手紙 の 書き方 拝啓。 手紙で拝啓や謹啓を使うときの書き方・例文

「拝啓」と「敬具」の使い方!例文(ビジネス・お礼状)で位置や書き方を覚えよう!

手紙 の 書き方 拝啓

近年はメールやチャットなどでの連絡が増え、ビジネスにおいても「拝啓」と「敬具」を使うことが少なくなってきています。 そのため、入社して一度も使ったことがない、見たことがない、という人も珍しくありません。 とは言えども、「拝啓」と「敬具」を使う習慣がなくなったわけではありません。 顧客先に送るビジネス文書やお礼状などでは今でも使われる言葉であり、 いざという時に位置や書き方を知らないとマナー違反になってしまいます。 そこで今回は 『拝啓と敬具の意味と使い方』、 『書く位置や書き方』を説明いたします。 また、 『ビジネス文書やお礼状の例文』もご紹介していきます。 今まで「拝啓」や「敬具」を見たことがない人も、例文を参考にして「拝啓」と「敬具」を使った文書を作成できるようにておきましょう。 Topics• 「拝啓」の意味 「拝啓」は「はいけい」と読みます。 拝啓の「拝」にはおじぎをする、「啓」には申し上げるという意味があります。 つまり、手紙の冒頭に書く「拝啓」の意味は「おじぎをして申し上げる」という謙譲の敬語表現です。 誰かに会った時はおじぎをして挨拶をしたりしますが、「拝啓」は文面上での挨拶と言えます。 尚、「拝啓」の他にも「拝呈(はいてい)」や「啓上(けいじょう)」がありますが、意味は「拝啓」と同じです。 「敬具」の意味 「敬具」は「けいぐ」と読みます。 敬具の「敬」はうやまう、「具」には申し上げるという意味があることから、 文章の最後にくる「敬具」の意味は「敬意を込めて申し上げました」となります。 「拝啓」は文面上での挨拶と説明いたしましたが、「敬具」は「それではまた」という別れ際の挨拶と言えます。 尚、「敬具」の他にも「拝具(はいぐ)」や「かしこ」という言葉も「敬具」と同じ意味合いで使うことが可能です。 しかし、「かしこ」は女性のみが使える言葉であり性別を強調してしまうため、ビジネスで使うことは好ましくないとされています。 「拝啓」と「敬具」の使い方 「拝啓」と「敬具」は基本的には手紙や書面の時に使い、メールでは使用しません。 メールは用件のみを伝え、相手に時間的負担をかけないことがマナーとされているためです。 「拝啓」と「敬具」をメールで使用してはいけないというルールはありませんが、使わない方が無難だと言えます。 また、「拝啓」と「敬具」はフォーマルな手紙で使う表現です。 新年の挨拶や、年度替わりの挨拶などの定期的な挨拶をする時に使い、通常のビジネスの要件ではあまり使用しません。 また、目上の人や顧客先などの対外的な相手に対して手紙を送る時に「拝啓」と「敬具」という言葉を用います。 しかし、少し格式ばった言葉なので、親しい相手に対して使うと距離間を感じさせる恐れがありかえって失礼になります。 また、「拝啓」と「敬具」は自分をへりくだった表現のため、目下の人には使わないようにしましょう。 「拝啓」と「敬具」を使う時の注意点 手紙の様式は相手と自分との関係性と手紙の内容で決まります。 先ほど説明した通り、上下関係に関わらず相手と自分との距離が近い場合には「拝啓」と「敬具」は使いません。 この他にも使わない方がよいケースがいくつかあるのでご紹介します。 お詫び状:相手に自分の謝意を伝えることが最重要のため使用しない• 病気・災害への見舞い状、死亡通知:相手に負担をかけないようにするため使用しない• 前文なしの手紙を送ってきた相手への返信:相手と自分とで関係性に対する認識を統一させるため使用しない 【スポンサードリンク】 「拝啓」と「敬具」の書き方 手紙の構成はまず「頭語」からはじまり、頭語のあとに時候の挨拶などの挨拶文である「前文」がきます。 その次に手紙のメインであり最も伝えたい内容である「主文」がきて、 手紙の締めくくりとなる「末文」、最後に頭語の対になる「結語」の順で作成されます。 また、ビジネス文書では主文に関するより詳しい内容を箇条書きにして記す場合がよくありますが、これを「後付」と言います。 後付は結語の後に記載します。 結語は挨拶文の最後につけるものであり、文章全体の最後に書くものではないので間違いのないようにしてください。 次に「拝啓」と「敬具」についてですが、「拝啓」と「敬具」は手紙の構成において「頭語」と「結語」に該当します。 挨拶文のはじめに頭語である「拝啓」を書き、挨拶文の終わりに結語である「敬具」を使います。 「拝啓」と「敬具」を書く位置 頭語である「拝啓」と前文との間は1マスあけるか、改行をしてから前文を書きます。 同様に、結語である「敬具」も末文から1マスあけるか、改行をしてから書きます。 改行をして「拝啓」と「敬具」を書く場合、文章が横書きか縦書きかで書く位置が異なります。 横書きの場合は「拝啓」は文章の左端に、「敬語」は右端に書きます。 一方、縦書きの場合は「拝啓」は上のラインに、「敬語」は下のラインに合あわせて書きます。 ビジネス文書やお礼状の例文 では、実際に「拝啓」と「敬具」を使った文章の例文をご紹介いたします。 頭語の後に続く前文には時候の挨拶を入れますが、時候の挨拶は季節によって書き出しが違います。 「時下ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 」など季節にとらわれずに使える文言もありますが、時候の挨拶で相手に春夏秋冬の季節感を感じてもらうことも出来ますのでぜひ取り入れてみてください。 ビジネス文書の例文 拝啓 初冬の候、貴社におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。 このたび弊社では下記日程にて新商品のお披露目会を開催させて頂く運びとなりました。 つきましては、ご多忙中のところ誠に恐れ入りますが、ぜひこの機会にご来場くださいますよう ご案内申し上げます。 最後になりますが、今後ともかわらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 敬具 お礼状の例文 拝啓 盛夏の候、新春とは名ばかりの厳しい寒さが続いておりますが、 〇〇様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 先日は弊社の新商品のお披露目会にご足労賜りまして、誠に有難う ございました。 心より御礼申し上げます。 もしご用命がございましたら、いつでもご連絡をお待ちいたしております。 略儀ながら、お手紙にてお礼を申し上げます。 敬具 「拝啓」と「敬具」の類語 「拝呈」や「啓上」、「拝具」や「かしこ」を「拝啓」と「敬具」と同じ意味合いで使うことができるのは、先ほど説明した通りです。 この他にも類語表現があるのでご紹介いたします。 「謹啓」と「敬白」 「拝啓」と「敬具」よりも丁寧な言葉として「謹啓」と「敬白」があります。 「謹啓」は「きんけい」、「敬白」は「けいはく」と読みます。 「謹啓」は拝啓よりも敬意が高い表現であり、顧客先や目上の人に贈る手紙や、改まった内容を送る時に使います。 「謹啓」の他にも「謹呈(きんてい)」や「粛啓(しゅくけい)」などが同じ意味合いで用いられます。 また、「謹啓」の結語は、「敬白」を使います。 「敬白」の代わりに「謹言(きんげん)」を使っても問題ありませんが、「敬具」などを用いることは正しい使い方ではないので注意しましょう。 「拝復」と「拝答」 丁寧に文書を返信する時に用いられるのが「拝復」と「拝答」という言葉です。 「拝復」は「はいふく」と読み、「拝答」は「はいとう」と読みます。 「拝復」は「復啓(ふくけい)」や「敬復(けいふく)」、「拝答」は「敬具」や「敬答(けいとう)」が同じ意味合いで使われます。 また、より丁寧に返信する時は「拝復」と「拝答」ではなく「謹復(きんぷく)」と「謹答(きんとう)」を用います。 「急啓」と「草々」 急ぎの手紙を送る時に用いられるのが「急啓」と「草々」という言葉です。 「急啓」は「取り急ぎ申し上げます」という意味合いで使われる表現です。 「急啓」は「きゅうけい」と読み、「草々」は「そうそう」と読みます。 「急啓」の他に「急呈(きゅうてい)」や「急白(きゅうびゃく)」、「草々」は「不一(ふいつ)」や「不備(ふび)」が同じ意味合いで使われます。 「再啓」と「敬具」 相手から返信がなかったり、誤記などがあり再信する時は「再啓」と「敬具」という言葉を用います。 「再啓」には「失礼ながら重ねて申し上げます」という意味があり、結語には「敬具」や「敬白」、「拝具」をもってきます。 「再啓」は「さいけい」と読み、「再呈(さいてい)」も同じ意味合いで使うことができます。 まとめ 「拝啓」と「敬具」は手紙や書面で使う言葉であり、メールではあまり使われません。 相手に文章上で挨拶をする意味合いで用いられる言葉であり、フォーマルな文書を作成する時に使われます。 「拝啓」と「敬具」以外にも言い換え表現がいくつかありますが、頭語と結語のセットは決まっているので間違いないように注意が必要です。

次の

手紙の書き方 !拝啓・前略・かしこの使い方や基本の書き出し・結び

手紙 の 書き方 拝啓

ビジネスや目上の方に対して出す手紙には、手紙の組み立てがあります。 一般的には、前文、主文、本文、末文、後付という文章で組み立てをします。 (追記がある場合は、後付のあとに追って書き(追伸)を書くことがあります) 前文は、通常「頭語」「時候の挨拶」「安否を尋ねる挨拶」などを書きます。 主文には、手紙の「本文」を書きます。 末文には「結びの言葉」「結語」を書きます。 後付には「日付「署名」「宛名」といったものを書きます。 「謹啓」は、この「頭語」にあたる言葉です。 末文には「結語」を書きますが、「敬白」は結語にあたる言葉です。 「結語」は、本文の最後に書く言葉で、手紙の文面の最後に使う言葉ではないので、使い方には注意が必要です。 また、「頭語」と「結語」には、組み合わせがあります。 主な組み合わせについてご紹介します。 上記のご紹介しましたように、「謹啓」の結語は「謹言」を使うことが一般的とされていますが、実は頭語を「謹啓」にした場合、結語を「敬白」を使っても良いと言われています。 つまり、頭語を「謹啓」にした場合に、結語を「敬白」にしても間違いではないということです。 頭語と結語の使い方には、人それぞれの考え方があり、この頭語にはこの結語を使わなければならないと考えている人もいますが、どちらを使っても間違いではないと考える人もいます。 ビジネスマナーや礼儀作法などを教えている人の中でも、考え方に違いがあることがあります。 「謹啓」の場合は、「謹言」でも「敬白」でも間違いではないと言われていますが、どちらを使った方が迷った場合は、「謹言」を使う方が一般的であると言えます。 頭語に「謹啓」を使う場合は、目上の方やかしこまった内容の手紙などを書く場合に使うと良いでしょう。 頭語は、手紙の冒頭に使用します。 続けて、時候の挨拶、相手の安否を尋ねる挨拶を書きます。 時候の挨拶は、月ごとに決まった文言があります。 何を書いたら良いかわからない場合は、ワードの中に時候の挨拶を入力できる機能があるのでおすすめです。 挨拶文のダイアログボックスが表示されますので、手紙を書いている月を選択します。 上段の左が時候の挨拶、右側が安否を尋ねる挨拶、下段が感謝の挨拶なので、それぞれ使いたい文言を選択し、OKをクリックすると、挨拶文が自動的に入力されます。 会社ではなく個人宛の手紙を作る場合は、「貴社」「貴店」などの文字を削除するか、こういった文字が入っていないものを選ぶと良いでしょう。 頭語の「謹啓」を使う位置は、手紙の冒頭に使用します。 「謹言」や「敬白」の結語は、本文の最後の行の次の行で使用します。 頭語は、先頭の位置から使用し、結語は、本文の終わりの次の行の下揃え(横書きの場合は、右揃え)の位置に書きます。 結語のあとに後付の「日付」「署名(自分の名前)」「宛名(相手の名前」を書きます。 結語は、本文の最後に書きます。 後付のあとに書くものではないので、注意するようにしましょう。 また、目上の方に手紙を書く場合は、できれば横書きではなく縦書きにした方が良いとされています。 普段あまり縦書きで書く習慣はなくなってきていますが、できれば縦書きにした方がマナーとしては良いとされています。

次の

手紙で拝啓や謹啓を使うときの書き方・例文

手紙 の 書き方 拝啓

拝啓 歳末の候、ご家族の皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご指導を賜り、心より御礼申し上げます。 さて、このたびは、ご丁重なお歳暮の品を頂戴しまして、誠にありがとうございました。 子供たちは大喜びで、豪華な食事を楽しませていただきました。 年末ご多忙の折、寒さも一段と厳しくなってまいりますので、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずはお礼のみにて、失礼いたします。 次に時候の挨拶を漢語調や和文調で続けます。 そして慣用的表現を使って「相手の安否を伺う挨拶」や「繁栄を喜ぶ」「日頃の交誼に感謝する」といった言葉を書きます。 ここまでが前文で、主文に入る前の導入部分です。 前文から主文に入るきっかけにするのが起語にあたり、「さて」や「このたびは」などの言葉から自然な流れで「本文」につなげていきます。 本文では伝えたい事、用件をなるべく簡潔に最初に述べるのがポイントです。 末文では「今後の交誼のお願い」や「相手の健康を祈る言葉」「用件の要約」などで結びの言葉としてまとめ、最後に頭語に対応する結語を書いて締めくくります。 「いつ」「誰が」「誰に」宛てた手紙なのか明確になります。 >> 追伸 PS 追伸 PS とは「あとがき」を意味する言葉です。 縦書きの手紙でビジネスや目上の人に送る場合は、あまり追伸は使わないのがマナーです。 >> スポンサードリンク 縦書きと横書きの手紙の違い 縦書きと横書きの手紙の違いは、横書きの場合はカジュアルで親しい間柄の人に送る場合が多く、ビジネスや目上の人に送る場合は縦書きが一般的です。 横書きの手紙の書き方は文例を見ながらチェックしていきます。 縦書きの場合は漢数字ですが、横書きの数字は算用数字を使います。 横書きでは相手の氏名を一番上の左側に書きます。 前文や主文などの構成は縦書きも横書きも同じです。 >> まとめ 縦書きの手紙の書き方は「前文」「主文」「末文」「後付け」の4つの項目を抑えておくと安心です! 縦書きの手紙の書き方で、細かいマナーや段落のつけ方など見ておきたい人は、こちらのページも参考にしてください。

次の