コスモス薬品。 西の爆安王!コスモス薬品のマーケティングミックスを深読みする|黒澤 友貴/ブランディングテクノロジー

特売や割引セールは一切しない

コスモス薬品

コスモス薬品の売上高は、5期で約1. 5倍 経営の伸びに関しては、をご覧いただければわかると思いますが、このご時世で売上・店舗数・経常利益・当期純利益(当期純利益は一度若干の落ち込みあり)年々増加をしています。 売上高は、2015年5月の第33期で408,466百万円、2019年5月の第37期で、611,137百万円と、約1. 5倍まで増加しています。 さらには、当期純利益に関しては、2015年5月の第33期11,694百万円から、2019年5月の第37期で19,185百万円という伸びを見せています。 完全に独立系のドラッグストアで、競合他社の吸収合併なしにここまで成長しているというケースは少ないかと思います。 北海道発祥のツルハドラッグが、全国各地の中堅ドラッグストアを買収し、そのままブランドを活用することによりグループ会社を全国に広げているのとは対照的です。 コスモス薬品の今でも現金オンリー・ポイントなし・EDLPの割り切ったオペレーション コスモス薬品は、• 電子マネー決済が普及した今でも、あくまで現金決済オンリー(レジの入出金は機械化)• ポイント制度はなしで、チラシで「ポイントよりも安さ」をうたう• オープンなど特別な時を除いては、EDLP(エプリデー・ロー・プライス)のスタンスで、365日安いをうたう など、独自の考え方を保っています。 ポイントが好きという方も多いと思いますが、一方で、ポイントは面倒、ポイントカードを何枚も持ち歩きたくないとニーズはあると思いますので、ポイントなしというのも一つの割り切りでしょう。 また、電子マネー・クレカ決済をNGにすることで、日銭が即日入る体制のためキャッシュフローの良好化や、クレジットなどの利用手数料をカットするなど、この点もコストダウンに寄与していると言えましょう。 利益率の高い自社商品の積極的な推奨 コスモス薬品はプライベートブランドのON365や、その他コスモス薬品でしか取り扱わない製品なども多く取りそろえています。 店頭で迷っていて、どれがいいか・・・と相談すると、自社専売商品があるケースでは、積極的に自社専売商品を勧めてきます。 ある市販薬を買う際、手に取って悩んでいると「こちらの(自社専売商品)の方が価格も成分も多いですのでおすすめですよ」と、自社商品を推奨してきます。 また、レジでも、メジャーブランドの栄養ドリンクを買おうとすると、「(自社専売の栄養ドリンクの方が)安く成分もよいので、ぜひそれになさいませんか」と言ってくることも多いです。 このように、 日販品を安価に提供する一方で、他社製品を、利益率が高く、かつ価格も安価で競争力のある商品にスイッチングさせることがとても上手だな、と感じています。 また、袋詰めは購入者が行いますが、詰め場へのかごの運びは従業員が行う、乳幼児連れの場合は袋詰め・車への運びも行うなどの配慮もあります。 商圏を小商圏に限ったメガドラッグストアという戦い方 コスモス薬品の店舗は、地方都市でも数店舗存在し、「大規模店舗ほどの大きな品揃えはないけれども、日常に必要な物が安価に手に入る」という特徴があります。 コストコ・ドンキホーテなどのメガディスカウントとは違い、あくまで商圏をかなり絞っています。 コスモス薬品の企業戦略 に目を通すと、 コスモス薬品は日本で初めて小商圏をターゲットとしたメガドラッグストアを多店舗展開するビジネスモデルを構築しました。 小売業はいろいろな業種が入り乱れて大変激しい競合状況にありますが、足元の小さな商圏(商圏人口1万人)に限定すると競合は限られてきます。 小商圏での競合業態は、食品スーパー、小商圏型ディスカウントストア、コンビニエンスストア、500平米型ドラッグストア。 これらの競合に対抗する当社のメガドラッグストアは医薬品・化粧品のみならず日用雑貨、生鮮三品以外の食品等の日常の暮らしに必要な消耗品を満載した、 非常に便利が良い店舗となっています。 現代人にとって最も重要なものは時間であり、時間の節約こそが消費者最大のニーズ。 それを満たす新しいビジネスモデルが、『小商圏型メガドラッグストア』なのです。 という形で、時間の節約を強調、規模を商圏よりは大きめにすることで、 「ここに行けば生活に必要な物がワンストップで安価に揃う」というイメージ作りに成功しています。 ランチェスター戦略を地で行くコスモス薬品 ランチェスター戦略に関しては、ご存じの方も多いかと思いますし、説明の詳細は省きますが、要素の一つが、• どんな小さな領域でもNo1をつくる ということです。 コスモス薬品が、このランチェスター戦略を、実際のビジネスに落とし込んでいるのがうかがえるのが、下記の文です。 コスモス薬品が考える小商圏とは、商圏を自ら分割して他社の入り込む余地がない程の小さな商圏を意味します。 その小商圏内で圧倒的なシェアを獲得することを目指しています。 これからの小売業はこの小商圏でお客様の支持を得てこそ、真の勝者となるのです。 つまり、• 商圏を自社にとって勝ち筋のある場所に分割、店舗展開をする• その商圏内で圧倒的なシェアを得る(No1・勝者になる) という点で、ともかく商圏トップを目指しているのです。 また、規模がそこまで大きくないということは、進出・移転もしやすい。 加え、1店舗だけでは売り上げ上は見劣りしても、顧客の来客を高頻度にしたり、日持ちが限られる日販品(豆腐・牛乳など)を安価にすることで、ついで買いを起こし、顧客のLTV(ライフタイムバリュー・顧客生涯価値)を引き上げることができる。 小商圏(商圏人口1万人)に限定した出店戦略では個々の店舗の売上は見劣りしますが、近隣のお客様に足繁く、そして末永くご利用いただけることで永続的な繁栄が可能と考えます。 と、創業者の方や幹部の方は、ランチェスター戦略を地で行くような戦略を持っておられます。 EDLP実現・タイムセールや日替わり廃止の裏には? コスモス薬品は、前述の通り九州発祥で、九州と言えば通販事業者の多さの他、「トライアル」「ダイレックス」「ミスターマックス」(他にも、ファミレスのジョイフルも有名ですね)など、ディスカウンターで九州発祥の事業者は多いです。 コスモス薬品の企業戦略では、 九州という日本で最もディスカウンターが多く、低価格戦争が一番激しい市場で当社が学びとったことは、 お客様との信頼関係が何よりも重要だという事です。 当社が日替わりや時間帯別の特売やポイントカードを廃止したのは、「おとり販売」はやめて毎日安い価格を継続させてこそ消費者からの「信用」を勝ち得ることができると考えたからです。 ごく短期間に限られた商品のみを安く売る販売方法では、忙しいお客様を満足させることはできません。 だから、当社は「あの手この手の販促策」は一切行わず、様々な商品をいつでも安心の低価格で販売する「毎日安い(Everyday Low Price)」戦略を実施しているのです。 これにより、特売のための値札の張替えや無駄な陳列作業がなくなります。 また、発注・納品に伴う作業も簡素化でき、物流も平準化することでサプライチェーン全体のオペレーションコストを低く抑えることができるのです。 としています。 無駄な作業をなくすことでコストを低くする、オペレーションをシンプルにする、決済手段を現金オンリーにするなど、様々な意味でコスモス薬品は割り切っているといえましょう。 以上、今回は関東ではまだなじみの薄いコスモス薬品について触れてみました。

次の

コスモス薬品(3349)成長中のドラッグストアを運営している企業の業績や配当、株主優待を紹介

コスモス薬品

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

コスモス薬品の支払い方法【2020年6月最新】

コスモス薬品

売り場や価格は数日で真似できます。 接客は毎日の積み重ねです。 そのため『極めて感じの良い応対で日本一を目指します』 シンプルな店内に、お客様にも従業員にも喜んでいただけるヒミツ(仕組み)があります。 【暮らしに欠かせない企業を目指して】 日本の小売業には、「豊かに暮らす為に欠かせないストアだ」と誰もが認識している企業が数社あります。 そんな企業の仲間入りが出来るように、コスモス薬品は「専門性」「便利さ」「低価格」すべてを実現できる店舗を目指しています。 既に、顧客満足度調査(JCSI)・東証一部の小売業内で最も効率の良い経営(販売管理費比率)を実現するなど、様々な面からよい評価を頂いています。 この結果から、「人」・「人を支える仕組み」が自慢の会社です。 地域の暮らしをより豊かにするドラッグストアの経営 『丁寧な接客』・『毎日、低価格』・『便利さ(品揃え・アクセス面)』を兼ね備えた店舗を目指します。 本社郵便番号 812-0013 本社所在地 福岡市博多区博多駅東2-10-1第一福岡ビルS館4F 本社電話番号 092-433-0663 設立 1983年12月 資本金 41億7,800万円 従業員 正社員数:4,240名 全従業員数:33,375名(2019年5月) 売上高 6,844億円(2020年度) 業績推移 決算年度:売上高/経常利益/店舗数 2018年:5,579億円/252億円/912店舗 2019年:6,111億円/272億円/993店舗 2020年:6,844億円/315億円/1,058店舗 全店舗数 関東7店舗、中部48店舗、関西153店舗、中国175店舗、四国114店舗、九州555店舗(2020年5月末) 沿革• 1973年• 宮崎県延岡市に宇野回天堂薬局を創業• 2006年• 東京証券取引所第一部に上場• 2012年• JCSI 国内最大級の顧客満足度調査)で業界1位の評価(9年連続継続中)• 2019年• 店舗数1000店舗突破 前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 112名 0名 112名 前年度の育児休業取得者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 112名 0名 112名.

次の