火事 どこ 長崎。 平成29年の火災概況

ダイアモンドプリンセスの呪い?火災とコロナ過去の歴史がヤバい!

火事 どこ 長崎

カフェオリンピック 長崎 は火事で閉店? カフェオリンピックは火事で閉店してしまったのでしょうか。 因みに、カフェオリンピックは本店と支店があり、本店はずっと変わらず営業中です 支店の火事は2018年11月1日に起きました。 火元はキッチン 迅速な消化により、 怪我をした人はいませんでした 火も店舗から燃え広がることもなく、越境しませんでした しかし、店内はすすだらけ この場所でお店を再開させることは難しい状態になっていました。 フロアマネジャーの田苗稔博さんはこう語っています 「一時は閉店することも考えたが、お客さまからの励ましの声やこれまでの店の歴史を顧みて、やはり店を存続させたいということになった」 長崎市浜の町アーケード カフェ・オリンピック 長いパフェや様々なパフェ メガサイズのトルコライスなど修学旅行生をはじめ、観光客や地元民にも愛されたお店。 厨房改装期間中に出火、2階の同店と1階の呉服店の貼り紙です。 再開に向けて進むようで安心しました。 サンプルは片付けられていました。 休業の間、店の前でがっかりする修学旅行生や観光客を見てきたので安心した。 早速、楽しそうな笑い声が響いていた。 長崎ちりんちりんアイスをより濃厚にしたみたいな美味しいミルクセーキ。 カフェオリンピックは火事にあって、一時閉店していた• 新しい店舗に移転し、営業は再開している• 今や地元民だけでなく、観光客にも大人気のお店に!• 場所は長崎市の浜町のアーケード内! などなど、まとめてみました。 私も近くに行く機会があったら是非行ってみようと思います! こちらの記事も読まれています 最後まで読んで頂いてありがとうございました!.

次の

平成29年の火災概況

火事 どこ 長崎

平成29年中(平成28年1月から12月)の県内の火災の概況を次のとおり取りまとめましたのでお知らせします。 1火災発生数 平成29年中の火災発生件数は479件であり、前年と比較すると3件の減少となっています。 過去10年間の平均536件と比較すると57件少なくなっています。 2出火原因 出火原因では、第1位はたき火(122件)、第2位はたばこ(39件)、第3位は放火(30件)、第4位はコンロ(27件)、第5位は電灯電話等の配線(26件)となっています。 3火災による死者 火災による死者は24人で、前年の死者数と比較すると7人の増加となっています。 過去10年間の死者数の平均22人と比較すると2人多くなっています。 なお、平成29年の死者のうち65歳以上の高齢者は17人であり、全体の70. 8パーセントを占めています。 4火災による損害額 火災の損害額は、8億1千7百万円で、前年より1億9千9百万円の増加となっています。 過去10年間の損害額の平均は8億5百万円であり、これと比較すると1千2百万円多くなっています。 ・ ・ ・.

次の

ダイアモンドプリンセスの呪い?火災とコロナ過去の歴史がヤバい!

火事 どこ 長崎

平成29年中(平成28年1月から12月)の県内の火災の概況を次のとおり取りまとめましたのでお知らせします。 1火災発生数 平成29年中の火災発生件数は479件であり、前年と比較すると3件の減少となっています。 過去10年間の平均536件と比較すると57件少なくなっています。 2出火原因 出火原因では、第1位はたき火(122件)、第2位はたばこ(39件)、第3位は放火(30件)、第4位はコンロ(27件)、第5位は電灯電話等の配線(26件)となっています。 3火災による死者 火災による死者は24人で、前年の死者数と比較すると7人の増加となっています。 過去10年間の死者数の平均22人と比較すると2人多くなっています。 なお、平成29年の死者のうち65歳以上の高齢者は17人であり、全体の70. 8パーセントを占めています。 4火災による損害額 火災の損害額は、8億1千7百万円で、前年より1億9千9百万円の増加となっています。 過去10年間の損害額の平均は8億5百万円であり、これと比較すると1千2百万円多くなっています。 ・ ・ ・.

次の