枝垂れ桜。 シダレザクラ

枝垂れ桜開花!@千葉県市川市

枝垂れ桜

で書いたように、様々な桜の種類のなかには、 八重桜と呼ばれる 花びらが幾重にも折り重なっていくという特殊な花の咲き方をする桜の品種も存在すると考えられることになるのですが、 こうした八重桜と同様に、 特殊な花の咲き方をすることで有名な桜の種類の分類のあり方としては、そのほかにも しだれ桜と呼ばれる 枝先がやわらかく垂れ下がって一面に小ぶりな花を数多くつけていく 花の咲き方をする桜の品種の存在も挙げられることになります。 今回の記事では、 そうした しだれ桜と呼ばれる 特殊な桜の花の咲き方をする桜の品種の 具体的な特徴と 開花時期、そして、しだれ桜に分類されることになる 代表的な桜の品種といったことについて詳しく考察していきたいと思います。 スポンサーリンク シダレザクラの具体的な特徴と糸桜という別名の由来とは? まず、冒頭でも述べたように、 しだれ桜(枝垂れ桜)とは、その名の通り、 枝先がやわらかく垂れ下がって一面に 小ぶりな花を数多くつけていく 花の咲き方をする 桜の品種の総称としても広く用いられている言葉であると考えられることになるのですが、 その一方で、 特定の桜の品種のことを指して、こうした シダレザクラ(枝垂れ桜)という言葉が用いられる場合には、それは主に、 エドヒガン(江戸彼岸)と呼ばれる桜の種類の 変種の一種として分類されるやわらく 垂れ下がった枝先に 淡紅白色をした 直径 2cm ほどの小さな花を一面に咲かせていく桜の品種のことを意味する場合が多いと考えられることになります。 そして、 こうした シダレザクラ(枝垂れ桜)と呼ばれる桜の品種において見られる下へとやわらかく伸びていく細い小枝に咲く小さな白い花たちは、遠目で見ると、樹木からが幾重にも 白い糸が垂れ下がっているようにも見えるため、 別名では 糸桜(イトザクラ)という名前でも呼び慣わされていると考えられることになります。 ちなみに、 こうした シダレザクラ(枝垂れ桜)と呼ばれる桜を生み出す母体となった エドヒガン(江戸彼岸)と呼ばれる桜の種類は、 春になると 細い小枝の先に、新葉が芽吹いていく前に 淡紅白色の花を咲かせていくことを特徴とする 3 月中旬から 4 月ごろにかけて開花時期を迎えていく桜の種類として位置づけられることになるのですが、 シダレザクラ(枝垂れ桜)も、そうした自らの母体となったエドヒガン(江戸彼岸)と同様に、 ヤマザクラや ソメイヨシノといった 日本を代表する桜たちが開花時期のピークを迎えていく3月下旬から4月ごろの時期よりも少し前の 3 月の中旬ごろから 美しい淡江白色の花を咲かせていくことになると考えられることになるのです。 スポンサーリンク しだれ桜に分類されるその他の代表的な桜の品種とは? また、 こうした しだれ桜(枝垂れ桜)と呼ばれる桜の分類のあり方を、前述したようなエドヒガンの一変種にあたる特定の桜の品種のことを意味する言葉としてではなく、冒頭でも述べたような 枝先がやわらかく垂れ下がって一面に 小ぶりな花を数多くつけていく 花の咲き方をする 桜の品種の総称として捉えた場合には、 こうした 枝垂れ桜に分類される 代表的な桜の品種としては、 前述したエドヒガンの変種の一種にあたる 淡紅白色の花を咲かせることを特徴とする シダレザクラのほかにも、 ベニシダレ(紅枝垂)と呼ばれる 濃い紅色の花を咲かせることを特徴とする 枝垂れ桜に分類される桜の品種や、 キヨスミシダレ(清澄枝垂)と呼ばれる千葉県にある 清澄寺に原木があることからその名がついた 美しい白色の花を咲かせることを特徴とする 枝垂れ桜の品種、 さらには、 そうした 枝垂れ桜と 八重桜という二つの特殊な桜の花の咲き方の特徴を両方ともあわせ持った ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)と呼ばれる 八重咲きの 濃い紅色の花を咲かせることを特徴とする 枝垂れ桜に分類される桜の品種の名前などが挙げられることになると考えられることになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 539• 141• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

「貝原の枝垂れ桜」朝陽の逆光に輝く山村の枝垂桜

枝垂れ桜

しだれ桜の寿命は?長寿のしだれ桜は樹齢何年? 一般的なしだれ桜の寿命は300年と言われています。 1,000年を超える寿命のしだれ桜も現存しています。 ソメイヨシノの寿命が60年とも言われていることと比べると、しだれ桜の寿命は長いですね。 しだれ桜の花の寿命 開花期間は長い? 開花時期は? 寿命の長いしだれ桜ですが、しだれ桜の花の寿命も長いのか? ということはないようです。 一般に桜の花は開花してから満開になるまでに1週間、満開後 1週間は楽しめます。 しだれ桜も同様であるようです。 なお、しだれ桜の開花時期は3月下旬から4月にかけて。 しだれ桜の主な品種のおよその開花時期。 紅枝垂はやや早目に開花します。 ・ 紅枝垂(ベニシダレ)…見頃 3月下旬 ・ 清澄枝垂(キヨスミシダレ)…見頃 4月中旬 ・ 八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)…見頃4月中旬 「三春滝桜」は日本三大桜の1つです。 日本三大桜の残りの2つは、 山高神代桜(山梨県北杜市)、 根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)。 この機会に 山高神代桜と根尾谷淡墨桜もご案内しますね。 日本三大桜はすべて、長い寿命を生きてきた古木です。 山高神代桜(山梨県北杜市) ~エドヒガンザクラ 山高神代桜の読み方は「やまたかじんだいざくら」。 (山高神代桜はしだれ桜ではなく、エドヒガンザクラです) 2,000年という想像するのも難しい時間を生きてきた、見事な風格の桜。 長い長い時間をまとっているかのような、圧倒的な姿に胸をうたれ、思わず手を合わせたくなるような桜です。 山高神代桜は日本最古の桜で樹齢は2,000年、日本最大級の大きさです。 そのサイズは、樹高10. 3m、根本・幹周り11. 山高神代桜は大正時代に国指定天然記念物第1号されました。 ・所在地/山梨県北杜市武川町山高2763 実相寺 ・例年の開花時期/4月上旬 古来から桜をことのほか愛でてきた日本には、数えきれないほどの名木が多いですが、その中でも「日本三大桜」とされる桜は、樹齢1,000年・1,500年・2,000年と長い寿命の古木です。 桜の精霊?神様?がやどっていそうな桜の木です。 これからも大切に守り、できるだけ長く生き続けて欲しいと願わずにはいられません。 大事な大事な宝物です。 しだれ桜は漢字ではどう書くの? しだれ桜の「しだれ」を漢字で書くと「枝垂れ」。 「枝垂れ桜」です。 「しだれ」の意味は、 枝や葉が、たれ下がること。 しだり。 ~goo辞書 他の意味はありません。 枝垂れ桜の他によく目にする言葉として 「枝垂れ梅」「枝垂れ桃」「枝垂れ柳」もあります。 枝垂れ桜は「枝垂桜」「しだれ桜」「垂れ桜」「シダレザクラ」とも表記されます。 上述した日本三大桜の一つに入る枝垂れ桜、三春「滝桜」と同じ感覚ですね。 話は変わりますが、遠野にはしだれ桜への迷信?があるそうです。 【枝垂れ桜の俗信】枝垂れ桜は霊界と繋がっていると信じられていた為に戦時中、遠野の民はアメリカ軍の飛行機が上空を飛ぶたびに枝垂れ桜の下に隠れた。 飛行機からは、見えなくなると信じたからだった。 — 岩手のGO IwatenoGO 枝垂れ桜の下に隠れる…という感覚。 美しいけれど、少しぞくりと怖いような感じがします。 枝垂れ桜の下は特別な空間という感覚もわかる気がします。 まとめ 枝垂れ桜の寿命…長寿の「三春滝桜」は樹齢1,000年でした。 気が遠くなるような高齢ですね。 寿命について調べている中で、世界で最も有名なしだれ桜は「祇園のしだれ桜」ということを知りました。 すごく納得します。 似合いすぎですものね。 京都では、花見といえば「しだれ桜」見物を指すのだそうです。 濃密で濃い時間を持つ京都には、ソメイヨシノよりもやはりしだれ桜が似合うのかもしれません。 最後に、しだれ桜に比べて寿命が短いソメイヨシノですが、日本最高齢といわれているのは、青森県弘前市 弘前公園(弘前城跡)にある 「日本最古のソメイヨシノ」。 明治15年(1882年)に植えられたものなので、現在138歳です。 一般にソメイヨシノの寿命は60年から80年とのことなので、すごい長寿です。 こちらのソメイヨシノも、できる限り長生きしてくれますように…と言いますか、 春をより幸せな季節に彩ってくれるどんな桜も長生きして欲しい です。

次の

しだれ桜の寿命は長い? 花の寿命は?「しだれ」の漢字は?英語では?

枝垂れ桜

関連エリアおすすめ記事• 車で行こう!爽快な春風につつまれるスポット・ドライブ特集 特定警戒都道府県として最後まで残っていた5都道県の皆様におかれましては、引き続き6月18日まで、不要不急の移動はお控えください。 pref. mie. 新種クマノザクラの観賞ポイントは?熊野さくらの会 田尾さんと紀宝町のクマノザクラ名所をご案内 約100年ぶりに発見された新種の桜 クマノザクラ。 まだあまり知られていないクマノザクラの特徴や見分け方、観賞のポイント、なぜ100年間も発見されなかったのか?という疑問まで。 三重県紀宝町で桜の植樹活動をされて18年目のNPO法... 春の花の始まりはしだれ梅から。 続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り! 春の足音が聞こえてきました。 しだれ梅で有名な「鈴鹿の森庭園」が2020年2月22日(土)にオープン。 さらに、桜、シャクナゲ、バラ…、続々と花の見頃が続きます。 四季折々の花を育て、様々なかたちで楽しませてくれるのが、津市に本...

次の