五等分の花嫁 116。 最新ネタバレ『五等分の花嫁』116

『五等分の花嫁』116話:五時間一部屋感想 自分のことが好きになれた三玖ちゃんに涙が止まらないよ!

五等分の花嫁 116

五等分の花嫁 116話「五時間一部屋」 感想 五等分の花嫁 最新話 感想 ネタバレ注意 今週の『五等分の花嫁』を読了。 三玖とちゃんの対話が描かれていた今回の『五等分の花嫁』。 強風が吹き荒れる中、わざわざちゃんの真似までして三玖が妹に伝えたかったことは何なのか。 選ばれたちゃんと選ばれなかった三玖が果たしてどんな心情を語り合うのか。 姉妹として、家族として、そして 「本気の恋」を経験した女の子として。 そんな、問いかけに対するアンサーが主題となっている第116話、早速振り返って参りましょう。 <関連記事>• 第116話:五時間一部屋 さて。 そんなわけで今回は三玖とちゃんのお話です。 両想いであるにもかかわらず、郎からの告白を保留にしている状態のちゃん。 言うまでもなくその背景には姉妹たちへの「負い目」が関係しており、ちゃん側の視点としては 「迷惑をかけた姉妹たちに謝らなければならない」という想いがありました。 姉妹たちを差し置いて自分だけが結ばれること。 そこに罪悪感を抱きつつも、それでも上杉さんのことが好きであることに 「嘘」はつけない。 ちゃんが前回自問していた「上杉さんか皆か」という命題はこの心情によるもので、そのどちらか片方だけを選ぶことなんて到底できるわけもないからこそ 「でも私は... 」と彼女は続けていた。 ちゃんの置かれている心情を整理するならこんな具合でしょうか。 三玖の真意 一方、そんな悩める妹に対して 「私はの真似はできてもにはなれない」と語っている三玖。 この点が今回のお話「最大のポイント」であったと評しても良いかと思いますが、三玖も一花さん同様にきちんと今の現状を受け容れているのですよね。 郎が選んだのは他でもなく「」であってどんなに真似をしても自分が「」になることはできない。 緑茶が好きな自分にはやっぱりジュースの味は甘すぎる。 その事実を正しく認識しているからこそ、うさちゃんリボンを着けてまでちゃんのもとを訪れた。 それが三玖の認識。 ゆえに彼女はちゃんにこう告げるわけです。 「でも 怒ってはいる」と。 三玖の想い だって、仮に自分が 「」だったなら絶対にフータローを困らせるようなことはしないのだから。 三玖はそれだけ郎のことが好きだったのです。 だからこそ、両想いなのに遠慮しているちゃんの姿がもどかしくてたまらない。 もちろん、郎がちゃんを選び、彼女がどう返事をするのかといった一連のやり取りに関してはあくまでも当人同士の問題です。 五月が前回言及していたように、2人の関係について口出しする権利を三玖が持っているわけじゃない。 ちゃんと郎は両想い でも、それでも想いが届かなかった三玖の立場からすれば、権利を有し 「上杉さんのことを想い続けてる」とまでハッキリ言葉にしている彼女が一歩踏み出せないでいる状況に対して当然思うところがあるわけですよね。 両想いになれなかった悔しさや行き場のない苛立ちが湧いてくる中で、選ばれた側の人間が停滞しているなんてそんな惨めなことはない。 遠慮されるぐらいなら、届かなかった自分たちの想いを受け止めて前に進んでくれた方が救われる。 自分の失恋とちゃんの選択が別種のものであるとわかってはいても、行き場をなくしてしまった自分たちの気持ちを、そこにあるやるせなさや怒りを背負ってきちんと幸せになって欲しい。 前に進むために たとえそれが選ばれなかった者たちのエゴであろうとも、そんな三玖のスタンスを責めることが誰にできるものでしょうか。 背中を押すのではなく、想いをぶつける。 修学旅行で二乃が自分にしてみせてくれたことをこの場でちゃんへとつないでいく三玖の在り方がとても美しい一幕だったなと感じた次第でありました。 三玖もちゃんも歩き出す 一方、三玖との対話を通じてしっかりとその想いを受け止めることができたちゃん。 想いを知る 自らの過去も、姉妹たちへの負い目も。 かつて二乃が 「あんたも変わりなさい」と諭してくれたように、ちゃんと区切りをつけて前に進んでいかなくてはいけないから。 一歩引いて姉妹たちの幸せを願うのではなく、これからは自分の幸せを、自分の人生を一歩ずつ前向きに歩いていく。 だからもう譲れない。 カラオケで歌いたい曲も、好きな人への想いも、どんなことだって自分の気持ちに素直になろう。 それこそが中野がたどり着いた「答え」であり、彼女がこれから先「自分自身」の手で掴み取っていく「未来」になる。 これでいい 本気の恋を通して強く逞しく成長を遂げた彼女たち。 何が好きで、どんなことがしたいのか。 それは彼女たち自身が自分の意志で決めていく事です。 主人公に選ばれる選ばれないに関係なく、誰もが 自分を主人公にした人生を生きているのですから。 三玖の台詞「私はになれなかったけど だって私になれない」とはきっとそういうこと。 三玖がたどり着いた答え だからこそ「フータローに好きになってもらえる私」ではなく、三玖が「自分を好きになれた」ことに物語の集大成がある。 フータローと出会い「恋」をしたからこそ気付くことのできた自身の可能性。 遠い世界にまで繋がっている海へ向かってリボンを投げ込み、確かな成長を見せてくれた三玖の姿。 三玖の成長 私は私を好きになれたんだ と笑顔で語る彼女が果たしてどんな明日を描いていくのか。 そんなことを妄想したくなる第116話のエピソードでありました。 ちゃんの進路、郎の進路 さて。 こうなってくると残り数話の中でどんなお話が描かれていくのか気になるところですが、何と言ってもちゃんと郎の進路に関する話題がまだ出てきていないのでそのあたりも焦点になると言えそうでしょうか。 夢を見つけてこその卒業 かつて郎が語っていたように、本当の意味での卒業とは 「次の道」を見つけてこそ果たせることですからね。 作品のテーマを踏まえれば後日談的にさらっと描いておしまいにするのではなく、きちんと尺を設けて語られた方が良いのかなと個人的には思ったりもしますが果たしてこの先どうなるか。 未来の結婚式に向けていよいよフィナーレも近い『五等分の花嫁』。 huwahuwa014.

次の

五等分の花嫁ネタバレ【116話】最新話の感想も紹介!二乃が言い争いのあと喧嘩別れをすること…

五等分の花嫁 116

Contents• 三玖も四葉に怒っている!? 一花に電話をする三玖。 風が強く電車が止まり、四葉と一緒にカラオケで朝まですごすと。 四葉と同じリボンを付けている三玖。 四葉は三玖に何を飲むか聞き、四葉と同じのと三玖は答えます。 部屋に入った二人。 四葉は、私達だけでカラオケ来るの初めてだね?と言い、「うん」と答える三玖。 沈黙が流れ、再び四葉が口を開きます。 早く電車が復旧すると言いと四葉は言いますが、これにも「うん」とだけ答える三玖。 重い空気の中、三玖は頭のリボンを外し四葉に言います。 冗談だから、私が四葉になり変わるってのは冗談。 私は四葉の真似はできても四葉にはなれない。 このジューズは私には甘すぎる。 三玖は、せっかくだから歌おうと提案し、そうしようと四葉も答えます。 とはいえ、カラオケにはあまり来ない四葉は、何を歌うか迷うと言い、三玖も、私も持ち歌0(ゼロ)だけど、少しでも空気が和んでくれるといいなと考えます。 三玖は、二乃が家でしつこいくらい聴いていた曲を見つけ、これなら歌えるかもと送信します。 が、四葉も同じ曲を選曲し、被ってしまったことを謝る四葉。 四葉は、私の方を変えるねと言います。 歌うため立ち上がる三玖ですが、四葉も同じ記憶からこの曲をチョイスしたのだろうけど、この流れ・・・本気で横取りしようとしてるみたい・・・本当はもっと話したいことがあったはずなのにと考えます。 歌い終わった三玖。 87点という微妙な点にもう一回歌いたいと考えます。 四葉が歌おうとした瞬間、間違えて演奏中止を押してしまった三玖。 間違えたことを謝る三玖に、また入れるからいいよと四葉。 三玖が怒ってるかと思っちゃったと笑う四葉に、ミスだから・・・本当に・・・と三玖は言います。 しかし、次の瞬間、でも怒ってはいると三玖。 私だったら、フータローを困らせるようなことはしないと三玖は言います。 皆の怒りを受け止める四葉 三玖は一花から、風太郎への返事を迷っていることを聞いたと言います。 四葉はフータローに少なからず好感持ってたと思ったけどと。 四葉はキッパリと断言します。 迷ってない・・・私の気持ちはずっと前から変わってないよ、上杉さんのことを想い続けてる。 四葉の力強い言葉に、頬を赤らめる三玖。 四葉の口から、その言葉をハッキリ聞く日が来るなんて思わなかったと三玖は言います。 しかし、それならなおさら躊躇する理由はないはず、どうせ前の学校のことでも気にしてるんでしょと三玖は言い、私があの時、皆を不幸に巻き込んだのに・・・と答える四葉。 三玖は四葉に言います。 私達のことは気にしないで付き合っていいんだよ。 驚いた表情をする四葉に、なんて言うと思った?と、すぐさま三玖は否定します。 三玖は自分の思いを四葉に伝えます。 なんとなくわかってはいたけど、それでも悔しいものは悔しい。 ごめんね四葉が悪いわけじゃないのに。 どうしても感情が荒だってしまう、それだけ本気だった。 もし四葉もそうだったなら、私達の感情も受け止めて欲しい。 四葉は、私は二乃の気持ちをわかってあげられてなかった・・・怒られて当然だよと言いますが、二乃は怒ってるのがデフォルトみたいなもんだからと三玖。 三玖は二乃が言っていた言葉を伝えます。 恋愛で私達は敵でも仲間でもない。 その言葉に、四葉は「・・・うん」と答えます。 三玖は、四葉がそう思ってくれてるのなら、せめてもの抵抗、絶対に背中を押してなんてあげないと、笑顔で言い、「うん」と三玖の言葉を受け止める四葉。 三玖は心の中で四葉に謝ります。 ごめんね四葉、行き場をなくした私達の怒りをどうか受け止めて。 三玖の言葉を受け、下を向いていた四葉ですが、急に曲を入れます。 入れた曲は三玖が先程歌った曲です。 四葉は三玖に言います。 ごめん、さっきは譲ったけど、やっぱり私もこの曲歌いたかったんだ。 聴いてて、三玖より絶対上手く歌うから。 いつもの笑顔でそう言う四葉に、私より良い点取ってから言って、もちろん取られたら取り返すよと三玖。 望むところ!と四葉は答えます。 四葉に感謝している三玖 朝、二人は声を枯らしながらカラオケを出ます。 夜通し歌い続けた二人。 四葉は、帰ったら皆に笑われちゃうと言い、三玖は、じゃあどうする?帰らない?と聞きますが、皆に会いたいと四葉は答えます。 帰りながら三玖は心の中で四葉に感謝します。 四葉はひとつ誤解している。 これはあえて四葉本人には言わないのだけれど、あの時、今の学校に来る選択をしたからフータローに出会えた。 少なくとも私はそれを不幸だとは思えない。 フータローに出会えたから私は・・・ 風太郎との出会いを思い出す三玖。 (五人の中で私が一番落ちこぼれだから) (一人ができることは全員できる) (公平にいこうぜ) (フータローに好きになってもらえる私になるんだ) (強くなったな三玖) 三玖はポケットから四葉と同じリボンを取り出し、海へ投げ捨てます。 そして、「行こう、四葉」と声をかけ歩きだします。 再び三玖の心の声。 私は四葉になれなかったけど、四葉だって私になれない。 ようやくそう思えるほどに・・・私は私を好きになれたんだ。 五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで五等分の花嫁の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 五等分の花嫁116話の感想 二乃に続き三玖にも怒られるかと思われましたが、わかり合うことができた四葉と三玖。 最後はいつもの四葉らしくというか、成長した姿を見せてくれ、どんどん四葉が可愛くなっていきます。 三玖も、風太郎に出会ったばかりの頃の自分を思い出し、自身の成長、そして何より自分を好きになれたことに感謝します。 感謝の相手は風太郎であり、転校の原因になった四葉にも対しても。 次回は四葉と誰の話になるのか、誰の成長を見れるのか今から楽しみです。 五等分の花嫁117話のネタバレはコチラになります。

次の

五等分の花嫁【最新話116話】のネタバレや感想!|漫画X

五等分の花嫁 116

四葉と三玖と一夜、カラオケ 電車が止まり 、カラオケへ 夜の海で会っていた四葉と三玖ですが、風が強くなり電車が止まってしまい、家に帰れなくなってしまいました。 四葉と三玖はカラオケに入って朝まで時間を潰すことにし、三玖は一花に電話で連絡をします。 四葉が三玖に飲み物どうする?と質問すると、四葉と同じのと三玖は返事をしてきてます。 その返事を聞いて四葉は少し困った表情をしつつもオッケーと返しますが、個室でも四葉と三玖は気まずい雰囲気のままで会話も弾みません。 私は四葉の真似はできても四葉にはなれない、このジュースは私には甘すぎると三玖は四葉に話します。 その後せっかくだし歌おうと三玖が言い、四葉も賛成します。 本当はもっと話したいことがあったはずなのにと思いつつ、歌い終わり結果は87点と三玖にとって微妙な点になってしまいます。 もう一度歌いたいと思いタブレットを操作していると、誤って四葉の曲を中止にしてしまいます。 三玖は曲を中止にしたのはミスだと言いつつも、怒っているのは本当だと言います。 三玖は私なら風太郎を困らせるようなことはしないと言い、四葉が風太郎への返事を迷っている事を問い詰めてきます。 三玖は四葉の口からハッキリときく日が来るとは思わなかったと驚きますが、なおさら躊躇する理由はないはずと言い、四葉が前の学校でのことを気にしている事を指摘します。 三玖はどうしても感情が荒立ってしまう、それだけ本気だったと言い、私たちのこの感情も受け止めてほしいと四葉に想いを伝えます。 しかし、二乃は怒ってるのがデフォルトみたいなものだからと三玖は茶化した後、恋愛で私たちは敵でも仲間でもない、と二乃が言っていた事を伝えます。 三玖は私より良い点とってから言って、もちろん取られたら取り返すよ、と言い、四葉も望むところ!と返します。 二人とも夜通し歌い続けたから声が酷い状態で帰ったら皆に笑われちゃうので、三玖は帰らない?と四葉に質問しますが、四葉は皆に会いたいと言い、家に帰宅し始めます。 そして風太郎に出会った時からの思い出を、三玖は振り返ります。 前回、三玖が言っていた四葉になり変わる作戦は予想通り、三玖の冗談でした。 しかし、カラオケ店で三玖は自分の本当の想いを四葉にぶつけます。 これによって、四葉とのわだかまりも消えますが、その後三玖はカラオケ店を出た後、海に向かってリボンを投げます。 これは、風太郎への想いを終わりにするという意味だと思いますが、ネガティブな三玖が自分を好きだと思えるように、変われたのでこれはこれで良かったかな、と思います。 最後の方で三玖が投げたリボンですが、今話の冒頭で出たカップルが回収したそうです。 安心していいのだろうか…。 三玖とのわだかまりはこれで解消。 病んでなくて良かったです。 三玖からのアドバイスで来週で二乃とも打ち解けるのではないでしょうか。 他の姉妹が選ばれても祝福すると言ってますし。 一花は描写はないけど、風太郎とのデートの了解を四葉からもらってるので、そこで話はついてると思います。 やはり不気味なのは五月ですね。 これまでの流れからすると、母親的目線で姉妹の和を乱す、学生なのに不純だと暴れそうですが、ここにきて風太郎への恋愛感情覚醒があるかもしれずで、楽しみです。 (短期収束なら残り話数でも十分対応可能かと) 鐘キスについて今となって思うに、風太郎への思いを封印していた四葉にとって、五月に変装してるからこそキスできる状況だったということでしょうか。

次の