フェイト グランド オーダー アンテナ。 フェイトでGO!

FGOアーケード

フェイト グランド オーダー アンテナ

ネタバレしたくない方は注意!(ツイッターにも…) • 202• 424• 239• 216• 346• 8,022• 8,174• 369• 752• 178• 180• 4,587• 101• 119• 114• 152• 144• 651• 1,257• 128• 1,134• 330• 1,293• 109• 219• 254• 174• 118• 845• 283• 471• 5,207• 137• 167• 386• 725• 140• 205• 122• 135• 266• 351• 631• 952• 101• 636• 363• 945• 501• 373• 155• 6,545•

次の

フェイト / グランド なりきり オーダー

フェイト グランド オーダー アンテナ

せんせい(ヤリチン兄)と、おにく(腐女子妹) タイプの違うゲス兄妹が2人でああだこうだ言いながらゲーム実況しています。 魔術がまだ成立していた最後の時代。 社会は人間の手で構築されていたが、世界の真理を握っていたのは魔術師だった。 魔術は科学では解明できない過去の人間の技術を司り、科学は魔術では到達できない未来の人類の技術を積み重ねる。 彼等は決して相容れない学問の徒だが、ある一点において志を同じとしていた。 人理継続保障機関・カルデア。 魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、人類の決定的な絶滅を防ぐために成立された特務機関。 人類史を何より強く存続させる尊命の下に、魔術・科学の区別なく研究者が集められた。 西暦1950年、事象記録電脳魔・ラプラス成功。 西暦1990年、疑似地球環境モデル・カルデアス完成。 西暦1999年、近未来観測レンズ・シバ完成。 西暦2004年、守護英霊召喚システム・フェイト完成。 西暦2015年、霊子演算装置・トリスメギストス完成。 輝かしい成果は続き、人理継続保障機関により人類史は100年先までの安全を保証されていた。 だが2015年。 何の前触れもなくシバによって観測されていた未来領域が消失。 どうして。 だれが。 どうやって。 多くの疑問に当惑するカルデアの研究者たち。 そんな中、シバは新たな異変を観測した。 西暦2004年 日本 ある地方都市。 ここに今まではなかった、「観測できない領域」が現れたと。 カルデアはこれを人類絶滅の原因と仮定し、いまだ実験段階だった第六の実験を決行する事となった。 それは、過去への時間旅行。 術者を霊子化させて過去に送りこみ、事象に介入する事で時空の特異点を探し出し、これを解明、あるいは破壊する禁断の儀式。

次の

フェイト / グランド なりきり オーダー

フェイト グランド オーダー アンテナ

せんせい(ヤリチン兄)と、おにく(腐女子妹) タイプの違うゲス兄妹が2人でああだこうだ言いながらゲーム実況しています。 魔術がまだ成立していた最後の時代。 社会は人間の手で構築されていたが、世界の真理を握っていたのは魔術師だった。 魔術は科学では解明できない過去の人間の技術を司り、科学は魔術では到達できない未来の人類の技術を積み重ねる。 彼等は決して相容れない学問の徒だが、ある一点において志を同じとしていた。 人理継続保障機関・カルデア。 魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、人類の決定的な絶滅を防ぐために成立された特務機関。 人類史を何より強く存続させる尊命の下に、魔術・科学の区別なく研究者が集められた。 西暦1950年、事象記録電脳魔・ラプラス成功。 西暦1990年、疑似地球環境モデル・カルデアス完成。 西暦1999年、近未来観測レンズ・シバ完成。 西暦2004年、守護英霊召喚システム・フェイト完成。 西暦2015年、霊子演算装置・トリスメギストス完成。 輝かしい成果は続き、人理継続保障機関により人類史は100年先までの安全を保証されていた。 だが2015年。 何の前触れもなくシバによって観測されていた未来領域が消失。 どうして。 だれが。 どうやって。 多くの疑問に当惑するカルデアの研究者たち。 そんな中、シバは新たな異変を観測した。 西暦2004年 日本 ある地方都市。 ここに今まではなかった、「観測できない領域」が現れたと。 カルデアはこれを人類絶滅の原因と仮定し、いまだ実験段階だった第六の実験を決行する事となった。 それは、過去への時間旅行。 術者を霊子化させて過去に送りこみ、事象に介入する事で時空の特異点を探し出し、これを解明、あるいは破壊する禁断の儀式。

次の