カブドットコム。 カブドットコム証券の手数料は割引が豊富?お得にする条件を解説

株のことならカブドットコム証券☆人気のひみつをご紹介

カブドットコム

「株式投資を始めたい。 どの証券会社がいいのか分からない!」 「ネットランキング上位にあるカブドットコム証券の評判が知りたい!」 あなたはこのような悩みをお持ちではありませんか? 株式投資をするには証券会社の口座が必要となります。 そのため、あなたのニーズやライフスタイルに合った証券会社を選ぶ必要があるのです。 今回はネット上でも上位ランキングに入っている「カブドットコム証券」に関する総合的な評判をまとめましたので、カブドットコム証券の口座を開設するかどうかに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 この記事を読んで「カブドットコム証券の特徴」を知っていただけたら幸いです。 この記事を書いた人 ファイナンシャルプランナー 児玉一希 プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。 ネット証券は、Webサービスをメインサービスとして提供している証券会社が多いのですが、カブドットコム証券は「金融業のメガバンクグループ」の証券会社です。 抜群の信頼度を誇る「カブドットコム証券」は、• 投資信託• NISA などの幅広い金融商品を取り扱っており、ネット証券の中でも信頼性が高い証券会社です。 また、プチ株で500円から株取引を始められる金融商品もあるため、「少額から株式投資を始めたい!」と考えている方におすすめの証券会社だと言われています。 株初心者にとって、今後株式投資をする上でレポート等の情報は必要不可欠です。 それらを無料で閲覧できるのはカブドットコム証券を利用する大きなメリットのひとつだと言えます。 また、kabu. studyも無料で閲覧できますよ! kabu. study カブスタディ は、ベネッセと提携する世界最大級のオンライン教育プラットフォーム「Udemy」とカブドットコム証券が国内の金融機関で「初めて連携した投資教育講座」です。 カブドットコム証券の口座を持っている方は、合計3万円以上する 講座を「全て」完全無料で受けることができるので、株初心者はカブスタディーで株式投資に関する知識をしっかりと身につけましょう! 三菱UFJフィナンシャルグループという安心感 また、FX会社は規模の小さい所があるなか、カブドットコム証券のグループの親会社が「三菱UFJファイナンシャルグループ」と大企業であるため「安心感」を得られると感じる方が多いように見受けられます。 どの業界にもネームバリューがあるように、「メガバンクグループの会社だから安心して取引できる!」と感じている人が多いのがここから見受けられますね! 取引の種類ごとに多彩なツールがある カブドットコム証券を利用すれば、複数のツールを使い分けて快適に取引することが可能です。 また、注文方法は指値や逆指値、成行注文が代表的で、多くの証券会社はこの3つのみとなっていますが、カブドットコム証券はWターン、トレーディングストップ、時間指定など、 他社にはないような注文方法も提供しています。 上記に挙げた特殊注文の多くは、自動で発注や取り消しなどをしてくれます。 そのため、日中の取引が始まる前などに注文予約をして置くことができ、仕事で株価を見ることができない人にとってかなり便利なシステムです。 トータルで手数料が割高になる まず、「 1つの約定ごとに手数料がかかり、定額コースはない」これはカブドットコム証券の否定的な評判で最も目にする否定的なコメントです。 実は、カブドットコム証券の手数料は50万円以下の現物手数料については「割引を含んで業界最安値」であることをご存知でしょうか? しかし、取引額が50万円以上になると取引手数料が業界一高くなります。 カブドットコム証券では1日定額制を導入していませんので、1日50万円を超える取引をする予定の方は要注意です。 手数料は、証券会社を選ぶ際の指標のひとつです。 また、特定の銀行以外を利用している場合、出入金する際にも手数料がかかるため、株式投資で利益が出たとしても、手数料で利益が減る場合もあります。 サポートの対応で不快な思い また、「結局問題が解決しないまま終わってしまった」という利用者の否定的な評判も耳にすることがあります。 特に株初心者にとって証券会社のサポートは非常に重要なポイントですよね! サポートの電話がつながりにくい、とサポートの対応で不快な思いをした利用者もいるようです。 その一方、親切なサポートに感謝している、というコメントもありますので、一概には言えないと考えます。 今後さらにサポート内容が充実されることを期待しましょう! リスクが分散できる投資がしにくい 最後に、カブドットコム証券は「外国株を取り扱っていない」という不安も口コミで見かけます。 「カブドットコム証券を利用して外国株も投資したい!」 と考えている方は、外国株の含まれている投資信託へ投資する必要があります。 外国株を取引するメリットは、• 国際分散投資ができること• 今後の成長を見込める銘柄が多いこと です。 リスク分散を検討している方は、カブドットコム証券の口座を開設する前にじっくり検討しましょう。 ネット上でもセミナーでも積極的に情報発信 カブドットコム証券は、• 三菱UFJモルガン・スタンレー証券• 三菱経済研究所 上記3つの場所から配信される独自の無料レポートを提供しています。 また、頻繁にセミナーや勉強会を開催しているため、株初心者の方は株に関する知識も深めることが可能になります。 株式取引経験豊富な方も、セミナーなどを通して新しい情報を入手することができるのも嬉しいですね! 20以上の無料の取引ツール また、カブドットコム証券は、20以上の取引ツールを無料で提供しています! 株式投資で利益を出すにはツールが必須となります。 スマホでは、簡単な株価や主要指数のチェックをし、 本格的なチャートなどの分析はPCでチェックするなど、取引スタイルに合わせてツールを使い分けるとよいでしょう。 取引手数料は条件付きで損はしない 先ほど、カブドットコム証券の取引手数料は取引金額が50万円を超えると安くはないと伝えましたが、株の現物取引なら約定代金が50万円までなら比較的安いと言えます。 カブドットコム証券を最大限に活用したいのであれば、登録する銀行は三菱UFJ系がおすすめです。 よって、取引手数料は「条件」によっては損はしません。 手数料が高い!と決めつけるのではなく、あなたが登録する予定の銀行がどこなのか、取引金額が50万円以下なのか、それを超えるのか、もきちんと確認しましょう。 (SMART証券口座開設) 証券口座を作ってしまえば、FX用や先物用などの口座はネットから簡単に開設できるので非常に便利です。 アプリでの操作に不安を感じる方はインターネット上で口座を開設することができますし、パソコンが苦手な方は郵送でも口座を開設することができますので、安心してくださいね! いずれの口座開設方法でも、マイナンバーの提示は必須となります。 ですので、カブドットコム証券の口座開設を検討している方は、事前にマイナンバーを準備しておくとスムーズに口座登録を完了させることができます。 口座開設の流れ(電子版)• 口座開設の申込(電子口座開設受付画面へ必要事項登録)• お客様情報の入力(必要事項を登録)• 本人確認書類の提出(ファイルアップロード・Eメール・FAX・郵送のいずれかの方法)• 口座開設完了・本人限定受取郵便(特伝) カブドットコム証券の口座番号・パスワードが記載された「口座開設のご通知」が届く 口座開設の流れ(郵送版)• 資料請求(お客様情報の入力)• 口座開設申込書類郵送(口座開設申込書類が届く)• 返信(口座開設申込書類の内容確認、署名、本人確認書類を同封し返送)• ネット上にあるカブドットコム証券の口コミは全てが正しいとは限りません。 参考程度に留めておくとよいでしょう。

次の

カブドットコム、「株式買付可能額」について質問です

カブドットコム

「日経平均株価」は株式会社日本経済新聞社(以下「日本経済新聞社」という)によって独自に開発された手法によって算出された著作物であり、日本経済新聞社は「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算出する手法に対して、著作権、知的財産権、その他一切の権利を有しています。 「日経平均株価」を対象とする株価指数証拠金取引(以下「本件証拠金取引」という)に関するすべての事業、取引規制および実施は、専ら株式会社東京金融取引所(以下「金融取」という)およびその参加者の責任であり、それらについて日本経済新聞社は一切の義務ないし責任を負うものではありません。 本件証拠金取引市場を運営するに当たり本件証拠金取引に必要となる「日経平均株価」採用銘柄の配当落ち分は、金融取の責任の下、算出及び公表しています。 日本経済新聞社は「日経平均株価」の採用銘柄、算出方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利および公表を停止する権利を有しています。 日本経済新聞社は「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延または中断に関して、責任を負うものではありません。 金融取に上場されるダウ・ジョーンズ工業株価平均を原資産とするNYダウ証拠金取引は、SPDJI、DJTH及びそれらの関連会社により後援、承認、販売又は宣伝されるものではなく、これらのいずれもかかる商品への投資の妥当性に関していかなる保証・表明もしていません。 インデックスはドイツ取引所で計算し公表しています。 しかし、適用可能な限りの制定法下において、ドイツ取引所は第三者に対しインデックスの誤謬について責任を負いません。 さらに、インデックスの誤謬の可能性を指摘する義務を、投資家を含む第三者に対して一切負いません。 ライセンス供与者はいずれも、東京金融取引所またはその顧客、得意先に対し、当該インデックスに関連する金融や投資に関する助言または推薦を提供したことはありませんし、その意思もありません。 当該インデックスはFTSEまたはその代理人が算出します。 ライセンス供与者は、(a)インデックスの誤り(過失その他であっても)に対していかなる者に対しても責任を負うものではなく、(b)いかなる者に対してもインデックスの誤りについて助言する義務を負うものでもありません。 東京金融取引所はFTSE100証拠金取引の組成にあたり、FTSEよりその情報を使用する権利を取得しています。 当該インデックスの全ての権利はFTSEに帰属します。

次の

【2019年10月 最新版】カブドットコム証券の口座開設キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開

カブドットコム

「保有している株をいくらで貸し出すか」が重要な課題に 今後の金融変革を促すキーワードとして、高い関心を呼んでいる「 FinTech フィンテック 」。 国内の銀行・証券会社などでも、先端ITとの融合による新たなサービス創出をめざす動きが一段と加速しています。 今回その対象となったのは、機関投資家向けのストック・レンディング(株券等貸借取引)業務です。 現在、証券業界では「 貸株 かしかぶ 」と呼ばれるサービスが人気を集めています。 これは個人投資家が預けている株を、証券会社を通して機関投資家などに貸し出すもの。 個人投資家には株を貸し出した分の貸株料(貸株金利)が支払われるため、資産形成の有力な手段として広く利用されるようになっています。 「当社でも1. 0%以上の貸株金利を付与する『ボーナス銘柄』を100銘柄以上取りそろえるなど、独自の特色を備えた貸株サービスを展開しています。 おかげさまで高い評価をいただき、この数年で貸株サービスを利用しているお客さまは約5倍に伸びています」と同社事務・システム本部金融市場室 室長代理の保坂 昌子氏は話します。 ただし、貸株サービスが急成長する中で新たな課題も顕在化していました。 それが、個人投資家から借り入れた株を機関投資家に貸し出すレンディング・トレーダーの業務です。 「機関投資家との交渉は3人のレンディング・トレーダーが担当していますが、その件数は一日平均で約500件にも上ります。 しかも、電話やメールによるアナログな交渉プロセスを踏むケースも多いため、取引が急増する中、すべての依頼にお応えするのは困難な面がありました」と保坂氏は明かします。 特にネックとなっていたのが、「保有している株をいくらで貸し出すか」という貸出レート決めの作業です。 ここでは多岐にわたる複雑な要素を考慮する必要があるため、新規上場株のように情報の少ない銘柄や、数十から数百銘柄をひとまとめにしたバスケット取引と呼ばれる問い合わせには、適切な貸出レートを算出して機関投資家に回答するまでに30分程度を要することもありました。 「その間に他の証券会社から借りられてしまうと、当社にとって大きな機会損失となります。 また、あまり取引がない銘柄の場合、市場ニーズとかい離したレートを提示する場合も出てきます。 そこで、貸出レート決めの作業にAIを適用することで、この問題を解決できないかと考えたのです」と同社事務・システム本部 金融市場室 システム企画 担当の堀切 譲二氏は説明します。 なぜ同社がAI活用に注目したのでしょうか。 その話を聞いているうちに、これはストック・レンディング業務の改善に生かせるのではとの発想が浮かんできたのです」と堀切氏は振り返ります。 先にも触れたとおり、新規上場株や市場需要が急激に変化しているような銘柄については、トレーダーが持つ専門的な知識やノウハウに基づいた高度な判断が欠かせません。 そう考えた同社では、早速、日立と共同で実証実験に踏み切ることを決断したといいます。 今回構築されたシステムでは、「過去のトレーディングにおける実績データ」や「需給バランス」「各種株価指数」「個別銘柄の株価」「為替レート」など、1,000種類以上にも及ぶ数値データを分析し、適切な貸出レートを導くための予測方程式を作成。 さらに、この予測方程式に直近のトレーディングデータなどをパラメータとして加えることで、個別銘柄ごとの特性に応じた貸出レートを自動的に算出します。 こうして算出されたレートがトレーダーによるものと大差なければ、トレーダーの大幅増員などを行わなくとも、より多くの貸出注文に応えることが可能になります。 その結果貸株サービスの業務拡大につながり、個人投資家に対してもより多くの貸株料を還元できるようになるということです。 「もちろん、今回のシステムでトレーダーの業務が完全に代替できるわけではありません。 高度な判断が要求されるような銘柄はそれだけ収益性も高く、人による判断が不可欠です。 そこで、優秀なトレーダーにはそうした業務に注力してもらい、残りの多数の銘柄についてはAIでカバーすることを狙いました」と堀切氏は語ります。 機関投資家への迅速な対応を実現。 対象として設定した銘柄に対し、トレーダーの判断とほぼ近似した貸出レートを算出することに成功しました。 これなら十分、実業務で使えるとの手応えをつかんでいます」と高く評価します。 同社ではこうした成果を踏まえて、2016年9月から本格的に実業務への適用をスタート。 これにより、ストック・レンディング業務の効率化や同社の今後のビジネスの成長にも、大きな効果がもたらされることになります。 従来は『対象株が貸出可能な状態か』『大きなニュースは起きていないか』といった、細々とした確認作業に時間を取られることが多かった。 今後は機関投資家への対応も大幅にスピードアップできるはずです」と保坂氏は期待を込めます。 従来は対応に30分程度かかっていた複雑な案件についても、今後は5分程度で回答できるようになる見込みです。 このようにして業務スピードが向上すれば、当然機会損失も大幅に減っていくことになります。 「これまで実際に貸し出せていた株は、貸株用として保有する株の約50%程度。 これにより、一般に敷居が高く感じられがちなAI活用を、スモールスタートで始めることができました」と堀切氏は満足感を示します。

次の