エクセル シート削除 ショートカット。 エクセルのシート削除のショートカットについて

エクセルのシート削除のショートカットについて

エクセル シート削除 ショートカット

Excelのショートカットキー一覧PDFを入手する ExcelのショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。 タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。 Store. jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。 シート名を変更する3つの方法 シート名を変更する方法としては3つあります。 中でもおすすめなのがショートカットキーを使った方法です。 【シート】タブをダブルクリックする• 【シート】タブを右クリックし、【名前の変更】をクリック• ショートカットキーを押す この記事では、ショートカットキーを使用してシート名を変更する方法をご紹介していきます。 今回ご紹介するショートカットキーは正確にはアクセスキーと言います。 アクセスキーとは Altキーを押した後に順番にキーを押す操作のことです。 シート名変更のショートカットキー(Windows).

次の

エクセル ショートカット キーの一覧

エクセル シート削除 ショートカット

ショートカットを設定する• エクセル全般• ブック• シート• セルの選択• 行と列• 入力・編集・削除• 書式設定• 表示形式• グラフ• マクロ ショートカットを設定する 繰り返し セル結合や塗りつぶしのショートカットはありません。 これらは前回の操作を繰り返すショートカットです。 これで一時的にそれらのショートカットとして使用できます。 ショートカット キーを設定 セル結合や塗りつぶしのショートカットを設定する方法を紹介します。 [クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。 ショートカットを設定したい [操作] をクリックし、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。 セル結合なら「セルを結合して中央揃え」、塗りつぶしなら「塗りつぶしの色」という名前であります。 [セルを結合して中央揃え] と [塗りつぶしの色] が追加されました。 Alt キーを入力すると番号が表示されます。 テンキーを使用するときは Altキーを放してから入力します。 セル結合するには [セル] を範囲選択します。 スポンサーリンク 特殊 ショートカット キー 説明 Alt F10 リボン用のショートカット キーを表示または非表示にします。 F6 ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。 F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。 F1 [Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。 F9 すべてのワークシートを再計算します。 PageUp ワークシート内で 1 画面分上にスクロールします。 PageDown ワークシート内で 1 画面分下にスクロールします。 もう一度入力するとワークシート全体を選択します。 追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。 F8 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。 F3 [名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。 F7 [スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 F11 現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。 このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。 VBA を使用してマクロを作成できます。 スポンサーリンク.

次の

エクセルのシートを削除するショートカットキー|Office Hack

エクセル シート削除 ショートカット

このショートカットキーを覚えると、マウスとキーボードを持ち替えて作業する必要がなくなり、キーボードひとつでシート間を移動できるようになり編集作業が捗ります。 エクセルでシートの名前を変更したい時に使えるショートカット こちらはAltキーを使用したショートカットです。 シート名を変更する際、マウスを使う方法であれば、シート名のタブをダブルクリックしたり、右クリックして「名前の変更」という作業が必要になります。 しかし、これから紹介するコマンドを使用すれば、キーボードだけで作業ができます。 マウスで選択して、キーボードでシート名を入力、また別のシートを選択して・・・という煩雑な手の動きが軽減できます。 こちらのコマンドは一回ではなかなか、覚えられないかもしれませんが、何度か実践していく内に覚えられると思います。 この時、4つのキーを同時に押すのではなく、ひとつずつ順番に押すようにするのがポイントです。 このように、 Altキーを押すとリボン部分にアルファベットが表示されます。 次に選択したい項目が各アルファベットに割り当てられていますので、行いたい作業に応じてキーを押していく手順となります。 ここでは Hキー(ホーム)を押します。 すると、このように「ホーム」タブの中から、さらに掘り下げて選択できるようにアルファベットが変化するのが分かります。 以上のような手順でキーを順に押していくと、下図のようにシート名が選択された状態になるので、そこでシート名を入力して Enterで確定すればOKです。 ワークシートを追加・削除するショートカットキー ワークシートの名前を変更している内に、シートを追加したり削除したいケースもあると思います。 そんな時には「シート追加」や「シート削除」にもショートカットキーが存在しますので、併せて覚えておくといいでしょう。 シートを追加するショートカットキー.

次の