にゃんこ 超激レアランキング。 【にゃんこ大戦争】これをみて楽々攻略!最強ガチャランキング

【にゃんこ大戦争のEXキャラ最強ランキング24選】進化&育成すべき”おすすめEXキャラ”

にゃんこ 超激レアランキング

このページの目次 CLOSE• 1位 本能解放で伝説レア級の強さに変貌「獄炎鬼にゃんま」 すべての本能解放が有効で、特におすすめしたいのが、攻撃力上昇。 ただでさえ攻撃力の高い鬼にゃんまの単体攻撃が、軽く30万ダメージ越えを実現する。 現状では、本能解放でもっとも強化されるといっても過言ではないキャラクター。 KB3回が致命傷なのは相変わらずだが、それを超えるパフォーマンスを期待できる。 所持していれば、強化することをお勧め。 他にも、基本体力、基本攻撃力、生産コスト割引き、これらの3つも解放すると更に優良なキャラとなる。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力33%以下で攻撃力20〜200%上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 75〜750円減少 第2章 基準 2位 攻撃力上昇の本能がおすすめ「飛翔の武神・真田幸村」 第二位は、真田幸村。 鬼にゃんまと同様に、攻撃力上昇が光り、対黒い敵であれば、攻撃力上昇発動時は、軽く40万ダメージを当たることができる。 もともと速攻キャラとして優秀であったため、最後の一発のカウンターを強化する意味でも、攻撃力上昇は解放しておきたいところ。 その他の本能は、妨害に対する耐性強化が付与可能で、積極的に真田幸村を使用するプレイヤーであれば、ありかもしれない。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力40%以下で攻撃力14〜50%上昇• 特性「動きを止める耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 基本体力 2〜20%上昇• 更に動きを遅くする妨害を付与可能で、天使ブッダキラーが更に、進撃まで止めてしまう強化がされた。 さらに、射程で僅差であった、スレイプニールに対しても、ふっとばし耐性がついたことで、押されにくくなった。 これらの強化も十分効果的だが、そもそも、ガメレオンの基本体力と基本攻撃力が20%という時点で脅威であり、3位確定。 特性「動きを遅くする」追加 40%の確率で39〜120F動きを遅くする• 特性「動きを止める耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「ふっとばし耐性」追加 16〜70%ふっとばし距離減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 4位 古代種ターゲット追加とふっとばす強化の本能がおすすめ「竜騎士皇帝バルス」 4位は、竜騎士皇帝バルス。 ターゲットに古代種を追加することができ、最大で本来のふっとばす妨害に加味されて、80%の確率で敵をふっとばすことができるようになる点が大きい。 古代種を長距離から安定して、80%の確率でふっとばす妨害は唯一無二で、混戦状態であっても、コライノ君を楽に抑えることができる(バルスの攻撃頻度の高さとも相性が良い)。 独自のポジションを確立出来たという点で、4位にランクイン。 特性「ふっとばす」強化 3〜30%確率上昇• 特性「古代の呪い無効」追加• 対「古代種」追加• 基本体力 2〜20%上昇• LV50で20万越えをしていた体力と攻撃力が、更に20%増しになるのは大きく、対エイリアンと黒い敵であれば、異常なほどの強さを発揮する。 ターゲットの天使追加は、おまけのようなもので、天使ステージ以外で投入しても、十分使用価値がある一体に強化可能。 特性「バリアブレイカー」追加 32〜50%の確率でバリアブレイク• 対「天使」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 150〜1500円減少 第2章 基準 6位 攻撃力上昇と体力上昇の本能で波動強化「ネコベビカーズ」 ネコベビーカーズが6位にランクイン。 こちらも元々高ステータスであるため、体力と攻撃力が20%アップになる恩恵が大きい。 確率100%の波動によるダメージが最大で約12万となり、驚異的。 その他の本能は、妨害に対する耐性強化などであり、頻繁に使用するユーザーは強化しておいて損はない。 攻撃力上昇の能力を解放させると、対赤い敵には100万越えのダメージを与えることが可能となる。 非常に魅力的な強化だが、そもそも攻撃頻度が遅く、対赤い敵においても使途が限られているため、ランキングとしては控え目。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力50%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 8位 すべての本能強化で激変「インフェルノ・アキラ」 8位はインフェルノアキラ。 本能を解放することで、第一形態と第二形態の良いところも、引き継ぐことができ、バランスの取れたキャラとなる。 攻撃力上昇の本能がつけられるため、エイリアンに対しては、めっぽう強いと組み合わさると、大ダメージを与えることが可能。 すべてにおいて良い能力が付加されるが、バランスが良いだけで、唯一無二の性能とは言えないため、8位にとどまった。 特性「動きを止める」追加 40%の確率で39〜120F動きを止める• 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力33%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 基本体力 2〜20%上昇• こちらもサンディアと同じ理由で、浮いている敵に対するダメージは尋常なものではないが、現在、他にも対浮いている敵に対抗できる超激レアが多い為、ウィンディを特別に強化する理由は見当たらない。 動きを止める妨害も付与可能だが、もともとの攻撃頻度が遅めのため、発動すればラッキーと言う程度で、NPポイントを消費してまでの強化はお勧めしない。 特性「動きを止める」追加 40%の確率で15〜60F動きを止める• 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力50%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 10位 波動追加の本能がロマン「聖龍皇帝メギドラ」 10位はメギドラ。 波動の追加が可能でロマンがあるが、確率が15%のため、安定しての発動は厳しい。 はじめて本能が解放された際に、ロマンを感じてNPポイントを投じたプレイヤーも少ないないが、優先して強化する必要性は感じない。 特性「ふっとばす」強化 3〜30%確率上昇• 特性「波動」追加 5〜15%の確率でLv3波動(射程 732. 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 11位 ふっとばす追加の本能がおすすめ「アストロDr. メカ子」 11位はメカ子。 こちらもアキラと同様に、第一、第二形態の能力が付与可能となる。 しかしながら、どれも中途半端で大きな戦力アップは望めない。 いずれの特性も、もう少し確率が高ければ使用機会はあったのだが・・・• 特性「攻撃力低下」追加 40%の確率で51〜150F攻撃力50%に低下• 特性「ふっとばす」追加 12〜30%の確率でふっとばす• 特性「生き残る」追加 14〜50%の確率で1度だけ生き残る• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 12位 動きを止める強化の本能がおすすめ「ウルトラケサラン」 12位はウルトラケサラン。 内容としては悪くないが、大きな戦力アップは望めない。 特性「動きを止める」強化 12〜30F効果時間上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 60〜600円減少 第2章 基準 13位 古代種ターゲット追加の本能がおすすめ「地龍皇帝ソドム」 13位はソドム。 ターゲットとして古代種の追加が可能だが、現状、本能が解放されたソドムが必要となる場面が見当たらないため、下位にランクイン。 特性「攻撃力低下」追加 30%の確率で57〜120F攻撃力50%に低下• 特性「古代の呪い無効」追加• 対「古代種」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 14位 天魔・織田信長 14位は織田信長。 こちらも効果的な強化がなく、あると便利なのは100%生き残るの能力。 しかしながら、もともとKB1の織田信長が撃破されるということは、押されている状況の可能性があるため、生き残っても、すぐに撃破されてしまう可能性を秘めている為、大きな戦力アップとは言えない。 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 移動速度 1〜10上昇 15位 100%生き残る本能がおすすめ「ネコアイスクリスタル」 もともと優秀なキャラで、本能が解放がなくても、メンバーに投入されることはあるが、こちらに関しては、特別必要な強化は見当たらない。 他のキャラに優先的にNPを投入した方がよさそう。 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• もともとの評価が低かったため、期待していたが、今回も良い強化に恵まれなかった。 どの能力も中途半端で使いにくい。 特性「攻撃力低下」追加 40%の確率で39〜120F攻撃力50%に低下• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 17位 ふっとばす追加と遅くする時間アップの本能がおすすめ「破壊衛星カオスムーン」 17位はカオスムーン。 こちらも元々の攻撃頻度や使いにくさをカバーする内容でないため、NPを投入するほどのことはない。 ふっとばすの確率がもう少し高ければ使用のチャンスはあった。 特性「ふっとばす」追加 23〜50%の確率でふっとばす• 特性「動きを遅くする」強化 4〜40F効果時間上昇• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 まとめ(本能を解放のおすすめキャラは絞るべし) いかがでしたか?本能を解放するには、NPポイントが必要ですが、 ここで紹介したキャラ1体を完全に強化するだけでも、500〜600以上のNPポイントが必要です。 他にも、レアキャラや激レアキャラにも本能解放キャラは存在するため まんべんなく強化するのか、どれか一体に絞るのか、じっくり見定めてから、NPポイントを投下されることをお勧めします。 ご参考にしてみていただければ幸いです。 キャラクター検索.

次の

にゃんこ大戦争の超激レアおすすめランキング

にゃんこ 超激レアランキング

5秒 射程350 第1,第2形態 3連続攻撃 範囲攻撃 黒い敵とエイリアンに超ダメージ ガチャ ガチャ解禁 基礎コスト 電脳学園ギャラクシーギャルズ 日本編クリア後 2600円 ストーリーモードのゴリ押し攻略キャラとしてオススメ。 黒い敵とエイリアンに超ダメージを与える。 メインストーリーを終えてスペシャルステージ攻略に入ると出番は徐々になくなっていく。 宇宙編はエイリアンがメインなのでトップクラスに優秀。 アタッカーとしてシンプルに優れているので敵種に関わらず活躍が期待できる。 射程も微妙に長いので被弾しにくい。 アフロディーテと並べて使うのが序盤の基本系とも言える。 射程がトップクラスに長い 敵を感知する距離がかなり長い ので、多少射程の長いボスに対しても安全に攻撃できるのがこのキャラの最大の特徴。 相手の属性に関わらず汎用遠距離アタッカーとしてどこでも活躍できる。 第3形態になることはできないが、第3形態キャラを続々と入手したあとでも不動の後方アタッカーとして活躍できる。 同じガチャの究極降臨ギガントゼウスからは他にも優秀な後方アタッカーを引けるので、アフロディーテ狙いで引きつつも他に後方アタッカーを揃えられるのがおいしい。 量産小型タイプの最強キャラ。 安い生産コスト・短い再生産時間でありながら基本性能が非常に高く、敵族に関わらずどこでも連れていける。 天使と黒の敵に超ダメージを与えることができ、ステージ開始直後に飛び出してくるそれらの敵を処理するのにも長けている。 自然と周回が多くなるクリア後のマタタビ集めステージや、レジェンドステージの攻略においてもトップクラスの性能。 特に黒・天使の敵が出現するステージではこいつがいるといないで難易度が大きく変わってくるため、多少無理をしててもガチャを回して入手したいレベル。 同じ赤停止系の低コストにネコリンゴがいるがそれより再生産速度が圧倒的に速いのも強み。 赤色の厄介な敵の代表であるイノシャシ(赤いイノシシ)を数の暴力で封殺できるため、赤メインのマタタビステージやレジェンドステージでは大活躍できる。 レジェンドステージ後半からの天使に対しても強い。 全体的な性能もまずまずで汎用キャラとしても使える。 宇宙編ラストのサイクロンステージでも活躍でき、尖った性能ではないが色々なところで使えるという意味でオススメ。 第3形態では全体的に性能アップし扱いやすさが増す。 第1形態だとウルトラソウルズ系のような量産キャラとして使うことできるのでそちらの運用がメインになる。 尖った性能を持っていないが多種の属性が出現するステージや、特定属性だけ出現するステージでは非常に強く、属性敵のみのマタタビステージやゲリラ経験値で大活躍できる。 狙って入手するのは非常に難しいが入手できれば最主力級に。 使い方にコツがいるがトップクラスに優秀な「止める」効果の妨害キャラ。 基礎生産コストは333円と安く足も速いが、攻撃までの溜めがかなり長く、再攻撃までの時間・再生産までの時間もかなり長く設定されている。 攻撃にダメージは無く、狭めの範囲に「止める」効果を確実に発生させる。 攻撃溜め時間の関係で、 溜め開始位置から敵の場所がズレすぎると誰にも当たらないため注意が必要。 前線をしっかり維持できている時、相手の位置が変わらない時に生産して確実に当てられるようにすること。 味方が城に触りそうな直前のタイミングで先に生産しておき、敵増援が出現したあとにまとめて妨害を当てるのがオススメ。 真田幸村・ネコヴァルキリー・覚醒のネコムートなどの速攻型のキャラとかなり相性が良く、フィリバスターの止める攻撃が発動する瞬間くらいに速攻型のキャラをまとめて生産すると一方的に大ダメージを稼ぐことが可能。 この戦術はゲームの高難易度ステージでも通用するので慣れておくと良い。 通常のネコ・タンクネコと同じ値段だが移動速度がかなり速くなっており、安価な壁役としては最強クラスの性能。 困ったときはこの2体を連打するのが定石。 狂乱ステージを攻略するには最低でも宇宙編クリアくらいまではやっておかなければならないが、スペシャルステージで見かけた時は挑戦してみると良いかも。 単体の敵を必ず吹っ飛ばすことができる長距離妨害用。 10秒間隔攻撃。 単体の敵を押し返すのに便利で、アイテムのネコスニャイパーと組み合わせるとかなりの頻度で敵を吹っ飛ばす。 再生産速度がかなり長めではあるが、ステージ開始直後にとりあえず1体出しておくだけでも効果的。

次の

激レア人気ランキング16選

にゃんこ 超激レアランキング

・+値に変換 ・経験値に変換 ・+値にも経験値にも変換せずに「にゃんこ貯蔵庫」に保管 ・「にゃんこ貯蔵庫」に保管後にNP にゃんこポイント へ変換 上記4つの方法から一つ選択。 3つ目を除いてどの選択肢にもメリットとデメリットがありますので以下から順に解説していきたいと思います。 +値に変換してキャラを強くする 該当キャラに重ねてステータスを強化する事が出来ます。 重ねた場合はレベルの下に+の値が表示。 数字は重ねた回数 メリット メリットとしてはキャラを強くすることが出来ますので重ねる数を多くしていけばそれだけ戦闘で活躍できる可能性を増やす事が出来るでしょう。 特に 「レアキャラ」は当たりやすいので+値を増やしやすく、キャラによっては 「超激レアキャラ」に匹敵する使いやすさを得る事も不可能ではないです。 レベル上限解放と組み合わせると尚良し デメリット デメリットとしては1回の上がり幅がしょっぱいので数回重ねた程度では目に見えて強くなるのが実感しづらいこと。 強化していく場合はガッツリ行わないといけないのでどうしても強くなるには時間がかかってしまうでしょう。 またガチャの排出率の都合上、 「激レアキャラ」や 「超激レアキャラ」の+値は強化しづらいのでこれらのキャラを強化しようとした場合は課金が必須となりあまり現実的ではないです。 筆者が思う効率的な+値の上げ方 +値を重ねる際に気を付けたいのは強化されるステータスが 体力と 攻撃力の2点のみ。 射程や特性の効果時間、生産コストは一切変化しませんのでこのことを知らずに強化していると損をしているかもしれないので注意が必要です。 強化される項目が上記2点のみであるとこれらのステータスが活かせる壁キャラやアタッカーキャラは迷うことなく+値を更新していっても良いでしょう。 また以下の特性を所持するキャラも重ねてしまうことをオススメ。 レア・・・11万 激レア・・・47万 超激レア・・・100万 メリット 貰える経験値の量が中々ですので育成が後回しになっている他のキャラを強化するのに役立ちます。 一番低めの 「レアキャラ」でも1体につき 11万もらえますので複数揃えればその経験値の量は馬鹿になりません。 いらないキャラが増えてきたら積極的に経験値にしてしまっても良いでしょう。 デメリット 経験値を稼げるとはいえガチャを回さなければ得られないので再現性は低め。 経験値を得るために課金をするというのもおかしな話ですのでそこまでするのであれば直接経験値を買うか、 「土日ステージ」の 「超激ムズ」ステージを周回した方が遥かに効率的です。 あくまで目的のキャラが出なかった時のおまけ程度として考えるようにしましょう。 筆者が思う効率的な経験値の上げ方 経験値にする際の判断基準としては以下になるかと思います。 ・普段使わないキャラを引く ・+値に変換してもあまり旨味のないキャラ 主に妨害用 が当たる ・レアリティの高いキャラ 「激レア」や「超激レア」 普段使わないキャラは編成に組み込むこともあまりないかと思いますので+値にしてもあまり意味はないでしょう。 明らかに出番の少ないキャラはそのまま+値にするよりも経験値にしてしまった方が戦力増強として貢献できる可能性が高いです。 また敵の妨害がメインのキャラもあまり+値にする必要がないかと思います。 「動きを遅くする」や 「ふっとばす」等 この手のキャラは大抵妨害用に特化されており、攻撃力や体力は低めの傾向にあります。 そのため相当な数を+値に変換しないと敵の攻撃を耐えられない可能性が高いので旨味が少ないと言えるでしょう。 +値の項目でも紹介した通り、重ねてステータスが上がるのは体力と攻撃力のみで射程や特性については強化されませんので元々の能力が高くない限りは経験値にしてしまってもそこまで使い勝手に影響しないと思います。 基本・・・1NP EX・・・1NP レア・・・ 5NP 激レア・・・1 5NP 超激レア・・・ 50NP メリット 「本能」対象キャラを強化する事が出来るのが最大のメリット。 その強化幅はキャラによってまちまちですが大抵がステータスをさらに高めたり対象の属性追加、新たな特性を付与する等それまで陽の目を見なかったキャラでも見違えるように強くなる可能性を秘めており、スポットが当たりやすくなります。 デメリット NPを使用する対象のキャラが少ないです。 しかし、新たに 「本能対象」のキャラが増えていく事が予想されますので使いやすくなるキャラの事も考えてNPを貯めておくのも先述の一つでしょう。 筆者が思う効率的なNPの上げ方 経験値と同様に以下の基準で決めてしまうと良いでしょう。

次の