こまめに自治体のホームページを確認し、最新情報をチェックしましょう。 ではでは。

次の

横浜市の特定不妊治療助成交付の決定通知書が届く時期!申請してからかかる時間

横浜 市 不妊 治療 助成 金

国では体外受精や顕微授精などの高額な不妊治療に対して、一部費用を助成するための特定不妊治療の助成事業を行っています。 神奈川県では、国と同様の不妊治療に対する助成を行なう他、各自治体によってさらに助成を加える所もあるなど市によって対応が異なっています。 また、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市などの政令指定都市に関しては、神奈川県と助成内容は同じです。 上限15万円の不妊治療について• 治療方法A:新鮮胚移植を実施• 治療方法B:凍結胚移植を実施• 治療方法D:体調不良などの理由により、移植のめどが立たず治療終了• 治療方法E:受精が出来ない、又は、胚の分割停止や変性、多精子授精などの異常授精等により中止の場合 上限7万5千円の不妊治療について• 治療方法C:以前に凍結してあった胚を解凍し、胚移植を実施• pref. kanagawa. pdf参照 初回の治療は30万円助成される? 体外受精、顕微授精は高額であることから経済的負担を軽減し、治療を開始しやすくするために、 初回は助成金が30万円に拡充されています。 ただし、以前凍結した胚を解凍し、胚移植を実施する(治療方法C)や、採卵したが卵が得らえられない、状態の良い卵がえられずに中止(治療方法F)などの場合は、対象外となるようです。 また、保険外費用の中でも、凍結された精子や卵子、受精胚の管理料(保存料)や文書料(証明書代)、入院費及び食事代は助成金の対象外になるようです。 医療機関によっては助成を受けられない? 神奈川県の場合、住んでいる自治体にある医療機関でなくても、全国の都道府県・政令指定都市・中核市が指定した特定医療機関であれば助成を受けることができます。 例えば、神奈川県に住んでいて、都内の特定医療機関に通院している場合でも、助成が受けられます。 治療開始の時点で、法律上の婚姻をしている夫婦である。 助成申請の時点で、夫婦のいずれか一方が神奈川県内の市町村(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市を除く)に住所がある。 特定不妊治療以外の治療法では、妊娠の見込みがない又は極めて少ないと医師に診断されてた。 神奈川県又は全国の都道府県・政令指定都市・中核市が指定した医療機関で特定不妊治療を受けていた。 前年(1月から5月までに申請する場合は前々年)の 所得(手取り金額)の合計額が、夫婦合算で730万円未満である。 年齢に応じて、通算して助成金が貰える回数は異なります。 年齢は、誕生日を基準とし、1回の治療開始の初日の年齢で判断されます。 平成29年以前に助成を受けている場合、その回数も通算されます。 助成回数は他の都道府県・指定都市・中核市(県内では横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市)から助成を受けた分も通算されます。 例えば都内から引っ越したなどの場合も、都内で助成金を受けていた場合はそれもカウントされる、ということになります。 また、助成金の対象外として、妻の年齢が43歳以上で開始した治療の場合や、平成28年度以前の申請を通算5年度既に行っている場合が挙げられます。 申請には必要書類を準備したり、申請期間があるため、申請方法をきちんと把握して、手続きを行う必要があります。 不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書• 不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書• ・申請期間 申請期間は、治療終了日を含めて60日以内とされています。 申請期間の60日が複数の年度にまたがる場合、助成年度の判断は申請受付日の属する年度で判断されるようですので注意が必要です。 間に合わない場合は・・・ 申請期間に間に合わない場合、以下2つの理由に限り、 仮受付が認められています。 ・医療機関の都合により「受診等証明書」の発行が申請期間内(又は年度内)に間に合わない場合 ・自治体の都合により「住民税課税〔非課税〕証明書」の発行が申請期間内(又は年度内)に間に合わない場合 不足書類以外のすべての書類をそろえて申請窓口に持参し、仮受付の手続をすることが出来るようです。 その後、治療終了日(治療終了日を含めて)から90日以内に不足分の書類とその他の必要書類をそろえて正式に申請すれば、仮受付の日に申請したものとして受付されるようです。 正式申請の期間が、「治療終了日(治療終了日を含めて)から90日目又は申請年の4月末のいずれか早い方まで」 とされているので、早めに申請したほうが良いでしょう。 つまり、3月末に治療が終わった場合は、4月末が締め切りということになるため、終わったらすぐに申請準備をしなければいけません。 また、仮受付をしていても、治療終了日から90日を超えていたり、4月末を超えてしまうと無効となるようです。 ・申請場所 申請場所は各自治体の保健福祉事務所等に申請します。 政令指定都市の場合は、以下の部署が担当しているようです。 多くの自治体の場合、神奈川県の助成金を受けていることが前提ではありますが、 中には所得制限で申請できなかった方でも申請できる所や、不育症に対する助成を行っているところもあるようです。 以下に各自治体の助成金について簡単にまとめています。 平塚市 健康課:0463-55-2111 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 鎌倉市 市民健康課:0467-61-3944 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 茅ヶ崎市 地域保健課:0467-38-3314 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 逗子市 子育て支援課:046-872-8117 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 秦野市 健康づくり課:0463-82-9604 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 厚木市 こども家庭課:046-225-2241 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 大和市 すくすく子育て課:046-260-5609 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 南足柄市 健康づくり課:0465-74-2517 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 海老名市 健康づくり課:046-235-7880 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 寒川町 子ども青少年課:0467-74-1111 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 大磯町 スポーツ健康課:0463-61-4100 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 助成金額:神奈川県から受けた助成額を控除した額について、県助成額の3分の1を超えない範囲で助成。 助成回数:神奈川県助成事業に同じ• 中井町 健康課:0465-81-5546 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 大井町 子育て健康課:0465-83-8011 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 松田町 子育て健康課:0465-84-5544 前提条件:神奈川県の助成を受けていなくても可。 助成回数:神奈川県助成事業に同じ• 開成町 保険健康課:0465-84-0320 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 助成金額:神奈川県から受けた助成額を控除した額について、県助成額の10万円まで助成。 助成回数:神奈川県助成事業に同じ• 愛川町 健康推進課:046-285-2111 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 年間助成回数については制限なし。 清川村 保健福祉課:046-288-3861 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 助成回数:1年度あたり1回 平成30年04月02日時点 『』『』では東京都、大阪府の不妊治療助成金についてまとめています。 体外受精、顕微授精の費用はとても高額です。 助成金を利用して、少しでも治療費を抑えながら治療に取り組むことをおすすめします。

次の

知って安心! 不妊治療に国の補助金がもらえる!?

横浜 市 不妊 治療 助成 金

妻の年齢が40歳以上43歳未満:通算3回まで 残念ながら、年齢制限があり、43才以上は特定不妊治療助成金制度の対象外です。 東京都の特定不妊治療助成金の振込み日・流れ 東京都の特定不妊治療助成金の結果通知及び支払方法は以下の通りです。 申請を受けてから約2か月後に審査結果通知が送付• 結果通知の約1か月後に、指定された口座に助成金の振り込み 上記の期間は目安ですので、申請が多い月(例年2月~5月位)は結果通知をお送りするまで3か月程度かかる場合があるとのこと。 決定通知書は再発行できないので大切に保管してください。 愛知県の特定不妊治療助成金の振込み日・流れ 目安として、書類の不備等が無ければ、申請書受理日から概ね1か月で承認通知書を発送し、そこから概ね1か月以内に指定口座へ振り込まれます。 大阪府の特定不妊治療助成金の振込み日・流れ 申請書類の審査の結果、適正であると判断された場合は、申請者に承認通知をするとともに、申請書記載の口座に振込みをします。 また、要件に該当しないなど助成金を支給できない場合は、申請者に対し理由を付した不承認通知を送付します。 大阪府では、申請書記載内容、受診等証明書等申請書類に問題がなければ、2ヶ月から3ヶ月程度で支給できる見込みです。 なお、年度末は申請が集中するため、通常より時間がかかる場合があります。 また、申請は治療終了後、早めに行なうようにするとよいですね。 自治体によって申請する際の提出書類やもらえる額、対象条件などが異なってくるので事前に確認して下さいね。

次の