ゼル つく。 AbemaTVが面白い企画!町田ゼルビアをつくろう…「ゼルつく」放送決定

alice games

ゼル つく

Yeah! Yeah! 」 エンディング androp「Yeah! Yeah! Yeah! 」 外部リンク 特記事項: 第2回より枠に移動するが月1であるためかサウンドロゴはついていない。 『 FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜』(エフシーまちだゼルビアをつくろう ゼルつく)は、局のAbemaSPECIAL2チャンネルでから配信されているサッカー情報バラエティ番組。 第2回よりAbemaSPECIALチャンネルに配信先が移動され、月一配信する。 概要 [ ] 2018年10月にがの親会社になったことに伴いスタートしたFC町田ゼルビアのクラブ応援番組。 サポーター(視聴者)とともにサッカーチームを育てていくことをコンセプトにし、番組をビデオゲームに見立てて、チーム紹介、および作戦遂行案を出し合い、実行していく。 内容 [ ] 人事、企画、会議、募集、調査、報告の6の分野にカテゴライズ、アイコン化され、1時間の番組内で進めていく。 出演者は課題を吸い上げクラブに反映する「運営部」、レポートなどサポーターの意見を拾い上げる「執行部」に分かれる。 駅から遠いスタジアム、駐車場問題など地域性に基づく難題も多いこともあり、町田市の地域情報も発信。 AbemaTV内ではゼルビア主催のホーム全試合を無料放送しており、番組中盤では簡単な試合結果報告、選手インタビューも行っている。 また番組ラスト10分ほどは映像提供を受けているからのおすすめ情報として、などの海外のサッカー試合もダイジェストで配信されている。 出演者 [ ] MC [ ]• (ゼルつく代表)• 町田セルビアを2006年ごろより応援している業界一のサポーター。 (ゼルつく秘書)• ミス青山学院大学2018準グランプリ。 進行アシスタント。 (ゼルつく運営部長)• チームマスコット。 2018年Jリーグ・マスコット総選挙34位。 運営部部長として出演。 執行部 [ ]• (こぶしファクトリー)• (こぶしファクトリー) スタッフ [ ]• ナレーション:• プロデューサー:山西雄大• 制作著作:AbemaTV 音楽 [ ] メインテーマ [ ]• 「」 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

「AbemaTV」初のサッカーリアリティーショー『FC町田ゼルビアをつくろう~ゼルつく~』放送開始のお知らせ

ゼル つく

5月29日放送のABEMA「FC町田ゼルビアを作ろう〜ゼルつく〜」で、選手がサッカーゲームで競う「ウイイレ王決定戦」の2回戦が放送された。 1回戦で惜しくも敗退したJ2・FC町田ゼルビアのFW岡田優希が、試合の解説でその才能を発揮し始めた。 【動画】岡田優希、解説者の才能が開花!? 同企画は「Jリーガーはサッカーゲームもうまいのか!?」と題し、ゼルビアの選手がeSportsの定番であるKONAMIの人気サッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン2020」(以下ウイイレ)で対戦するもの。 中島裕希vs岡田優希というFW対決となった第1戦はベテラン中島が勝利し、第2戦は大谷尚輝と佐野海舟が激突した。 佐野は「選手の能力値重視で」と自チームにイタリアの名門・ユヴェントスを選び、特に変わった戦術は取らずに戦うプランを明かした。 対する大谷はスペインの強豪・FCバルセロナ。 「僕カウンターで攻めたいんで、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンで攻めて、あとの全員で守るみたいな」と言うと、前線3人を除く7人で守りを固めるカウンターサッカーのフォーメーションを慣れた手付きで設定した。 これを見た岡田は「上手い人じゃないとこんなフォーメーションでやらないですよね」と感心した様子。 「これだけ選手を中に集めるのは、サイドを捨てても中で攻めきれる自信があるから。 上手い人の特徴なんじゃないかな」と解説を加えると、進行を務めるお笑いコンビ土佐兄弟の有輝から「(岡田のコメント)かっけーな」の声が漏れた。 試合は前半15分で1点ずつを取り合う激しい展開に。 実際のプレーは、相手の嫌がることをとことんやるスタイル。 ボールを持つというよりはシンプルにリスクのない堅実なプレーをしているイメージだけど、ゲームだとだいぶリスク取ってますね」と大谷を評した。 佐野については「海舟はプレー中はダイナミックさというか、ボール奪取だったり展開だったり思い切りの良さが特徴かなと思うんですけど、ゴール取ったシーンなんかはその思い切りの良さが表れてたかなと」とコメント。 これに土佐兄弟の有輝が「解説世界一上手い」と驚くと、卓也も「めっちゃわかりやすかった」と評価。 岡田自身も「今日は解説枠で」と手応えを口にしていた。 (ABEMA/「FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜」より) 外部サイト.

次の

FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜#1 感想レビュー

ゼル つく

Yeah! Yeah! 」 エンディング androp「Yeah! Yeah! Yeah! 」 外部リンク 特記事項: 第2回より枠に移動するが月1であるためかサウンドロゴはついていない。 テンプレートを表示 『 FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜』(エフシーまちだゼルビアをつくろう ゼルつく)は、局のAbemaSPECIAL2チャンネルでから配信されているサッカー情報バラエティ番組。 第2回よりAbemaSPECIALチャンネルに配信先が移動され、月一配信する。 概要 [編集 ] 2018年10月にがの親会社になったことに伴いスタートしたFC町田ゼルビアのクラブ応援番組。 サポーター(視聴者)とともにサッカーチームを育てていくことをコンセプトにし、番組をビデオゲームに見立てて、チーム紹介、および作戦遂行案を出し合い、実行していく。 内容 [編集 ] 人事、企画、会議、募集、調査、報告の6の分野にカテゴライズ、アイコン化され、1時間の番組内で進めていく。 出演者は課題を吸い上げクラブに反映する「運営部」、レポートなどサポーターの意見を拾い上げる「執行部」に分かれる。 駅から遠いスタジアム、駐車場問題など地域性に基づく難題も多いこともあり、町田市の地域情報も発信。 AbemaTV内ではゼルビア主催のホーム全試合を無料放送しており、番組中盤では簡単な試合結果報告、選手インタビューも行っている。 また番組ラスト10分ほどは映像提供を受けているからのおすすめ情報として、などの海外のサッカー試合もダイジェストで配信されている。 出演者 [編集 ] MC [編集 ]• (ゼルつく代表)• 町田セルビアを2006年ごろより応援している業界一のサポーター。 末吉瞳(ゼルつく秘書)• ミス青山学院大学2018準グランプリ。 進行アシスタント。 (ゼルつく運営部長)• チームマスコット。 2018年Jリーグ・マスコット総選挙34位。 運営部部長として出演。 執行部 [編集 ]• (こぶしファクトリー)• (こぶしファクトリー) スタッフ [編集 ]• ナレーション:• プロデューサー:山西雄大• 制作著作:AbemaTV 音楽 [編集 ] メインテーマ [編集 ]• 「」 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• 日刊スポーツ 2019年2月23日. 2019年2月23日閲覧。 QULY 2019年2月22日. 2019年2月23日閲覧。 AbemaTV 2019年3月16日. 2019年3月16日閲覧。 AbemaTIMES 2019年4月17日. 2019年4月17日閲覧。 AbemaTV. 2019年5月11日閲覧。 町田ゼルビア企画運営課兼任。 番組内にも「運営部」として出演 外部リンク [編集 ]• zerutsuku - この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる。

次の